ドラゴンドラ。(週末ではありません・笑)。

週末のフジロック…3日間連日、雨だったようですね。
平地でさえ、今夏は雨量多めの新潟県内…。
加えて標高の高い苗場、そのあたり参加者は重々心得てのこととは思いますが。
(レインウエアの準備もそれなりに楽しいことでしょう。
昨今は、機能もかわいさも充実してますもんねー!)

それにしても。
新潟県で、日本最大級のフェスが開催されるようになるなんてなー。
…というより、「苗場=スキー場」の認識もすっかり過去のものと
なるなんて…(BBAの感慨…^^ゞ)。
隔世の感!以外なにものでもありません。(笑)
*****************************************************************
スキーと縁遠くなり、早、幾年…(笑)。
「もうこの先、来ることはないだろう」と思っていた苗場に
昨秋、訪れる運びに。人生、何があるかわかりません。(←大げさ!笑)

帰省時に、母の提案で(!)。
ドラゴンドラからの紅葉を見に行こう!」との申し出で…。

(どら…ごん…どら???)…ゲレンデ情報もとんと疎くなり
恥ずかしながらまったく存じあげませんでした(^^ゞ。
2001年に開業した、苗場スキー場とかぐらスキー場を結ぶ
日本最長のゴンドラ(ロープウエイ)。
そ、そ、そんなに両スキー場間をショートカットでアクセス可能な
乗り物がいつの間に???(だから2001年だって!笑)

奥只見湖経由の手ごろなバスツアーを見つけてきた
母プレゼンツの企画にのっかり、バブル以来の(ぷぷ)苗場へ!

いまさらではございますが。
UPしそびれてたので、本日の記事とさせていただきます。
(フジロックで思い出さなかったら、埋もれたままだったかも…^^ゞ)
2550どらごん 2551どらごん
   来訪日は10月25日。(母の誕生日でした・笑)

まずは目に飛び込んできた「苗場プリンス」…。
ああっ!このフォルム!あの頃のままだ。(笑)
過去、何度か宿泊したことはあり(バブル世代につき^^ゞ)
屋内の様子が脳裏によみがえってまいりました。
  2552どらごん
    だけど、こんなに車がまばらな「苗プリ」は初めて…。
    冬はさすがにこうではないだろうけど
    最盛期のように駐車場が渋滞…なんてこともないんだろうな。

ホテル所在地からさらにバスで進むと「ドラゴンドラ」の乗り場に。
    2553どらごん
     まだ10月だというのにライトダウンを着てる人も多い…。
     でもこの装いで、大正解です!
     山頂駅の標高は1,346m。わたしらもしっかり準備していきました。

いざ!しゅっぱ~つっ!!
    2556どらごん

スキーシーズンはフォレストコースになるようなとこですね。
 2557どらごん 2558どらごん
   現役の頃(←なんの?)、滑ったことあるような気がする(気のせいかな?笑)
 
ドラゴンドラの最大の特徴は、前述通り日本最大5,481mの全長と高低差。
ただ!この「ウリ」に対しての受け止め方は人によりけり…かと思います(^^ゞ。
高所恐怖症のかたはかなりキツイと思うし(しかも往復しなくてはならない!笑)
片道所要時間が25分。ゆとりのある室内とはいえ閉所NGのかたもキビしめかな。
 2567どらごん
   安定のポンコツ画像ながら(笑)、かなりの傾斜おわかりいただけるかと…。
   矢印部分は二つ前のゴンドラ。けっこう低めまでいっちゃうわけです。

全長の長さはこちらで感じ取れるかと(笑)。
       2559どらごん
  わたしは条件付きの「高所恐怖症」。外気を感じない空間なら大丈夫!
  (高層ビルやタワー類の最上階は問題ないけど、
  手すりが低ければ橋…どころか!立体歩道橋でも怖い^^ゞ)
  …ってなわけで。写真撮影もビビることなくこの通り(^^)。

それより心配だったのは片道25分乗りっぱなし…という状態。
当方、「トイレはしばらくナイ!」…という状況が心理的にとても弱く…。
(実際、行く行かないではなく、もしここで!と考えることが…←ヘタレ!笑)
「万が一粗相をして、心無い同乗者にSNSにでもあげられたら…」と
取り越し苦労な心配をしまくり、バス旅行のお楽しみのひとつ「飲食」を
ここまで極力、避けてた…という(^^ゞ。

無事、「ドラしょん」することなく(←きたなっ!笑)、山頂に到着っ!!
   2561どらごん
     少し歩くと、田代湖が見えてきます。

けっこう広いんだねー。
   2562どらごん
   モヤってるのは撮影技術の難でなく、ガスがかかっていたのですよ!(笑)。

観光地、お約束の「顔はめ」も!
        2563どらごん
         帰ってきて気づいたのですが
         はめるところはドラゴンじゃない…っていう(^^ゞ。

復路も同じコースとはいえ、見る方向が逆だったので
また別の景色が楽しめました。
2564どらごん 2565どらごん
   二居湖(ふたいこ)。前出の田代湖より青みが強くとてもきれいでした。

  2566どらごん
   高いところからも川底が見えるくらい水が清らかです。

紅葉は、経由した奥只見湖の方がシーズン真っ盛りといった感じ。
(…って!これまた、未投稿なのですが^^ゞ)
苗場は…あと一週間くらい早かったんじゃないかな…と。
2568どらごん 2569どらごん
   ちょっと彩度、いじりました(^^ゞ。

でも、ここからほどなく、もうスキーのシーズンなんだよね。
       2555どらごん
     「かぐらスキー場」は11月から~???(◎_◎;)
     まあ降雪機も稼働してのことだと思いますが。

復路も存分に楽しみ、無事に(粗相もなく・笑)起点へ戻りました。
    2554どらごん
   「ドラゴンドラ」の名づけ親は、苗プリにご縁の深いユーミンなんだって!

いろいろ杞憂もありましたが(笑)、なんだかんだ楽しかったですね。
スキーもご無沙汰、フェスにもご縁のない齢となり(笑)、
母が提案しなければ、きっと知らないまま、そして今後苗場にも
来ることもなかったかもしれません。
なかなかいい企画でした。いまさらながらありがとう!(←届かぬ声・笑)
**********************************************************************
なんだか、季節感のない消化記事になってしまいました(^^ゞ。

でも、わたしの場合、「旅記事」「街ブラ記事」は
ちょっと寝かせてから書くほうが好きなのかもしれないな…。
(今回は、ちょっとどこじゃないですが・笑)
時間をおくと、再度訪れているような気分も味わえるし。

またとんでもない過去ネタをUPすることもあろうかと…。
ご容赦あれっ!!(笑)
スポンサーサイト

神プランのフィナーレは(笑)。

別件記事などはさみ、だいぶ間が空いてしまいましたが
弥彦漫遊記の最終章です。(←大げさすぎ^▽^;)

弥彦神社はなんども訪れているけど、
よくよく考えると秋しか訪れたことないかもしれないな…。
山の麓に位置するので、四季折々美しい情景を堪能できる場所に
ちがいないはずなのですが、他の季節のキオクがない(^^ゞ。
わたしにとり「春はあけぼの 秋はおやひこ…」と
どこかで刷り込まれるのかも?しれないです(笑)。
 2422やひこ
    いつも。いつでも。気持ちのあらたかになる場所。
    駐車場はいっぱいだったけど、お参りのかたはあまりいらっしゃらず…。
    色づき始めた紅葉を見にケーブルカーで
    山頂に出向かれたかたも多かったのかもしれません。

去年、訪れるまでブランクがあって忘れていたけど
神話にゆかりのある鹿さんたちがいるんですよね。
ただし!奈良公園などとは違って、柵の中だけど(^^ゞ
    2426やひこ
      餌を食べるのに夢中で、文字通りのシカト(笑)。
      え?神様の鹿なのに表現が不謹慎???

でも、案内板はもっとおちょけてますよ
2424やひこ 2425やひこ
  競輪選手のコスプレ…。(付近に「やひこ競輪」があるからかと…笑)
  「飲み込んで死んでしまうことがあります」…
  明朝体の表記が、こういった警告文にはより効果的な気がします。
  (ヘンにデコった文字よりも…笑)

今年は山頂には行かず、パンダ焼きなど買いつつ門前町をぶらぶら…。
カジュアルにこれる場所ながら、神聖な心持ちにさせてくれる…。
住まいの近辺にそんな場所がひとつでもあると、いいものですね。
    2427やひこ
    大鳥居、今年はくぐれた!(去年は電車でしたので・笑)
    あら!でも、いまググったところ、これ出来てまだ30年余りだとか…。
    (新幹線の開通に合わせて作られたらしい…)
    てっきり大昔からゆかりのある境内…と思っていましたが(^^ゞ。
    (道幅から考えれば、明らかでしたね・笑)
****************************************************************
「昔からある場所」の次は、ブランニューなスポット(笑)。
「ツバメコーヒー」へ…。
   2428やひこ
    お店のネームカード。
    「燕(つばめ)市」にあるからこの名前…まんまやんけ!…と、
    普段のわたしなら毒づくとこですが(笑)
    それを抜きにし「ツバメ」というのは
    カナ表記もフォルムもシンプルかつスタイリッシュですよね!
    偶然とはいえ、とってもステキな屋号。
    2012年にオープンしたカフェだそうです。

建物は、横に広いテラスが印象的なお店…。
(全体像は、HPでご覧ください!←丸投げ!笑)
中に入ると、焙煎のいい香りと北欧風のインテリアでなごみます。
  2430やひこ
    ガーデン側からガラス越しに…。
    (きちんと室内からの画像は、ぜひHPで!←再び、丸投げ!)

  2429やひこ
    最近流行りのブックカフェのように、
    大きなシェルフにオシャレ本のラインナップ。

わたしたちの座った席は…。
 2432やひこ
  天板やアイアンの朽ち加減が絶妙なテーブル…。
  色づいた木々も相まってイイ感じ…。
  しかしながら、このシチュエーション。丁寧に淹れたコーヒーをいただいてるのに
  「コイ…っていいですか?」とブレンディのマネをしたくなってしまいました(笑)。
  ナイショですが…(←どこが!笑)。
   (余談ですが、あのCMって「恋」と「濃い」をかけてたのね!
   何年も放映してるのに、最近気づきました^▽^;)

看板犬「黒スケくん」も癒される~…
       2431やひこ
     人懐っこいけど、とてもお行儀がよく、看板ボーイとして申し分なし!
     わたしの見たところ?デニムをはいてる人に吸い寄せられてるような?
     (当日、わたしも着用してました…笑)
     ネット情報によると、常連さんには「スケちゃん」って呼ばれてるみたい。
********************************************************************
古民家でのランチ、お参り、締めはステキなカフェ…という
友人の完璧な「神プラン」で楽しいドライブを終えました。

思えば…帰省時には必ず会う彼女ですが、
こうして昼間、出かけるというのはすごく久しぶりでした。
(キオクにないくらい?笑)
それまでは、飲みにいってたからねー。
(彼女は、酒場情報も豊富!夜は夜で神プランなの・笑)

でも!どのシチュエーションでも、快く応じてくれて、
どうしても時間がないときでも、会社の休み時間をやりくりしてくれて…。
ドライブの翌日に来たメール、
「また来年も待ってるから…」との最後の一文に
泣きそうになりました。(←いや、ほんとはちょびっと泣いた!笑)

また来年も…そのずっと先も待っててね!!
高校50年生、高校60年生になってもお互い達者でな!(笑)
「冨士真奈美&吉行和子ペア」級の高みを目指すのよ~!(←敬称略・笑)
 2434やひこ
    越後平野に夕陽が沈む…。絵になるね!
    (毎度のことながら画像が残念!笑)

せめて「日サロ」くらいで…。

前回に引き続き、弥彦がらみのキロクです。

二年連続での弥彦。(昨年のキロクはコチラでどうぞ!)
イチバンの目的は、もちろんふもとの神社「おやひこさま参拝」だけれど、
前回、購入を見送ったご当地スイーツ(?)「パンダ焼き」の
お買い上げもお目当てのひとつでした。
  2222やひこ
    境内から徒歩10分程…「分水堂菓子舗」さん。
    店内で製造販売してます!
    と!あたかも今年撮った画像のように出してますが、
    お店の前だけ撮り忘れた~(^▽^;)。
    よって!この画像のみ昨年の使いまわしです(笑)。

2010年に「ニッポン全国おやつランキング」でグランプリを受賞したとか。
(…って!そんなランキングがあるんですね。笑
というか!スイーツにまつわるランキングっていったいいくつあるんでしょ?^▽^;)
地元ではすっかり有名のようです。

「たい焼き」等、ダイカット系焼き物というのでしょうか?(笑)
実演が通り側からみられるというのは、もはやお約束かもしれません。
  2409やきぱん
    「見て見て!肉球のボリューム!肉球がぷくぷくっ!」と友人、コーフン(笑)!
    にゃんこ四匹と暮らす彼女ならではの目の付け所に
    ちょっとウケてしまいました(≧▽≦)。
    (余談ですが、ねこちゃんはみんな女子
    家族で男性はダンナさんだけ。の超女系家族の友人です・笑)

種類は小倉あんや、チョコレートなどなど…ありましたが、
わたしは地元の特産品をつかったコチラを…
  2410やきぱん
    枝豆あん。枝豆の品種はその名もズバリ「弥彦むすめ」!。
    (新潟県民は品種で枝豆を買い求めるかた、少なくないかもしれません)
    にしても!左の子はお耳が隠れてるし、
    右の子は真空が効きすぎて、おひげができてしまってる(^▽^;)。
    タヌキのようですが…ええ!パンダっす!(笑)

米粉を使った白い生地はもっちりとした食感。
昨年通りすがりで見た際、「結局は…たい焼きみたいなもんでしょ?」と
タカをくくり購入を見送ったのですが、予想してたのと全く違いました(^^ゞ。
とてもおいしい!人気もうなずけます。
枝豆しか買わなかったけど、生地のもちもち具合からすると
チョコやカスタードより小倉や枝豆等和風のあんの方が
マッチするんじゃないかしらね~!(←あくまでも予想・笑)
****************************************************************
その場で食べずに、わたしたちはそれぞれおうちに持ち帰りました。

翌日、一足早く食べた友人の
「オーブントースターで焼いて食べると、外側カリッと!中モチモチだよ!」との
メールに倣い、わたしも実家で焼いて食べることに…。

味や食感はレコメンドのとおり…文句なし!だったのですが。

オーブントースターで焼いてる様子を見た母が
「なんだか…パンダちゃんを○○に伏してるみたいな気分になるわねぇ…」との
縁起でもないひとことが…!
(伏字はどうかどうかお察しください!笑)

あのー!
せめて「日焼けマシーン」くらいにしておいてくださいなっ!!
(まぁでも、顔がついてるこの手のもの、かわいそうな気持ちになるのも
わからなくはないのですが…笑)

と、いいつつこんな衝撃画像を…(すみません!)
    2412やきぱん
      ♪食べたらおなかがぱんぱんだっ!
       (↑くだらな!…じゃなく!そんな歌がほんとにあるのです・笑)
      いっぺんに一人一個を食べるにはヘビーなBBA母娘…(^^ゞ。
      半分ずつを二日に分けていただきました。(笑)      
      あんもおいしかったですよ~♪
       (それはそうと…ランチョンマットがTHE 実家感!!笑)

この他の弥彦みやげ…。
   2414やきぱん
     「玉兎」。包装紙がかわいい…(って!そっちがメインのようですが・笑)
     これは昔からの名産品(明治時代からあるようです)。
     粉菓子…いわば和三盆のようなもの。
     去年も買ったのに…油断して消費期限キレ(^^ゞ。
     消費期限にゆとりがあると、やらかしがちなわたし、いかんなぁ…
     ってことで実家に置いてきました(笑)。

もひとつ、実家おきざりうさぎ…。
    2413やきぱん
      お饅頭。(ふつうの温泉まんじゅうです)
      弥彦はうさぎにまつわる神話があるため
      界隈でウサギモチーフのものがちょこちょこ目につきます。
      と!なると、なんで「パンダ焼き」にしたんだろう?…と
      ギモンがふつふつと…。
      (単に耳が長いと、鋳型からはずしにくいからかな?^^ゞ)

弥彦の素朴なおやつレポ(?)でした!
と!メインイベの「参拝」まだ書いてな~いっ(笑)!!
次回は必ずや…

古民家でおくつろぎ。(なーのーにー!笑)。

ありあわせ画像でやっつけ更新しかしてないのに、
早くも11月後半戦になろうとしてますです…はい。
(↑やっつけは今月に限ったことでない…笑)

少しずつ、帰省のネタを書き留めていかなきゃな…と。
「今年のネタは今年のうちに!」…をできうる限り(^^ゞ。
**************************************************************
ってなわけで。
手始めに、友人の運転で出かけたスポットを今日から数回にわけて
記録してまいります。
(ほぼ備忘録…というか!自分のキオク定着のため…というべきか^▽^;)。

本日はコチラを…。
   2396こかじ
     「小鍛冶屋」という古民家レストラン。
     「岩室」という温泉街にあります。

ドライブのメインは、地元では「おやひこさま」の愛称でおなじみの「弥彦神社」。
(↑わたしのリクエストで^^ゞ)
「弥彦なら、近くにランチにうってつけなステキなお店があるんだよ~!」と
参拝前の腹ごしらえ!で立ち寄ったお店です。

この秋オープン3周年を迎えたモヨウ…。
運転しないわたしのリサーチでは、絶対見つけられなかっただろうな…。
 2397こかじ
       外観。(モザイクは自撮りしてる友人・笑)
       築120年以上の古民家をリノベしたそうです。

室内も手を加えすぎず、懐かしく温かみのある空間…。
2399こかじ 2398こかじ
       灯りや調度品等のしつらえもステキ…。

      2400こかじ
     通された席は戸をはずし、二つの大きな部屋をひとつにした広間。
     とても広かったので「場所柄、もともとは旅館…?」と思ったのですが
     そうではないらしく…。
     古いお寺の茶室のような雰囲気でもありました。

食事は創作料理。(やや?イタリアン寄りかもしれません)
   2401こかじ
     前菜。食べる前です、念のため(笑)。
     「こういう料理ってうまく撮らないと、食べ散らかした風に見えるよね」と
     友人がつぶやいておりましたが、まさしく!な仕上がりに(^▽^;)。
     (だって!もともと、ポンコツフォトグラファーだもの!笑)

   2402こかじ
     創作系の「見た目」って、作り手も確固たる「正解」がないから
     難しそうですよね。(←と!自分の写真の出来をごまかす)

   2403こかじ
     シズル感…まったくナシですが(笑)、どれもおいしかったです。
     信じてくださ~い!!(^▽^;)
     (信じられないかたは小鍛冶屋さんのHPで!→コチラ
     フォトジェニックなラインナップということがお分かりいただけるかと^^ゞ)
     
中でもデザートは、すべて絶品でした~!!
   2404こかじ
     カトラリー類は岩室からほど近い洋食器の産地、燕三条産。
     器も地元の工房で作られているそうです。
     (こちらのお皿はスタッフさんのだんなさまが作られたのだとか…)

廊下や階段、お手洗いも趣がありました。
      2405こかじ
      ね!なんかいいでしょ?(この画像では同意しかねます?笑)
     
金魚台輪にも灯りがともって、ほのあたかな光を放ち…。
       2406こかじ
           金魚台輪とは新潟県新発田市の郷土玩具。
           (以前コチラで触れてます)
           近年、この手のものに惹かれます。(←加齢、否めず^^ゞ)
           うちにも一台、欲しくなっちゃいました(笑)。
*********************************************************************
全体的にスタッフの方がていねいに大切に作りあげた空間…という印象でした。
足を運ばれるかたは、くつろげることうけあいかと思います。
もちろん、わたしも大満足!
前述通り、県外在住だとなかなか探しづらい場所ですし、
(というか!弥彦と岩室が至近距離な上、一本道で行けることすら知らなかった!笑)
友人のナイスプランナーぶりに、いつもながら感謝するばかりでした。

でーすーがーっ!(笑)
ここからは…わたしならではのお店でのズッコケ録(笑)。

近年、全国的に古民家や古いマンションをリノベして
ステキな空間によみがえらせる動きが活発ですよね。

古きよきポイントは手を加えすぎず、
空調や水回り、お手洗い等は最新式にして…。
いくらいにしえの趣きがあっても、衛生面だけは…ねー!
ここ「小鍛冶屋」のトイレ設備も御多分にもれず、とてもきれいでした。

が!
トイレの扉は昔のものを使っているため…。
立て付けの加減か?トビラが開かなくなってしまい…(^▽^;)。

用をすませカギをあけてみたものの、どうにもこうにもビクともせず。(◎_◎;)
窓は小さいし、スタッフのいる調理場も遠い…。
このままではわたしの気配を誰にも察知してもらえず…。
「恥ずかしいけど、こりゃ友達にメールして、レスキュー頼むしかない??? 」
と、スマホを取り出そうとしたところ、人の気配を感じ(お客さんでした)
外側から引っ張ってもらって事なきを得ました(笑)。
ええ!もちろん内側からお声がけした…という具合です(^^ゞ。

カギが二種類ついてて、わたしが使ったほうは
はめ込み式だったんですよね。(使用禁止ではなかったの)。
トビラまでうまい具合にぴたり…と行き過ぎて、鍵をといても動かなかったのかと。
(出れたことに一安心で、お店の人には伝えなかったけど…
言っておくべきだったでしょおか?笑)

リノベ店舗に行かれる際は、みなさんも用心してくださいね~♪
(↑単に、自分の粗相だけかも…ですが、念には念をで!笑)

以上、「岩室ランチレポ(まがい・笑)」でした!!
次回もドライブネタは続きま~す!!

☆おまけ☆
  小鍛冶屋さんの向かいに、蔵(風?)な建物が…。
     2407こかじ
      見ての通り純和風ですが、そう古そうには見えないんですよね。
      ん!?なにか、お店が入ってる?

     2408こかじ
        建物と屋号のギャップたるや…(^▽^;)。
        (字体も「演歌の花道」のセット風だし…笑)

単管バリケード。

本日のタイトル…。
この名称、聞いたことありますか?
「ああ、アレね!」と思い浮かびますか?

「単管バリケード」…それは椎名林檎さんが作られた楽曲です。

…と!
いうのは大ウソ!(^▽^;)

正解は21日の記事にも登場したコチラ!
      20161021204130256.jpg 
      (キャラクターでなく柵全体に注目してください。笑)

近年、目にする機会が増えましたよね。
工事現場のエリア取りや禁止区域を示す柵に
かたどった動物やご当地キャラがあしらわれてるモノ…。
道幅が狭められうっとうしい気分を ほんのり癒してくれますね!(←でもない?笑)
     
「名前がなんかしらあるんだろうな…」と
「工事現場・ 柵 ・ゆるキャラ」…程度のことばでサーチをかけると
簡単に出てまいりました。(いい時代ですね~!←毎度言ってる・笑)
でも!わたし的にはすっごく意表をつく名前だったー!!(^▽^;)
前述の「椎名林檎さんの曲」というのは
わたしがこの名前を知った時の第一印象でした、実は。(^^ゞ
(二字熟語と政治活動的なカタカナ組み合わせが…なんとなーくね・笑)

ネット上の情報によると、この手のイラストをかたどったバリケードは
2006年旭川から始まったとか…(って!ちょうど10周年じゃんっ!笑)
観光客に「旭山動物園」の所在地…というのを印象付けるため
おサルさんのモチーフからスタートしたモヨウ。

カエルやウサギ等、比較的よく見かけるものもカワイイけど、
珍しいものを見つけるとわたしはさらに嬉しくなります。
(↑たぶんドライバーじゃないこともあるかな?笑
運転するかたは、ジャマくさいかもしれないですね…)

上の「トッキッキ(新潟のご当地キャラ)」を見かけた際、
「おお~!キミもここまで!立派になりはって!」と
感慨深かったのですが、UP後に別パターンを見つけて…。
       2386がたえき
       うわ~ん!!ペアでいる~!!(新潟空港にて捕獲・笑)
       「トッキッキ」…正確にいうとユニット名(?)のようで
       お座りしてる男の子が「とっぴー」
       おリボンつけてる女の子が「きっぴー」。
       二羽合わせて~…の総称ということがこのたび判明しました。
       (…って!興味のあるかたがそういると思いませんが・笑)
       一枚目のバリケードとは違う会社で製作されてるようです。
*****************************************************************
この手の「ローカルパターン」がある物件は、
やっぱり!というべきか?注目されてるかたというのがそれなりにいるようで
まとめサイトもできておりました(笑)。
(よろしかったらコチラで!^^)
みなさんがお住いエリアのゆるキャラちゃんも、スクラム組んで
しっかり保安に努めてるかもしれませんよ~!!

個人的には千葉県の「チーバくん」が見てみたいな~!(←コレな!笑)
しかし、ご当地マンホールなどと違って、確実な下調べが
難しそうではありますね。
(行ってみたらすでに工事終了~っっ!ってなこともありえるわけで…^^ゞ。)

神出鬼没なカワイイやつ…それが単管バリケード。
(↑何言ってんだ?ばーかっ!笑)
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
「レトロ」とうたったブログながら、
紙モノネタ(ポスカ、マステ等)と
街ぶらばなしが、近頃多め(笑)。

ま、ともあれ。
あくまでも自分の「ものさし」で。

昭和スピリッツを感ずるもの
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東京都」とは名ばかりの(笑)
のどけき場所よりお届けしてます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR