FC2ブログ

レア祝日の長岡紀行。

前回は昨秋立ち寄った『イケメン絵巻』のことを記事にしましたが。
『国上寺』はあくまでも寄り道!(きっぱり!)。
さすがに官能絵巻を目当てに出かけるほど、好事家ではありません。(笑)。

ちゃんと主たる目的ありきで長岡へ向かいました。
3772じはん
   のどかな田園風景の中に現れる 『和島トゥー・ル・モンド
    
旧・和島村(現・長岡市)にかつて存在した「島田小学校」。
平成21年に閉校となった学び舎をリノベしたスポットです。
 3773じはん
    木造校舎と体育館は昭和2年建築だそう。
    窓ガラスに「さようなら島田小」とある建物は体育館です。(中はのちほど…)

館内の「Bague」というお店でのランチがこの日のメインでした。
  3774じはん
    築90年近くの木造校舎が、とてもステキにリノベされてて…。

お料理は地産地消を基本に、旬の採れたて食材で作られ…。
見た目もとても美しく、こまやかでした。
  3777じはん
    ネギの整列が美しい!視覚にも楽しいテリーヌ。
    しいたけやネギの入ったテリーヌは初めて食べましたが
    目からウロコなアイデア!とてもおいしかったです。

  3778じはん
   メインは魚を選択。
   なんの魚だったかは、失念してしまいましたが(^^ゞ、
   揚げ焼きされた野菜とともに素材を生かした香ばしさに大満足でした。

カトラリーやテーブルウエアも魅力的で…。
特に注釈は無かったけれど、そのほとんどがおそらく新潟県産だと思います。
(主に燕市や三条市産のものではないかと…)
  3776じはん
    パンはスタイリッシュなお鍋で運ばれ…。

カトラリーは、各テーブルの引き出しにセッティングされてます。
           3775じはん
             引き出しは対面側にも設置。

わたしたちの頼んだコースは、スープ、前菜、自家製パン、メイン(魚)、ドリンクで
税込み2,200円とリーズナブル。
友人に予約を丸投げしてたので、この記事を書くまで気づかなかったのですが、
どうやら休日は予約が取りづらいらしく…。(今更ながら感謝…)。
この日も満席。ランチは三部入れ替え制ですが、わたしたちが食事を終えると
次の時間帯の人がたくさん待機されていて。
おいしいお料理のみならず、のどかなロケーション、お手頃価格…
人気なのもうなずけました。

食後は、校内をぶらぶら…。
 3779じはん 3780じはん
   おしゃれだけれど懐かしさが共存していて和む…。

以下、個々の説明なしでランダムに…(笑)。
  3781じはん

  3784じはん
    木琴や地球儀などの懐かしの備品もいい感じのアクセント…。
  
  3785じはん

  3782じはん
  館内は歴史ある建物ながら掃除や手入れが細部まで行き届き、ぴかぴか。
  どこもかしこも。(画像、床のツヤをご覧ください!)

余談ですが、こちらは指定障害福祉サービス事業も担っており、
障害のある方々も熱心に、かつ生き生きとお仕事をされていました。
(お掃除もそのひとつ。とても丁寧に作業されていて…)
そして、すべてのスタッフさんが礼儀正しく、心からの歓待してくださり…。
わたしたちが到着し、車を降りるのを見つけるやいなや
「いらっしゃいませ!どうぞこちらからお入りください」と駈け寄り、
手招き誘導してくださって、温かい心持ちになりました。

「地産地消」とともに、勤労福祉支援の取り組み…
とても理想的な地域貢献ですね。
  3786じはん
   体育館もぴかぴか…。 卒業生でなくても懐かしい気持ちになります。

とにかく、なごみました。
交通アクセス的には正直いいとは申し上げにくいのですが、
その分、訪れ甲斐のあるスポット…遠方からのリピーターも多いというのも納得です。
*********************************************************************
さて。和島の話はひとまず置き…。その他の立ち寄りスポットも。

同じ県内といえども、新潟市と長岡市はそこそこ離れています。
場所にもよりますが、今回は片道2時間弱…。(高速は使わず)
なので、休憩がてらちょこちょこ寄り道…。
(官能絵巻もそのひとつ…^^ゞ)

燕市のツバメコーヒーも久々に…。
   3767じはん
      カフェは三年ぶり。
      ドリップバッグなどは新潟土産としてすっかり定着しました。

そして。国上寺に負けずとも劣らぬ(?)、変わり種スポットにも。
建物全体像を取り忘れていたので、某サイトから一枚お借りします(^^ゞ。
   3771じはん
     燕市の「公楽園」。
     「おおやけ」とついてても、もちろん公立ではありません (笑)。

時折メディアに取り上げられるようなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
画像をお借りしたテレ東のドラマ「日本ボロ宿紀行」とか、
NHKの「ドキュメント72時間」でも登場したようで。
2階はビジネスホテル、1階はコインスナックです。

さすがにお泊りはしなかったので(笑)、自販機の並ぶ一階部分を…。
  3766じはん 3767じはん
    ヌードル系の自販機は黄色を基調がお約束なのでしょうか(笑)。
    
         3768じはん
   コインスナック、減ってきたとはいえ、いまだ、日本各所にあるようですね。
   これらの自販機もネット上ではそこそこ目にしますし…。
   でも、自分がじかに見ることになろうとは…。(笑)

そして、自販機の奥にはクラシカルなゲーセンが。
     3765じはん
      ゲームをする方々の熱量がちと怖かった…(^^ゞ。

率直に申し上げて。
話のタネにはなるけど、キッズはいかないほうがいいかもしれませんね(笑)。
とにかくスモーキーなんだ…各テーブルに灰皿が設置というのも
現代ではなかなかお目にかかれない光景(前画像参照)。
ヌードルなんぞすすれば、もれなく大量の副流煙を吸い込みそうです。(^^ゞ
あと、手前のUFOキャッチャーもねぇ…。
釣り上げるものはおエロなDVDでしたし(笑)。

もはや「子供は来ないもの」と見做しているのかもしれません。
出来た当初の目的は違ったのかもしれないですが、
現在は「軽食」よりも「喫煙所」の役割を担っているかのような…。
「ドキュメント72時間」…観たかったなぁ、普段どんな人々が来るのでしょう。
      3769じはん
        駐在所のようなホテルフロント…(^^ゞ。
        室内はどんななんだろう。
        いつか『ボロ宿紀行』のDVDを借りて確かめたいです(笑)。
********************************************************************
訪れたのは昨年の10月22日…。
そう!2019年一回限りの祝日、「即位の礼」の日でした。

訪問順はツバメコーヒー、;和島トゥー・ル・モンド、公楽園、ラストが国上寺。
図らずも前半は「ことりっぷ」に掲載されるようなほっこりスポット、
後半は「ナニコレ珍百景」的と落差が…(^^ゞ。

激レア祝日は友人のおかげで、メリハリのある楽しい一日となりました(笑)。
以上。UPしそびれていた長岡紀行、終了です。
(余談ですが。こんなに画像を使った記事は久しぶりで、ちょっとした達成感!笑)
スポンサーサイト



「バチ当たり」つながり?。

前回の記事では霊験あらたかな神宮の杜に、死神を背負って(?)
お守りを授かりに来ていた心得が真逆過ぎる参拝者について触れましたが。
(ほんっとに、どっちのご加護が必要やねん!笑)

それで思い出したのが、昨秋訪れた異色な古刹のこと。
まだブログでは触れていなかったので、遅まきながらUPしょうかと…。
(バチ当たりつながりで…というべきか?笑)
*****************************************************************
毎秋帰省すると、地元の友がおすすめスポットに連れて行ってくれます。
車でないとなかなか足を運びにくい場所ばかり。
運転をしない身としてはありがたい限りです。

昨年は長岡市まで遠征。
和島トゥー・ル・モンド』という廃校をリノベーションしたリストランテへ。
山あいの築85年木造校舎をリノベしたステキなスポットについては
後日(気が向いたら?笑)、あらためてUPしようと思いますが、
その道すがらに件のお寺はあり…。

友人の前情報によると、県内ではちょっと物議を醸した古刹らしく…。
和銅2年(709年!)建立。越後最古の寺ながら、
イケメン絵巻』なる展示が最近の目玉だと…。

その情報からふと浮かんだのが、前月に観た『十五祭』のオープニング映像。
アニメ仕立てに、関ジャニ∞のデビューからの歩みが描かれ…。
絵柄は少女マンガ風ながら戦国史調に紹介される映像には
『関八絵巻』なる名前がついていたな…と。

『イケメン絵巻』の設置は昨年からとのこと。。
「物議を醸した」…となると、『関八絵巻』的なものが???
昨今は「萌え寺」として注目された八王子の『了法寺』のように
神仏はより広い層に、親しみやすいアプローチにへ変わってきてるのかも…
などと思いを巡らし、古刹に向かいました。

晴れて(?)到着。わたしの想像は、かすりもしませんでした。(笑)
 3763じはん
   お寺そのものは悠久の歴史を刻んできたことが一目でわかるたたずまい。
   が!問題は矢印の壁面です。

当方が想像していた少女漫画風ではなく、ガチな「日本画」でした。(^^ゞ
         3762じはん
      何を持って「イケメン」とするかは、人ぞれぞれですなぁ(笑)。
     
さらに。勝手に「巻き物」を想像していたのですけれど、実際は壁画でした。
本堂の外壁をぐるりと囲むように設置、回廊を歩み鑑賞する仕組み。
「イケメン」とうたわれた人物たちは、みな、新潟県にゆかりのある偉人です。
   3759じはん
     あ、お寺の名前がまだでしたわね(笑)。
     『国上寺』と書いて、「こくじょうじ」と読むようです。

        3761じはん
        上杉謙信を筆頭に…。
        一番下のお坊さんは、なんと良寛さま!怖すぎる!
        牧歌的な好好爺のイメージがあるだけに、ギャップが…(笑)。

こうしてブログのネタには出来たものの、正直、好みではありませんでした(笑)。
ぶっちゃけ、わたしは日本画がすごくニガテなんですよねぇ。
しかも、別名「イケメン官能絵巻」と称されているらしく
必要以上に肌の露出度が高い。
作者さんには申し訳なくも、「気色悪い…」としか…。
(浮世絵とか、「和風なエロ」もこれまた不得意…^^ゞ)。

撮影のお咎めは全くなし…だったんですけど。
なにせ好みの画風ではなかったので、なかなかカメラを向ける気にもなれず。
でも、せっかく来たんだし、どうせだったらイチバン不可解なものを!…と
スマホにおさめてきましたわ!
  3764じはん
     「アキラ100%」的な…(トホホ)。
     作者さんは現代の日本画界では著名なかたのようですが、
     (なんとSNSもあり!)、どうみても個人の趣味嗜好では…。
     ここまでくるとさすがに「バチ当たり」感は否めず(笑)。

「若者や女性のお寺離れに歯止めをかけるため」の一環として公開された
…とのことですが、市教育委員会では校外学習や遠足での訪問を
控えるように…との通達がなされたそうです。
かえって、お寺から足を遠のかせてるじゃんかぁーーー!!(^^ゞ
「物議を醸した」のは「官能」の部分だったわけっすねー。
まぁ、そらそうだ!お寺の歴史云々よりも、壁画しか印象に残らないってば!(笑)

とはいえ。
神仏に対し新たなる手段でのアプローチは悪くないな…とわたしも思っています。
「萌え寺」のようにアニメタッチだったり、キャラクターもののお守りとか、
それほど目くじらをたてなくてもいいんじゃないか…とね。

ただ単に、この壁画はわたし好みでなかっただけ(笑)。
「関八絵巻」風だったらよかったのになぁ…(^^ゞ。

ネット上の情報によると、壁画は近々撤去になるようです。
ご興味あるかたは、どうぞお早めに足をお運びください!(笑)

♪海は荒海 向こうは佐渡よ。

帰省すると、決まりごとのように海を見に行きます。
場所はその時々で気まぐれに(笑)。
浜辺や防波堤、空港の展望フロアなどなど…。

晴れていれば、佐渡や粟島が見えて気分がいい。
…というか。なるべくそういう日を狙って出向く…(笑)。
毎年島々を確認すると、童謡「砂山」が脳内再生されるんだよな。わたしの場合(^^ゞ。
(本日のタイトルは歌いだしの歌詞)
いや。新潟市民であれば、そういう方は少なくないんじゃないかな。(…と。信じたい・笑)

今年は新潟市西部に位置する「青山浜」へ。
  3619こばはま
    うっすら佐渡が見えてますよ(空と海の境界線、左のほう)。

市内の海水浴場では広いほうでないかな?ロングビーチ!!(←意味なく直訳・笑)
風も穏やかで、空と海…見渡す限り青・青・青!(地名も山だ!・笑)。
  3626こばはま
     砂紋もイイ感じ…。

すると。
青まみれに追い打ちをかけるかのごとく(?笑)、ブルーの小屋が!
 3628こばはま
   「え"え"え"ーー!?、まぁーだ、ここあったんだ!?」とは
   連れてきてくれた友人の弁。

季節限定オープンのカフェでした。
  3620こばはま
    '90年代前半にはすでにあった…とのこと。(友人談・^^ゞ)。

ディスプレイが…なるほど。「あの頃」テイストです(笑)。
  3622こばはま3621こばはま
     フラミンゴモチーフとかね…(笑)。

オープンテラスもあるし、ここはやっぱ入っておかないと!
  3623こばはま
    入店するや、人体模型よろしくなスケルトンがウエルカム!
    悪趣味なわけでなく、ハロウィーン間近だったのでね。(^^ゞ

海を眺めながら、オーダーを待つとしましょう!
  3624こばはま
    向こうに見える佐渡を眺めつ、「最近、佐渡行った?」「ぜーんぜんっ!」
    などと、会話を繰り広げていたのが…。
    よもや!この数日後、己が上陸することになろうとは!!
    この時点ではつゆとも思わず…(^^ゞ。

できた当初は、それなりオシャンティなふれこみでオープンしたんだろうな…。
  3625こばはま
     海辺にこういう場所、少なかったしね。
     どの浜も純日本風の「海の家」がほとんどだったし…。
     (ちなみに。新潟では「海の家」のことを「浜茶屋」というのが一般的です・笑)

おまかせスイーツだったか?日替わりスイーツ?だったか?
名称は忘れましたが(笑)。
 3627こばはま
     スカルと一緒!(これまたハロウィンにつき…笑)
     思いっきり影があたってますが(^^ゞ、おいしかったです。
*********************************************************************
現在の住まいは「海なし自治体」。
車にしろ電車にしろ、最短でも2時間はかかるんじゃないかな?
生まれてから引っ越す先々、ずっと「身近にあって当たり前」の存在でしたので
無性に海を欲する時がありますよ(笑)。

新潟市内では砂浜を、佐渡では岩場の海岸をとで、ダブル「海チャージ」でき、
かつ!元気な友人にも会え、天候にも恵まれで今年も大満足の帰省でした!
 3629こばはま
     毎年10月いっぱいでカフェはクローズとのこと。
     北陸の気候上、通年営業は難しいんだよね…やっぱ。              

さぁて。らいしゅうの「さざえさん」は。ビヨンド。(←まだやるか!)。

サザエでございまぁーす!
 3613ときわ 3614ときわ
   いつまでやるのよー!の予告ネタも、満を持して真打ち登場(笑)!
   んが!サザエさん本人の予告はないんでしたよね?たしか(^^ゞ。

だらだらと綴ってきた旅行記もオーラスです。
前回までで大かた詰め込みましたので、本日はビヨンド的な行程を超えたお話を。
日本海を超えて(←ビヨンドではなくオーバーでは?^^ゞ)の帰路とおみやネタを、
♪夫婦を超えて行けーで(byおげんさん←突然・笑)締めましょうかと。

佐渡汽船は鉄道と同様、現在は自動改札になっており隔世の感でした。
            3604ときわ
      交通系ICカードは船まで網羅するようになってたのか…。
      バスのイラストが新潟交通の車体だ!(屋根が赤いのでね・笑)

行きは超高速船ジェットフォイルでしたが、帰りはのんびりとカーフェリー。
時間は倍以上かかりますが、料金は1/3ほどです。(正規運賃・二等客室の場合)
 3607ときわ
     お世話になった「ときわ丸」。車を搬入中ですね。

過去佐渡に訪れた際もフェリーを利用しましたが、船内は現代仕様に
様変わりしてました。(←というか。過去が太古の過去過ぎて変わってて当然!^^ゞ)
顔ハメフレームにはインスタ仕様にハッシュタグがついてたし、
船員の制服やセーラーカラーのコスプレ道具まで備わってたり(笑)。
 3609ときわ3608ときわ
  かつては、靴を脱いでカーペット敷きのスペースに座る二等客室のみでしたが
  イスのスペースと半々になってて快適でした。
   (眠るのでなければ、イスの方がラクだしねー)

昔は無造作に客室に積まれ、フリーダムに使用できたブランケットも、
現在では有料での貸し出し式に…。
でも!よくよく考えたら…昔は直前まで見ず知らずの誰かが使ってたヤツを
疑いもなく使用してたんだなー!こえーよーっ!!
衛生面に鷹揚な時代というものが確実に存在してました。(遠い目…笑)

日中は絶好の行楽日和。トーゼン、夕焼けの期待が高まりましたが…。
  3610ときわ
     残念賞っっ!!(^^ゞ

去年の鶴岡旅行に続き、夕日の名所で絶景を拝むことは叶いませんでした。
  3611ときわ
    まー、しかし。
    行程中、傘の出番はなかったのだからヨシ!としようじゃないの!(笑)。

波も穏やかな夕暮れ…「コレ、ほんとに進んでる?」というくらい(笑)
揺れることなく静かにフェリーは新潟へ。定刻通りの到着で旅を終えました。
*******************************************************************
遠路の旅行ではないので、お土産屋での買い物はわずかばかり。
(駅や空港等、新潟市内で買える佐渡土産も多いし…^^ゞ)
 3615ときわ
   冒頭画像の「さざえ味噌」、佐渡の名産品「いごねり」などなど…。
 (*いごねりとは「えご草」という海藻を煮溶かし、練って冷やし固めたモノ。食感は刺身こんにゃく的)

なんとなく購入したコレが、思いのほかおいしかった!
     3616ときわ
      佐渡羽茂(さどはもち)産の干し柿をラム酒につけたスイーツ。

干し柿そのものはそれほど好きではないのですが。
ラムレーズン感覚の程よい甘さが気に入りました。
ググってみたところ、佐渡市のふるさと納税返礼品でもあるようです。

ただねー。スイーツそのものは秀逸なんですけど。
ちょいとロゴフォントやネーミングのセンスが…。
   3617ときわ
     どことなく「らぶほ」っぽいよなー…(^^ゞ。
     (よりによって、「ム」と「ア」の間に♡など入ってるし…笑)
*********************************************************************
「ダイビングやキャンプでもするんじゃなきゃ、なかなかリピらないよね…」と
子供の頃のイメージが先行し、なんとなく敬遠してた佐渡でしたが。
いやいや、どうして。ドライブだけでも海や山、美しい自然が堪能できますし、
お泊りだったら、地元で捕れた豊富な食材を味わいつくせるのでしょう。
四季によっても、楽しめるポイントも違うだろうしね。
(意外にも。佐渡にはスキー場まであった!←ぬかりないバスガさん情報・笑)

この旅を終え佐渡歴四回となりましたが(笑)、いずれも両津・相川エリアのみ。
次、行く機会があるとしたら、小木方面…宿根木を見物したり、
たらいぶねに乗ってみたいものですね…。
         3618ときわ
      「楽しく細やかなアテンド、ありがとうございましたー!!」な、
      ご両人でフィナーレです(笑)。

さぁて。らいしゅうの「さざえさん」は。リターンズ。

ワカメです。      
      3583ときわ
        またも予告ネタを使いまわす(^^ゞ。

前略(笑)。
日帰り佐渡旅行の続きです。
前記事の金山から車を走らすこと10分ほどで(←たしか?ちょいうろ覚え・笑)
七浦という岩場の海岸へ。
大きな岩には様々な名前がついていますが、中でも一番目を引くものが
「古事記」の国生み神話に由来するとされる「夫婦岩」です。
  3584ときわ
      向こうに見えます大きな二つの岩…。(まんまだね・笑)

この双璧をなす岩の真ん前が、本日のランチ処。
その名も「めおと岩 ドライブイン」です。(これまた、まんまだね・笑)
   3585ときわ
    「ドライ」の文字が読めないあたり、風格が漂います(笑)。

メニューはツアー内容にセッティングされてた「海鮮丼」。
格安ツアーでしたし、ドライブイン…ということであまり期待していなかったのですが、
予想に反し(?)、味&量ともに大満足でした。(…つか、見くびりすぎてたな!^^ゞ)
 3586ときわ
    冒頭のワカメ味噌汁や突き出し的なものも磯のミネラルたっぷり!
    海藻類は併設のお土産売り場とリンクしてるらしく、
    食事中お店のかたのプレゼンがすごかった(^^ゞ。
    毎日あのテンションなんだろうなぁ…。恐れ入る!

…と、ここで。食堂の席につき、ふと見まわしてみると。
わたし…ここ、来たことあるような気が???(^^ゞ
その昔、親が予約したバス旅行で友達同士、子供だけで佐渡へ来たことがあり…。
(前回金山に来たのもその時)
しかし、夫婦岩はまーったく記憶にないっ!(^^ゞ
当時は自然の景観なんて興味なかったんだろうね(笑)。
   3590ときわ
    岩場側から見たドライブイン。(宿泊もできるらしい・笑)

仕上がり次第、売り場へ直行されるであろう干し柿たち…(笑)。
  3589ときわ
     油揚げやお塩なども作られてるそうです。
     朝ドラにてプチブームの(?)塩軍団が佐渡にも…。(なーんて)

浅瀬でも魚のうごめきが見えて、とてもきれいな海です。
  3588ときわ
      海で泳ぐことがなくなり、幾年月…ですが(笑)
      こういうとこ来ると、泳ぎたくなっちゃいますね、やっぱり。
      
食事を終え、次なる向かう先は「トキ保護センター」。
金山と並び、このツアーの目玉スポット。(笑)
ガイドさんからのおやつとよどみないトークで、バスは走る…。
  3591ときわ
      想定外が嬉しいじゃないの!
      (関連企業の新潟交通商事さん製・笑)

海岸線を離れると、家電量販店やファストフード店が道なりにある
よくある地方都市…と言った風景。
自分のイメージするところの「佐渡感」はなく、ちょっと驚いてたところ…。

突如「あ!あれ、トキですよー!」と。ガイドさんにいわれ、
慌ててカメラを向けるっっ!!
      3592ときわ
        最大にズームしたけど、これが限界(^^ゞ。

先日も記した通り、人工繁殖されたトキたちは放鳥され、
近年、周辺の田畑ではその姿を目にすることも珍しくないらしく。

放鳥開始は2008年、今年でちょうど放鳥10年目となる記念イヤー!!
ってなわけで。
トキ保護センターにつくや、目に飛び込んでくるのがコレ!
3593ときわ 3594ときわ
  10周年を記念して、春に設置されたばかりだそうです(笑)。

純日本産のトキは2003年に一度絶滅しました。
しかし、中国から送られた5羽のトキをもとに、順調に繁殖。
放鳥できるレベルまで…ってすごいですね!
まさか、自分の目でトキを見る日が来るなんて思いもしなかった!
  3599ときわ
     園内の檻は広く、けっこう遠目にいます。(よって画像が荒い^^ゞ)
     双眼鏡も置いてあったり…。

それでも、トキの特徴である「赤ら顔」をみると、ちょっと感動します。
 3600ときわ3601ときわ
  日の丸カラー。「ニッポニア・ニッポン」という学名がぴったりですね。

「ショウジョウトキ」や「クロトキ」という名の
色の着いた品種がいることも初めて知りました。
3596ときわ 3595ときわ
  「けもフレ」と連動企画らしい…(笑)。
  帰りのフェリーで、いかにもアキバ系という風采の男性が一人、
  乗船されてたのだが、コレ目当てだったか?なんて(←見た目で判断すな!笑)

展示資料も充実してましたが、よりすぐり(?)二つだけ。
3598ときわ 3597ときわ
  リアルとデフォルメ。なんだか、対照的な二つですが…(^^ゞ
  左は国内生まれでは最後となった「ミドリ(オス)」のはく製。
  羽が真っ白でないのは、繁殖期にオスはグレーの粉を身にまとうらしく、
  ちょうどその時期に亡くなったんですね。(伴侶は先立っていたのに)
  右は佐渡のご当地キャラ「サドッキー」。(公募により命名されたそう^^ゞ)
  ところで「トキ」って分類上「ペリカン目」なんですってね!
  サドッキーを見るとなんとなくうなずけます。(え?そこで?^^ゞ)

常々記してる通り、鳥類NGなわたしなのですが(笑)。
それでもね、かつては「今年も繁殖が叶わなかった」…とのニュースを
毎年聞くにつれ、もの悲しい気持ちになったのは確か。
前出のミドリとメスのキンちゃん…長らく2羽にかかっていたからね。

空が朱鷺色にそまるほどの大群が、江戸時代には飛び交っていたそう。
そんな空がいつの日かリターンズするといいですね!(←タイトル回収!^^ゞ)
**************************************************************
観光スポットは、本記事にて一区切り。
次回は最終回。帰りのフェリーやおみやネタ等、「あんど・もあ」的なヤツを(笑)。
         3602ときわ
        金山でガマンしたソフトをここで食べる(^^ゞ。
        (トキの森公園は枝豆ソフトが名物なのさ!笑)
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR