FC2ブログ

休んでください!こんな日は!。

10月12日…もうじき午後三時です。
こちらは朝からの豪雨に加え、30分ほど前から風が強まってきました。

にもかかわらず。
     3727から
   夕刊がいつも通りに届いてる…。・゚・(つД`)・゚・

本日も発行があるのはわかっておりましたが、
今日中に届かなくって当たり前!…な心づもりでした。
台風が過ぎ去った後、翌日以降まとめてでかまわなかったのに…。
身の危険をさらしてまで、届けてもらうほうが心苦しい…。

「台風で配達遅れ、おわびします」…と広告下にはありますが
まるっきり、いつもの時間のお届け。
朝刊で「遅延予告」のチラシも入れてくださったのにもかかわらず!…です。

コンビニや宅配便といった「年中無休」の各種サービスが、
臨休する事態なんですから、こんな日は新聞の発行も、
臨時休刊してもいい気がします。
発行があれば、必ず配達を要することになるのだし…
非常時です。クレームつける人はいないんじゃないかな…。

配達の方にはほんとに頭が下がります。
感謝しかありません。ありがとうございました。
スポンサーサイト



"それぞれ"がはじまる。

 3720すいどー
    水道橋の画像と、9月の感情吐き出しは今日で一区切り(笑)。
    次から通常モードですので、あと一回ご容赦の程…。

恐れ多くも、ありがたいゾーンだったおかげで。  
文字通り「等身大」の6人を目の当たりにさせていただけた今ツアー。
中でもいちばん長い時間、近いエリアにいたのは錦戸さんでした。

あらためて「めちゃめちゃかっこいいなぁ…」と。(←語彙よ…)
ただならぬオーラなんですよね。(他メンが劣る…というわけでなく・笑)
エンターテイメントの世界に身を置くことが宿命のような存在感。

単に近かったから…というだけでなく。
いつになく彼に目が釘付けになってしまいました。
誤解を恐れずにいうならば。
こんなに錦戸さんに視線を向けたのは初めてだったかも…。

他メンバーへの熱量の差…というのではありません。
ステージパフォーマンスにおいては絶対的な信頼をおいてましたし。
事実。いつだって、どんなシーンでも全く危なげなくって。隙がない。
でも、それは逆にいうと。常に視線を向けなくとも、心配にならない…ことでもあり。
「目を離してても、亮ちゃんは大丈夫だからさ!」と、信じ切ってたからかもしれません。
******************************************************************
ライブの終盤、いつもだったらその場で声を届けてくれるメンバー挨拶が、
今年は各々撮影済のVTR。
会場各地のテンションに左右されず、その場での加減が利かないメッセージの
届け方に、「やっぱり何かが変わるのかも」……という予感がよぎりました。
(あくまでも、わたしはです)

だけど、まさか三日後とは。
こんなに重い決断を胸にしまって、笑顔でツアーを遂行したことを思うと。
とてもせつなくなりました。6人それぞれのつらさがあっただろうな…と。

錦戸さんはみんなの笑顔を見届けて。
メッセージだけ残して去ってしまった…置き手紙のように。
憶測で悪意ある記事が書かれたりすることも、十分覚悟の上だったはず。
なんだかさぁ、児童文学の「泣いた赤鬼」のラストを思い出しちゃったよ。わたしは。
ほんの前までの楽しい時間との気持ちの落差とかね…。
*****************************************************************
ここ一か月、『青春のすべて』という曲の歌詞が何度も頭の中を巡りました。
(すばるくんがやめるときもそうだったのですが)

本来は恋愛の曲なんですけどね。
青春まるごとを共に過ごし、違う道を歩むことを決めた恋人への気持ち。
その心情の機微が、エイトの岐路に重なって…。

実は、本記事のタイトルもその歌詞の一節なんですが。
あらためて歌詞カードをみると、それぞれがカッコで"それぞれ"とくくってあって。
その強調した表記が、より一層、胸にきてしまった…。

月がかわり、本格的に"それぞれ"が始まりました。
(にしても。亮ちゃん、仕事が早ええなぁ…!笑)
淋しさはいまだ胸にあるけれど、わたしも時間の経過とともに
各々目指す方向へ、悔いなく進むことを願う境地になっています。
「戻らない日々」を悲しむばかりでなくってね。

出会えてよかった。ただただ、みんなありがとう!

おしまい!(笑)。
 3721すいどー
   錦戸さんカラーの黄色もキャッチできたのですが。
   となりの席のかわいこちゃんが「亮ちゃんうちわ」を持っていたので
   あげちゃいました。
   「えー?ほんとにもらっちゃっていいんですかぁ?」と、念をおされ
   お友達と「黄色、もらえちゃったよぉ~」とキャッキャ、キャッキャするさまに
   オバハンは和みました(笑)。亮ちゃんに近い席でよかったね、お嬢さん!

画像のオーラスはグッズ調達の日のモニュメント。「エイトレンジャー」。
  3723すいどー
    もうずいぶん遠い日のことのように思えます。(しんみり)

『クジの日』に…。

実を言うと。
ここ一年、エイトへの(←あ、関ジャニ∞のことね!笑)熱量は
かつてに比べるとクールダウン気味だったんですよね。
前回、前々回の暑苦しい記事の内容からするとウソみたいだけど(笑)。

出演番組も観ずじまいになりがちだったし、以前だったら買ったその日に
視聴してたDVDやCDの類も、パケも開かず放置してたり。

もちろん6人になってからクオリティが…ということでは全くなくって。
単純に。わたしの場合、どんなものに対しても興味の熱量が
右肩上がりのままなことがない…ということになりますかねー(笑)。
再びパッションを盛り返すことはあっても、どこかしらで必ず横ばい状態がくる。
最初は勢いよく、ある程度のところで足踏み…なんだかダイエットみたいですね(笑)。
たまたまこの1年は、そんな時期だったのかもしれません。
******************************************************************
今年のドームツアー、東京はいつもの年よりひとつ減っての三公演。
しかも。最終日はツアーのオーラス…最高激戦日。
例年のように東京の全日程を申し込んではみたものの、当選する気がしませんでした。

かといって。
他ドームに遠征する気力も、今回はまったく起きず。
東京がダメだったらそれはそれで…という境地。
ハズレたらもちろん残念だけど、そういう年があってもいいのかな…と。
(↑数年前には考えられない諦念です…笑)
なので。申し込んだ時点で気持ちは一区切り。
正直、当落発表の日も忘れてた…という体たらく。(ごめんなさい^^ゞ)。

結果。前述の通り東京2日目当選。
当落日も失念していた不心得モノに、これだけでも十二分過ぎたのですが、
公演当日、発券した座席番号を見てびっくり!
(※他のアーティストはどうかわかりませんが、ジャニーズのデジチケは当日まで席がわからないのです。)
何年かぶりのアリーナ席でした!(東京ドームでははじめて!!)
不心得モノには身に余るほどの僥倖です。(大げさでなく…笑)
  3717すいどう
    「GIANTS PRIDE」のほうが目立ってる!(^^ゞ

さらに。もうひとつ。どーでもいい余談がありまして…。
当選日の9月2日とは。実は…(笑)。

あまりの恩恵に、「バースデイ優遇みたいなものがあるのかしら?」と
ググってしまいましたが(笑)、そうでもないような???
(せっかくなら誕生日に当選したかった…的なツイートも多く見受けられたので)
まぁこの年になると、どの日でも当選しただけで感謝しかないんですけど。
(むしろひとつ老いて参戦なわけですし、とほほ…笑)
自分の誕生日とツアー日程が重なることだけでも、レアケースなのは確か。
こういう偶然はいくつになっても、ほのかに嬉しいものですね(照)。

蛇足になりますが。
「くじの日」なんですよね、9月2日。(「く(9)じ(2)」というわけで・笑)
なのに。クジ運悪いんですよ、わたし。
自覚してるので宝くじはおろか、懸賞すら応募する気にもなれないんですけど。

令和元年はバチあたりなくらい、上出来な「クジの日」でした(笑)。
   3718すいどう
    前日に調達したグッズたち…。
    とはいえ。かなり少ないほうですよね、わたしは。
    ペンラとパンフ、クリアファイル…プラス、ワンアイテムくらいです。毎回。
    ツアーバッグやTシャツは買ったことない…。貢ぎ不足で、すみません(笑)。

うちわもねー、何年も買ってなかったんですけども。
      3719すいどう
    フィールド席と判明するや、ドーム内であわてて追加買いしました。
    (でも、使うタイミング、難しいですよね。うちわって!^^ゞ)

「こんな時代」だからこそのラジオ。

リーグ制覇は5年ぶりだとか…。
へぇ~、そーなんだぁー…、おめでとさんです。(←棒読み・笑)
  3712すいどーばし
    めったにない角度から撮ったら、図らずも「G」が目立ってしまった…。(^^ゞ
    
しかし。胴上げは水道橋ではなく、ハマスタだったようですね。
そして。パはライオンズが制覇したとのこと。

「…ようですね」「…とのこと」。↑↑↑
リアルで追ってないのがダダ漏れ…(^^ゞ。

野球もめっきり疎くなってしまいました。
…ってなわけで。ペナントレースネタはここまでです(笑)。
 3716すいどーばし
    図らずも。誰かの「亮ちゃんうちわ」がこっちをみてる…。(下のほう…笑)
*******************************************************************
今年は「自分が好きなテレビやラジオの中の人」が、世間の注目を集め、
「渦中の人物」となるケースが続きました。(←すでに年末モードな物言い・笑)
ことに。「たまむすび」レギュラー陣ときたら!短期間に…よくもまぁ(^^ゞ。
その都度その都度、ドキドキしちゃったよ。心臓に悪いっっ!!(笑)
しかしながら。締めくくりが山里さんだったことに救われました。
それまでの二か月弱、平静を装っていてもこれまでとは明らかに違う番組の空気を、
お祝いニュースで一新してくれましたからね。
山ちゃんには感謝の気持ちと併せて、心からのおめでとう!です。(いまさら過ぎ…^^ゞ)

ネガティブなネタもおめでたいネタも。
ラジオのレギュラー番組を持っていると、自らのコトバとペースで
発言できることが強みですね。(生放送は特に)。
直接、真意に言及する手段として、ラジオに勝るものはないのでは?…とすら
思ってしまう事が最近多いです。

いくら署名があっても、書面は本人がダイレクトに公表してるとは
思えないし(手直ししてないにしろ、誰かしらの中継ぎはあるはずだから)
かといって記者会見も…取材者側が穿った気持ちを捨てない限りは
真意が正確に伝わりづらい…。
****************************************************************
大倉さんもラジオの生レギュラー(ANN)、続けてきてよかったね。
パートナーが高橋優さんということも含めて。

前記事にも記した通り、脱退発表を受けしばらくは頭が追いつかず。
ひとことでは形容しがたいさまざまな感情が、ないまぜになり。
得体のしれない気持ちに、折り合いがつけられなかったのだけど。

発表から数日後のANN。
初めてオンタイムで届けられたメンバーの真意は、とても胸に響くもので。
 (※厳密には、まるちゃんのサタプラがその前にありましたが、
 テレビだし、他の出演者の手前、時間が限られますからね…)

ことに。
「(困惑していて当然だから)まだ立ち止まっていていい」という言葉。
沁みました。救われた気持ちになりました。
また。高橋優さんの受け止めかたもねー(泣)。大倉さんに寄り添っていて。
これまで築き上げた信頼関係あってこそ、あの放送ができたのだと思います。
あらためて。大倉さんにとって優さんの存在は、大きいよなぁ…と。

やっぱりラジオはいろんな意味で「近い」のがいい…。
演者とリスナーとの間もだけど、演者同志の距離感も。

ピ瀧さんが(笑)、自ら「たまむすび」の降板を申し入れ、
託されたメッセージを赤江さんが代読した際にも
同じ気持ちを抱きました。

手軽で身近にあるにもかかわらず、見過ごす人が多いツールだけれど、
伝聞ではない生身の声を届けられるということはとても貴重。
情報過多な時代だからこそ、わたしはラジオに信頼をおいてしまっているのかも…。
  3713すいどーばし
    大倉君と高橋君。…ではなく、錦戸君ですね。
    リアル「ローリング・コースター」通過の瞬間を狙ったけど、
    絶妙にチャンスを逃す(笑)。

ANNの中で「コンサートはテーマパークに行く気持ちと似てるんじゃないかな」
…と、大倉さんはいってたけど。(例によってニュアンスです・笑)
  3715すいどーばし
     観覧車をバックに…いわゆる「よこひな」(笑)。
   
そういえば。わたしが初参戦のライブステージ、遊園地仕様の演出でした。
しかも、オープニングは「EJ☆コースター」!!!
あのせり上がりからの登場の瞬間…いま思い出しても心が震えます。
 3714すいどーばし
   「山田さん」(…って。大概の方が何のことやら?ですね・^^ゞ)。
   似顔絵…この二人だけ、あまり似てない気がわたしはするんですけど。
   そっくりという点では、亮ちゃんがダントツ…。

うろたえ。

前記事の通り。
混沌とさまざまな感情が付きまとっていた…ここ最近だったんですけど。
想定外の気持ちの絡まり方に、自分自身がイチバン驚きました(笑)。

わたしの娯楽傾向から、お察しの通り(?笑)。
ないまぜな気持ちの端緒となっているのは。
「亮ちゃん」こと。錦戸亮さん脱退の件ですね。
  3710すいどーばし

そのこと自体は「ああ、やっぱり、そうなんだ…」…と。
もうずいぶん前から話題になっていたし、
まったく根も葉もないことだったら、前のめりで全面否定するはず…。
なんらかの形で、グループが変わろうことはうかがい知れました。
さらに。もしそうなったとしても、新たな未来へ進む決断を
ポジティブに受け止められると思っていたんです。
すばるくんの時と同じように…。(淋しいのはもちろんなんだけど…)

だけど。
想像以上に気持ちは掻き乱されてしまった。うろたえてしまった。
結論は受容できたのに。

現実が「待ったなし」で、訪れてしまったから…。

もう少し6人での時間は残されてると決めつけていたんですよね。わたしは。
たとえわずかだとしても…。
さらに。旅立つことばを、本人の口から聞けるものだとばかり過信もしていて…。

しかし、届けられたメッセージには。
すでに新しい道を歩み始めた報告が…。

たしかにこの目で観たまばゆい光景から、たったの三日。
事の進捗に、どうにも気持ちが追い付くことはできませんでした。
  3711すいどーばし
    ひとまず今日はここまで(笑)。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR