FC2ブログ

『TOO YOUNG TO DIE!』からの『地獄でなぜ悪い』(@たまむすび)。

諸事情により「週替わりパートナー制」導入中の『木曜たまむすび』(TBSラジオ)。
(↑というか、ぶっちゃけ「瀧事情」・笑)。
先週はクドカンご登場!めちゃめちゃ楽しかった!!

トーク番組やご自身のラジオ番組等々でのクドカンさんを見聞きするにつけ
「話し上手は聞き上手」とはよく言ったものだ…と思います。
些細なとっかかりを逃さず、笑いの展開にもっていくのが抜群すぎる!
しゃべる相手側もどんどん気持ちよくなっていくのがわかるんだよなぁ。
この日のゲストの清塚信也さんも
「あっという間だったなぁ。もっとしゃべりたかった」とおっしゃってたし。

もちろん、メインパーソナリティの赤江たまちゃんも。すっごく楽しそうだった!
「いだてん」「たまむすび」。ともに瀧氏に煮え湯を飲まされた同志だし(なんてね・笑)。
でも、そこを腫物に触らぬようにしなくていいのが、ラジオのいいところ。
二人とも、ずっと愛してるんだなぁ…瀧氏のこと。
(ご本人も聴いているといいのだけど。)
******************************************************************
穴が開いた当初は、他曜日レギュラー陣が助っ人で回していた木曜日。
一巡後、現行の「週替わり制」となり、そろそろ3か月。
最初は「そんなんで人選のネタ切れにならないのか?」と個人的には
思っていたのですが、今となってみればこれでよかったな…と。(とりあえずは)

固定で新レギュラーを選ぶとなると、ハードルが高いなぁとしみじみ感じ入ります。
なにしろ瀧さんが無双すぎた。悔しいほどに(笑)。
週替わりのパートナーの評価がリスナーによりさまざま…ということからも
「瀧氏に引けを取らなくて、リスナーの誰もが納得するパートナー」って
なかなか難しいよな…と。

たとえば。SNS上ではすごく評判がよかった土屋礼央さんとか、
わたしはイヤだったし(^^ゞ
話がよどみなさ過ぎて…逆に引いてしまった(クドカンもラジオ消したといってた!笑)。
そーゆーのは自分の冠番組でおやりなさい!あ、終わったから、
たまむすびにもこれたんだったわ!でしたが(春までウラ番組でした・笑)、
自分の土俵にばかり持っていく印象が強く残り、不愉快レベル。
(個人的には二度と来ないでほしい^^ゞ!)

逆に好印象を持ったのが東京03の飯塚さん。
実力派コント職人さんに意外…と言ってはなんですけど、
トークもおもしろいかただったんですね。
03さん、トーク番組ではどうもメガネのお二人さんばかりがフューチャーされがちで(笑)
飯塚さんの存在感が薄めだったのですが、短時間で赤江珠緒のキャラをつかみ、
たまちゃんの取り扱いがお見事でした。
いよいよ…ということになれば、個人的には新レギュラーでもいいのでは…と
頭をかすめるくらいに。
******************************************************************
まぁ、そんな感じで「当たりハズレ(失礼)」はあるものの、
週替わり制をけっこう楽しんでいる昨今。
可能な限り、この形態を続けるのもアリかな…と。
同時に。当初「絶対ない!」と誰もが思っていた「瀧さん復活」を
期待する余地もあるようにも思えてきて…。

こうして後任を決めないことや、フツーに瀧氏の話題を番組内で
触れることも赤江さん&スタッフが「影膳」を備えているような
気がしているのです。
「今、ここにいない」けれども、帰ってくる場所を残しておいてるんじゃないかなと。
それがいつになるのか、はたまた叶う叶わないは別として。

瀧案件プラス、不用意に芝生でゴロン!で、即不倫!と決めつけられたり、
赤江さん、メンタルがずたぼろになってた時期もけっこう長かったと思います。
(マスコミは大吉&珠緒に注目するあまり、火曜レギュラー山里さんを全く
ノーマークだったのが、今となっては笑えるけど・笑)
それでも。あれから一日も休むことなく番組を続けているのは、
いつの日か瀧さんが帰ってくることを見据えて…という気がこのところしてなりません。
それが原動力のひとつにもなっているんじゃないかな…と。
そうであれば、もうリスナーは従うのみ!
赤江さんがイチバン納得する形で…と願わずにはいられません。
  3674あくしょん
    ラジオは他メディアでは得られない独特な連帯感もいいですね。 
    同じくTBSで春から始まった番組「ACTION」もなかなかおもしろい。
    月曜パーソナリティはクドカンさんです。
    「いだてんの視聴率が出る月曜日になんで引き受けちゃったんだろー」
    なんて言ってましたが。(^^ゞ

おっと!そうそう!クドカンのたまむすびネタ、ひとつ触れ忘れてた。
(本記事のタイトル^^ゞ)。
「長瀬くんのお悔やみのことば」はクドカン作品のセリフだったとのこと。
(『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』)
「今でも覚えててくれて嬉しかったけど、みんなが天国と書いてる中、
一人だけ地獄とか書いちゃって大丈夫だったのかなー」と、
不安げに語っておりました(笑)。
いやいや。長瀬くんの心意気、素晴らしいじゃないですか!
クドカンさんに対しても。ジャニーさんに対しても。
「地獄でなぜ悪い」!!
スポンサーサイト

『たまむすび』と、これからも。

「クチは悪いが、悪口は書かない」。…とまでは、いかないまでも。
ここでは極力、怒りの感情や愚痴などは記事にしないように努めてきました。
まぁ、たまに(?)。楽しみにしていたモノが期待ハズレだった、自分としてはニガテ、
…といった感想を書くことはあっても、貶めるのではなく、
個人の主観ということは常に強調してきたつもりで。
(たとえ自分の好みでなくても「オススメしません」的な記述は避けてきたかと…。)

理由は二つ。ひとつは、単にこのブログは「日記」でないということ。
つぶさに日々の気持ちや日常を記録する目的で始めてないし。
もひとつは、負の感情を書くことで軽減できるタイプではないので。
文字に起こすことでスッキリするのであれば、それに越したことはないけど、
わたしの場合、かえってイヤな感情が増幅しちゃうんですよね。蒸し返すというのか。
********************************************************************
自分の身内のことでもないのに。
先週深夜に飛び込んできた一報に、とても気が滅入ってしまいました。
ラジオで。またはドラマや映画等の映像作品で。
いつも活躍を楽しみにしていた人物が「容疑者」だなんて…。

速報から数日は腹立たしい感情ばかり。
当初はまるっとスルーして、通常通りのブログを…と、思っていました。
こんなぐっしゃぐしゃな気持ち…文字に起こせそうもなかったし。

だけどね。
事件を受け、この一週間余の『たまむすび』(TBSラジオ)を拝聴し。
大好きな番組への思いを書く中で、戸惑いの感情も共に書き残しておこう
と気持ちが変化してきて…。
番組開始当初からの一リスナーとしても。

以下。長くなりますし、いつもにも増し、主観強度になります。(笑)
おつきあいいただけるかたは、「続きを読む」からお願いします。
      3571むす
        昨年発売されたブロスの「たまむすび」特集号。
        いつもたまちゃんには笑顔でいて欲しいよ…。ほんとに。

→続きを読む

コラ泣き。

「STAND BY ME」満を持して本日から公開ですね~。
(コアなファンの方に見つからぬように、ぼかし気味に記してます。
何気なくクリックした予告編で、すでにうるうるしてしまいました。

念のため申し上げておきますと、ワタクシの「ド〇〇もん」の知識は、
ごくごくたしなむ程度…。
いわゆる「ドラハッパー」な世代よりちょい上ですし。
でも、今回映画のモティーフになるお話は…名作中の名作と
されてる回ですよね?
公開中に「ド〇泣き」してこようと目論んでます。

*********************************************
と!
今日の記事は「ド〇泣き」にむりくり韻を踏ませた「コラ泣き」。(笑)
最近、泣けてしまったコラムのお話を…。
レビュー系は得意でないですし、若干ウエットなお話なので、
本編は「続きを読む」に記してまいります。
これより先のおつきあい…いつものように無理強いはいたしませんが(笑)。
よろしければ! 460相談 

→続きを読む

ピークを探せ。

明日6/15まで首都圏のラジオは、偶数月、定例のスペシャルウィーク。
…ってか!はっきり言うと聴取率調査週間ですよね
大物ゲストを呼んだり、特集企画が通常より練られていたり…。
今週は豪雨で外出がままならなかったので、
気を紛らわすのにうってつけでした。

なかでも「がんばったねぇ…!」と感心した企画。
TBS「水曜たまむすび」の「ピークをさがせ!」

今週は「ジャ〇ーズ音楽のピーク」を徹底調査。
ジャ〇ーズ所属アーティスト(過去も)全タイトルの中から
タイトルにもっとも多く使われている単語・言葉をランキング発表!
(そうとうミーハーな私でも、知らないグループ結構ありました

商品化されてるものだけ…との触れ込みでしたが総数4,669曲!
(当日発売のものまでカウント!)
な、な、なんと手作業で集計したそうです。

水曜パートナーは博多大吉センセイ。
「トーキョーライブ24」もまだ記憶に新しいですが
それより前から…センセイは意外とジャ〇推しが強いんですよね。

たまに自分セレクトの曲を流す際も、
「チャンカパーナ」や「愛、テキサス」だったり。
(王道とはいい難い、ツウ好みセレクト←いや、好きだけどね、私も
華大コンビでのカラオケは「修二と彰」とのことですし。
(♪地元じゃ負け知らず〜…たしかにな!

肝心な結果はこちら(HP)をご覧下さいませ!(笑)
私は…「君」が1位と予想してたのですが、惜しくも2位。
↑クリックする前に、自分予想してみると楽しくってよ!(←何様だよ)
6/17まではポッドキャストも配信してま〜す!

大吉センセイもおっしゃってたけど、
「ど〜せアイドルでしょう〜」…ってたかをくくって聴かないのは
もったいないですよ、ほんと。
歌ヘタ…ってのも昔の話。(←って!思い浮かべた人、たぶん皆同じ!
なんせ4,669曲(笑)必ず自分に合う曲、あるはずだから。
(いまだ偏見ある人…いるからね)

それはそうと。
「トーキョーライブ」の出演者の中の2人とアドレス交換した…と
以前おっしゃってた大吉センセイ。
う〜ん?誰だったんだろうか?…邪推しまくり!

おまけ。
我が家に現存するジャ〇ソフトで、最古の部類…。
313hey
楽曲提供は、YO-KINGさん。名曲ですよん!
しかしコーイチくんの髪のカラー…時代を感じる。


よろしかったらワンクリックお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

今週もお疲れ様でした!
♪明日っからまた日月火っ!…水木まわって金土…
(各々歌ってください!←っつうか、知らない?









帰ってきたラジオ・デイズ。

首都圏では、来週から偶数月定例「ラジオ聴取率調査週間」。
と!申しましても…知らない方も結構多いのでないでしょうか。
数年前まで、私もその一人。…20代、30代はまったく
ノンラジオの日々を過ごしておりました。
しかし、「ひょんなきっかけ」で、ほぼ二十年ぶりににラジオ生活が
戻ってくることに…。

********************************************
ってなわけで…カテゴリーをもうけながら、ずっと放置プレイに
なっていた本日は「ラジオ」の記事を…。

ラジオが生活に占められる割合が多かったは
現在以外ですと10代後半…。
しかしながら、今の視聴形態とはほぼ異なっていて…。

昔は、夜9時以降の…ニッポン放送か文化放送系列(ときどき関西)。
現在は、日中のTBSオンリィ!…それも
「たまむすび」「安住紳一郎の日曜天国」
「爆笑問題の日曜サタデー」の三番組にほぼ限定。

「ひょんなきっかけ」はウォーキング。
(今年で6年目くらい)中年だし何か手軽な運動を…と。
最初は音楽を聴きながらはじめたのですが、意外と
音楽のテンポに、歩くペースが左右されるんですよね。
かといって、うつろう景色だけでは、ややしんどい。

そこで!のラジオ登場。
はじめは、むかしのよしみで文化やニッポン放送を聴取。
…というよりかつての印象ですと、
TBSはアカデミックなイメージがややあり、
(五木寛之センセイや山口洋子センセイの番組の記憶が
根深くのこっており…)TBSは敢えてさけていたような…。
食わず嫌いだったのですね。

ところが、東京極西部は、文化&ニッポン放送は受信にやや難があって…。
(歩いていると方角が頻繁にかわることもあり)
どうにも雑音に嫌気がさし、ある時しぶしぶ954KHzへ…。
しかし!きいてみると…なかなかそどうして。
あれれ…なんだなんだ!おもしろいじゃん!
LFやQRにこだわりすぎてたわ!…と。
いろいろな消去法を経て、954リスナーの運びに…。
(リスナー用語でいう、浜松町や有楽町から赤坂に乗り換えました…
ってやつです)
のちのち知ることになったのですが、十年以上、聴取率はぶっちぎり
TBSラジオ1位なんですよね…大いにうなずけます。
(TBSはテレビもこれくらい個性的だったらねぇ…

そうそう。
TBS…といえば看板長寿番組、毒蝮さんの番組。
私も40代にして、初めての聴取しました。
ほんとに「くたばりぞこないのばばぁ!」…って
いってるんだ!とちょっとしたカンドーいたしました。
(ご自分だって!…とここでいうのは野暮というもの
いらしたオーディエンスに
「きったねぇ顔して来やがって!」と毒吐きまくりなのに
どの会場も「待ってました!」の熱気が、
音声だけ存分に伝わってくる!…さすが!ですね。
(でも、私的には年に何回かの聴取でいいかな?…
なんて!ちょっと若ぶる…

いずれにせよ、ラジオの良さを改めてかみしめる日々…。
ラジオがなければウォーキングもこんなに続いてないな…。

来週の「たまむすび」は曜日パーソナリティが2人!
「にちてん」のゲストは「動画再生回数」で時の人、松たか子だって!
楽しみ!楽しみ!
(ラジオ抜きでも、もともと大好きな方々ばかりなのぉ…)


プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR