FC2ブログ

公式さんがおっしゃるので、乗っかってみた。

本日。「キッコーマン豆乳」公式ツイがちょっとウケました。
       5059とーにゅー
           まさかのセルフコール&レスポンス!!
           「エビバデセイッ豆乳の日~!!!」(笑)。

いいですねー、ハイテンションで。(^^)
ツイートには「豆乳への想い、聞かせて欲しいな」と続いてます。
そっか!ならば、受けて立とうじゃない!乗っかろうじゃないの!
ただし、ブログでお許しくださいませ。
残念ながらSNSアカは持っておりませんもので…。
(おそらくキッコーマンさんには届かぬ声…笑)
********************************************************************
凍らせた豆乳飲料にハマって早二年。
いつかは飽きるのだろう…と思いきや、もはや出口が見えません(笑)。

ジャリジャリ、ザクザクとした食感が病みつきに…。
(そのせいもあってか?アイスをほとんど食べなくなってしまったなぁ…。)
さらにはラインナップの充実。新テイストも続々登場するし。

特に感心するのは固形の食品を豆乳飲料にするという発想力。
定番商品でいえば「きなこもち」とかね。
「きなこ」ではなく、あくまでも「きなこもち」というのがミソなんです。

最近発売された中にも…。
 5056とーにゅー
   「マロン」ではなく「モンブラン」(笑)。
   
たしかに「そう、そう!」と。決して「マロン」ではなかった!
キッコーマンさんのあくなき探求心には恐れ入るばかり。
しかし、これに限ってはフツーにケーキで食べたいかな、個人的には(笑)。
あのにゅるにゅるしたクリームの食感あってこそモンブランなんだな…
ということに気付かされました。
キャラメルの方は申し分なし!ご贔屓さんに仲間入りです。
(逆に今までなかったのがフシギなくらい)。

春先に販売されたものでは…
  5057とーにゅー
   パッケージ上部がカラメル色のプリン。
   (パケのデザインもお楽しみのひとつ…)

モンブランとは相反し、こちらはプリンがジャリジャリした食感というのが新鮮。
定期的にリピートしてます。
同じ固形物でも、食感の違和感があったりなかったりするもんなんだな…と。
おお!実に奥深き豆乳飲料ワールド!
(あ!ブラックチョコは単純に好みではありませんでした・笑)

結局、リピートするものは限られてくるんですけどね。
新商品が出るたびに試してはみるものの。
かつ、購入したことのない製品も意外と多い。
豆乳との相性が未知数過ぎる「ソーダ」とか…。
(発想が攻め過ぎでちょっと怖い^^ゞ)、
フルーツ系のモノは概ね未着手…(もともとジュースがあまり好きでないので)。

個人的なスタメンは抹茶 、黒ごま、シナモン、アーモンド、黒糖生姜、
そして前述のプリン、キャラメル…といったところでしょうかね。
こうして並べてみると、コーヒーやお茶のフレーバーとしても
成り立つものを好む傾向にある気がします。

また新たなスタメンに昇格するようなニューカマーを期待するところ。
個人的にはぱっくりピスタチオなどどうだろうか?と、思うのですが。
どうですかー?キッコーマンさーーーんっ!(←ほぼ届かぬ声・笑)

☆おまけ☆
プリン豆乳のパケに…。
   5058とーにゅー
    アレンジメニューとして、ゼラチンで固めることがオススメされてるのですが。
    そりゃもう、リアルプリンでいいのでは?…と(笑)。
スポンサーサイト



「アポロ11号が月に行ったっていう」頃。

このところテレビネタからブログのお題を頂戴しがちですが。
本日もまたまた…(笑)。

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で話題に上った幻のパンが
復刻販売されていました。
  5051あぽ
   「スペースアポロ」。レトロなパッケージもかわいい…(^^)。

番組では有吉さんの記憶に残るパンとして追跡調査。
幼少期ということから鑑みての年代、出身地である広島県、
「アポロ」が名称についてたような…という有吉さんのおぼろげな記憶を手掛かりに
広島県に所在する「ナガイパン」が製造・販売していたことにたどり着きました。
   5053あぽ
     ボケてて、すみません(笑)。1975年頃販売されてたとのことです。

ナガイパンさんには奇跡的に当時のレシピが残っていました。
そのレシピをもとに、ご好意で「スペースアポロ」を再現。
番組に届けられました。
「これ、これ~!!」と思い出のパンとの再会に有吉さんが
感激したのはもちろんのこと、共演のマツコさん&久保田アナも
「こんなにおいしいんだったら、復刻したらいいのに…」と絶賛。

それほどのモノであれば、視聴者だって気になるところ…。
だけどまさか…ほんとに復活するとは思わなかった。
と、いうか。仮に復刻したとしても、広島の会社ではねぇ…
口にする機会もないだろう…と。

救世主は「フジパン」さんでした。
  5052あぽ
    現在、ナガイパンはフジパンブランドのパンを製造する会社だそう。
    グループ企業だったんですね。親会社のナイスな心意気!

おっと!忘れてはならない、実食の感想ですが。(笑)
想像以上のクオリティ!期間限定販売とのことですが、
定番商品にしても十分いけるのでは?と思えるほどでした。

まず、スポンジがとてもおいしい。
他社を引き合いに出すのも…ですが、半月型スポンジで
クリームサンド型のパンって、超大手からも販売されているじゃないですか。
それを想起した上で口にいれると、その食感の違いに驚きます。
みっしりとした質感でありながら、なめらかな生地。
柔らかすぎず適度な厚みがあるのも好印象。
○○ザキさんをディスってるわけではないのよー(笑)!
でも、これに限っては圧倒的な軍配です。

さらには追跡調査の決め手のひとつとなったクリームの中に
トッピングされたザラメ。
とてもいいアクセントになっています。小技の利かせが素晴らしい!

繰り返しになるけれど、期間限定はひじょうに惜しい!
個人的には、定番化されれば定期的に食べたくなると思います。
フジパンさん、ぜひご一考の程!(笑)。

☆おまけ☆
  「スペースアポロ」はイオンにて購入。
  近所のスーパーに比べると、イオンの品揃えは豊富、
  初めて見るモノや限定のモノも多いですし…。

「スペースアポロ」を買った同日、いみじくももうひとつ
「アポロ」銘柄の商品を発見。
  5054あぽ
     「アポロヨーグルト」。近所では見かけたことなかったなぁ…。

アポロチョコレート同様、イチゴとチョコレートの二層式(笑)。
イチゴ味のヨーグルトの底にチョコレートソースが敷かれてます。
(プリンのカラメル的な役割とでもいいましょうか)
こちらもおいしかった!ヨーグルトが固めで濃厚な食感もナイス!
    5055あぽ
  この画像ではソース部分がわかりませんが(笑)、見かけたらぜひ!

アポロチョコもアポロ11号の形状に由来して1969年から販売開始したらしい。
やっぱり、時代を象徴するものだったんでしょうね。
でも、「アポロ」という語呂感は半世紀近く経った現在でもポップな響き。
当時の最先端テクノロジーにこの名前つけた人、天才!センスええわぁ~(笑)。

注目の「東京みやげ」らしいので、買ってみた。

帰省の際の土産…毎度悩ましいです。
郷里を長く離れ帰省履歴が多くなるほど、共感いただけるかた、
多いのではないかと。

型崩れせず日持ちのするもの、かさばらずも見た目は少なく感じないもの
…このあたりは、おおかたの人が望むところですよねー。
その他、個人的に選ぶポイントとしては、
   ○まだ、新潟に進出してないお店
     (…と、確信して買ったりすると、百貨店の催事でちょうどきてたり…笑)
   ○チョコなどがコーティングされてるものをなるべく避ける
     (土産だけでクール宅急便とかにしたくないす!^^ゞ)
   ○せんべい、おかき等の米菓類は除外!
     (なぜなら、帰省先の新潟がせんべい王国だから!!!)
こんな基準でいざ選び始めると、意外と難しい。
グランスタとか大丸とか、あれだけお店がありながらなかなか決定打がでない!
東京駅の中心で頭を掻きむしりたくなります。(←ただの優柔不断では…)

とはいえ、いつも行きあたりばったりなわたしも悪いんだよな…。
…と、いまさらながら反省し(遅…)、先月の帰省では事前にリサーチ。
いくつか候補をピックアップし、こちらにしてみました。
3737おおどりー
   「グレイシア」というネーミングの花束みたいな焼き菓子…。

パケもガーリーでかわいい…。しかし個人的には、屋号がちょっと意外でした。
3736おおどりー
   「AUDREY」…えーっっ!?オードリー???イメージが違うっっ!!
   (↑ヘップバーンより先に、ピンクベストが浮かぶお笑い脳…^^ゞ)
    
すでに首都圏に数店舗あるようですが、東京駅進出は今年四月とのこと。
自分的お土産候補の3番目くらいに考えていたのですが、
お昼頃店舗に出向くと、商品が次から次へと「本日完売」の札が貼られていき…。
残り少なくなると、「買わねば!」と使命感にかられちゃうものですね。the群集心理!
  3738おおどりー
    酸味のあるフリーズドライのイチゴがポイント。好きな人は、好きでしょうねー。
    …と、この口ぶりでお察しかと思いますが、わたしは………(笑)。
    イチゴがあまり得意でない…その理由がほかならぬ酸味なもので、
    実家へのリピートはないかなぁ…。(←自分が食べるの前提!)
    しかし重量が軽く、複数買いにはとても助かりました。

オードリーの他に、調達したものは…。
  3740おおどりー
    こちらは上野駅限定。小学生を含む三世代家族へ。
    缶もかわいいけれど、アソートの中にはパンダ型のクッキーも
    販売はユーハイム…ってどこにでもあるじゃんかぁー!!(笑)
    まー、いいの、いいの!ここで重視するのは「上野限定」です!

もひとつ、上野限定モノ…。
        3739おおどりー
          こちらは「ゆるかわ」好きな友人へ…。

「かわいい重視」で選ぶなら、上野駅の方がさがしやすいかもしれませんね。
スタンダードなお菓子も、パンダ型になっているとどことなく付加価値があるような。
*************************************************************************
さて。先述の「オードリー」ですが。

ユーザーレビューを読ませていただくと、わたし同様「お笑い脳」の人は
意外といるのだなぁ…とニヤけてしまいました。
見た目や食感の評価とともに「トゥース!」をねじ込むレビューって…(笑)。

まぁ、ともあれ。
ANNリスナーの一人として(タイムフリーだが)、まさか、まさかだったよ、入籍。
相方さんの時も、山ちゃんの時のコメントもそんなそぶりはなかったから。
速攻アタックだったのねー…なるほど!!

わかちゃん、結婚おめでとーーー!お幸せにーーー!!!
(↑今日の本題、実はコレだったり…^^ゞ)

半ぐで。

さぼりにさぼった7月のブログ更新。
…というか。さぼりグセを更新しちゃったというべきか…(笑)。
3回だよ、3回!!月20件以上UPも珍しくなかった開設当初が、
今となってはウソのようです。

まぁ。でも。
当時は、一記事UPにかかる時間が見積れなかったから、
たくさん更新出来ていたのかもしれません。(←完全に開き直っとる!笑)
「とりあえず、書き始めちゃえ!」と。
そのくせ、書き始めたら一気に仕上げたい性分。厄介です(^^ゞ
(途中で保存するのがニガテ…)。

しかし。思いのほか時間がかかってしまいがちなタイプ…
…ということを痛感するにつれ、次第に更新を尻込みするように…。
去年あたりからその傾向は強まり…。
ブログに向いてないのかもしれませんねー。(い・ま・ご・ろ!)

8月はもうちょっとがんばろうと思います。
つーか!これ以上落ちようもないーーーっっ(笑)!

唯一の未体験ゾーン「広告表示(一か月未更新の)」に
足を踏み入れないように、ぼちぼちやっていきまーす!(志の低さよ…^^ゞ)

春頃、購入したものを今ごろ(笑)。
     3678ぐで
      ぐでたまコラボのチキンラーメン。
      ひよこちゃんもぐでってます。
       (昨今のブログ状態とシンクロしてるかと・笑)。

いたるところにやる気のなさが…(笑)。
3682ぐで 3680ぐで
  ラーメン自体には日清さんのやる気がたっぷり!
  「燻製風卵黄ソース」のねっとり具合がおいしかった。

ただもう少し、ソース多めだとさらによかったかも。
 3679ぐで
   ベーコンのかけぶとんでぐでぐでしてるご両人がソースのパケに。
   ぐでたまに感化され(?)、ひよこちゃんまでもよだれ…(笑)。

カップには進化の過程が。
  3681ぐで
   ひよこになりかけ、真ん中の「半ぐで」状態がナイス!

パンダパンはおいしかった。しかし、クマが心配です。

先日、伊勢丹立川店にて「パンと珈琲とワインのフェスティバル」なる
催事がありました。
4月30日まで…となっておりましたので、7階催物場としては
平成最後のイベントだったんだなー。(しみじみ・笑)

昨今は、空前のパンブームですね。
今月号の「CREA」も「ELLE gourmet 」もパンの特集号だったし…。
これほどまでの盛り上がりはかつてなかったような気がします。

連休も手伝って、この催事も大賑わいでした。
評判とあらば、お値段も行列待ちの時間も全く惜しみない様子で。
美食に対するパッション弱めなわたしからすると、ちょっと驚きの光景です。(笑)

そんなバカ舌のわたくしの(笑)、お目当てはコチラでした。
  3609こたけ
    「笹だんごパン」。
    新潟県は上越市。小竹製菓さんという老舗パン屋さんの人気商品です。

ずいぶん前から気になっていたものの、なかなか食べる機会がありませんでした。
同じ新潟県といえども、実家のある新潟市からコレだけ買いにいくには
上越市は遠すぎます。
ああ、そうさ!新潟はタテにながぁぁーーーいんだよ!(笑)
でも、まさか立川で初対面となるとはねー(^^ゞ。
 3610こたけ 3611こたけ
     裏側はちゃんとパンダのバックスタイルになってた!

商品名の通り、小さい笹だんごがまるごとパン生地に包まれてます。
パンダ柄はパケのみ!「笹だんご」というよりは「笹かま」っぽい色合いです(笑)。
  3612こたけ
     陰影がわかりづらいですが、矢印にご注目。
     深緑で帯状の部分が笹だんごの生地です。
     (ともすると内臓脂肪のCT画像的な様相ですが…^^ゞ)

パン生地はもっちり&しっとりとしていて、笹だんごとの相性はバツグン!
正直なところパッケージに魅かれ、パンはさほど期待してなかったのですが(失礼!)、
おいしかった!もっと買ってくればよかった!!
  3613こたけ
   オットと半分ずつ…と思ってたのに、パンダ2頭は独り占めしてしまった。(^^ゞ

オットには別の「ご当地パン」を。
   3614こたけ
     熊本県のネギパン。こちらもパケがかわいい。

そう。今回の催事では。
セレブパンばかりでなく(笑)、ご当地パンも充実していたのでした。
ローカルパンはパッケージも味わい深くて、見てるだけで楽しい。
ノスタルジックな色使いやロゴフォントだったり。
島根の「バラパン」や青森の「イギリストースト」など、以前から気になってた
ものもたくさんあったけど…賞味期限の壁が立ちはだかり(笑)。
ここはイチバン食べたかったものを優先しました。

笹だんごが好きな人には、きっと気に入っていただけるのでは…と思います。
わたしもすっかりハマりました。また見かけたら、迷わずリピる所存です。(笑)
*********************************************************************
小竹製菓さんのある上越市といえば。

ここ数日、クマの目撃情報が相次いでいるようです。
山間部のほうなのか?…と思いきや、けっこうな市街地のようで。
駅やお城も近いエリアらしく。
そのような地域では警戒や警備のマニュアルなどないことでしょうし、
あちこちで見た…となると、限られた頭数が動き回っているのか、
それとも多数のクマが点在してるのか…気が気でないことでしょう。

「笹だんごパン」のパケよろしく、クマ系の動物はイラスト化すると
とてもかわいいのに、実物はおいそれと太刀打ち出来る存在ではないですから。
相手の出方がわからないのが、不安にかられますよね。

なんとか沈静化に向かうよう、願わずにはいられません。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR