「夕がたの朝日」から…。

経済紙から一般紙に鞍替えし早2年ですが(変えた経緯はコチラに・笑)
改めて、変えておいてよかった!!
「オリンピックで金」クラスのビッグニュースが、
一面トップにこない新聞は、やっぱり読む気力が起きなくて…。
(↑にっけー批判でなく、あくまでも主観です!^^ゞ)

朝日は連載コラムも面白いモノが多く、ことに夕刊は充実してるな…と。
中でも。金曜連載の「私の描くグッとムービー」が毎週、楽しみで。
タイトルでうかがえる通り、著名人がお気に入りの映画を
ご自身のイラストとともに紹介するコラムなのですが…。

先日は、このかたでした。
        2768せつ
     キャプション読む前に、どなたのイラストかすぐわかった~!!

      2769せつ
       田村セツコセンセイだぁ~~っ!!
       (ご紹介の映画は「女は女である」という作品でした)

名前はご存知なくても、画風には見覚えがあるかたもいらっしゃるのでは。
ご本人は作風が系統的に近い、水森亜土さん世代の女性。
(亜土タンを知らないという方はここではおいてきます・笑)
自分の母親よりも年上…ということに軽く驚いてしまったのですが(^^ゞ、
コラムイラストでも垣間見える通り、いつまでも少女のココロを持ち合わせた
ラブリーな作家さんです。

少し前、ブロ友さんのところで「SUTEKI!展」という催事の記事を拝見しましたが、
そこで販売されたセツコ先生イラストのマステも、まぁかわゆくて。
モチーフが黒柳徹子さんとパンダなんですよ~!!
(徹子さんがらみのイベントだった模様…←ざっくりすぎな説明!笑)
ブレない作風に感心して間もなくでの、このコラム!
コアなファンならずとも、なんだか嬉しくなってしまいました。
(詳しい「SUTEKI!展」の様子とマステは、ネルネルネコさんのコチラにて!)

せっかくなので、当方が所有してるポストカードいくつか。(再掲載あり)
        2770せつ
       「リボンをつけた女子」は多くの作品に見られます。
       セツコ先生のアイコンと言っても差支えないのでは…。

ほら、ほら!
2772せつ 2771せつ
  …って、右は違ったわね(^^ゞ。

もちろんこれらは、当時モノではなくって復刻版カード。
弥生美術館から発売されたものですが、弥生で買ったのでなく、
昭和少女画の巨匠「松本かつぢ」先生のギャラリーで購入したような???
記憶が定かじゃない…(たぶん10年近く昔…^^ゞ)。

かつぢ先生に師事されてたことにも、すごく驚いたんですよね。
2773せつ 2774せつ
 ギャラリーに訪問した当時すでに絶版になってた作品集を購入。(左側)
 こちらに出会いとデビューの経緯をセツコ先生が寄稿されてて…。
 当時は少女雑誌に作家さんの連絡先が掲載されていたらしく(!)
 ご本人同士、直接ハガキのやりとりからのコンタクトだったとか。
 今の時代なら出版社を通してでも、難しい話かと…、
 鷹揚な時代に驚くとともに、松本先生の懐の深さにも感嘆してしまいました。

時を経て、かつてほど量産されてないかもしれませんが、今もなお、
本の装丁や雑誌のカット、作品展のお知らせなど目にする機会があります。
あ、そうそう!お若いジェネ…いやいやキッズでも、
現在もコンスタントに作品を見られる媒体があるのです。
        2775せつ
       サンリオの月刊誌「いちご新聞」。
       こちらは「記念買い(笑)」40周年記念号ですが(2年前)、
       現在もイラスト付きのエッセイ、連載中のようです。
       (なんと!いちご新聞創刊号からの連載なんだって!)

部分拡大してみましょう♪
  2776せつ
    ね!?おリボンはマストでしょ?(笑)

左側はご自身のイメージかと…
       2778せつ
       「HAPPYおばさん」とご自身を表されてます。

イラストに添えられた文字もかわいいんですよ。
カナと漢字のバランスにリズムを感ずるというのか…。
2779せつ 2777せつ
しかしながら…。文の端々に「やはり大御所世代」と感ずるのは禁じえず(^^ゞ。
「すてき!」「なんです!」

文末にカタカナ「ネ」「ヨ」「ナ」…を多用されるのは
やはりそれなりなお年の人…といった印象…(^^ゞ。
ウチの母親もよく使う技法(笑)…というのもあるかもしれません。
余談ですが、「気を付けて!」「届いた!」
この手のメール文が母から届くと「そこだけカタカナ変換するほうが面倒じゃ?」と
心の中でツッコんでしまう…。(←鬼娘!^^ゞ)
とはいえ、「うちゎ~、こぉゆぅの…」的な若者SNSにも同様なことを感ずる(笑)…
「かな遣い」は世代が漏れるモノなのかもしれません。
(自分の世代もなんかしら漏れてるのだろう…←自分では気づかぬ・笑)。

話が逸れ過ぎました(^^ゞ。
ご自身のブログでも、意欲的なご活動が伝わってきます。
作品展も池袋で近々ある模様…。(たぶん販売用かと思われますが)。
たゆまぬ好奇心が原動力なんでしょうね。
かっこいい!!
とことん「かわいい」を突き詰めると、カッコイイっ!になるんだな…と。

これからもHAPPY増し増しな作品、よろしくお願いします♪
       2780せつ
     作品…ではなくって、ご本人です(もちろん右側!笑)
     ここでもやっぱ、おリボンは正義っっ!(*´▽`*)
     (余談ですがお若い頃の写真は、藤田ニコルちゃんみたいで超カワです❤)
スポンサーサイト

時空を超えて刺さるファンシー。

過去記事でもさらりと触れたことがありますが、
ここ数年のサンリオは、新キャラクターを続々発表するだけでなく
「昭和のお嬢さん世代(笑)」に訴求した
プロダクトにもチカラを入れてるのかなかな…という気がします。
70年代、80年代…一時期だけ活躍してたキャラ(←要は短命…)を
復活させたり…ね。

先日もショップの前を通ったら、「時空超え」を感ずるキャラクターが…。
  2533えすおーえす
    キティちゃんのおとなりの赤毛ガールは
    「ストロベリーショートケーキ」というのだそう…。(画像お借りしてます)
    この「ださカワ(←失礼!)」でフォークロアなテイスト!
    昭和な香り、漂いまくりです。(笑)
    
かつてのサンリオキャラの復刻?と思ったのですが
(さすがのわたしも存じ上げず…笑)
1980年アメリカで誕生したキャラクターとのこと。
意外と(?)有名なのかも?ファイヤーキングのマグもあるみたいだし…。

このたび
「どんなキャラともいっちょかみ」で名高い(?)キティ様とのコラボの運びに…(笑)。
上画像のポーチをはじめ、数々の商品がいちご畑のごとく
ショップ前面を占めてました。
この手のテイスト、訴求対象は…そんなにヤンジェネ(←死語!)じゃないと
思うのですが(たぶん)。
*******************************************************************
…と。
これを見て、実家から発掘したサンリオ物件を思い出したのです。
昭和50年代感バリバリだけど、サンリオとしては
ちょっと異色な感じなモノ…(笑)。
その品を手に入れた経緯とともに本日はご披露しようと思います。

では、さっそく(笑)。
   2535えすおーえす
      カントリーテイストの女の子が描かれたマグ。
      (キャラクターの名前も特にないようです。笑)

一見、学研から発売されてた「HOLLY  HOBBIE」シリーズ風でもあります。
(「HOLLY  HOBBIE」については以前こちらで、触れてます)
でも!間違いなくサンリオなんだな…(笑)
       2537えすおーえす
        サンリオの旧ロゴ!!字体とも大好きだっ!

わたしが買い求めたのではなく、いただきもの。
サンリオ製というのは失念してたけど、
いただいた経緯は忘れようにも忘れられなくって…(笑)。

同じ社宅にお住まいだった母のお友達からのプレゼント。
(便宜上、「おばさん」と当時の呼称で以下呼ばせていただきます・笑)
家族ぐるみで懇意にしていたこともあり、誕生日とかクリスマスとか
イベントごとにプレゼントをいただいていたのですが、
どうも?そのおばさん、「わたしが好みそうなモノ」というより
「ご自身が欲しいモノ」を毎回くださっていたような???(笑)

もらっといてナンだけど、当時のわたしは
それほど「うわ~ん!かーわーいーいー!」と手放しで喜べなかったんだよな…。
(失礼、言ってるのは重々承知です・笑)
すでにデビューしてたキキララやパティジミにくらべてシブめだし…(笑)
実用面で考えても、文具のようなもののほうが子供は嬉しいでしょ?
 2534えすおーえす 2536えすおーえす
   今見るとこのファンシー加減が心にささりまくり、
   今頃感謝の気持ちでいっぱいなのですが…(笑)。

本などもいっぱいいただいたけど、ぶっちゃけ、どれも「う~ん?」な
ラインナップばかり…。
忘れられないのが「細川ガラシャ夫人」の伝記!(^^ゞ
(読まずじまいで何をした人かもわかりませんでしたが
これを記すにあたり調べてみると細川護熙氏の祖先で
昨年の大河ドラマでは橋本マナミさんが演じたモヨウ…←大河も見てない!笑)
コドモがわくわく読むような本…とは正直言い難く…。

そして。
このマグにも…おばさんの思い入れがたっぷりあったようで。

まず同柄のモノをペアでいただいたんですよ。
前述の通り、わたしにとりさほどテンションがあがるプレゼントではなく…。
正直「なぁ~んだ!」くらいな感じ。(←重ね重ね、しつれぇ~~!!笑)

なのに!次のプレゼントの機会に、まったく同じマグをまた2個いただき…(^▽^;)。
「citron*ちゃんちは4人家族だから、これで揃ったわね!」と
おばさんがイチバン嬉しそう(笑)。
前回すでに「なぁ~んだ!」だったのに、また同じモノとは~~!!(◎_◎;)
一回目以上の「がっかり感」を覚えたのは言うまでもありません。
(↑しつれぇ極まりないけど、コドモに免じてお許しください・笑)

と、次のプレゼントのイベント(…というのもなんですが・笑)。
「マグは揃ったし、今回こそ!」と期待が高まるというもの。(バカ娘ですし・笑)

しーかーしー!
     2538えすおーえす
      とどめのシュガーポット!!(フタは破損したのか?残ってませんでした)

「そうきたかー!!」幼な心にあっけにとられました。(笑)
そんなバカ娘の心とはうらはらに、おばさんは
「いいでしょ?ね?ね!」オーラが出まくってたキオクがあります…(^▽^;)。
今でこそ、シリーズを少しづつ集めてコンプリートする心理はわかりますが
誕生日→クリスマス→次の誕生日…といったように
少なくとも一年はコレで推してきた!
子供にとっての「一年」はかなりの長期計画…。
でも。
体感時間が違うオトナにとっては意外と短期に感じていたのかもしれませんね。
オトナになりすぎたわたしには十二分に理解できます。
  2539えすおーえす
     ってなわけで、同柄の箱が5つ。(笑)
     字体もファンシーですごくかわいいのに、当時は
     よさがわかんなかったんだよ…。バカ!バカ!(笑)

子供の頃は、やはりわかりやすいかわいらしさに目が行きがち…。
既出の通り、カラフルでマットな色使いのキャラクターに惹かれていたわたしは
当時、このシリーズの良さが理解できなかったのだけど、
今となれば、シックでオトナっぽくそれこそ家族で使っても違和感は
なかったのかも。(友達が来た時くらいしか使わなかった^^ゞ)
おばさん、なかなかの目利きだな!
そして!自分の好みにブレず、うちの家族構成まで加味し、
プレゼントを選んでくださったおばさんの心意気に
時空を超えて感服してしまったわたしです。

贈り物選びはは、なるべくその人の嗜好に沿えるよう…心がけているつもりですが
時に自分の審美を信じ通す…というのも、思いがけず喜ばれるものを
プレゼントできるのかもしれませんね。

(と!いいつつ、ガラシャ夫人の伝記は今、残っててもきっと読まないと思います…←クズ!笑)    

元・アライさん。

やっ~と、36℃平熱ラインが24時間持続した~!!(注・前記事参照・笑)
ああ長かった…。やむなく「感染48時間の壁」を超えてから病院にいったため
投薬もほぼ焼け石に水…(^^ゞ。
カラダの中でウイルスとポンコツ細胞が激アツな戦いを繰り広げてるのを
いやっ!ちゅうほど感じました。(笑)
生まれてこのかた、こんなのは初めてだったかもしれません…。
(そもそも、最後にインフルエンザにかかった記憶が定かでなし…)

連日連夜のすっぴん&めがね(…ボサ髪のおまけつき・笑)から解放され
今朝から日常モードに戻りました。
(つか、化粧&コンタクト装着しないとレギュラーモードになれない…不器用なわたし…^^ゞ)
ああ!平熱って素晴らしいっっ!!(笑)
*****************************************************************
病み上がり決死隊につき、本日は以前、保留にしておいたネタで…。(笑)
ちょうどタイムリーなものがありましたので。

不定期にピックアップしてる
「週刊明星・最終号(1991年・年末発行)」の記事より…。
       2524あらい
        結婚直前の松任谷正隆氏とユーミン。
        (「ベタベタショット」…ってコピーがどうよ?笑)。
        
今日1月19日はユーミンのお誕生日…とのことですので。
満を持してのご披露!
(ほんと言うと「いい夫婦の日(11月22日)」にUPしそびれた・笑)
昭和51年=1976年=ユーミン22歳だそうです!
(本日でおいくつになったかは…はい!おのおの計算したまえっ!笑)

お二人のリア充ぶりをアップにしちゃうよ(笑)!
      2525あらい
       この頃の22歳ってオトナっぽいね!
       余談ですが、脚本家の大宮エリー氏が
       ユーミンに激似!…と思っているのは
       わたしだけじゃない!となかば確信しておりますが(笑)
       若い頃はさらに似てるな~!驚いたっ!
       (知らないかたはおのおの検索したまえっ!←丸投げ連投!(笑))

キャプションも拡大だっ!
    2526あらい
      「ベタベタ」に続き「アツアツツーショット」…て(^▽^;)。
      雑誌発行時の90年代前半は「ラブラブ」…って
      あんまり使われてなかったのかもねー。    
********************************************************************
今日は宇多田ヒカルさんもバースデイのようですね。
ユーミン&ヒッキー。(←ノブ&フッキーみたいにゆうな!)
占いに疎いわたしでも、なんだかものすごい星周りを感ずる…。
しかしながら、年に何回か各界のトップランナーのバースデイが
密集する日ってあるんですよね…。
知りたい方はおのおの…(って、もうええっちゅうのっ!笑)

病み上がり(仮)状態につき、やっつけな上
傍若無人なモノ言いな文面にも関わらず(←オカド違いないいわけ^^ゞ)
おつきあいありがとうございました。
完全復活まで、しばしお待ちください(笑)。

かみもん。

「今月は今年の画像を出来うる限りUP!」と
月初に書いておきながら(小声気味とはいえ…笑)、
気がつきゃ師走も後半戦!そして通常ペース!

文章ガッツリ記事は少なめになりそうですが、
やれるだけ挽回してみたくさふらふです(笑)。

今日16日は「紙の記念日」なんですね。
今年もポストカードやフォルムカード、ちょこちょこ増やしていたのですが、
思いがけず嬉しかったモノ2つ。
     2479かみもん
       買い求めたモノではなく、実家から。
       幼稚園で母宛に書いた「母の日カード」。
       定例記事にしてる「幼稚園出欠帳」と
       一緒に送られてきました。
       (それを送り主に戻すのはどうよ?ってのはさておき・笑)
       
見えづらいけど、カード下部に
「父と母を敬え」(マタイー15・4)の記述が。
最初に通ってた園が、たまたまキリスト教系だったため…かと。
この園ではお弁当の前、お祈りが慣習だったのですが
おうちでもご飯の前お祈りしてたんですよ、このわたしが!(笑)。
熱があって「今日はもうお祈りはいいよ!」と
母に諭されても厳守してて…。
しかーし!公立に転園したと同時にぱたりとやめてしまった(^▽^;)。
われながら、場当たり的な信仰心ですねー!(笑)
思い起こすと、最初の園と公立ではクリスマスにかける熱量も
かなり違っていたような気がします。
(園児の「サンタさん信じる率」も歴然と差がありました^^ゞ)

もひとつ同封されてたもの。
今度は両親からわたしへの誕生日カード…まずは見開き状態から。
   2480かみもん
       粒が揃ってめちゃかわいい文字だな…と
       思ったら、本文は印字されたものでした(笑)。
       「〇〇ちゃん」と「パパとママ」が直筆…(^^ゞ。
       今じゃまったくもって信じられないけど
       「パパママ呼び」してた時代があったんだよなー、
       このわたしが!(←2回目!笑) 

そして!カードの表面がともかくかわゆくって…。
         2481かみもん
           まったくキオクになかったけど、
           よくとっておいてくれたね~!! 
           一枚目のカードの一文が(聖書なのかな?)
           身にしみます。
           
立体的なエンボスが施してあり、もしや?と思ったら
やっぱりの「ホールマーク」製でした。
あのエンボス加工は、この時代からお家芸だったのですね~(笑)。
カラコピしフレームに入れ、玄関に飾ってます。(現物は保管)
***********************************************************
やっつけ感満載になってしまいましたが(笑)
久々紙モン&レトロ&記念日ネタ…同時消化でお届けしました!
おそまつさま!←いつもだろ!
(しばらくは、こんな感じかも?笑)

まぼろしになる前に…。

どことなくポエミィなタイトルをつけてしまいましたが(笑)
前記事から引き続き、「酉の市@練馬」のキロクをもひとつ…。

前回もさらりと触れた通り、今年大鳥神社に出向くのは
半ば使命感にかられる感じでした(笑)。
いくつかの理由が重なったこともあり…。

まず、ただ単純に来る年が「酉年」ということ…(←ベタ!笑)。
熊手等、近年、日本の伝統的なモノや民芸品にひかれるようになり
その流れで(?)酉の市を見てみたくなったのも、またひとつ。

そして、もう一個。
直接「酉の市」にはカンケイないのだけれど…
「練馬大鳥神社」にこだわった最大の理由(笑)。
*****************************************************************
子供のころ、お祭りや縁日でよく見かけた
プラスチックのおままごとを売る屋台が大好きで…。
一式セット状態でなく、ツールごとに区分けされ個別で販売してた屋台…
ご記憶にあるかたもいらっしゃるかな?
いろとりどり豊富なツールがこまごまと並ぶさまは、
少女時代のわたしにとり、「高揚感」「ときめき」にあまりあるものでした(笑)。

「今でもあるのだろうか?」と検索したところ、少数ながら現存してるらしい…。
しかし!数年前に最後の問屋さんが廃業し、在庫なくなり次第、
屋台出店もなくなる…との情報が!!

昨年、存在の確認された(笑)「練馬酉の市」でのレポを読んだところ
お店のかたが「もう今回限りかも」…とおっしゃったとか。
そうは問屋が卸せない」は「問屋」ありきのこと!(笑)
もう思い出の中だけのものになってしまったのかな…と
なかばあきらめていたところ…。

SNSの情報にて、11日「一の酉」に今年も出てたとの
超・超・超・有力情報が!
関東では近年、こちらの目撃情報がイチバン多かったため、
事前に情報得ずともダメモトで行こうと思っていたのですが(←モノズキ!笑)、
肩を落とすことはとりあえずなさそう…。期待度ねりまックスです!(←もうええわ!笑)

B-1グルメだのケバブだの(笑)、新参メニューの屋台もたくさん進出してる中
昔ながらのたたずまいで、そのお店はありました!
   2453ねり
     きゃああ~!!(失神・笑)
     これ、これ、コレ~~~!!です!
     「ママゴトセンター」って名前がまたいいじゃないすか!
     (ところにより「よいこのままごと」って名前も…)
 
       2454ねり
  こまごまと分けられたツールを好きなモノ、好きな分だけ…(しかも安価!)
  そう!このキッチュなピンクや赤が、トキメキ着火の火種なのです(笑)。

2455ねり 2456ねり
 「ママゴトセンター」に出向かれた方のレポを目にすると
 「。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」「。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!」的な
 「感涙」の顔文字が多く見受けられるんですよね。わかるぅ!わかるぅぅぅ~!(笑)
 過ごした場所や時代は違えども、「幸せで大切な思い出」は共通ですもんっっ!!
 わたしもついにその機を得ることができました!・゚・(ノД`;)・゚・(←ここはやっぱり!笑)

時代につれアイテムも多様化したと見え、
わたしの子供の頃になかったツールや食品ままごともあったけど(笑)、
欲しいものを丸いプラスチックカゴにいれるスタイルは昔と同じ(*´▽`*)。
ruru*さんをお待たせさせて、しばしBBAは道楽に没頭させていただきました。(笑)
(↑ありがとね!)

お持ち帰り方法も変わらず!で、泣ける!!(;д;)
       2459ねり
         金魚すくいのお持ち帰りよろしく、ビニール袋に!
         帰途の道々、チラチラ見てはニヤける図式もあの頃のまま!(笑)

手際よい店主さんの硬い結び目は熟練の技(笑)!軽く持ち手になってます。
2461ねり 2460ねり
  「ママゴトセンター」で検索すると、この店主さんの画像、
  かなりの割合で出てきます
  モザイクいれる必要もないくらい…(ま、うちは一応いれとくね!)。

さて。これよりジコマン自慢のお時間です(笑)。
   2462ねり
     昭和感たっぷりなチューリップのかわいいお急須。
     購入品の中でイチバン、お気に入りかな(笑)。
     ポットや魔法瓶等、お茶にまつわるものは何かしらおさめたく…。

フタに空気孔があったり、チープながらも意外と細かい…。
      2463ねり

色やサイズ感がいちいちかわいい…(笑)。
2466ねり 2464ねり
  こんなものまで???なおろし金は80円(笑)。
  屋台に並べられた商品の総量は、意外と多い印象だったけど、
  やっぱり在庫の終わってしまったアイテムは相当ありそう…。
  (10年くらい前の画像と見比べますと)
  フライ返しやレードル(ここはお玉というべき?笑)といった
  かつての定番商品は見当たらず…。
  でも!それは求めすぎというもの!再会できただけで御の字だっ!

       2465ねり
       スイーツの購入はこれだけ(笑)。
       やっぱりツールに思い入れがあるのよね…わたしは!

ご購入キャスト、勢ぞろい(笑)。
    2468ねり
      店主さん、計算がてらの袋詰の際にかなりおまけを
      いれてくださいました(食べ物系はほとんどおまけ!)
      端数も切り捨て、太っ腹!でしめて1,200円!
      (他の方のレポ読むと、5,000円くらい購入はザラのようです・笑)。
      スイーツ系をたくさん買っちゃうと値段が跳ね上がるようです。
      (でも!それまた嬉しそうなんだよなぁ~^^)
******************************************************************
ふとしたことから、「ママゴトセンター」を調べ始め一年ほど(だと思う・笑)。
驚いたのはわたし同様、その存在を懐かしみ一縷の情報を手掛かりに
消息を追ってる人が決して少なくないこと…。
遠方からはるばる出向かれてるかたもいらっしゃり、
今回も「これだけのために」九州から上京された…レポも見かけ。

どのかたのレポを読んでも、その思い入れにジーンときます。
あたたかで幸せな思い出のともしびが消えかけてる…と
聞きつければ、あるうちに見ておきたいと思うのは道理。
「寝台特急」廃止や老舗百貨店の閉店を惜しみ、参じるのと
なんら変わらないと思うのよね…。(規模は違えども)

今回で完売したかどうかは定かでないけど、
そう遠くない未来には…やっぱり?なのかな。

わたしにとって「ママゴトセンター」は生まれ故郷「平塚たなばた」の思い出。
そして亡き父との思い出でもあります。
(比較的、家族揃って出かける方でしたが、母がお祭りだけはなぜか?NGだったので・笑)
そんなこともあり、この機を逃したくなかったんだな…。

もう一度、再会でき心から感激しました。
大鳥さま!年が明ける前にご利益、ありがとうございました!
   2467ねり
       上から見たの図(笑)

☆おまけ・その1☆
  帰りのお茶タイムでは、購入品のサブリミナル効果(笑)
       2469ねり
        はからずも昭和な「盛り感」(笑)。

☆おまけ・その2☆
  屋台の画像をトリミングしてたらば…。
       2470ねり
       おもむろに、店主お姉さんの「いっぷくセット」が!!
       カモフラ柄のシャツ&黒ジャージコーデ込みで男ットコ前!!
       しびれる~~~!!

長尺な記事、ここまでおつきあいくださりありがとうございました♪
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
「レトロ」とうたったブログながら、
紙モノネタ(ポスカ、マステ等)と
街ぶらばなしが、近頃多め(笑)。

ま、ともあれ。
あくまでも自分の「ものさし」で。

昭和スピリッツを感ずるもの
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東京都」とは名ばかりの(笑)
のどけき場所よりお届けしてます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR