最高で最強の「キン男!」。ありがとう、テレ東音楽祭っ!(笑)。

今しばらくの間…。

諸般の事情で(…というほどたいそうなもんじゃないけど・笑)、
いつも以上に独りよがりな記事が続くかもしれません(^^ゞ。
「読むに堪えがたき!」と感じましたら、テキトーなとこで離脱してくださいませ!

前回同様、「続きを読む」より先の読む読まないはおまかせいたします(^^)。
 3053きん
    なんたる平和な絵ヅラかよ…(笑)。

→続きを読む

スポンサーサイト

どんなに困難で くじけそうでも。

事前情報ではアウトオブ眼中!(←フジモンが言いそうな死語!笑)、ノーマークだった
ドラマ「モンテ・クリスト伯」にドハマリしてしまいました。
まだ2話しか放送してないのにっっ!!(^^ゞ
初回の本放送も「あー、おおくらさんのドラマ、今日からかー…」などとは
思ったものの、全くスルー。録画すらしなかったのですが…。

食指が動かなかった最大の理由はタイトルにあり!
何度となくブログでも触れてきた気がしますが、わたしは横文字の
人名や地名にめっぽう弱いのです。(よって!洋画もめったに見ません!)
日本人キャストなのに…これ?ってどーゆーもんか?
「クヒオ大佐」(=実在した伝説の結婚詐欺師・純粋な日本人!笑)的な
コメディならついてけそうだが、副題に「華麗なる復讐」とある。シリアス必至!
ますます、わけわかんねー!見る気おきねー!

…と。全く持ってのシカトを決め込んでいたのですが。
本放送の翌日、ネットのザワつきを目にし…。
とにかく「とんでもなくおおくらさんのダサさ」が際立っていると…
ええ?あの一流芸能人。大倉忠義さまがぁ!?(←有吉反省会風)
予告でそんなの見なかったなー!(ま、主役はオデンさまだしね…笑)

「二回目からでも話わかるかな?Tverで見てみよっかな」…と思ってたところに。
新ドラマ、お約束の「初回・再放送」。
話はさておき、「大倉ダサ義」をこの目で見ねば!と、冷やかしかたがた拝見したらば…。

予想のはるか上空を行く、オモロさ!(←ここでは「面白い」でなく、「オモロい」が正しい!)
なんともスケールのデカイ、キテレツストーリー!!(←褒めてるよ!笑)
「愛は勝つ」に乗せてのフラッシュモブからのスタート!(しかも漁船の上!)
ツッコまなくていいとこがほぼナイっ!(笑)。逆に、それがすがすがしい!(^^ゞ
どんなに困難でくじけそうでも…信じていればなんとかなるのか?
ここまで壮大なトンデモ話に、つじつまの整合性なぞいらん!という気にすらなり…。

そして。
個人的な刮目案件(笑)、「おおくらさまのイケてなさ」…つったら!
目を見張るよな…。息をのむよな…。
最上級なダサ男っぷりーーー!!!
ニットの「B」が効いてるねー!スタイリストさんも、アッパレだ!
(しかし…幸男的コーデな人、大衆演劇の看板役者さんとかに意外といそうな気もする…笑)

あとあと。(←落ち着け!)
新井浩文さんの醸し出す、安定のダークっぷりもまたよし!
やっぱり、うまいよなー!この手の役柄!(←ほめ方が陳腐!^^ゞ)
対話する人との間の取り方とか絶妙すぎて、セリフじゃないみたい。
それ、アライさんの本心で言ってるでしょ?ってな…。

ありゃ!肝心の主人公に言及してないね(^^ゞ。するよ、するする!
おでんさまの(←怒られるぞ!笑)映像作品を見るのは、実は初めてなのですが、
演技の手腕以前に、役柄がハマりすぎてる!
そう!おでんさま…わたしの中では非の打ち所がなさすぎて(スペック的に)
逆に「胡散臭い」印象があり…。(←かえすがえすも失礼…主観ですよ、主観!^^ゞ)
だが!それこそが、今回の役柄とミョーにマッチングしてる!
(だって!現代の日本においてクリスト伯って…^^ゞ)
どんな名優をもってしても、おでんさま以上のキャスティングはないと思います!(力説!)

はぁ…まだ火曜日かぁ…。
早く木曜日になんないかなー!
おでんさま、余すことなくダサ男&カグ兄ぃをやっちまえー!!(笑)
***************************************************************************
それはそうと。

「モンクリ(というらしい・笑)」のおーくらさん、「羊の木」のりょおちゃん、
「泣くな、はらちゃん」のまるちゃん…と、
なんだか漁港ロケ地にご縁のあるグループな気も…(^^ゞ。
他メンも…なんか、あったけかな?(もはやグループ名は書かないけど…笑)

章ちゃんの作品もあれば、ノスタルジアだー!!
   2346のす
     (これより先、ほぼ独り言…笑)    
     たなかみさきさんの描く歌詞カード、すっごく好き!かわいい!
     メンズ4人に女子一人の構図がステキすぎる。
    
曲ももちろん大好き!
せつない歌詞がいい!エレクトロなアレンジがいい!パート割りがいい!ダンスもいい!

なのに!衣装だけ…近年まれにみるトンチキだったのが悔やまれてならない!(^^ゞ
あの時も「ダサ義」さんだったよな…(笑)。
(もう一度、ステキな衣装で見てみたいものよのー…)
************************************************************************
時の流れを意識することなく、四月は過ぎゆきました。
気付けば「つきすえ」と書いて「月末」に…。(←なぜ羊?わかる人だけわかればよい!笑)

5月もよろしくお願いします♪

♪どこまでも付いて来る  うまく巻いてもまた湧いてくる。

年末年始。
クリスマスのツリーやリース、お正月のおせち用のお重や脚付きのお膳…等、
「この時期にしか出番がない」というものが、どのお宅にもあるのではないでしょうか。
普段の生活とそれほど変わらない過ごし方でも…ね。(でもない?笑)

うちの(というかわたしの)、「正月だけ物件」はコチラです。
       2477箱根18
       「箱根駅伝のガイドブック」。(^^ゞ
       各区間のコースが記載されたロードマップです。
          
毎年ご覧になってる方には、今さら過ぎる説明ですが
箱根駅伝は往路ゴールの芦ノ湖での折り返し。
おのずと往路・復路コースのほとんどが重複となるにもかかわらず、
それぞれ地図が記載されとても見やすい。
中継中、テレビの前をいったん中座しても、戻ってきた際
コースを見失わず(笑)、駅伝観戦必須アイテムなのです。

どうせ一年に一度の出番だし、毎年買い替えるまでも…と使い続けてきたのですが
買った年をあらためて見てみますと…。
        2478箱根18
         まるまる10年前のガイドブックでした~(^^ゞ。

毎年どこかしらコース変更があったり、名場面の生まれたスポットがなくなってしまったり
…と、微調整はあったものの、さほど不便は感じてはこなかったのですが。
でも10年ともなると、全体で目を通した際2008年版はさすがに懐かしさを覚える。(^^ゞ

「蒲田の踏切」は立体交差化されたし、「函嶺洞門(かんれいどうもん)」は通行止め、
小田原中継所の場所も変更、ゴールの読売新聞社は新社屋に…と。
その上、近年エンドロールの空撮では鉄板(?)、スカイツリーもまだないしな~(!)。
逆によく10年も使ったもんだよ…(^^ゞ。

そして。この本を購入したころ。
10年後に青学×東洋が熾烈なトップ争いをするなどとは!、青学が四連覇しようとは!!
これっぽちも思いもしなかった!!!
おそらく陸上関係者ですら、予測できた人はあまりいなかったのではないかと。
だって。青学など予選会すら突破できずにいたのですよ!
(翌年から33年のブランクを経て本戦出場!)
ちなみに2008年の優勝校は、本年とうとうシードを逃してしまった駒澤!!
もう文末が「!」「!!」の連続になるわな~、そりゃっ!!(←またか・笑)

まだ「二代目・山の神」こと東洋・柏原竜二選手も入学前なのです。
ってなわけで。本書内インタビューも…。
 2482箱根18
    本書の前年、順天堂を卒業した「初代・山の神」今井正人選手。(さわやか!)
    すでにご結婚&お子さんも二人いる…と最近知り、驚きましたが
    年から考えれば、なんら不思議はないわねー(^^ゞ

柏原選手が登場した2009年、「一年生でこれほどの走りなのだから、
卒業までの向こう三年、まだまだ楽しめる!」と心が沸き立ちましましたが、
今や「小学生の時分、柏原選手にあこがれて始めた世代」が走る時代に!
華丸大吉さんの漫才のつかみじゃないけど
「ゴーヤと他人の子の成長は早い」…を実感するところであります(^^ゞ。
*****************************************************************
前置きがてらの「過去10年の紐解き」…ですでに尺をとってしまいましたが
ここからがやっと本題!(えーー!!笑)。本年の箱根駅伝の個人的所感をと。

例年通り(笑)特定の大学に肩入れはないものの、本大会もとても興奮しました。
正直、今回ばかりは、青学キビシイかな…と思っておりましたものでことさらに。

先行の大学駅伝「出雲」「全日本」は優勝を逃しましたし。
往路4区では2分以上も東洋に水をあけられ…。
カントク~!!この時期にドラマ監修なんてやっててダイジョウブだったの?
(「陸王」はおもしろかったが)それどころか本人役で出演までしちゃったよ(^^ゞ。
結果いかんでは「ほら!見たことか!」になりはしまいかと…
ハラハラと…(←ダシャレすね^^ゞ)。

でも。5区以降の巻き返し…すごかった!(←語彙貧困・笑)
紅白で聴いた曲よろしく「♪どこまでも付いて来る うまく巻いてもまた湧いてくる~」
ばかりにトップ東洋とのタイムを詰め、復路スタート早々の逆転!!
個々の成績ももちろんだけれど、各区間、適材適所での選手の配備が見事すぎ!
原監督の采配ぶりに改めて、恐れ入りました…という感じです。

その他、気になったこと(とるにたりないこと含む・笑)を箇条書きBEATで(笑)。
 ○今年も棄権校がなく全校完走!よかった!!(*´▽`*)
 ○優勝候補とされていた神大、東海が振るわず…(泣)。
 ○「ニャイロ」という名前はどうも口に出していいたくなる…(^^ゞ
 ○五区区間賞・法政大「青木涼真」選手の名前を見て
  「茂木ぃぃぃ~~!!」となった陸王ファンはきっと多数(笑)
  (この字で「りょうま」かぶりってミラクル!と思ったら竹内涼真くんは芸名みたいですね←調べた・笑)
 ○今年も繰り上げスタートにて、何校か襷が途切れましたが
  なんといっても国学院の「あと5秒」…目前スタートがせつなかったです。
  (鶴見中継所は他の中継所より見通し的に画力が強く感じます)
 ○渡辺元・早大監督の解説は母校に肩入れすることなくかつ、
  陸上外の余談もなく聴きやすい。(前任のせこどんがアレでしたので…^^ゞ)
 ○中央学院大学がやたら「黄色いパンツ」と実況され…(ーー;)。
  他はちゃんと学校名で言われてるのに!
  「黄色いパンツが見えてきました」…って!あーた!(笑)
 ○今年も「小涌園」のゆるキャラジャンプが見られた!(なにげにお楽しみ)
    2483箱根18
      画像はもちろんお借りしました(笑)はこネコちゃんというみたいですね。
      選手が通過するごとにぴょんぴょんしてかわいい~!
      (ところで、小涌園も営業終了…との噂がありましたが結局続行なのかな?)
      ☆追記☆やはりホテルは1月10日を以って終了との報。ユネッサンスは続行とのこと。   

 ○往路優勝目前、東洋・酒井監督が運営車内で「写メ」を撮っていた(^^ゞ。
 ○今年も酒井監督は生徒と見まごうばかりの若さだった。
 ○やっぱり酒井監督…みんな大好きよなー(SNSを見て)
 ○そらそーだ!酒井監督はイケメンすぎるんだもーん!(←太字にすることか!笑)

わたし自身はSNSのアカウントを持っていないけれども今回は
リアルタイム検索アプリをフル活用!
駅伝中継とともに、つぶやきを拝見していたのですが、
自分が感ずることは些細なことでも、誰かしら同意見の人っているもんだな…と。
特に「黄色いパンツ呼ばわり」の違和感は、多くの人が思ってたらしく…(^^ゞ。

文章においての瞬発力はからっきし…なので(笑)、自分がtwitterでつぶやくことは
ないとおもうけどリツイート用にアカウントだけとってもいいかな、などと思ったり。
10年前の駅伝にはない楽しみかたですね。
**********************************************************************
中継の合間、毎年サッポロビールの「箱根駅伝限定CM」がOAとなります。
(こちらも、ひそかな楽しみ…^^♪)

今年のキャッチコピーは『脇役のいないドラマに』
実に実に。言い得たり!です。

二位以下の大学は、駅伝の翌日4日から次なる目標に向け
トレーニングをはじめるとか。
もう来るべき年の助走は始まっているのですね…。

荒れ果てた夜明けに向かって Run&Run&Run
来年は新しいガイドブックに買い替え(笑)、継がれゆく走りを楽しみにしてます!

   ※主観まみれな駄文長文に、途中棄権せず(笑)、
   おつきあいいただいたかた、まことにありがとうございます(。-人-。)
   コメント欄、今週いっぱいくらいまでお休みさせていただこうかと。
   勝手ながら、スミマセン!

♪クリスマスなーんてーいらーないくらい………。

…日々があいのかーたまりー♪(←タイトルより続いてます^^ゞ)

タイトルに引用したのはKinKi Kidsさん「愛のかたまり」。
ああ、いつ聴いても切なすぎる…
意外にも(?)シングルA面発売でなく、カップリング曲なんだよね…。
名曲につき動画を貼りたいのはやまやまですが、
WEB統制にかけては…厳戒態勢のあの事務所(^^ゞ、音源お届けできません。
ま、どのみちイブの本日、貼るというのもヤボというものでしょう…(笑)。

でも。本日のラテ欄。
まさに「クリスマスなんていらないくらい」なプログラムにぶったまげました!!
  2449みは
    なにもこんな日に…「鬼畜」とはっっ!!!

「鬼畜」…今回で三度目の映像化のようです。
過去二回…映画版&テレビ版ともに拝見しましたが、巧妙な心理描写と展開に
息つく間もなくストーリーに引き込まれました。
(映画は緒形拳氏、2002年のテレビ版はビートたけしさん主演…)
映画はたしか?今は無き「日曜洋画劇場」でみたような???
(余談ですが洋画劇場…といいつつ邦画も多かったですよね^^ゞ)

再度ドラマ化され、近日中の放送…というのは存じておりました。
わたしの中では意表をつくキャスティング。逆に期待大だな!と。
(常盤貴子さんが本妻さん、木村多江さんがお妾さん…個人的にイメージが逆なのも興味ドコロでして…)
お正月特番だろう…と思い込んでいたのです。

が!まーさーかー!のイブに(^^ゞ。
しーかーもー!「陸王」最終回の真裏にぶつけてくるとはー!!(笑)
想定外すぎましたわ(^^ゞ。

さて。どっちを録画、どっちをオンタイムで拝見しますかねー!
(うちのHDDは二番組同録できません)
サンタさーん!全録レコーダー、くださーーいっ!!(いまごろ…←いろんな意味で・笑)

ま。それまでに雑事を粛々とこなさねば!
これより、高カロリー&高脂質&グルテンフリーまるっとスルーな
非日常食づくりに(笑)、とりかかるとします(^^ゞ!
      2450みは
       今日はキキララちゃんの誕生日でもあるのですよー。
       (初期原画、復刻ポストカードです)
       
みなさま、どうぞすてきなクリスマスを!!

手前みそですが…。

過日。2月9日。
平成29年ならではの「肉肉(にくにく)の日」にちなみ、UPした画像はコレでした。
     2368にく
      当初、ハマりかけのドラマ「カルテット」に触れつつ
      「すずめちゃん(満島ひかりさん)風なブタさん」…ってな
      ことを記したのですが。(↑コントラバスかもしれないけど…笑)

ドラマの最終回、みなさまはご覧になって?
2381おにく 2380おにく
すずめちゃん、ブタになって演奏してるじゃんっっ!!

見てないかたには、なんのことやら?で申し訳ないかぎりですが(笑)
メイン4キャストで結成されたカルテット。
プロにはなり得なかった弦楽奏者の四人が、
多くの人前での演奏に夢を抱き、練習を重ねていく。
しかし、なかなか思い描くような場での披露は叶わず、
本意でない演奏二の次のイベントにかり出されることも…。

この日はまさに「肉の日」のイベント!!なんたることか~!!(笑)
   2383おにく
   ・松田龍平さん、・満島さん、・高橋一生さんの超・高級肉!(笑)

「え?このドラマ、たしか松たか子が出てたんじゃ…?」と
おっしゃる方は…ご覧になってませんね?残念です。(笑)
本来はプラス松さんでの「カルテット」ですが…いない経緯は説明・略(笑)!
わかるかたには、わかるシーン!とだけ申しあげておきます…。
       2382おにく
   やることなすこといちいちカワイイ「すずめちゃん」

ちなみに。2月9日の記事タイトルは。すずめちゃんの口癖になぞらえ…
「にくにく。みぞみぞ。」でした(^▽^;)。(よろしかったらコチラで!)
*******************************************************************
さて。
「肉肉の日」の時点では、「今期のドラマではいちばん好きかな?」程度でしたが
週を追うごとにわたしの「カルテット熱」はヒートアップ!
オンタイムでも見るまでのハマりよう…。
(朝が早いので、通常これくらいの時間のものは翌日以降に録画を視聴するのですが)
後半は、「もうっ!オンエアまで待ちきれんっ!WBCめ~!」くらいな
のめり込みに。(←非国民!^▽^;)
それでも飽き足らず、録画もリピートする始末…(^^ゞ。
(だからこそ!上の画像があるというもの…笑)

終了から一週間。
出遅れた感はありますが、感想を残しておきたくなりました。
レビュー不慣れにつき(笑)、「続きを読む」に折り込みます。
つきあいきれない&読むに堪えられないかたは
遠慮なくお帰りくださいね。

心の広い方のみ「よろしく頼ムール貝っ!by家森」。 

→続きを読む

プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR