FC2ブログ

半ぐで。

さぼりにさぼった7月のブログ更新。
…というか。さぼりグセを更新しちゃったというべきか…(笑)。
3回だよ、3回!!月20件以上UPも珍しくなかった開設当初が、
今となってはウソのようです。

まぁ。でも。
当時は、一記事UPにかかる時間が見積れなかったから、
たくさん更新出来ていたのかもしれません。(←完全に開き直っとる!笑)
「とりあえず、書き始めちゃえ!」と。
そのくせ、書き始めたら一気に仕上げたい性分。厄介です(^^ゞ
(途中で保存するのがニガテ…)。

しかし。思いのほか時間がかかってしまいがちなタイプ…
…ということを痛感するにつれ、次第に更新を尻込みするように…。
去年あたりからその傾向は強まり…。
ブログに向いてないのかもしれませんねー。(い・ま・ご・ろ!)

8月はもうちょっとがんばろうと思います。
つーか!これ以上落ちようもないーーーっっ(笑)!

唯一の未体験ゾーン「広告表示(一か月未更新の)」に
足を踏み入れないように、ぼちぼちやっていきまーす!(志の低さよ…^^ゞ)

春頃、購入したものを今ごろ(笑)。
     3678ぐで
      ぐでたまコラボのチキンラーメン。
      ひよこちゃんもぐでってます。
       (昨今のブログ状態とシンクロしてるかと・笑)。

いたるところにやる気のなさが…(笑)。
3682ぐで 3680ぐで
  ラーメン自体には日清さんのやる気がたっぷり!
  「燻製風卵黄ソース」のねっとり具合がおいしかった。

ただもう少し、ソース多めだとさらによかったかも。
 3679ぐで
   ベーコンのかけぶとんでぐでぐでしてるご両人がソースのパケに。
   ぐでたまに感化され(?)、ひよこちゃんまでもよだれ…(笑)。

カップには進化の過程が。
  3681ぐで
   ひよこになりかけ、真ん中の「半ぐで」状態がナイス!
スポンサーサイト



パンダパンはおいしかった。しかし、クマが心配です。

先日、伊勢丹立川店にて「パンと珈琲とワインのフェスティバル」なる
催事がありました。
4月30日まで…となっておりましたので、7階催物場としては
平成最後のイベントだったんだなー。(しみじみ・笑)

昨今は、空前のパンブームですね。
今月号の「CREA」も「ELLE gourmet 」もパンの特集号だったし…。
これほどまでの盛り上がりはかつてなかったような気がします。

連休も手伝って、この催事も大賑わいでした。
評判とあらば、お値段も行列待ちの時間も全く惜しみない様子で。
美食に対するパッション弱めなわたしからすると、ちょっと驚きの光景です。(笑)

そんなバカ舌のわたくしの(笑)、お目当てはコチラでした。
  3609こたけ
    「笹だんごパン」。
    新潟県は上越市。小竹製菓さんという老舗パン屋さんの人気商品です。

ずいぶん前から気になっていたものの、なかなか食べる機会がありませんでした。
同じ新潟県といえども、実家のある新潟市からコレだけ買いにいくには
上越市は遠すぎます。
ああ、そうさ!新潟はタテにながぁぁーーーいんだよ!(笑)
でも、まさか立川で初対面となるとはねー(^^ゞ。
 3610こたけ 3611こたけ
     裏側はちゃんとパンダのバックスタイルになってた!

商品名の通り、小さい笹だんごがまるごとパン生地に包まれてます。
パンダ柄はパケのみ!「笹だんご」というよりは「笹かま」っぽい色合いです(笑)。
  3612こたけ
     陰影がわかりづらいですが、矢印にご注目。
     深緑で帯状の部分が笹だんごの生地です。
     (ともすると内臓脂肪のCT画像的な様相ですが…^^ゞ)

パン生地はもっちり&しっとりとしていて、笹だんごとの相性はバツグン!
正直なところパッケージに魅かれ、パンはさほど期待してなかったのですが(失礼!)、
おいしかった!もっと買ってくればよかった!!
  3613こたけ
   オットと半分ずつ…と思ってたのに、パンダ2頭は独り占めしてしまった。(^^ゞ

オットには別の「ご当地パン」を。
   3614こたけ
     熊本県のネギパン。こちらもパケがかわいい。

そう。今回の催事では。
セレブパンばかりでなく(笑)、ご当地パンも充実していたのでした。
ローカルパンはパッケージも味わい深くて、見てるだけで楽しい。
ノスタルジックな色使いやロゴフォントだったり。
島根の「バラパン」や青森の「イギリストースト」など、以前から気になってた
ものもたくさんあったけど…賞味期限の壁が立ちはだかり(笑)。
ここはイチバン食べたかったものを優先しました。

笹だんごが好きな人には、きっと気に入っていただけるのでは…と思います。
わたしもすっかりハマりました。また見かけたら、迷わずリピる所存です。(笑)
*********************************************************************
小竹製菓さんのある上越市といえば。

ここ数日、クマの目撃情報が相次いでいるようです。
山間部のほうなのか?…と思いきや、けっこうな市街地のようで。
駅やお城も近いエリアらしく。
そのような地域では警戒や警備のマニュアルなどないことでしょうし、
あちこちで見た…となると、限られた頭数が動き回っているのか、
それとも多数のクマが点在してるのか…気が気でないことでしょう。

「笹だんごパン」のパケよろしく、クマ系の動物はイラスト化すると
とてもかわいいのに、実物はおいそれと太刀打ち出来る存在ではないですから。
相手の出方がわからないのが、不安にかられますよね。

なんとか沈静化に向かうよう、願わずにはいられません。

当たり前になっていく…。

つい、買ってしまいました(^^ゞ。
  3586るっく
   めったにLOOKは買わないんですけど。
   同じ12粒入りなら「ダース」か「アーモンドピーク」なんだよな、わたしは。

今回はご覧の通り「平成流行スイーツ」のテイスト。
もちろん、この時期ならではな期間限定です。
左よりティラミス、クレームブリュレ、マンゴープリン、生キャラメル。
去りゆく元号へのお餞別の意を込め買ってみました…というのはウソで(笑)。
単に、好きなスイーツ揃い踏みだったもので。
見るからにハズレなし!の初見通り、どれもおいしかったです。
********************************************************************
平成は数々の新しい食べ物に出会いました。
最初はなかなか名前が覚えられない…と思っていても(ナタデココとかさ…笑)
いつの間にかスタンダードな存在になったものは数え切れません…。

「平成に出現した食べ物」というと、スイーツに注目しがちだけれど。
意外とわたしが衝撃を受けたのはコチラです。
      3587るっく
      シイタケやしめじのように、もうずっと昔から存在してる印象だけど。
      エリンギが商業用に大量栽培されるようになったのは
      90年代中盤以降のようです。(←ウィキペディア確認済み!笑)

エリンギとの出会い…キョーレツに記憶に残ってます(^^ゞ。
90年代後半、山梨の山の中でした。
(今にして思うと、笛吹フルーツセンターのような…)。

当時ご執心だった奥田民生さんのライブで甲府まで行き…。
(たぶん、人生初遠征だったかも・笑)
せっかく、一泊で山梨まで来たのだから…と、思いつきでフルーツ園に。

到着したものの、あまり旬のフルーツがなく(ばかねー^^ゞ)。
なぜか?エリンギの実演販売をしていた。
まだ、スーパーでは流通しておらず…メディアでも見かけたことがない頃です。

「新しい品種のキノコですよ、どうぞどうぞ!」と
ホットプレートで焼いたソレをやたら勧められ…。
でも。どうみてもキノコに見えないっっ!!(当時はね・笑)
見た目も名前もなんだかブキミだし…。
「えぇ?食べなくてもいいんだけど………(つか、食べたくないです)」。
と、ひるんだものの、実演さんの熱意に根負け(笑)。
恐る恐る口に運んだところ。

「あらら…意外とおいしいね」。友人と顔を見合わせました。
口に入れてキノコの仲間ということにも納得。
しかしながら既存のキノコにはない歯ごたえ…。驚きました。

が。もっと驚いたのは。
2本で500円だったんですよー、たしか!!信じられますー?
その場では山梨でしか収穫できないキノコと思い込んでいたもので、
「ご当地モノとはいえ…これじゃ買う人もおらんだろう」なんて思ったり。
なにしろ、求心力のある見た目とも言い難いし…。
言うまでもなく、わたしも試食のみ。(^^ゞ

それから。さほどの年数を要することなく。
スーパーで当たり前のように流通されるようになり。
お値段だってもちろん500円ではなくなり、お求めやすい価格に。
あんなにいぶかしがっていたわたしも、今や常備野菜のひとつ(^^ゞ。
キノコの中ではイチバン購入率が高いんじゃないかってなくらい。(ゲンキンねー笑)
***************************************************************
件の民生さんのライブは「FAILBOX」というアルバムのツアーでした。
けっこうな良席だったので「遠征しがいがあった!」と
いい思い出として胸に刻まれているのだけど。
それと同時に。いまだあのアルバムを手に取ると、条件反射的に
「初エリンギ!」となってしまうわたしもおり…(^^ゞ。

「令和」でも、ステキな思い出とともにたくさんの「新しい味」に
出会いたいものですねー!
(なんちう結び…^^ゞ)

こんな局面、どう乗り切る?(駄)。

他人の夢の話ほど、つまらぬものナシ!」。

…重々承知の上で。
本日は禁じ手を行使し、先日見た夢をキロクしておこうと思います。
なんかねー…自分の夢史上、初めてのシチュエーションだったもので。
世相もほんのり反映してる…というのか。(読むのめんどかったらリタイヤしてね!)

ほわん、ほわん、ほわん、ほわん、ほわーん。(←夢の中に移動中・笑)

おしゃれなカフェ(レストラン?)にて、一人、お茶するわたし。
ふと見渡せば、店内にはあふれんばかりの人々…。
しかし、誰ひとり飲食どころか着席もせず、気ぜわしく立ち回っており…。

ここで気づく。「貸し切り」の店舗に、誤って自分は入店していたことに。
(…だったら、お茶のオーダーなど来ないハズだが、こういうつじつまの合わなさが夢なのよ!笑)
どうやら人々は「フラッシュ・モブ」をこれから決行すべく集められたらしく、
打ち合わせに余念がない。
部外者の自分が追い出されなかったのは、
その「キャストの一員」として見なされてしまっていたのだ。(^^ゞ

「早く、脱出せねば!」と焦るものの、出口までキャストはびっしり!身動きできず。
仕掛け人とターゲットがやってくる時間は刻一刻と迫る!
さぁ、どうする?どう乗り切るよ?ジブン!
ここまで来たらキャストを見よう見マネで、モブらなきゃなのかっっ???

…と。覚悟が決まりかかったところで、夢はうやむやに…。
のちに無事、起床(笑)。ホッとしたのと同時に、夢の中での己のテンパり具合に
布団の中であきれ果てました。朝が来てよかったー!(^^ゞ
****************************************************************
かやうな「トンチキ夢」を見た心当たりは、大いにありました。
前夜に観たドラマから誘引されたんですよね、間違いなく…。
(今期のドラマではないです。録画したもの)

恋愛感情のない相手からモブでプロポーズをされる…という。
仕掛け人はもちろん、キャストも満面な笑顔を浮かべ「OK」の返事を待つ。
主人公はどうにも断りづらい無言の圧力に耐えかね、承諾してしまう…。
(…なんのドラマか見当つきますでしょうか?笑)

このシーンを見、ふと、「実際、その場で断る人っているのだろうか?」との
思いがよぎり…。
「ごめんなさい」する権利はあるハズなのに、罪悪感が残るのは必至。
その場は「YES!」でやり過ごして、後日カタをつけるのでは…と。
(そのドラマでも、結婚寸前で破局になりました^^ゞ)
奥ゆかしく、「場の調和」を重んずる日本人ならことさらに…。

邪悪な好奇心から、ちょっと検索してみちゃったんですよ。(^^ゞ。
そしたらば。ド派手に「NO!」を突きつける動画にいくつかヒットし…。
(全て、海外のモノでした)
一番衝撃的だったのは、プロポーズの返事の代わりに
ウクレレで、仕掛け人をブッ叩き、痛烈な拒絶反応をしてた女性。
モブ要員が演奏してたウクレレをひったくって、すかさずガーン!と(^^ゞ。
いやぁ…こんなのワールドワイドに配信して、当人たちの許可はとったのだろうか。

そんなドラマと動画を目の当たりにした、その夜のこと…。
印象的だったとはいえ、まさか、夢に出てくるとは!
しかも、仕掛け人やターゲットでもないのにオロオロするだなんて!
でも。「絶対ありえない局面」であたふたする夢…嫌いじゃないんだよなー(^^ゞ。
新境地に踏み入れたお目覚めは、悪かないもんですよー!(笑)。
*******************************************************************
しょーもないネタにおつきあいいただき、感謝の限りです。

今日はユーハイムの制定した「バームクーヘンの日」だそうですね。
  3554ゆーはい
     ユーハイムのガトーショコラ。     
     (当年バームクーヘンが日本で作られて100年、アニバーサリーイヤーみたいですね。)     
     ユーハイムつながりでこじつけ(^^ゞ。

「例の日」に買ってきたヤツです(笑)。
もともとデパ地下はあまり得意でない上に、混雑が最高潮の日。
選んだ基準は「お会計が早そうなお店…」(すまぬ、オット!)
結果、コレとモロゾフというド定番に。でも、けっこうおいしかった。
限定ショップのレアなモノもいいけれど、基本回帰も悪くないかも。(と。いいわけ・笑)
  3555ゆーはい
    モブのお返事は二択だけれど
    この手のモノは、ハートブレイク必然。
    迷うことなく入刀ナリっっ!!(^^ゞ

とどまる事を知らない…。

前記事では突如、月餅に覚醒したことに触れましたが(笑)、
2018年、もうひとつ沼に踏み入れた食品がありました。

食品といっても、原型は飲み物ですね。
以前にも取り上げたフローズン豆乳飲料」。

夏季限定のマイブーム…と思いきや。年が明けても、まだまだ続き…(^^ゞ。
多種多様なフレーバーもさることながら、食感にハマってしまって…。
アイスクリームほどなめらかすぎず、氷菓系ほどカチカチ過ぎない具合が。
凍らせたものは小分けにカットしやすいし、一度に完食しなくていいのも好都合…。

ラインナップも現状に甘んずることなく。
次々ととどまることなく、よく考えるものだな…と(笑)。
 3502とぉにゅー
     テイストに沿ったパケのデザインもかわいい…。
    
おしるこは意外にも(?)、あずき色でなく白っぽかった。(笑)
でも、ちゃーんとおしるこ風味でしたよ!おいしかったーーー!!
「だったら、井村屋のあずきバーでいいのでは?」とツッコまれそうですが、
食感がなめらかなので、また別物ということで(^^ゞ。
逆に、あずきバーを料理に使う方もいらっしゃるみたいですよね。
(かぼちゃのいとこ煮とかお手軽らしく…)

キッコーマンさんは、常に新テイストの豆乳飲料を画策してる印象がありますが、
「食事(おかず)の領域」に足を踏み入れてないところが、賢明だな…と。
(今後、わかりませんけど…笑)
かつてガリガリ君のナポリタン味とか限定であったとキオクするのですが、
あれはどうだったんだろ?(^^ゞ
「味噌汁風味」の豆乳とか…???逆に鍋物とかにいいかしら???
(イソフラボンたーっぷり…。笑)

現時点でのラインナップで食べてみたいのが
「爽快杏仁(さわやかあんにん)」。
それこそ、リアル杏仁豆腐食べれば…って話だけど、それはそれ!
食感なのよー、食感!(笑)

近隣のスーパーではいまだ見かけたことなくって…。
今年はどこかで出会いたいものです(笑)。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR