FC2ブログ

ステイホームは配信で気晴らし④。

本日のマスクちゃんは東京駅にて確保!
    5017かっぱ
     木原さーん!そらジロー!!(いや木原さん、おらん・笑)
     撮影日は先日の合羽橋と同日。7月2日です。

せっかく合羽橋に行ったものの、都内感染者数200越えの報が入りがっくり。
沸き立った気持ちに水を差された話は、前回書いた通り。

こういう一報を目にしたら、すぐさま帰宅するのが常識あるオトナと
いうものなんでしょうけど。
なにせ巣籠り期が長かった上に、久々の遠出。
せっかくここまで来たのだから…と、上野経由で東京駅のエキナカなど、
ひととおりブラついて、帰途につきました。
「どうせ、またしばらくこれないんだしねっ!」と
なかばヤケクソであったのも確かです(笑)。

久々に「みはし」のあんみつも食べたくなり…。
東京駅キャラクターストリート内の店舗に立ち寄りました。
(久々のあんみつ注入…安定のおいしさに元気出た!笑)
キャラクターストリートもマスクしてるキャラが多かったですね。
そらジローもその一人…。(一羽というべきか?笑)
        5018かっぱ
         日テレのアンテナショップ。
         「日テレ屋」(←ネーミングがド直球!笑)。

結局のんびりぶらぶらしちゃったのは、ヤケクソってこともあるのだけれど(笑)、
圧倒的に人が少なかったから。特に東京駅。
これまでは人波をかき分け、スーツケースのごろごろにぶつからぬよう
歩く通路も、不気味なくらい閑散としていて…。
わたしの知る限り、早朝でもこれほどの光景はなかったなぁ。
    5015かっぱ
       発車時刻に注目!14時台でこのありさま…。

GO TOキャンペーン中の現在は、幾分か人出も戻ってきているでしょうね。
(都民は除外ですが、他県の方が経由する分にはOKなんですよね?←よくわかってない)
とりあえず、この日の街ブラきっかけでの感染はなかったようなので、
行っておいてよかった。こんなに人が少ないことももうないかもしれないし。

配信とかいろいろ気晴らしはしているものの、街歩きでのリフレッシュは別格…と
しみじみ感じた一日でした。
******************************************************************
…そんなことをいいつつ。本題の配信感想録、今月も続きます。(笑)。
そらジローご登場ついでに、本日は日テレ攻め。
高畑充希さん主演「過保護のカホコ」(2017年)を。

6月の再放送と同時にTVerも配信開始。
(再放送ラッシュでしたよね、この頃)。
このくらいの時期になると、本放送時にそこそこ好評だった作品を
各局厳選して再放送していることに気づき、
度を越した期待ハズレはない…と確信して視聴開始(笑)。
実際、おもしろかった!なによりカホコはけなげでかわいい…。

と、終始楽しく観させていただいたのですが。
話の流れとは別のところで、「さすがっ!」と感じたポイントがありました。
カホコの口癖になぞらえるなら「感心したポイントは二つあります」と
なりましょうか(笑)。
******************************************************************
ひとつめは「さすがは遊川和彦!」(←心の声につき、敬称ナシ!)
久々に遊川氏の脚本作を観ましたが、物理的にありえない
ぶっ飛んだエピソードを盛り込むのはこの方の真骨頂だよなぁ…と。
クドカンとかともまたちょっと違う…突拍子のなさというのか(ほめてます)。

ガチなファンタジーであれば違和感はないのです。
(タイムリープモノとか、登場人物に特殊能力があるとかね)。
そうでなくって、現代社会に生きる市井の人々のお話に
超常現象並みのアクシデントが盛り込まれることが
時としてこの方の作品にはありがちだよな…と。

今作ではリング交換で落とした指輪が、教会から屋外へ。
コロコロと長い坂道を転がり、追いかけるママが(黒木瞳さん)
川に落ちる寸前でキャッチ!という、トンチキシーンが。おとぎばなしかよ!(笑)
おむすびだってあそこまでは転がらんわ!(^^ゞ

おのずと「十年愛」という遊川作品を思い出しました。
壊れたメリーゴーラウンドが高速回転し、遠心力で飛ばされる場面は
ドラマ史に残るトンデモシーンだったと、未だ確信しております。
だってー、バーにつかまった人間が鯉のぼりみたいになっちゃうんだもーん!(^^ゞ。
主演は田中美佐子さんとダウンタウンのハマちゃんでしたが、
二人の恋の軌跡についてはほぼ記憶に残ってない…(十年間の愛なのに!笑)。
wikipediaの概要にすら「大江千里がメリーゴーラウンドで高速回転して死ぬドラマと
説明されがち」…との記載がありましたが、やっぱりこの作品最大の衝撃シーン。
20年以上前の作品にもかかわらず、未だその記憶は鮮明です。

まぁ、カホコはそれ以外の見どころもたっぷりでしたので
「転がった指輪をキャッチしたドラマ」と揶揄されることもないでしょうが、
視聴者のツッコミは覚悟の上でトンチキをぶち込む、攻めの姿勢はお変わりなく。
天晴れ!と、ちょっと嬉しい気持ちになりました(笑)。
*******************************************************************
もうひとつは「さすがは三田佳子!!」(←心の声につき、敬称ナシ!)(←二度目)
カホコの自立を後押しする祖母を好演した三田佳子さんです。

やっぱり上手い。同世代の女優さんの中でも群を抜いてるな…と。
あのくらいのキャリアになると、一定のイメージに縛られ
似たような役柄になりがち…と思うのですけど、
クールな役柄も、今作のようなほがらかな役柄も見事で。
「凪のお暇」のミドリさんも大好きだったなー。
自販機の下の小銭を拾い集めることなんて、ドキュメンタリーのようだった。
実生活では決してありえないだろうに。(…って一般人もあまりいないか・笑)。

超実力派でありながら、これまで三田さんは不遇すぎましたよね。
活動停止の期間が何度となくあった。しかも長い。
現在はそうでもなくなったけれど、昔は家族の不祥事でも謹慎を
余儀なくされましたからね。
その素地となったとされる三田さんの子育て非難も辛辣でしたし。

過剰なまでの両親の庇護から自立していくカホコを
誰よりも暖かく見守り、エールを送った「ばぁば」。
皮肉と思われかねないこの役を、よくぞ引き受けてくださったものです。
(…というか。この役をオファーした制作側の気概も素晴らしい!)

「女優!女優!女優!」
映画「Wの悲劇」で駆け出しの新人女優に叱咤する
三田さん演ずる大御所女優の名セリフが蘇りました。
舞台の上で、私情は関係ないのです。

これからは、もうご子息も十分すぎるオトナですしね。
ご自身以外のことで、三田さんの活動を阻まられることのないよう…
と願わずにはいられません。
まだまだ惜しみなくその才能を見せつけて欲しいものです。
***************************************************************
うわわー、図らずもすっごく長くなってしまった(笑)。
やっぱりレビューは難しい。
でも、今までレビューをあまり書いてこなかった分、
新鮮でなんだか楽しい。

と、いうわけで。今しばらくは続けて行こうと思います。(^^ゞ
配信だったら、この先もネタ枯れすることもなさそうですし。
まー、当面は遠出するのもはばかられるしさー(泣)。
手っ取り早いネタ枯れ打開策ということで(笑)。

   *冒頭の感染者数。先月の月初は200人越えでもビビってたのに
    月末には400人越え!こんな短期間で倍以上になってしまうとは!
    いやがおうにも暗澹たる気持ちになりますねー。(しょんぼり)
スポンサーサイト



ステイホームは配信で気晴らし③

「まずは」のヤツです(笑)。
  5012かっぱ
    本日のマスクちゃんはコックちゃんも兼任(笑)。

7月2日、久しぶりに合羽橋に出向きました。
地下鉄&山手線も半年ぶりの乗車。(なんと!)
あまりのご無沙汰に「ずいぶんと遠くにきたものだなぁ…」と、
しみじみしちゃいました。武田鉄矢ばりに。(うそ・笑)
       5013かっぱ
        ♪かっぱっぱ~

久々の合羽橋は外国のかたをほとんど見かけなかった。
9割強日本人といった感じ。
近年は観光客のみならず、道具商店街で働くかたも多国籍でしたからね。
都心部でこんな日本人ばかりの光景をみたのは、記憶にないくらい昔のこと…。

今年は癪に障るぐらい、雨続きの梅雨だけれど(笑)、
7月2日だけはお天気に恵まれました。
       5014かっぱ
        今年初めてのスカイツリー@合羽橋。
        (かつ、今のスマホで初めての撮影・笑)

この画像を撮ったのとほぼ同時に
「都内感染者、再び200人超え」の文字がスマホに表示され(泣)。
久々の遠出をたしなめられているような気持ちになりました。
(不要ではないものの、不急ではあったし…)
いくら「感染者数は多くとも、3月4月の頃とは状況が違うから」と
一部の有識者の方々にいわれましても…ねぇ。やっぱり、どこか後ろめたい。
感染を制御するには、外出しないに越したことはないわけですし。

「またしばらく遠出はお預けだな…」などと思いつつ
スカイツリーと名残惜しくお別れしました。
今度来るのはいつになるのやら…。。(はぁぁぁー)
****************************************************************
さて。いっこうに進捗しない、配信備忘録ですが(笑)。
ドラマイッキ見が二回続きましたので、今日は初めて音楽ネタを。

Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25
4月のステイホーム期間中、YouTubeにてプレミア公開された配信です。
前後編、合わせて3時間越えの長尺!(しかも無料!)

ライブは25周年記念ということもあってなのでしょう。
ファンならずともおなじみのヒット曲がふんだんに盛り込まれたセトリでした。
曲が流行った時代時代の景色が一瞬にしてよみがえる。
長きに渡りトップを走り続けたアーティストだからこその成せる技ですね。
素晴らしい。

しかしながら。
意外とわたしは「サビ」しか知らない曲が多かったんだなー…
と感じたのも事実で。
イントロからエンディングまでがっつりまるまる知ってると
なると、そう多くはないことに気づきました。
これまで「いい曲だな」とは思っても、自発的にミスチルのCDを
購入したりすることはなかったですからね。

そして。
これから先も、スマホに音源を取り入れたり…能動的になることも
ない気もしたのです。名曲揃いと再確認しながらも。
なんなんでしょうね、この感覚。

ミスチルに限っては、曲全体そのものより、
インパクトのあるフレーズだけでわたしは満足してしまうようです。
さらには。自ら能動的に聴くのではなくって、
偶然どこかで耳にするのが心地よいということにも
ライブ映像を拝見し、気づかされました。
「音楽」というよりは「車窓に流れる景色」のような存在なのかもしれません。
タダで観させていただきながら、失礼千万な限りですが(^^ゞ。

好きだけれど、とことん知らなくてもいい。
(というとネガティブに聞こえるかもしれないけれど)
しかしながら、とどまることを知らない時間の中で、
いつの日もこの胸に流れてるメロディーを奏で続けてほしいと
願う絶対的な存在であることも確かなのです。(↑ちょい歌詞拝借・笑)

「好き=とことん、興味ない=まるっとスルー」のわたしにとって、
ミスチルのような存在は珍しいかもしれません。
図らずも「気付き」を与えてくれた配信鑑賞となりました。
…って。全然、感想になってないじゃんかー!(笑)
ともあれ、こんな太っ腹な計らいがなければ、
目にする機会はなかったはず。
関係各位、充実の無料配信をありがとうございました。
これからもさらなるご活躍をお祈りしております。
(なんだよ!このまとめ!笑)

 *余談ですが、配信の中で繰り返し聴いた曲が、
  おそらくお察しの通り(?)。「HANABI」です。
  「♪もう一回、もういっか~い」…とまさに歌詞さながらの
  リピでした(^^ゞ。やっぱり名曲ですねー。

ステイホームは配信で気晴らし②。

本日のマスクちゃん。
       5009ますくちゃん
         コピス吉祥寺にて。(6月18日)

前回、吉祥寺に出かけたのはバレンタインデイ当日でした。
普段はちょくちょく訪れるので、まさかその時は、
4か月ものご無沙汰することになろうとは、思いもせず…。
(バレンタイン翌週くらいから、感染の危機感が増してきたんですよねー)
   5010ますくちゃん
     マスクもミッフィーちゃん柄です。かわゆ。
******************************************************************
さて。ネタ枯れ企画で配信の感想。(笑)
意表をついての(?)、『中学聖日記』(2018年 TBS系)なぞ…。

コレ、本放送の時はノーマークだったんですけど、
いつの日か再放送か配信があることを待ち望んでおりました。

本放送終了後に、地元の沿線界隈がロケ地となっていたことを知りまして。
そうとわかれば…ねぇ(笑)。観たくなるのが人の常。

思っていた以上に、馴染みのある場所が多数登場。
土地勘がない地元民でなければ、知りえない場所も多く、
自治体のフィルムコミッションの手厚い協力がうかがえました。
せつないラブストーリー、しかも有村架純ちゃん主演のおかげで
地味な田舎町も、どことなく趣きのある光景に見えてくるが不思議です。
キャストのみなさま、好演をありがとうございます!(笑)
****************************************************************
失礼ながら、ストーリーはそれほど期待していませんでした。
タイトルとキャストから「教師と生徒の恋愛モノ」というのは察しがつき、
普段だったら敬遠してしまう系統の作品です。
(現に本放送はスルーしてますしね・笑)
「取り急ぎ、ロケ地のチェックだけは…」と観始めたのですが…。

意外にも。とてもよかったんですよねー。
地元が出ようが出まいがフラットに楽しめる作品でした。
食わず嫌いで、良作を逃すところだった(笑)。
ロケ地きっかけで、思わぬ儲けものをしたような…。

『教師と生徒の恋愛』は、これまでも幾度となく描かれてきた題材。
もれなく「禁断の…」と形容されてしまうからか?
必要以上に奇をてらった過激なエピソードを盛り込みがち…
というイメージがありました。
さらに。まわりをかえりみず、二人の気持ちを貫ききることが
美徳に描かれがち…という偏見もあって。

しかし。『中学聖日記』は違いました。
有村さん演ずる聖(ひじり)は、教え子・黒岩に思いを寄せられ
次第に自分も好意を抱くようになりながらも、
随所随所で、教師としてごくまっとうな選択をする。
思いがけぬエピソードで、気持ちがグラつくことはあろうとも、
最終的には黒岩くんの前途や、周りの人々の感情に思いをはせて…。

「互いの気持ち」だけで突っ走ることなく、未来を見据えての
聖の決断には説得力があったし、リアリティも感じました。
これに似たようなケースって実際にもあるのでは?と思えましたし。
最終話、観覧車のシーンは切なくありつつも、すがすがしさも覚え…。

そして、ルール無用の(笑)過激なエピソードを盛り込まずとも、
十分に観る者を引き付ける、教師と生徒の恋愛は描けるのだな…と。
いやぁ…感心しました(笑)。
*****************************************************************
「タイムスリップモノ」「男女入れ替わりモノ」が
いつの時代になっても、手を変え品を変えドラマの題材となるように
「教師と生徒の恋愛モノ」もこの先も描かれることはあるのかもしれません。
いつだって、「禁断の」…というワードは魅惑的ですし(笑)。

ともあれ。「過激」な方向に暴走するのではなく
「道徳的」に「良識的」に描写する『中学聖日記』は
斬新な手法でしたね。「その手があったか!」というのか(笑)。
こんな術を出されては、次の目新しい展開を考えるのは
相当な着想を要しそうな…。

ロケ地ともども、満喫できる作品でした。
新番組関連でもないのに、再配信があったのはこのご時世だからですね。
TBSさま、ご配慮ありがとうございました!(笑)。

  注・過去ドラマとはいえ、ややネタバレが過ぎましたが、
    ラストには言及しておりませんので、お許しあれ!(笑)。

何年か前の記事に載せた画像…。(どことはいいませんが・笑)
      5011ますくちゃん
       「黒岩くん」こと、岡田健史くんも来た場所です(^^)。

ステイホームは配信で気晴らし①。

近所の不二家を通りがかりましたら…。
    5008みるきい
     ミルキー柄のマスクつけてましたー!

ググってみたところマスクは不二家本部から支給されてるのではなく、
各々フランチャイズ店が任意でつくっているようです。
でも、全国に波及されているらしく、それぞれの店でカスタマイズされ…。
サージカル風にちゃんとヒダのはいったマスクしてるペコちゃんも。
ご興味ある方は「ペコちゃん マスク姿」で検索してみてくださいね!
***************************************************************
上半期は、日用品以外の買い物もせず、街ブラもできず…
通常書いているようなブログネタはほぼ空っぽ。
なので。開き直り(?笑)、自粛期間楽しませてもらった「配信」の感想を
いましばらくはつづっていこうか…と。
レビュー系は正直、不得意なんですけど、まぁ、ほんとにネタ枯れなので(笑)。
これまで「1記事、最低1画像」をルールとしてきましたが、
文章のみの記事、もしくは本記事のようにまったく内容とカンケーない画像での
UPが続くかと思います。
今までにはない更新パターンですが、まぁこれも「新しい日常」ということで(笑)。
***************************************************************
「配信漬け」の入り口となったのは、『空飛ぶ広報室』(2013年 TBS系)でした。

TVerにて視聴。本格的な自粛ムードに突入する前…
3月半ば頃だったかと思います。
リアルタイム放送時の評判がよかったし、キャストも好きな演者さん揃い。
予備知識だけで自ずと期待が高まりましたが、裏切らないおもしろさ。
結果的に「イッキ見」の楽しさを教えてくれた作品にもなりました。(笑)

舞台は航空自衛隊内の『空幕広報室』。
不慮の事故により、ブルーインパルスのパイロットの夢を断たれ、
失意のまま広報室への配属となった自衛官(綾野剛さん)と
本意でない異動で報道局から情報番組の自衛隊担当となった
テレビ局ディレクター。(新垣結衣さん)。
ともに不本意な部署にて、意欲無く任務に就くものの、
さまざまな人々との関わりにより、仕事への意識が大きく変わっていく…。
段階を踏んだ成長の描写がとても緻密で、回を追うごとに気持ちが
前のめりになりました。
(二人の恋の進捗もねー・笑)

自衛隊側、テレビ局側。ともに登場人物のキャラ設定がしっかり、
かつ、適材なキャスティングでしたし、
(初めて柴田恭兵いいな!と思いました←あんなにキャリア長いのに!笑)
2013年放送にもかかわらず、東日本大震災を後半のヤマ場となるように
ストーリーが2010年から始まる設定というのもいい。

さらには。
「現実の航空自衛隊全面協力」という、「鬼に金棒」。(笑)。
普段馴染みのない世界だけに、ストーリーそのものだけでも
ノンフィクション的な味わいを覚えましたが(わたしはね)、
実在の基地や航空機等々…リアリティの強度を増すのに
これ以上のモノはありません!
また、これまで知る由もなかった「自衛隊トリビア」もちょくちょく
盛り込まれているのも、ちょっとしたお楽しみでしたし…。

とりあえず1話目を観たら、その後脱落する人はあまりいないのでは?と思います。
とにかく主役二人の成長のさまが、爽快なのです。
そして、誰もが納得する形でのラストが待っています。(たぶん・笑)
感性に自信がないので、いくら自分が気にいていても、わたしは「オススメ」とは
いえないタチなのですが、『空飛ぶ広報室』に限っては大丈夫なんじゃないかな…と。
てなわけで、オススメです(笑)。どちらかで観る機会がありましたら、ぜひ。
*********************************************************************
配信開始の3月中旬時点では、まだ4月期ドラマのスタート延期が
発表されてなかった頃でした、たしか。
この作品も、主演と脚本家が同じ『MIU 404』の関連での配信だったんですよね。
間にはいるCMもそればっかりでしたし…。

遅れること3か月弱。満を持して『MIU 404』もスタートしました。
「空飛ぶ広報室」が良作だっただけに、ヒジョーに期待値が上がりまくりましたが、
現時点では、うーん…ビミョー…(わたしはね・笑)。
綾野さんはともかく、星野源さんがイマイチ役柄にあってないような…。
警察関係でも、外勤じゃない感じというのか。
なにより、おげんさんって運転がヘタそうなイメージがあり。
(あくまでも個人的な想像です。実際は知りません・笑)

しかしながら、伊吹(綾野さん)、志摩(おげんさん)ともに
なんらかの後ろ暗い過去があることは、2話目までで十分に匂ってきておりますし
おもしろくなるのはこれからなのかもしれません。
まだ途中下車の決断するには早いですね。しばらくつきあいます!(笑)
どうかこの先、加速気味で進行しますように。
「広報室」超えを期待します!(笑)

上半期、大活躍したモノ。

2020年、上半期ラスト・デイです。うわー。

半期に一度恒例の日経ヒット商品番付も発表されましたね。
「ステイホーム」を強いられた上半期、例年と違う傾向がランキングにも
色濃く反映されているな…と感ずるところです。
まぁ横綱の「あつ森」は、こんな世相でなくてもヒットしたと思われますが(笑)。
****************************************************************
上半期、個人的に、「買っておいてよかった、あって助かった」と
思ったものも、「巣籠り生活」に大きく関連しています。
 5005すぴ 5006すぴ
     連日、大活躍してくれました。「ワイヤレススピーカー」

購入したのは昨年。消費税率引き上げ直前に。
(…って。上がったところで、大差がある値段のモノでもないけど・笑)
すでに所有していたBluetooth対応のCDプレイヤーがスピーカー代わりに使えるし
Bluetoothイヤホンも持っていたので買うまでもないかな…と迷ったのですが、
CDプレイヤーは移動するのにちょっと重めだし、イヤホンは作業の際、
コードが邪魔くさい(特に調理時!)。長時間使用もあまり耳によくないし…。
そんな言い訳をしながらの「税率UP前の駆け込み消費」。(笑)
軽量で防水機能があるものを…と買い求めました。

結果。「買っておいて大正解!」。
ステイホーム期間中の憂さ晴らし、スマホ頼みでしたので。

多くのかたがそうだと思われますが、わたしも
通常より家事に費やす時間を多く取らざるを得ませんでした。
ことに調理。ほぼ1か月、家人はリモートワークでしたので
お昼の準備があったり、また、食材の買い出しは
「まとめ買い」を推奨されてたのでね。
素材をそのまま保存せず、なるべく下ごしらえや
作り置きを…となると、おのずとキッチンにいる時間も長くなり…。

「料理嫌い」が生理的レベルなわたしにとり(笑)、
スマホのアプリは気を紛らわすのにもってこいでした。
音楽アプリ、radiko、Tver、Youtube…そして、先日のライブ配信。
時間帯や作業内容によって、使い分けたおかげで、苦痛も大幅軽減。(笑)
スピーカーも大活躍!イヤホンだったら、別の面でストレスをおぼえた気がするので
よかった、よかった。

さらにいうと。
「2020年現在のアプリの充実」ということにも助けられたのかもしれません。

Tverの開始は2015年。
radikoにタイムフリー機能がついたのは2016年。
そして。ジャニーズが本格的にネットに進出したのはここ数年の話です。
まさか、公式で嵐のライブがYoutubeで楽しめる日が来ようとは!
ほんのちょっと前まで、想像にすら及ばなかったですから…。
(動画のみならず、主演映画やドラマのネット記事ですら、
本人不在の画像が使われていたくらいですしね…。笑)

スマホを持っていたところで、数年前だったら
「家事の傍らの気晴らしツール」としては、不足でしたよ。間違いなく。
「2020年だったから、なんとかやり過ごせた」…と強く感じ入るところです。
今まででイチバン、スマホの利便性をありがたく思った半年でした。
文明に感謝するばかり…。
*****************************************************************
ステイホームを強いられ、それに伴いカメラもあまり使わずで
外出先で気持ちのアガる出会いは少なかった上半期でしたが。

その分、観たことのないライブ映像を堪能したり、(嵐だけでなく、ミスチルとかも)
過去の連ドラをイッキ見したり…と、小さな画面の中で
心震わすものにたくさん出会えた気がします。
(こんな機会でもなければ観なかったかも…というものも多かったし)

しばらくは、そんな「心に残った配信」の感想で
ブログを進行みようかな…とも思ってます。
写真も撮ることもめっきり減ったので、文章だけで書けるものをと。
(まぁ備忘録も兼ねてですね)。
どうぞお付き合いください…というには、やや気が引けますが(笑)、
気が向いたら目を通してやってくださいませ。
   5007すぴ
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR