FC2ブログ

『なつぞら』が翳りゆく…(泣)。

たった。
たったの2週間前まで「どハマリ」と公言していた朝ドラが
日増しに「ガッカリ」な展開になっていく…(泣)。
東京に舞台が移ってからというもの、「なつぞら」の雲行きがどんより…。
モヤモヤとした後味が残るように。
100作記念作につき豪華俳優陣を大挙起用するあまりに、
話がご都合主義な運びになっていってるな…と感じてしまい。

たしかに。
先日の記事にて、「多少のトンチキエピソードは咎めない」などど
ぬかしてはいたのですが、東京編はちょっと度が過ぎている(^^ゞ。
それぞれのキャラの意思がぼんやりしていて、「ここでその行動に出るぅ?」…
と納得のいかないことだらけ。現時点では違和感満載です(笑)。

とりわけ違和感を覚える二つ。
まず。岡田将生さん演ずる実兄をおでん屋の女将(山口智子さん)が親代わりに
育てたいきさつにかなりムリがあるな…と。

主人公なつも血縁のない家庭に引き取られたけれど。
柴田家・父の藤木直人さんの役柄に説得力があったんですよ。
明日の命も保証されない地での戦友との約束ももちろんだし
温厚で、弱者を見過ごせないというところとかもね。
しかし、そこへいくと。どうだろ?女将さん。
袋叩きにあった闇市で救っただけで、息子同然に育てる…って
展開になりますかねー???
しかも。アニがイイオトナになっても同居してる…ってのもなんだか。
女将さんの年齢設定がぼやけていることもあり、どことなく「ヒモ」っぽく
見えてしまうのです。(あくまでも、わたしはです^^ゞ)

もひとつの違和感は誰あろう「東京でのなつ」ですよ(笑)。
北海道の時と…キャラが変わってませんかのう?

早く柴田家のお役に立てるように、酪農の仕事を覚えようとがむしゃらに
奮闘していた「チビなつ」スピリッツは今いずこ…(泣)。
せっかく念願叶いアニメ制作会社に入ったというのに、
浮足立って仕事に身が入いらず、初日から無駄口ばかり(笑)。
北海道編で「実直に目の前のことに向き合う」キャラクターが定着していたのに
一気に崩れていく…。

しーかーもー!なつまでもおでん屋女将のとこの居候になるとはー!(お口あんぐり!)
というか。入社したら「川村屋」を出ていく約束になってたんですね?
えー???そんな説明ありましたっけか???
んぢゃ!女将さんに出会ってなかったら、どこに住むおつもりだったんでしょう?
うーん。いたるところにほころびだらけの東京編(^^ゞ。

とりあえずは、もうちょっと仕事に身を入れてくださいよ。なっちゃん!
やっぱりヒロインを応援したいからさ、朝ドラは。
正直、今のなつは…いただけない!!(言っちゃった!笑)
今週から登場した「マコさん」という先輩にちょっと期待だな。
自分の行動を省み、晴れ晴れとした「なつぞら」に軌道修正していくことを願うばかり。
**********************************************************************
『雪月』の送別会…涙うるうるで観てたのになぁ。北海道編が恋しい…。
柴田家アニの恋の行方はどうなってるのかな?
雪月は「クリームソーダ」をメニューに本採用したかしら?(笑)

「雪月」的な?マステです。
 3631わがし
    和菓子いろいろ。最近購入した限定モノ。

一つだけではあまりにも…なので。他の限定マステも…。
 3632わがし
     かき氷。ちょっと安く買えました。
     なぜなら真冬に買ったから(^^ゞ。
     おそらく昨夏のイベントで残ったものかと思います。

こちらは、メッセージ入りマステ。
 3633わがし
    台湾風な(?)カラーリングとフォントが気に入りました。

よく見ると、漢字もはいってるんですよ。
  3634わがし
   「good job!」「福」。
   ああ…まんぷく食品の「福ちゃん」がもはや懐かしい。
   「まんぷく」は半年通して「グッジョブ!」で良質な作品だった…と
   改めて再認する昨今…(笑)。

一週間ぶりの更新というのに、朝ドラ視聴者にしかわからぬ話を延々と…(^^ゞ。
お許しください!
スポンサーサイト

『来週に続けよ』が意外とツボ(笑)。

「こんなハズでは…」。
自分自身がイチバンぴっくり!
今期の朝ドラ『なつぞら』にどハマりしていることに(笑)。

『まんぷく』が終わった時点でもゆるっと触れましたが、
今期は視聴意欲があまり沸かなかったんです。
毎作品ルーティンとして観ていない浮動視聴者としては、
朝ドラは意外と拘束感を覚えるところもあって…。
『まんぷく』を完走し、正直、ホッともしていた。
さらに。今回はオリジナル作品。
(実在ヒントとおぼしきモチーフはところどころありますが←現時点では六花亭と中村屋・笑)。
朝ドラに関しては、実話ベースのストーリーのほうがハマるんですよね、わたしは。

『まんぷく』の定時録画を解除せず、「とりあえずさわりだけね」
…と、リタイヤの予感満々で(笑)、観始めたところ。
いまや毎日、毎日楽しみでしゃーない(^^ゞ
前作は何話かまとめ見することも多かったのに!
放送のない日曜日は寂しい…と思うくらいに。
(でもよくよく考えてみればニュース以外で週6やってる番組ってすごいよね・笑)

オリジナルなだけにストーリーはやや自由すぎな運び(…というか強引・笑)
と感ずるところや、世間狭すぎ!な偶然が多すぎると思う帰来もままありますが。
(たまたま東京で入ったお店に、行方不明の実兄が借金をしてたり^^ゞ)
登場人物のキャラ設定がひとりひとり丁寧に作りこまれていることと、
そのキャラクターに見合ったセリフや間合いがとても絶妙で。
純粋に翌日の放送が待ち遠しい昨今です。

昨日は「北海道編」最終日。
一週間で一エピソードのカタをつける(?)朝ドラにおいて、
月曜日に区切りをもって来るのは斬新!(でもないですか?笑)
だから、油断してたよー!まさか、あんなに泣かせにくるとは!反則ッ!
(…って。ご覧になってないかたには、なんのことやら?ですが・^^ゞ)。

柴田のお父さんや天陽くんのはなむけのことば(コクり込み!)、
そして、牛にすがり一人涙するおんじ…(泣)。
泣きましたよ、ああ泣いたさ!
得てして大切な人の意思を尊重し、送り出したり、別れを選ぶ設定が
ヒジョーに弱いもんで。(「死に別れ」よりもグッときちゃうんだよな)。

環境やキャストがガラリと一変する東京編はどうなることでしょう。
朝ドラお約束(?)、多少のトンチキエピソードは咎めませんので(笑)、
引き続き、日々ワクワクするストーリー展開を願うばかりです。
*******************************************************************
舞台となる十勝。
北海道の土地勘が全くないので、改めて地図などを眺めてみたり。
(位置的なことでいうと札幌と稚内くらいしかわかってなかった…ヒドイ!^^ゞ)
一大観光地の北海道。一度も訪れたことがない…というのは
珍しいほうなのかもしれませんね。

そんなわたしを憐れみ(ウソ)、友人より「北の大地」GW土産が。
  3625とか
     ありがたき。

童話のようなとてもステキなマステ…。
  3627とか
    提灯をもって星座観測。すごく気に入りました。

バターを手土産に上京した今朝の「なつ」でしたが。
こちらのスープはジャガイモが…
   3626とか
    いもよ、バターを背負えよ…。(なつぞらナレ風・笑)

あ!そうそう!
触れ忘れましたが、なつへの語り掛けナレーション。(byウッチャン)。
SNS上では好き嫌いが見事に二分してるようですが、
わたしはけっこうスキですよ。悪くないと思います。
だけどさ。週末の「来週に続けよ」はいったい誰に向けて、言ってんだろ?
なつへ…というより「(リタイヤせず)見続けろよ!」の含みがあるような…。
(キライじゃないけどね^^ゞ。)

オカリナの朝。

本日は一筆箋の画像から。
        3591ぷく
          お気に入り!

動物を描いたのは、ブログで時折触れる森やすじ氏です。
  3592ぷく 3593ぷく
    愛らしい表情とけなげな動作になごみます。

森やすじさんは昭和にご活躍された絵本作家。(故人)
そして日本の商業用アニメーション界において草分け的存在の方です。
お名前を知ったのは近年ですが、絵本やグッズ等見覚えのある絵柄が多く。
ハイジ等、「世界名作劇場」のキャラクターデザインもされています。
********************************************************************
さてと。本題。(笑)。

ちょうど一週間前の記事では「まんぷく」を大絶賛。
しかし、朝ドラ拘束はややしんどく思うところもあり。(←演者かよ!笑)
四月スタートのは様子見…などと書いておりましたが。

記念すべき100作目の連続テレビ小説「なつぞら」。
とりあえずで初回を拝見しましたら、意外とよくって…(^^ゞ。
その後、途切れることなく第一週放送分を見終えました。
わたしの場合、朝ドラは「つかみ」で決まりがちなので、
案外、完走するかもしれません。(笑)

中でも。心惹かれたのは主題歌とタイトルバック。
スピッツ!(そーかぁ、意外にも朝ドラ担当したことなかったね。死角だったか?笑)
バウンスっぽいリズムと草野さんらしい歌詞が心地よい…。
朝はこうでないと!(…って!大概、観るのは夜なんだけど^^ゞ)

実をいうと。
ベタ褒め気味の「まんぷく」でしたが、唯一、
最後まで受け入れ難かったのが主題歌でして。(^^ゞ
歌詞もメロディもイヤでイヤで仕方ありませんでした。
ドリカムは決してキライでないだけに、
「なぜ、よりによってこんなへんちくりんな曲を?(←THE 主観!)」と残念で…。

その点、今回は大幅にクリア!
さらに、タイトルバックが曲調にとてもマッチしたアニメーション。
これがとても素晴らしくて、初回放送ではアニメパート
何度もリピートし見入ってしまいました。

作品の舞台・北海道をうかがわせる大地に少女と動物たちが生き生きと動き回る。
キャラクターのそれぞれが、どこか懐かしく愛らしくって…。
中でも。動物たちの画風が、冒頭の森やすじさんの絵柄を彷彿とさせ…。

今作は全く予備知識を入れず、見始めたのですが
ヒロインの「なつ」は日本アニメ草創期にアニメーターを目指す女性のようですね。
とはいえ。「まんぷく」や「マッサン」のような実話ベースではなく
オリジナル作品とのことです。

しかしながら。
生い立ち等は異なるものの、実在した女性アニメーターがヒントになってはいるらしく。
日本アニメ界の草創期に尽力された奥山玲子さんという方とのこと。
(「…だそう」。とか、「…らしく」。とか、「…とのこと」。とか、受け売り丸出し^^ゞ)

そしてもっと調べてみますと。
どうやら、この奥山さん。先述の森やすじさんと同じ会社に
所属されていたらしく…。(←またか!)
そうと知ったら、がぜん、このドラマに興味が湧いてきた!
なんだか完走する予感がするぞー!(笑)

朝ドラの定石からすると、二週目から広瀬すずちゃんと
思い込んでいたのですが、どうやら今週も子役ヒロインちゃんなんだね。
(かなり異例!と公式ツイッターでも書かれてました^^ゞ)
今回のヒロインはあまり可愛げのない性分なのが逆にかわいい(笑)。
今後どのように成長していくのか楽しみ。

そして。昨今の朝ドラはSNSの盛り上がりとともに楽しめるのもおもしろい。
「なつ」役の女の子…おかずクラブのオカリナちゃんに似てる
…と思っていたのはわたしだけじゃなかったんだなー…なんて(^^ゞ。

ってなわけで。
本格的「すずの朝」は三週目からになるのかな?
とりあえず、もう一週、「オカリナの朝」を拝見することといたします(笑)。

森やすじさんのグッズもうひとつ。
  3588ぷく
    雑貨も充実した本屋「PAPER WALL」のアンティークフェアにて購入。
    昭和のキッズ用お茶碗です。

実は。この柄とまるっきり同じマグカップ、子供の頃持ってたんです。
こりゃ、もうデスティニー!と、即購入いたしました。
おそらくデッドストック。使用の形跡がうかがえないので…。
  3589ぷく
      ゴキゲンな笑顔ですね!

ウラを見てビックリ!なんとノリタケ製であった!!
      3590ぷく
         伝説のアニメーターのイラストにノリタケとは!
         見過ごしていた贅沢だ…。

サクラの朝。

週末、都心はサクラが満開だったようですね。
「うそだろ!?」と驚く東京都民がここに一人…
  3581ぷく
    きのうのご近所。(^^ゞ

今日になって幾分か開きが進んだものの、まだつぼみのほうが多い。
まぁ例年、開花も満開も都心から数日遅れなんですが、
今年はいつもに増してのろのろ…。
ここに住むようになって、イチバン遅れをとっているかもしれません。
  3582ぷく
    お楽しみはこれから…ということで。
    それはそれでよかとです。(←なぜかヒロシ口調)(古いし…^^ゞ)
******************************************************************
サクラの季節は年度の境い目…。
朝ドラも昨日フィナーレでしたね。
サクラの満開は待機中…といったわけですが。
サクラさんの『まんぷく』は遅れをとらず、昨日のうちに最終回拝見しました。

『べっぴんさん』以来、朝ドラはご無沙汰。
10月後半からの「途中乗車」でしたが、その後はリタイヤすることなく楽しめました。
「朝ドラ毎回観る派」でない者からすると完走はある種、達成感があります(笑)。

今回はお話しそのものよりも、ヒロイン福ちゃん役の安藤サクラさんと
その夫、萬平さんに扮する長谷川博己さんの好演が何より楽しくて…。
(あ!お話しが悪いわけではないです。念のため・笑)
もともと抱いていた好感が、より強いものとなりました。

それにしても。ハセヒロさんは(…と呼ばれてるんですね。最近知りました・笑)。
「強い信念を持ち、ブレずに胸を張って生きている」役が多い気がします。
…と。書くと一見よさげな印象だけど。
見方によっては変人というのか…(^^ゞ。
「シン・ゴジラ」の副官房長官のような陣頭指揮を執るタイプの
「信念」はいいとして。社会通念に欠ける「信念」は厄介です。
「地獄でなぜ悪い(映画)」とか「デート(ドラマ)」も、揺るぎない
変わり者だったしな…。まったく悪びれないし。(笑)。
今作。まんぺーさんも…一度決めたら、聞く耳持たず。
作中で何度となく「福子がいたからここまでこれた」と言ってましたが、
全視聴者が「そうや、そうや!」とうなずいていたに違いありません。
(もちろん、わたしも!笑)

あとは。ウエットなシーンがあまりなかったことと、
ナレーションの芦田愛菜ちゃんがとてもよかったな…と。

今作は亡くなる人がとても少なかった。
咲ねぇちゃんと商工会議所の所長さんくらい?
(戦争期間が入る朝ドラでは最少クラスではないでしょうか?笑)
その咲ねぇちゃんも、しょっちゅう夢枕にでてくるし(^^ゞ。
福ちゃんの母、鈴さんも、失礼ながら最終話までご存命とは思わなかった!
ラストまで残りわずか…というところで入院したので
「朝ドラの定石通りなら…そろそろかしら?」と、ドキドキしましたが
読みは大ハズレ!それどころか生前葬とは!!(^^ゞ
おみそれいたしました<(_ _)>。泣かずに済みました(笑)。

愛菜ちゃんナレのキャスティングは「ええとこ、目ぇつけましたなー」と。(笑)
ナレーション原稿が「福子は」ではく「福ちゃんは」だったこともあり、
利発な少女からお友達の話を聞くような心地よさがありました。
そういえば「まんぷくラーメン」の原案である「チキンラーメン」のCMに
ちっちゃい頃、出てましたね(^^)。それもありきの抜擢だったのでしょうか。

朝ドラお約束の「それいる?エピソード」もまま、ありましたが(^^ゞ。
それ込みで、楽しませていただきました。
キャスト&スタッフのみなさま、ありがとうございました!
******************************************************************
「サクラの朝」からバトンタッチ。明日からは「すずの朝」のスタートです。
次は…どっしよっかなー。朝ドラ最終回は寂しさと同時に
開放感を覚えるのも正直なところ…。(^^ゞ。
ストーリーがあんまり波風経ってない時期だと、録画も溜まるし。
根っからの「朝ドラファン」とは大きく異なるところですね、きっと…。

とりあえず。「午前8時 NHK」の定時録画はそのままにし、
世間の評判などをうかがい、様子見とすることにします(^^ゞ。
  3585ぷく
    番組のおしまいは「まんぷくごはん」。
    視聴者から寄せられた食事にまつわる写真でエンディングでしたが
    最終回!!この子、サクラさんのリアル娘ちゃんですよね?
    サクラさんもいい笑顔!まんぷく眼福なりーー!!

  *余談*
   今月はテレビにまつわるネタが、多めでしたね(^^ゞ。
   画像少なめにもかかわらず、おつきあいいただき、ありがとうございました
    

年始の東京駅。(とーとつに)。

前回の予告通り、源さんのドームツアーの感想をぼちぼち
書き始めようと思っていたのですけど。
先週中盤に入ってきたニュース速報で、気が滅入ってしまい、
ブログに向かう気持ちになれませんでした。

じかに自分に関係ない人物でも、こんなに気持ちがぐっしゃぐしゃに
なるもんなんだなぁ…。
というか。こんなにも「たまむすび」(TBSラジオ)が自分にとって
大きな存在になっていたんだなぁ…。
**************************************************************
前回更新から間があいてしまってるので、カンタンに書けるものを。

年始。東京駅のキャラクターストリートにて。
  3569かそーけん
    ドラマ 「トレース」のパネル広告。お年賀仕様でした(^^ゞ。

今晩、最終回みたいですね。
…と。この口ぶりからわかる通り、わたしは初回でリタイヤしてしまいました(^^ゞ。
船越英一郎があまりに「船越英一郎み」がすごすぎて、「だめだー!」と。
ニガテなんですよね…。↑敬称をつけてないことからもお察しいただけましょう(笑)。

ご覧いただいてたかたは、ラスト楽しんでくださいね!(←とってつけたように・笑)
  3570かそーけん
     二人だけ、拡大するという仕打ち…(^^ゞ。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR