FC2ブログ

元祖・3時のヒロイン(?)。

あー、もう9月。2020年も残すところ1/3。
8月もあっという間だった。(ブログの更新はたったの2回…笑)。
****************************************************************
先月は家人が週のうち何度かはリモートワークに戻ったり
酷暑だったりで、再びわたしも在宅率が高くなりました。
せっかくなので…と(?)、羊毛作業にいそしむことに。
  5021ぶん
     文明堂のしろくまもどき(笑)。

チェブラーシカを作った際(コチラ)、「顔だけ違う色の着ぐるみタイプ」が
意外と作りやすいことに気づき、着手。

1個作ったところで、そこそこ満足したのですが
せっかくだったら、CMのように何体か並べてみたくなり…。
     5022ぶん
       2号ちゃん。

2号ちゃんはちょっと上目遣いに作ってみました。
   5023ぶん
     並べてみると1号ちゃん(右)は、よく言えば素朴、
     逆に言うと試作感がある気がします。(笑)

アイドルのジャケ写的なアングルで(?)
   5028ぶん
     背中合わせのショット、デュオにありがち(笑)。

すぐさま3号ちゃんに着手。
1号&2号ちゃんの反省を踏まえ、本体強化の面から固めに刺してみたら、
ちょっとしたおデブちゃんに(笑)。
      5025ぶん
       回を追うごとに、表情に「世渡り上手感」が増してる気が…。

CMでは5体ご登場ですが、わたしは3体にて打ち止め。(笑)
また違うものに挑戦もしたくなってきたし…。
    5026ぶん
      3密で♪ぶん・ぶん・ぶん。生まれた順に(笑)。

ではご唱和ください!♪3時のおやつは文明堂ぉぉ~♪
   5027ぶん
      三者三様。これは、これで…なんですけれど、
      複数個作る際、表情等出来るだけ同じ状態に仕上げる事が
      今後の課題かな…と。

並みはずれた不器用につき、今までは完成さえすればいいや…と
たしなんできた羊毛ですが。
ここへきて「もっとうまくなりたい」という意欲が満ちてきました。
もっと手の込んだものも作ってみたいし。
さらに仕上げももうちょいとスピードアップしたいところ(笑)。
どっかしらで、やり直す作業があるんですよねー、今のところ。
(ま、やり直しがしやすいのも羊毛のメリットではあるのですが)
タイムロスを減らし、一発OKで完成できるように精進したし!

今後は最低月2個の制作が目標。
(↑言うほどの目標値でもない…^^ゞ)
今年残り4か月…できるだけ多く生み出したいものです。

☆おまけ☆
   制作過程では、顔の表情をつけた時点で
   すごく愛着が増します。(わたしの場合)
   ピノキオを作ったゼペットじいさんの気持ち、わかるわー(笑)。
5029ぶん 5030ぶん
    珍しく制作過程なぞ。
    例のごとく、目を入れた時点で「わ、わ♥」となったのですが、
    平板な画像でみると「タケモトピアノ」のダンサーさんのような…(^^ゞ。
スポンサーサイト



ばったり倒れ屋さん。

羊毛フェルトのストックをチェックしてみたら、意外とブラウン系が
多かったことに気づき、チェブラーシカを作ってみました。
     3897たおれやさん
      「チェブラーシカ」。日本語に訳すと
      「ばったり倒れ屋さん」だそうですが、どこで文節を切ったら
      そんな和訳になるのだか、いつも不思議に思います。
      (かわいいけどね、笑)。
        
以前にも触れた気がしますが、チェブラーシカの存在を知ったのは20年以上前。
友人のススメで映画を観たのがきっかけです。
現在はさまざまなグッズが展開されていたり、企業コラボ等も珍しくなくないですが
その当時日本での認知度はそれほど…。
上映されたのも小さな単館シアターでした。
わたし自身もロシア(…というか作品は旧・ソ連時代)という国自体に
あまり関心もなかっただけに、さして期待もしていなかったのですが
スクリーンに現れた瞬間から、その愛らしさ目が釘付けに。

のちにDVD-BOXが発売、即決で購入(笑)。
その時に封入されていたチェブのフィギュアを、今回参考にして作りました。
  3898たおれやさん
    とはいえ、だいぶ違うんだけどね(^^ゞ。(右がフィギュア)
    しかしながら、作品の年代によってチェブの顔つきはかなり
    違うので、まぁいいんじゃないか…と(笑)。
    耳の中心部の窪ませかたは、フィギュアはいいお手本となってくれました。

年代ごと…といえば。顔つきだけでなく、作品によってシッポが
あったりなかったり…ということにも今回改めて気づきました。
 5000たおれやさん 3899たおれやさん
   参考フィギュアのに倣い、わたしもシッポ無しパターンで…。
   チェブの好物、オレンジをはずすとホルターネックのような感じです(笑)。

ブラウン系の羊毛は、リースを作ったときに使ったきりになっていて
ストック消費がてら、目的もなく練習がてら作成しはじめたのですが。
結局、冒頭の「チェブを勧めてくれた友人」に贈ってしまいました。
うまい具合に誕生日が6月でしたので…これはもう…と(笑)。
 5001たおれやさん
   里子に出す前の記念撮影。(笑)

今作は意外と早く仕上げられました。(わたしにしては…ですが)
「顔だけ違う色」という着ぐるみパターンは、割と作りやすいんだな…と。
同じ原理を他のキャラクターでも活用できそう…。
とりあえず次は「文明堂のクマ」などでどうだろうか?と思っております。(笑)

久々にチクる。

本題に入る前に、どうでもいい話を少々…。(あ!本編もか!笑)

ドラマをはじめとしたテレビ番組を実況する好きなSNSアカウントが
何個かあるんですけれど。
そのいくつかで「#金ロー」というタグをしばしば目にして…。

答えは常識なのかな?あえて書くまでもないのかな?
「金ロー」とは「金曜ロードショー」の略だったんすねー!
わたしは「きんくちいち」と読んでしまい…「金田一少年」のパロディ的な
ものかと思ってしまいました(^^ゞ。
それにしては、本文の内容と照らし合わせるとしっくりこないし
「はて?」となっていたのですが…。
答えがひらめいたときは「アハ体験」並みにスッキリいたしました(笑)。
*******************************************************************
さて本題。
久々に羊毛をチクりました。
珍しく人にあげるのでなく、自宅用を作ってみたくなり…。(自分用は2年ぶりくらいかも)
ってなわけで。お題は自由(笑)。羊毛をはじめるきっかけとなった本の中から…。
  3834ちく
   2015年発行。もう5年も経つのかー…と思ったけれど
   自分が教室に行き始めたのが2016年だから、そんなもんかー。

このページの。
  3835ちく
    安野モヨコ先生のオチビサンを…。

作り方は参考にしましたが、同じブランドの羊毛じゃないし…と
重さや長さの計測等はテキトーにつくりましたら…。
         3836ちく
          なんかちょっと違うのよねー(^^ゞ。

見本よりも短足に作ったからねー(故意に…です)。
しかしながら、自分的には満足な仕上がり。(笑)
自室に飾り始めましたが、ふとした瞬間にオチビと目が合うと
なんだかうれしくなります。(←それを自画自賛というのだよ!)
        3839ちく
        フルーツはホンモノではなくリーフレット(笑)。
          
チクリは少々ブランクがあり、3か月ぶりくらいかな?
着手したいのはやまやまだったけど、フェリシモで裁縫の基礎を6か月で学べる
…というふれこみのキットを購入、そちらを優先していたので
なかなか羊毛まで手がまわらず…。
その裁縫キットのお話も書ける機会があれば…と思いますが、
やっぱりわたしは縫うことは好きじゃない…ということを再確認しました。(^^ゞ
針を返す時、どうしても先端が自分の方に向かってくるのが、怖いんだな…と。
その点、羊毛フェルトは対象に向かって一方通行。
心置きなくブッ刺せますからねー!(笑)

もひとつ。中途半端にあまった黄色の羊毛で何か作れないか…と
「ポムポムプリン」にトライしたらば…。
      3837ちく
          手と耳が短っ!!
          圧倒的に羊毛の量が足りず…(^^ゞ。
          目算が甘かったっす…。

同じサンリオでも「ぐでたま」だったら足りてたのかもー…とも思ったけれど。
もう少し山吹色がかった黄色ですよね、ぐでたまは。
緊急宣言解除とはいえ、羊毛を買い足しに行けるのもまだだいぶ先に
なりそうなので、もうこれは、これで(笑)。
パチモンプリンでよしとします。
        3838ちく

あ、そうそう。黄色…といえばね。
いつの日かピカチュウも作ってみたくなりました。
先週の「金ロー」きっかけで。(笑)

   *小声で余談(笑)。その「名探偵ピカチュウ」。録画し、
    少しずつ観始めたのですが、(現時点で30分ほど) 
    個人的には西島秀俊のアテレコが違和感ありすぎて。
    どーしてもビカチュウが発してる風に見えないんですよねー。わたしは。
    ナレーションでピカチュウの心中を代弁してるように見えてしまい…。
    もう少し話が進むと慣れますかねぇ?
    (でも、進まずじまいで消しちゃうかも^^ゞ)

続・窓を開ければ…。

前回に続き、窓ネタです(^^ゞ。

どうやら「スヌーピー茶屋」なるお店があるようですね。
   3528ちゃや
     HPによりますと。
     「スヌーピーと和を融合したテーマカフェ」とのこと。

現在、全国に4店舗。小樽、伊勢、京都、由布院。
なるほど、「和の融合」には申し分ないロケーション。
それぞれの土地柄を生かしたメニューや商品も魅力のようです。
         3529ちゃや
          「とうきびステッィククッキー@小樽店」。
          友人からの北海道みやげ。

名前の通り、ご当地名産とうもろこし風味…。
いや違った、北海道ですから「とうきび」ですね。
パケも小樽ガラスのご当地らしく、ステンドグラス調の窓辺に
チャーリーブラウンがたたずみ…。
         3530ちゃや
          外壁もレンガ風…。

せっかくのご当地限定パッケージ。
しかも紙製ながら、けっこうしっかりしており…。
ふと思い立って、リメイクしてみました。
       3531ちゃや
         羊毛でチャーリー作って、のぞかせてみた(^^ゞ。

件の友人は2月バースデイ。
お土産から一か月弱…プレゼントのおまけとして
作業日数的にもムリがなさそう…と頭によぎり、着手。
3532ちゃや 3533ちゃや
   梱包用右のボトルはダイソーの(^^ゞ。最近、重宝してます。
   キッチングッズのコーナーにおいてあるので、食品保存が本来の用途かと
   思われますが、作品のケースに使いやすいんですよね。
   (ガラスじゃないので、宅配なども気を使わなくっていいし…)

週明けあたりに、手元に届くかな。
とりあえず、メインのプレゼントを気に入ってもらえることを願うのみ!!
チャーリーもどきはあくまでも贈り手の「ジコマン」ってヤツですね(笑)。
   3534ちゃや
     メインは、とある「木製品」。
     選んだお店で、自分用も買ってしまった。(^^ゞ
     (お揃いではありません。別のもの…)
     それについては、また後日…。

思えば。「人間」をモチーフとした作品は初挑戦でした(笑)。
とはいえ。チャーリーは髪の毛をつける必要がないので、
動物の要領とさほどかわらなかったけどね…(^^ゞ。
          
今後は髪のあるお人形にも(…と、いうのもなんですが・笑)、
チャレンジしたいものです。
       3535ちゃや
         並べてみると…あんま似てない(^^ゞ。
         初期のチャーリーっぽい仕上がりになっちった…。
         
芸能人のそっくりさんが、ご本人と並ぶと「たいして…そうでも…」という
感覚におちいる…アレに近いような…。(笑)。 
やっぱオリジナルに勝るものなし!(^^ゞ。   

ご立派になりはって…(笑)。

20年近く前のドラマに「猫田カヲル(ねこた かをる)」という名の
登場人物がいて。(男性です)

猫田役を演ずる俳優さんは役名よろしく、まぁびっくりするくらい
ネコに似ていて…(^^ゞ。
都合が悪くなると表情がネズミ顔になる…という奇行を持つキャラでしたが、
そのネズミ顔こそ、ますますネコそのもの!(←ややこしい・笑)。
顔のみならず(笑)、演技も異彩を放っており…。
その作品で初めて知った役者さんでしたが、役名とともに印象は強烈に焼き付き…。

それを機に。映画やドラマで、しばしばそのかたを見かけるようになったけど。
最初のインパクトが強すぎ、知って数年は「あ!猫田の人だ!」と思うくらい…(^^ゞ。

しかし。月日が経つにつれ、物語の中心を担うポジションを演ずるようになり。
単独での主演作も増えていき…。
いつの間にか「猫田の人」ではなく、役者さんの名前の方がしっくりくるように。

…って。
そりゃそーでしょーよー!
今や大河の主演だものっ!!(笑)。

ええ、例によってヒジョーに回りくどい言い方をしましたが
「猫田の人」とは阿部サダヲさんのことです。(^^ゞ
(途中で気づいたかたがいらっしゃたら嬉しき!きっとクドカン好きだね!)
実際は猫田の登場する「木更津キャッツアイ」以前の
阿部さん出演作も見てるようなんですけど、彼のキオクないんですよね。
あの役名は大きかったなー。わたしにとって。(笑)

どさくさで、ジャイアニズム!(^^ゞ
 2507意気込み
    猫好きな友人へ。誕プレのおまけに作成。

もう半年近く前なんだけどねー(よって。もうウチにはいない・笑)。
 2508意気込み2509意気込み
   いつも完成図を描かず、なりゆきで作ってるんですけど。
   今見ると、ドラえもんのパーツわけに倣っているような…。(笑)
   カラーリングは違うけど、お腹が白いとことかね。
   まぁ、日本にいたらドラえもんとキティを目にしない日はほぼないし
   終身サブリミナル効果というのか…(^^ゞ。
******************************************************************
大河ドラマ…完走どころか、1シリーズの1話ですら見たことがなかったけど。
今回は初挑戦。初回放送もリアタイ!壮大なプロローグにワクワクしました。
個人的には後編の方が楽しみ!戦後の復興と前進を描く作品、好きだしね。
大いに期待してるよ!阿部サダヲさん!!(笑)

☆おまけ☆
   星野源さんも過去のドラマの役柄から
   10年ほど前は「えろびでおの人」として認識してました。(^^ゞ
   (役名・江口秀夫の字面から、そういわれてた・笑)
   
   おげんさんも大河後半チーム!ぴっちり横分けナイス!です(笑)。
   お二人ともビッグになりはって…(感慨・笑)
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR