にじいろ。

「ついに…なんだね。そっか…」。
どこか観念しつつも寂しさ入り混じるそのネットニュースを見たのは5月。
当ブログの帰省ネタでも幾度かあげた「レインボータワー」。
8月に取り壊しの運びとなったようです(泣)。
  3073にじーろ
    こちらは2014年撮影。本来は昇降式の展望塔。
    黄緑部分に止まってる筒状のものがゆっくりと回転しながら昇降します。

展望塔としての機能はすで2012年に終了…。
耐震改修の莫大な費用に対し、収益が見込めなかったらしく。運転継続を断念。
しかし、新潟市のランドマークとして現在まで所在…
ネーミングがらもおわかりの通り、七色に彩られています(笑)。

さび止め作業や点検運転等、メンテナンスは定期的に続けられてた…とのことですが
この地に誕生し、もはや半世紀近く…。(1973年)
無理もないかもしれませんね。寂しいけれども…。

とはいえ。かつてはそれほど個人的な思い入れはありませんでした。(^^ゞ
乗ったのなんて…新潟に引っ越してきたばかりのモノ珍しい時期を含め
2、3回ってトコじゃないかな…(笑)。
学生時代は毎日バスの車窓から見えてたのにね。

でも。展望機能が終了したここ数年は、しみじみ眺めることも多くなり。
そう遠くない将来に…「しかるべき時」がくる予感はして。

以降、画像を納めることも毎帰省時の恒例と化してました(笑)。
3075にじーろ 3074にじーろ
 2015年。いろんな角度から撮ってみたり…(^^ゞ。
 左は信濃川側(←がわがわ…て!笑)から。右はメディアシップの19階より。
 かつてのレインボータワーは「見上げる」存在だったはずなのに、
 現在は頂を見下ろせるスポットも増加しました。

昨年(2017年)は、至近距離より(笑)。
      3077にじーろ
      不測の事態がない限り、10月まで帰省しないはずなので
      おそらくこれがわたしの中でのオーラス写真(泣)。
      こういう時に限って、ほんといい天気なんだよな…。
      せっかくここまできたなら、真下からも撮っておけばよかった!

まぁ。そうは言っても。
離れた地に暮らしていると、それほど無くなる実感がないのも事実でして…(^^ゞ。
毎日見ているわけでなし、日常でその話題が出る環境にもなく…。
SNS情報によると、「最後の記念に」と姿をおさめに足を運ぶかたが
増えているようですが(市民のみならず、県内各所から)。

次回、帰省の際、「あるべきもの」がない空を見て、実感がわくんだろうな…・
長きにわたり、新潟市を見守ってくれてありがとう!おつかれさまでした。
   3078にじーろ
     昇降部分は2階建て。
     塔を背にドーナツ状に座席が設置されてます。(←この説明わかる?笑)
*****************************************************************
さて…と。
実は。今日はここまでが前フリ。(←え"え"え"ーーーーーーー!!!^^ゞ)

本題は「続きを読む」に。
これより先、超絶「ひとりよがりゾーン」に入りますので、ごムリなさらず(笑)。
おつきあいいただけるとこまでで、よろしくお願いしまーす!!

→続きを読む

スポンサーサイト

舞台『泥棒役者』の感想と、昨日今日のキモチもろもろ…(笑)。

たいした記事数を更新しないうちに、早くも下半期突入。
よって。上半期ネタもまだまだ残留…。(^^ゞ
せめて。時系列に沿っての更新なら違和感なくも、
直近だったかと思えば、急にずっとさかのぼったり。
「なぜに?今日この記事を?」感が…、本年は一層色濃く…(笑)。

すべてはわたしの気分によるところです、ええ!(でへへ!^^ゞ)

ってなわけで。本日も後手後手案件(笑)。
チケット入手の道のりまでで頓挫していた、舞台「泥棒役者」の感想を。
レビュー、得意でないのでずっと後回しにしてたのだけど、今日ばかりは
「いま、書かなくては!」と急き立てられるような気持ちでして(知らんがな!^^ゞ)。

この先、読む読まないはおまかせします。(注・主観まみれですので・笑)。

→続きを読む

長い(月)から(金)の出口のない…。

なんたって、本日は。
ロシアW杯とか、統計開始以来の早い梅雨明けだとか…。
のちのち、語り継がれそうなことばかりで…。

だからね。
みなさん、きっと忘れてる。
今日が「プレミアムフライデー」ということを(笑)。
   3047ぷれ
    フェイドアウトしそうで…どっこい生きてる!なんだよね(^^ゞ。
    PR大使が「彼ら」じゃなきゃわたしも間違いなく忘れてるハズ(笑)。
    どうでもいいけど「自分にごほうび」といういいまわしは、
    ニガテなコトバのひとつです(^^ゞ。

7人揃ってのPR会見も…そっか、もうラストか。

なんだか、4月15日の会見からまったく実感のない日々でしたが、
ここへきて一気に…いやがおうにも「その日」が近いことを
思い知らされてる気がします…。
見ないように、考えないようにしてたわけではないけれど。
このところメディアは「最後、最後」いい過ぎなんだよ!(まー、そうなんだけどさ)

よりによって。プレミアムフライデーに会報届いた。
  3048ぷれ
    「7人で当たり前」の表紙も、次回は…。     

ナビダイヤルよ!「応答セヨ」!!。

またまた四月のお話ですが(^^ゞ。

○山隆平さん(←伏字はまんまだね・笑)主演舞台「泥棒役者」。
FC枠申し込みで全滅!にて、意気消沈していましたところ、
な、なんと!当日券ゲット!というタナボタにありつけました!
        3004どろ
    東京公演は新大久保の東京グローブ座にて。
    共演は東山パイセン!(左側がヒガシさんすよ!念のため・笑)

当方の「○山びいき」を差っ引いても(笑)、楽しく素晴らしい舞台でしたが
感想はもとより、今回はチケットゲットまでの道のりも…書き残しておきたく。(笑)
レビューは改めて書くこととし、今回は当日券を手中におさめるまでのことなぞ。
まぁ、今後どなたかの(じゃにおたさん・笑)参考になれば幸いかと。
(該当する方の検索にヒットするかしら?^^ゞ)
******************************************************************
FC枠申し込みの時点では、わたくしタカをくくりすぎておりました。(^^ゞ

前回の○山さん舞台「マクベス」では平日昼2公演、
昨年の安田さん主演「俺節」では平日昼3公演申し込みで、
いずれも1公演ずつ当たっていたものですから。
「平日の昼間だったら…きっと楽勝だな!」と過信してしまい…。

でも!今回は6公演申し込みで、全滅!歴史的大敗じゃ!(←大げさな!)
これ以上申し込んで当選しすぎても…とセーブした結果でしたが、
こんなことになろうとは!もっと増やすべきだった!
この旨、ヲタクの師と仰ぐ友人に話したら
「そういうのに申し込み過ぎなんてないよっ!
当たり過ぎたらその時考えればいいのっ!」とのご訓示が…。(おっしゃる通り…笑)

一般販売にも敗れ、復活当選のお知らせもなく…(・へ・)
残された道は「当日券」のみ!
まぁ、そうはいってもそんなのは「都市伝説」的なまぼろしなのだと思っていたのですが。

ところが…よくよく調べてみたところ。
実はけっこう、当たるようなのです。(しかも!そこそこ良席のケースも!)

グローブ座で行われる公演の当日券は、厳密には「当日引き換え券」といったテイ。
実際は公演「前日」、チケットぴあのナビダイヤルにて電話受付け。(笑)
無事つながり、整理番号を受けられた人が当日に券を買えるシステムです。
(おそらく…他の演者さんの公演も同じかと思われます)

はじめてトライした日は、まったく応答の気配がなく…。
かけどもかけども「大変込みあって…」とお馴染みのアナウンス!(^^ゞ
ツーツー…と通話中の機械音さえ出なかった!
やっぱキビシイな…と、思いつつも、こちらが電話をかける手段に問題アリ?かと
日々、改善策を練ったところ…(←大げさ!←2回目!)

公演開始から数日後!
受付開始10分ほどでつながったよ!サンクスっ、ぴあっっ!!

改善点は以下…。
  ①スマホでなく、固定電話で! (ガラケーも比較的いいらしいですね)
  ②リダイヤルではなく、あらかじめセットした短縮ダイヤルで!
   (↑たったこれだけのことで、ウソのように発信時間が縮まりました…)
  ③電話番号の最後に「#」をつける!
   (↑これ、チケット予約の基本でしたね。すっかり忘れてた^^ゞ!)

おかげさまで。わたしの予約番号は、一桁にほど近い早い数字でした。
当日は開演の一時間前までに集合→身分証明提示→チケット購入の流れでしたが
集合場所では80番くらいまで点呼されてたかな…。

そして。やはり気になるお席の位置…(笑)。
当日券。「演出見切れ」の説明は、予約の時点でも説明があり、
(裏を返せば「あまり期待せずに来てね!」ということですね・笑)、
「見られればもうそれだけで…」だったのですが。

ふたをあけてみると、びっくりするほど舞台が近いっ!!(≧▽≦)
一階席の舞台右サイドでしたが、これまででイチバン間近で○山さんを見られる結果に!!
しかも!ライブと違ってトロッコ乗ったり移動もないし(笑)。
ずーっと○山さんはステージの上っっ!!
持参したオペラグラスの出番はナシ!見切れもほぼナシ!
こうなると…FC枠、ハズレててよかったぁぁ~~!!(←ゲンキン!^^ゞ)
名言をお借りするなれば、「僥倖としか言いようがないっ!(©藤井総太)」(笑)。

当日券が当たった上に、まさかの良席!!
もう今年の運を全部使い果たしたのでは?と若干心配になりましたが(←欲深っ!)。

となりの席のお嬢さんと(やはり当日券組)、開演前に軽くおしゃべりしたところ
「今日、実は夜の公演も取れちゃってぇ…」とのダブルヘッダー発言っっ!!
(職場の同僚総出で電話をかけたとのこと…いい職場だ!笑)
上には上がいるもんですねー♪(ちょっと安心した…笑)

棚からぼたもち。
スタンダードなあんこのみならず、きなこやごま風味まで転がってきたような
身に余るほどのラッキーな出来事でした。
レビューはまた後日…(笑)。
  3001どろ
   映画版は昨年秋に公開になりましたよ。
   (主題歌が「応答セヨ」…なのもなにかのご縁←こじつけ、こじつけ!笑)

  ☆おまけ☆
    ライブとは違い、「いかにもファンです…」的なスタイルの人は
    少なかった気がしますが、みなさんのチケット購入時、
    取り出したおサイフが「○山カラー」のオレンジ率が高くて
    驚きました!(これほど一挙にオレンジ色のサイフ見たの、初めてかも^^ゞ)

    わたしのサイフはクロですけどねー…(笑)。

3年前の「ストーリー」。

珍しく拙宅の玄関脇なぞ…(笑)。
 2338おる
   撮影日・4月20日。(←要するに昨日!^^ゞ)
   直近に咲いてたソメイヨシノと比べるせいか、ハナミズキは咲いてる期間が
   長く感じますね。母が上京した5日には咲き始めていたし…。

しかしながら、もうそろそろ終わりでしょうね…。
  2341おる
   よそのお宅が写り込まぬように撮ったら、こんなありさまに(^^ゞ。
   なんの花か、わからんがなー!!(造花にすら見える!)
*************************************************************************
「オルゴール」は大好きだけれど、
「オルゴール風にアレンジされた音楽」は、ややニガテです。
(↑ハナミズキからトートツに話題が変わっておりますが、とりあえずは、お気になさらず…笑)

なぜか?は…察しのつくかた、いらっしゃるかもしれないですね。
「どことなく医療機関を彷彿とさせる」から…。

いつの頃からか、病院の廊下や待合室、歯医者などは診療中でも
オルゴール風CDが流れることが一般的になりました。
それこそ一青窈さんの「ハナミズキ」だとか(笑)、「ひまわりの約束」といったような
たいがいは「スローテンポ(時にミディアム)でありながら、歌詞が悲しくないJ-POP」。
(BGMだから、歌詞はあんまりカンケイないけどね^^ゞ)

本来は「病院の重苦しい空気をやわらげるため」の配慮であることは
重々、承知してるのですが、これほど日常的になると
逆にその音こそが、メディカルな想起を促す…というのか。
芳香剤に慣れたコドモが、本物のキンモクセイやラベンダーの香りに
「あ!ここの道、トイレのニオイがするよ!」と本末転倒な反応をしてしまうのに
ちょっと似てるかもしれません(でも、ない?笑)
*******************************************************************
3年前…2015年の上半期は「オルゴール風アレンジ」を耳にする機会が実に多かった。
当時から読んでくださってる方は、あまりいらっしゃらないと思いますが
これまでの人生でイチバン、医療機関にお世話になった期間なのでね。
(やんわり…との概要はコチラにて!)

ハナミズキ真っ盛りのちょうど今時期が、精神的にオチまくってた頃かもしれません。
ゴールデンウイーク目前での手術&連休中のフル入院。
それに向けての、手術前検査での通院…。
各検査室で流れる「オルゴールもどき(笑)」に気が滅入り…。

さまざまなプレイリスト(?笑)の中で。忘れられない一曲があります。
MRIでのこと。そう!まぎれもなく「あの包」の中です…(^^ゞ。

MRI…経験のある方には説明するまでもないですが、検査時間がかなり長いです。
(からだの部位にもよるのでしょうが、わたしの場合20分程度でした。)
そして。作動中はけたたましい爆音(^^ゞ。
予備知識なく入ったので、その共鳴にかなり驚きました。

しかしながら終始、轟音が鳴り響いてるわけではなく、
クールダウン的(?)な束の間もあり…。
その間、例の「オルゴールもどき」が流れてくる段取りです。
(医療機関にもよるかもしれませんね…)

所要時間や痛みが無いことは事前に聞いていたので、さほど不安なく臨んだものの、
時間の経過がわからない…というのは意外と苦痛で。(時計が見られないからね)
頭上は開いてる状態とはいえ、同じ体勢では閉塞感も次第に増し…。
作動中はレントゲン等と同様、部屋の中は自分だけになりますしね。
やっぱり、ちょいと不安にもなりますわ。

そんなときですよ…。流れてきたのは…。

最初はね、何の曲がわかんなかったの…。
しかしながら…なんか聴いたことあるような?なんだっけー?なんだっけー?
と、次の爆音の心づもりしつつ(笑)、音楽に耳を傾けていたら。

サビのところで。ようやく「あ!」と

「♪一人じゃないから~
      キミが私を守るから~…♪」

 『え"え"え"~~!?現在わたくし、包の中にガッツリおひとりさまなのだが…。
  しかも、容赦ない爆音攻撃から…どう守ってくださると?』(←心の声・笑)

そうです!本記事タイトルのまんま!
流れてきたのはAIさん「Story」でした(^^ゞ。

いくら歌詞のない、インストバージョンだとしてもさー、
よりによって。これほどサビメロと歌詞がガッチリ一体化した曲を…(^^ゞ。
分娩室とかならまだしも…ソロ活動真っ最中にっっ!!(笑)

と。そんな「問わずツッコミ」をしていたら、検査終了と相成りました。
しかしながら、不快感から気がそれたのも確か(^^ゞ
それコミでの、作戦だったのでしょうか?(←たぶん違う)
************************************************************************
手術から三年…。
あの年は、桜やハナミズキ…キレイで色鮮やかであればあるほど、ツラくなり…。
これまで感じたことのない心持ちで、花を眺めていたことを思い出します。

現在も経過観察中ではありますが(実は!笑)、直近(三月)の検査もモウマンタイっ!
観察期間も、すでに半分以上過ぎました。
さえない日常ながらも(笑)、穏やかに花を眺められる日々に感謝です。

そして。最後にちょっとした(笑)、私信。
数日前のご報告、我がことのようにとても嬉しかったです!
(季節もシンクロしてただけに…。)
不安な日々からも開放ですね!ほんとうに、おめでとうございます!!
2339おる2340おる
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR