FC2ブログ

「老舗」と「無駄スキル」と「奇跡の人」。

2018年も、あと数日で終わるんですか?
ほんとに?ほんとぉにぃ?(笑)
信じられない…。年初の出来事すら、最近のことのように思えて…。

そんなわけで。
「まだ、行ったばかり…」の気がしていた、ほぼ一年前のネタを…(^^ゞ。
****************************************************************
メディアでしばしば登場することも手伝い、事あるごとに思い出しては
行ってみたい気持ちにかられるお店がありました。
とはいえ。決して近場でなし。
「まぁ、なにかついでがあったら…」の繰り返し。

しかし。
それほど気になるのなら「ついで」を待つ必要などないのでは?

と。当たり前すぎなことに気づき…(^^ゞ。
後手後手な自分を律す意味も込め(?笑)、出向いてきました。2月のことです。
 3478純喫 3477純喫
   JR上野駅「浅草口」から5分ほどに位置する純喫茶。
   
「高級喫茶」なる、いにしえ漂うふれこみからもうかがえる通り、歴史あるお店らしく。
ネット上の情報によると、誕生したのは1963年(!)が有力説のようです。
ゆうに半世紀超え!浅越ゴエです!(←しょおもな!)

雑居ビルの地下…というのも好奇心に拍車がかかるというもの(笑)。
  3479純喫3480純喫
   地下へと続く階段と、「裸一貫」な女性のドアノブ!(こんなん初めて見た!^^ゞ)。
   本丸にたどり着く前にからしてこのセンス(笑)!期待が高まります。

ひとたび、店内に入りますと。
屋号にみじんも偽りナシ(笑)!ノスタルジックでゴージャスな空間が!!
  3483純喫
    窓全面がステンドグラス調!岩窟のようなパーテーション!!

シャンデリアや柱の彫刻…いたるところきらびやかです。
  3482純喫 3481純喫
   オープン当初から店内に大幅な変化はないらしい…。(これまたネット情報)
   話題になったでしょうね。

華美な内装や調度品も、もちろん期待の内ではあったのですが。
それより。なにより。
いっちばん拝見したかったのはコチラ!
  3485純喫
    アナログ音源時代のエレクトーンっっ!!

エレクトーンがデジタル音源化され、すでに30年以上。
パネルのタッチ一つで容易に音色チェンジが可能になりましたが
アナログ期はレバーの上げ下げで微調整していたんですよね。(鍵盤の上部)
  3486純喫
    おそらくプロ仕様に作られた機種かなと。
    手弾きのキーボードが通常の2段ではなく3段仕様なので。
    第一、家庭用&教室用の普及品はフタがありますからねー(笑)。

…と。ここで。
いまやオワコンとさえ揶揄される楽器の歩みを
なぜわたしが把握してるか…と申しますと。
けっこうな期間、エレクトーンに打ち込んできたから…(^^ゞ。

人生において(←堅い!笑)、コレ!と胸を張れるものがない中、
唯一、真剣に向き合ったことかもしれません。
一応…講師ができるグレードの取得まではがんばりましたし。
(教えたことはありませんが。ピーク時のレベルもキープしてないし←the 無駄スキル!笑)

ブランクも何回かありましたが、楽器は新機種がリリースされたり、
技術が少しずつ身に着き、物足りなくなったりした際に買い替え。
通算4台がうちへやってきました。(でも。やってた年数からすると、かなり少ない台数です…)
最後に買ったモデルは現在も自宅にあります…。

そのうち、一番最初に買ってもらったのだけアナログ式…(^^ゞ。
当時から音色にストリングスやピアノはあっても、リアル楽器からはほど遠い音…(笑)。
それでも、親にねだってねだって、待って待って…の到着でしたので
感激はひとしおでした。

でも。こんな装備のエレクトーンは、近隣のヤマハでは見たことなかった…。
ごくごく限られた店舗だけの取り扱いだったんでしょうね。
          3484純喫
           ステンドグラスと白のボディに哀愁が漂う…。                

写真の許可をいただく際、店主さんにうかがったところ。
昔はヤマハからプロのプレイヤーさんが派遣され、
演奏タイムがあったとのこと。(これまたすごい!)
エレクトーンにとっても一番幸せな時代だったかもしれませんね。

「肉眼で往年のハイグレード機種を見る」が目的だったため、
オーダーはぶっちゃけなんでもよくって…(^^ゞ。
  3492純喫
   コーヒーだけですみません(笑)。
   正統派喫茶店の味わい…おいしかったです。
******************************************************************
冒頭でも触れた通り、メディアで目にすることが少なくないお店。
喫茶店やレトロスポットを特集した書籍や、情報誌などなど…。
さらに。ドラマ等のロケ地として登場することも…。

訪問時も放映PRの貼り紙が…
3487純喫3488純喫
  ズムサタ(左)…オール出演者の顔ぶれが掲載されてる!律儀ですね(笑)。

昨年、欠かさず見ていた連ドラにも登場しました。
 3489純喫
    正面を向き座ってる人が主演。さぁ!誰でしょうか?

ハイ、イケメンさんの降臨だよっっ!!
 3490純喫
  きゃぁぁーーー!つかポンっっ!!(…って誰やねん?笑)

すみません。「つかポン」は劇中での呼び名…(^^ゞ。
錦戸亮さん主演「ウチの夫は仕事ができない」のワンシーン。
バックにエレクトーンを背負って…眼福なりき(笑)。

思わず録画をポーズしてカメラに納めてしまいました(^^ゞ。
 3491純喫
   この作品では「奇跡の人」をバックに、いっつも頭下げてたよなぁ…亮ちゃん。
   (要領が悪かったからねー、「つかポン」こと司くんは・笑)
   右はドランクドラゴンの塚地さん。リアルつかポンですな(笑)。

そんなわけで。
 ○ノスタルジック。
 ○エレクトーン。
 ○かんじゃにえいと(←ひらがな…て^^ゞ)。
思い入れのあるものが集約した「トリプル聖地巡礼」となりました。
満足、満足…。(笑)
***************************************************************
多少時間や交通費がかかっても、近県エリアで気にになる場所は
行っておくべきだな…との思いが年々強くなっています。
特にお店は…ね。後継者の心配もなく、繁盛してても
建物の老朽化で閉店を余儀なく…ってこともありますし。

あと、来客の利用目的というのも大きいな…と今回は感じました。

こちら…都内では珍しくなった全面喫煙で。
来店時間がお昼休みの終わり頃…ということもあってか
店内のほとんどがランチ後の一服にきたビジネスマン。
逆に。飲食だけの身ですと、間が持たないというのか…(笑)。
紫煙のうっとうしさより、「場違い感」で「早めにおいとましなくては」という気分に。
スモーカーのオアシスとしての役割は、とても大きいようです。
(余談ですが。その環境でエレクトーンの鍵盤が劣化せず煤けていないのが驚きでした)

しかし。東京都も2年後には飲食店の全面禁煙が義務化されるとか。
それを機に身の振り方を考える老舗というのも、あるのかもなぁ…など思ったり。
(注・「ここの喫茶店」が、ということではないです。)

そんなことを考慮すると。
ますます行きたい場所へは四の五の言わずにいっとくべきだ…
との念が強まります。
思い立ったらSuica帯刀!!2019年の目標としておきます(笑)。

余談が多く長い記事に、おつきあいいただきありがとうございました。
 3494純喫
  せっかくだから「亮ちゃんシート」を撮ろう…と勇んだら、
  ドラマ撮影時とビミョーに配置が違ってました(^^ゞ。
スポンサーサイト



「極」と「爆」。

典型的な「洋ナシ体系」だったんですねー!彼女…(笑)。
       3333きょく
  いつもステキなおべべお召しになってるので、ちぃとも気づきませんでした(^^ゞ。
  タカシマヤのローズちゃん。ヘルメットも「高」マーク入りなのさ!
  
しょっぱなの画像に相反し、高島屋ネタではありません(^^ゞ。
ネタに沿う手頃な画像がなく、苦し紛れにローズちゃんのご登場(笑)。
のちほど、ほんのチラっと「タカシマヤ」というワードが出てきますので、むりくり…。
(記事一個につき、一画像以上を義務化しておりますもので…笑)
********************************************************************
本題にまいります。(笑)

数年前まで、劇場で映画を観ることは稀でした。
ほとんどDVDレンタルで済ましており…。
ふと気づくと、5年くらい映画館に足を運ばないこともザラだったかも…(^^ゞ。

近年は公開から半年ほどでレンタル開始するしね。
好む作品も「大きいスクリーンでなくては、迫力半減!」というものではないし。
おまけにすぐにリピートできる!逆にスキップもできる!(笑)…という
DVDならではの特性も好都合で…。

そして。忘れてはならぬ入場料(笑)。
コアな映画ファンでないこともあり、やっぱり1,800円って高く感じるんですよ。
かといって。レディースデイや映画の日に必ずしも都合がつくわけでなし…。
行けたところで、その手の割引デイは混むからなぁ…と(^^ゞ。
*****************************************************************
しかし。
時には円盤化を待たずして、封切り直後に観たい作品もある!
かつ!サービスデイを気にせず、都合のいい曜日や時間にお安く観たい!

そんなわがままが叶うシネコンがあったんです。
しかもウチからアクセスしやすい場所に!(^^ゞ
にもかかわらず、長らく見過ごしていたんですよね。

JR立川駅から徒歩5分に位置する「立川シネマシティ」。
名前だけ聞いたことあるかたもいらっしゃるかな?
都内で初めて誕生したシネコンらしいので…。(since1994.笑)。

イオンシネマやTOHOシネマズのようなチェーン展開ではなく、
地元資本の企業が独自で経営している希少な運営形態。
シアターは「シネマ・ワン」「シネマ・ツー」の二館にわかれ、合計で11スクリーン。
ちなみに「ワン」は立川タカシマヤのすぐお隣りです!(←ハイ、でたよ!笑)
 3340きょく
   これまた箸休め的な画像投入(^^ゞ。三年前の立川タカシマヤ45周年。
   歴代ローズちゃんが勢ぞろいした図。(過去記事はコチラ)
   
単独経営ならではの個性的な特色がいくつかありまして。
その筆頭が「シネマシティズン」という独自の有料会員制度。
年会費1,000円、もしくは6ヶ月会員の600円で、
な、な、なんと!平日の鑑賞料金は曜日・時間帯を問わず1,000円!!
土日祝日1,300円!!(3D作品などは別途料金加算)
平日は一年会員でしたら、二本でモトが取れちゃいますし
半年会員に至っては、その日、一回こっきりでも安く観れちゃうわけなんす!
これは、ありがたい!毎日が「サービスデイ」になっちゃうんですからね。

もうひとつ大きな特色としては。
「シネマ・ツー」の音響システムはこだわりの設計システムであるということ。
具体的なスピーカーの機種等は知識が疎いし、受け売りになるので省きますが(笑)、
他館にはない独自で繊細な音響調整で作品が楽しめるのです。

作品によっては「極上音響上映(以下、極音)」というものと
極上爆音上映(以下、極爆)」という
字面だけでインパクト大!な(笑)、公開形態があり…。
音響の専門家が作品によって最適な音響に調整して上映。
「極音」はアニメや音楽が多用される作品。「極爆」はSFXメインやアクション作品が
主に対象となっている印象。(マーベルモノとか…ほとんどそうじゃなかったかと)。

前記事で心酔ぶりを記しました(笑)、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」も
極音上映で拝見できました。
別の劇場で観たって、感動する結果となったことは間違いないですが(^^ゞ
やっぱり音楽が心地よく伝わってきて…。
劇中「SWEET 19 BLUES」が何回か流れましたが
イントロ初めのキララララ~ンとか(←抽象的表現!)トリハダモノ!
心震わす作品を上質な音響で観られて、感激増し増しでした。

もうひとつの「極爆上映」は…というと。
残念なことに、まだ対象作品を観たことないんですよねー(^^ゞ。
どうも、ヒューマニティに重きを置く作品を好む傾向があり(悲喜に関わらず)、
前半でも触れた通り、画力がそれほど強くないものを観てきたもので。
SFX大作とか(←ざっくり!笑)、ほぼスルーしてきちゃったんですよね

今となっては「シン・ゴジラ」の極爆上映は観ておきたかったなー。
だって!シネマシティの地元・立川のシーンもいっぱい出てきたんでしょ?
(↑DVDすら、まだ観てない^^ゞ)。ああ、惜しいことをした!(笑)

「極音」「極爆」ともにお値段は通常作品と同一。
「極爆」を求めて、遠方からもお越しになる方が多いとか…。
(注・やみくもな爆音量ではなく、臨場感のある音響ということ。うるさくないらしい)
わたしもいつか体験したいものです(笑)。

☆おまけ☆
   「シネマ・ツー」はワンから徒歩二分程度のところ…。
   以前、除草ヤギがお仕事していた空地の並びです。
 3334きょく
   広大な空地も工事が始まりました。
   スパ施設を擁する商業施設ができるらしい…。
   リアルヤギさんはいなくなっても、工事パネルに…(笑)。

ついでと言ってはなんですが。
未公開画像の消化で、かつてのヤギさんの活躍ぶりなぞ(^^ゞ。
 3335きょく 3336きょく
   ヤギさんたちは、おおむねマイペースでしたが、
   モノレールが来ると追いかけるように、並走してたりもしました(笑)。
   一匹が走ると、群集心理でしょうか?一目散に他のヤギたちが
   追走するのがおもしろくって

去年の冬まで…と当初はされていましたが、
ご好評に応えてか?今年も春先から6月末まで出稼ぎにきてました(笑)
 3338きょく
  すでに工事は始まっていたものの、限られたスペースで勤労(笑)。
  建設会社の方がちゃんとお世話をしていて…。(けっこう楽しそうでした・笑)

ヤギファミリーは、社員として働いてたので
ラストはちゃんとリーマンさんらしいイベントも!
      3337きょく
    送別会(^^)!!当日は地元の方々が労をねぎらったそうですよ!

収拾のつかない記事になりましたが、立川は便利な街です。
IIKEAも駅から歩ける距離ですし、商業施設もいっぱい!!
そして。シネマシティ!!
わたしは、もう都心に行かなくたっていい!(←ウソつけ!笑)

ぜひ、立川をご愛顧ください!(←市民じゃないのに!^^ゞ)
 3339きょく
   出稼ぎ期間中、何度か赤ちゃんが生まれましたが
   (…っていうと、勤務中に産気づいたかのようですけど・笑)
   子ヤギは真っ白で格別にかわいかったなー!

「ゆりかもめ」でイッテQ。

またも長らくの更新おサボ…しかし、もはや焦りすらない(^^ゞ。
鬼門の9月は徹底的にサボってやろうかな…という気になり。

今月は…旧暦でいうと「長月」でしたか。
「更新ブランク長月」、「更新めったに無が月(ながつき)」で
今年の9月は乗り切ろうか…と(^^ゞ。
来月以降、挽回できればいいですねー。(←まるで他人事・笑)
*******************************************************************
まぁ、そうは言うても。
これ以上サボるといよいよフェイドアウト…なんて事態になりかねないので(←え?笑)
説明をあまり要さない画像中心に進行できるネタなぞ…。

マスキングテープの代名詞的プロダクト
カモ井加工紙さんの「mtシリーズ」。今年で10周年だそうです。
    
日本各地で周年記念のイベントが展開されてるようですが、
東京は7/27~8/7。港区の「TABLOID」という複合施設で開催されました。
      3203たぶろいど
        案内状。(…っても、それらしく見えませんが^^ゞ)。

今夏いっちばんの酷暑期間でしたし、
拙宅のある東京の西側から会場のある港区湾岸…都内大横断を思うと
行く行かないどっちつかずの気持ちではあったのですが…。

やっぱり、行ってしまった…。(←物好き!^^ゞ)
  3204たぶろいど
     最寄駅はゆりかもめの「日の出駅」。
     (レインボーブリッジの左側に、お台場の球体&大観覧車がうっすら…笑)

古いながらも、イイ感じにリノベされオシャンティなビルです。
  3220タブロイド
     複合施設になる以前は、新聞社の印刷工場だったとのこと。
     「TABLOID」というネーミングもうなずけます。(ナイスすぎる名前…)

毎回イベントのお約束、
今回も室内はイベントテーマのマステが貼りめぐらされてました。
     3205たぶろいど

       3208たぶろいど

  3206たぶろいど
    いつもながら、乱れることなく並ぶマステに感心する…。

購入品はこれら。
  3209たぶろいど
    限定マステと、パッキング用。そしておまけマステ(笑)。

ベーシックな商品を安く販売する、量り売りコーナーも珍しく利用。
  3210たぶろいど
    同系色で固めてみました。(赤とマゼンタ系ばかりを…笑)。

限定モノはこんなラインナップです。
  3211たぶろいど
    色とりどりのお花がかわいい!商品名は「ハナミズキ」。
    とても気に入りましたが、盛夏のイベントでナゼ?とも正直思ったり…(^^ゞ。

当方の意地悪ゴゴロを読まれたのか?(笑)、夏らしいモノもちゃんと!
  3212たぶろいど
    風鈴。夏と東京(江戸)を感じさせるテーマでいいですねー!。

こちらはチャリティーで急きょ作られたもの。
  3213たぶろいど
    売り上げは、西日本豪雨災害の被害者支援に全額寄付されたとのこと。
    被害の大きかった岡山県真備地区の名産、たけのこがモチーフ。
    岡山はカモ井さんの拠点でもありますもんね。

ラストはお買い上げ金額に応じていただけた(笑)、ノベルティマステです。
  3214たぶろいど
     mtのラインナップが、そのままテープに!!
     しかし。これでワンターンではなく、まだまだ続きがあるという!!!
     一番ほしかったイベントテーマのマステが在庫切れで
     ちょっとテンションが下がっていたのですが(笑)、
     これにて爆上げ!(←ゲンキン!笑)。遠路出向いた甲斐がありました!
******************************************************************
久しぶりの湾岸エリア、並びに久々のゆりかもめ乗車でした。

日の出以外の最寄り駅はJR浜松町駅。徒歩12分程度…とのことなので、
通常でしたら乗り換えの少ないそのルートを選ぶはずなのですが。
なにしろ、いっちゃん暑い時期でしたのでね(^^ゞ。
駅から会場まで歩く距離が少ないほうがよかろう…と。
結論。今回はゆりかもめで正解でした。
日の出駅からは徒歩2分だけど、刺さるような紫外線でしんどかったです(^^ゞ>
     3216たぶろいど
   ふと。「ゆりかもめに最後に乗ったのって…いつだっけ?」と
   キオクをさかのぼってみましたが、あいまい(^^ゞ。
   まぁ、そうはいっても10年は経っていないだろう…と踏んでいたのですが。

どうやら?そうではなかったみたい(^^ゞ。
前回乗った際は、日テレの「大時計」を見た記憶がないから(^^ゞ。
 3217たぶろいど 3218たぶろいど
  …って!「そらジロー」がメインになってますが(^^ゞ。うしろのアレね!(笑)
  宮崎駿監督デザインでお馴染み大時計が設置されたのは2006年とのこと。
  ちなみにそらジローのデビューは2007年。
  いつのまにか結構なキャリアになってましたね。(笑)

夏休み中ということもあり、車窓からもうかがえるほど汐留はにぎわっていたし、
また、目ん玉マークのテレビ局にいってきたんだな…とおぼしき手荷物のかたも
たくさん乗車されてました(笑)。

テレビ局をはしごするかたも多いのかもしれませんねー。
     3219たぶろいど
   みるからに記念の一枚撮影中の御一行様…\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/。
    (あたいもそらジロー、連写しすぎ!←けっこうスキなのさ!^^ゞ)
  
ってなわけで。
日テレ因みで、本日の記事タイトルつけてみました。
(でも、いまだイッテQって見たことないんだよな…わたし・笑)

「ともだちは、みんな、ここにいる」。

今月をもち、二年半の期限を迎え閉館となる「スヌーピーミュージアム」に再訪しました。
  3167みゅーじあむ
    半期で変わるテーマごとに、チェンジしてた外壁。

と、申しましても。6月のお話なんですけどねー(^^ゞ。
 3168みゅーじあむ 3169みゅーじあむ
    チケットカウンター。カウントダウンはこの日で101日。
    (101匹わん…というのはここでは禁句ですね笑)

今日の記事タイトルはラストの展示テーマ。
初回の訪問と同様、ネルネルネコさんにご同行いただき…。
間の悪いタイミングでご連絡したにもかかわらず、鷹揚なご応対。
しかも。チケットの予約まで申し出てくださり…。
ありがとうございます!冥利に余りあります!(←私信的な・笑)
  3170みゅーじあむ
    絵柄にマッチした紙質のチケット。

ウラ面は過去の新聞に掲載されたコミック。(掲載日が入場日の日付と同日です)。
   3171みゅーじあむ
      掲載年はいろいろ。なので各自、チケットの裏面が違います。

…と。ここで。(←とーとつ)
わたしってば一回目の訪問、てっきり記事にしたつもりでいたのですが、
どうやら館内カフェの話だけで頓挫してたようで(コチラ)。
「後手後手グセ」が招いた書きこぼし!(^^ゞ

なわけで。初回UPよろしく、エントランスから触れていこうかと…。
  3174みゅーじあむ
    入館するや、大量の4コマコミックが壁一面に…。

コミックの濃淡で、スヌーピー&チャーリーブラウンが描かれてます。
  3172みゅーじあむ
      膨大な作品数があってこそ成立する壁ですね。

館内は全体的に落ち着いた色調なので、
展示物が多くても決してやかましい感じではありません。
  3175みゅーじあむ
 3176みゅーじあむ
    茶系が基調かな。(ブラウン兄妹だけに…とかいっちゃたり^^ゞ)

前回訪れたのはおととしの秋、2回目の展示テーマの時でしたが。
当時は館内撮影がかなり限られていたけど、今回はかなりの緩和。
逆に撮影禁止エリアの方が少なかったかも…。

なので。生原稿もいくつか…。
  3177みゅーじあむ
    イラストだけでなく「手書きでこの文字の揃い方、すごい!」とは
    ネルネルさんの弁(笑)。おっしゃる通りですねー!

  3178みゅーじあむ

  3179みゅーじあむ
     生原稿の展示もたくさんあったけど。
     「撮影可」となっても、やみくもに撮ろうという気にはならず…(^^ゞ。
     というか。肉眼にしっかり焼き付けておきたくなっちゃうものですね。

立体なあれこれ(笑)。
  3181みゅーじあむ
   みんなでバンザイ\(^o^)/。(パペットだからね・笑)

 3182みゅーじあむ3183みゅーじあむ

 3180みゅーじあむ3184みゅーじあむ
   初期作品の絵柄も今とは違った味わいがありますよね。
   右画像は「スヌーピーの手触りがわかる柱」(!!!)(耳があるでしょ?笑)
   しかし。来場者がほぼ触っていくので、できた当初とは
   感触がかなり変ってしまったのでは…と思われます(^^ゞ。

展示を堪能した後は、お楽しみのお食事タイム!
今回も「カフェ・ブランケット」へ。
 3185みゅーじあむ 3186みゅーじあむ
   ダークブラウンやブラックのアクセントが効いた内装。
   「男前インテリア」が好きなかたは参考になりそう!
   (…って!この画像では、それが伝わんない…^^ゞ。)
   カフェスタッフのユニフォームもシンプルでかわいいです。

メニューも見た目のみならず、すごくおいしい。
(ちょっと驚くくらいに…笑)
   3187みゅーじあむ

ネルネルさんのご注文。(こちらもおいしかったって!笑)
    3188みゅーじあむ
       お皿に注目っっ!!
       スヌーピーがごはんを食べる食器なんですよね

外にはフードトラックもあります。
   3189みゅーじあむ
     しかし。入口そばなので、けっこう注目されちゃうかも(^^ゞ。

ラストは。
本来ならレポの最初にUPすべき画像(^^ゞ。
ミュージアム前面で迎えしてくれる歴代スヌーピーたちを…。
  3197みゅーじあむ
    すみません。この画像だけ実は、おととしのものです(^^ゞ。

今回はラストにつき、ひとつひとつ撮ってみた(笑)。
  3192みゅーじあむ3191みゅーじあむ
   年代によってかわってきたことを、改めて実感します。

 3193みゅーじあむ 3190みゅーじあむ
    初期の頃は、ピーナツの仲間というより「チャーリーんちの犬…」な感(笑)。

5パターンのスヌーピーが待ってますよ!
  3194みゅーじあむ 3195みゅーじあむ
   「え?6個あるじゃん!」ではなく、これだけ角度を変えて二つ。
   なんかね、右画像の矢印の彼女、このグラサンスヌーピーの
   ポーズと表情をマネしてたみたいで。(PCに落として気づいた・笑)
   すんごいかわいらしく…お顔をお見せできないのがとても残念(^^ゞ。
********************************************************************
駆け足でご紹介してきましたが。

こちらのミュージアムは9月24日をもって閉館。
最寄駅が六本木でありながら、「こんなに閑静な場所が!」と驚くくらい
抜群の立地に所在。お別れは残念ですが…。

なんと!2019年秋、町田への移転がきまったようですね!
アウトレットでお馴染み「グランベリーモール」がリニューアル!
その施設内でオープンするようです。

あのエリアも…なかなかいいかもしれませんね。
今度はお車での来館者も見込んでなのかなぁ…なんて。
(ただ。16号線すっごく混みそうだが…。←うち、渋滞に巻き込まれがちエリア^^ゞ)
  3196みゅーじあむ
      今回のおみやはポストカードのみ。(笑)

ひとまずは。
楽しい空間と時間をありがとうございました!
  3197みゅーじあむ
    この子ってば。ごはんのお皿、かぶってらぁー!(@カフェ)。

♪ぱんだ・ぱぱんだ・こぱんだ♪後編。

ってなわけで(笑)。上野動物園・後編です。
ひとつ前記事、前編をお読みいただいてからのおつきあいを…ぜひ!(。-人-。)

持て余すか…と案じていた待ち時間も、過ぎてみればさにあらず…。
お待ちかねのシャンシャンしゃんタイムが近づいてまいりました!
 2423しゃん
   モザイク状のかわいいレリーフが期待を高鳴らせます。

♪わくわく、ワクワク~♪
    2424しゃん 2425しゃん
    2427しゃん 2426しゃん
当然のことながら、観覧時間に集合した人が一斉に見ることはできず…。
なので。約30人くらいを(?たぶん)1グループとし、30秒ごとに間隔をあけて
集団が進んでいく方式です。(←これが、素晴らしい!)

ガイドさんは1グループにつき、おひとりずつ。
グループ内の人が先行しないように、バリケードさながらの長い棒を持ち
アテンドしてくださいます。(←これまた素晴らしい!)
       2428しゃん
        よおこそっ!!熱烈歓迎っっ!!

ガイドさんが軽い注意喚起のあと、
「きょう………起きてますよ、シャンシャン!」
なんとも煽情的な前置きがあり(↑「きょう」のあとに溜めがあった!間違いなく!笑)
いよいよ、いよいよ…

…と。
あれれ…???
ガラスの前まで来たのに、いないよ???

と、見回しておりましたら…。
 2429しゃん 2430しゃん
  キターーーー(≧▽≦)ーーーー♪(←古い^^ゞ)

なんとも「じらし上手」なこの母娘っっ!!(笑)
お部屋のすみっこから、どんどん近づいてくるではないですかっ!!

そして。パドックのごとく、お部屋を周回し…(笑)。
 2431しゃん2432しゃん
   二つのモコモコが動いている~!!

ママにぴったりついていくのです…。
2433しゃん2444しゃん

え?おしりばっかじゃん!…と???(^^ゞ
ならば、お顔の方なぞも…。
 2454しゃん 2455しゃん
   うひゃ~!かわいいーー!(なので。サイズを変えて同じものを…笑)
   ちょっとWWFのマーク的なアングルですね。
    389ぱんはが ←コレな!

以下、言葉少なに…。一挙に投下っっ!!(笑)
2445しゃん 2446しゃん

2448しゃん 2449しゃん

2450しゃん 2452しゃん

   2453しゃん

   2451しゃん
    はぁ~ん…。萌え苦しいっっっ~~~

とにかくこの日は活発で、2分の観覧時間もあっという間。
以前のようなピンクの毛並みは卒業してたけど、短い手足に機敏な動き、
そして、ママにとことんついていくさまは赤ちゃんそのもの。

絶好のタイミングで会いに行けた幸運に感謝です。
      2457しゃん
       シャンシャンしゃん、謝謝!達者でなぁ~♪

短すぎる逢瀬(笑)のあとは、不忍池方面の「西園」側に…。
   2459しゃん
    乗りませんでしたが、東と西をつなぐモノレールも行列でした。
    待ってる間に歩いて着いちゃう距離なんですけどねー、。
    (↑この素朴さの前で、いうのはヤボですね・笑)

西園は動物園ではおなじみの仲間たちが…。
 2461しゃん 2460しゃん
  このかたがたもブラック&ホワイト…(笑)。

 2463しゃん 2462しゃん
   キリン越しにタワマンが見える…(^^ゞ。
   ってことは!お住まいの方は園内が見えちゃうのかしら???

全エリア満喫し、満足満足っっ!!
駅へ向かう途中、大好きなみはしにお立ち寄り…(笑)。
 2465しゃん 2466しゃん
   本店にきたのは初めてでした…。

母も気に入ってくれたようです。(早く出てくるしね・笑)
2467しゃん 2469しゃん
 左は母が頼んだ。春限定。サクラのアイス…(だったよな?笑)
 わたしは安定のクリーム白玉をば…。
*********************************************************************
おかげさまで。とても楽しく、充実した一日でした。

なにより驚いたのが、想像以上に母が喜んで…。
そもそも、あまり動物が得意でないし。
最初、シャンシャン見に行く提案すら断られるかな…と思ってたくらいで(^^ゞ。

しかし。
我が家に滞在中、さっそくプリントした写真をちょくちょく取り出し…。
「何度見ても、飽きないねぇ~!かわいいー!かわいいー!」と。
また、帰宅後の電話でもいまだ「あの時に見られてほんとによかったー!」と繰り返し…。
お誘いした甲斐がありました!

そして。わたしもまた。
シャンシャンが生まれた時には、まさか会えるとは思っていなかったのです、実は。
観覧開始当初は抽選だったし、まったく当たる気もせず(^^ゞ。

まさに眼福なりき!生きててよかったです!(←おおげさ!笑)

 ☆おまけ(←まだあるのかいっ!)☆
    ここまででUPしたシャンシャンの画像は、ブログ仕様に
    不要なところをかなり切り落としております。
    時間は短いし、人は多いし…で、とりあえず連写してたんでね(笑)。

    以下3件、残念写真選手権!(^^ゞ
         2470しゃん
      他人のスマホ。…というよりスマホケース(カード入れ側・笑)。
      ガッツリ「nanacoカード」が見て取れます(^^ゞ。

        2480しゃん
      実のところ。トリミング無しでは、こんな写真ばっか!(笑)

       2481しゃん
      ボケボケなのが逆に躍動感を覚える(←そうか?笑)

前後編に渡っての長文に、お付き合いありがとうございました! 
    2447しゃん
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR