FC2ブログ

久々!忘れた頃にサンリオネタ(笑)。

数年前の記事を遡ってみたら、8月10日はサンリオの創業日との記述が。(コチラ)
すっかり失念しておりました(笑)。
中途半端な周年のせいか?当日も話題になってなかったようですし。

でも。来年は年明け早い段階から、なにかと意識させられるかもしれませんね。
ファンはもちろん、そうでないかたも。
2020年、晴れて創業60周年を迎えるようなので。
字面にしろ語呂にしろ、この上ないキリ番年号に還暦とはーーー!!
サンリオさん、持ってるなー!(笑)
各所でアニバーサリーイヤーの展開、しないはずないよね、きっと。
レトロキャラ、地味に復活しないかな(笑)。ちょっと楽しみです。
************************************************************************
創業日に便乗して(3日も過ぎたけど^^ゞ)、春頃に購入した本なぞ。
   3687ぷれ
     『'70s & '80s サンリオのデザイン』
     デザイン書や美術書を数多く出版している「グラフィック社」さんの編集です。

タイトルの通り、1970年代~1980年代にサンリオが生み出したキャラクターと商品を
余すことなく掲載。
当時をサンリオと過ごしてきた世代には、文句なく楽しめる一冊です。

この手のサンリオアーカイブス的な書籍はこれまでも発行されましたが。
比にならぬほどの掲載数に圧倒されます。(その数、約2,500点!!!)
     3688ぷれ
         たとえば。数年前に購入した「Sanrio Days」。

比べてみればこの通り。
  3689ぷれ
     圧巻です(笑)。
    
さらに。秀逸なのが。
リリースされたプロダクトが、1年1年…発売年ごとに紹介されていること。
これはなかなか画期的!!
本書の中には、かねて自分がもっていた製品もたくさん掲載されてましたが、
発売年から「ああ、コレを使ってたのは小5の時だったのか!」とか、
照らし合わせて読めちゃうわけです。
(もちろん、平成以前に生まれた世代のみのお楽しみだけど・笑)
キャラクターごとのカテゴライズというのが、この類の本の定石(?)と
なっていた気がしますが、一年ごとというのは素晴らしい着眼点です!!
      3690ぷれ
      自分が持ってなかったものでも、キオクに残ってるものたくさん!
      このページのものもほとんど覚えてるなぁ…(笑)。
      イチバンハマっていた頃はショップの中をくまなくチェック、
      何周もぐるぐるしてたからね(^^ゞ。

かやふに。どこを開いても、わたしにとっては求心力ありまくりな一冊でしたが。
なかでも、「きゃぁ~~」となったページ。
  3693ぷれ
   ショップのおまけ!!
   この見開きだけでなく、あと数ページ分掲載されてるんだよおおー!(←落ち着け)

サンリオのショップを利用されたことがある方には説明不要ですが、
お買い物をすると、必ずつけてくれるんですよね。(現在も継承・笑)
どれもチャーム状のもの。ヒモを包装紙にシールで止めて。(ワクワク!)
本書の中に「多い時は月3、4種作られていた」…という記述がありましたが、
個人的にはもっとあったような印象がある。
同じものをもらったり、友達とカブった…ということがなかったので。(たぶん)
グッズのように「狙って」ではなく、何をいただけるかは当日のお楽しみというのが
ショッピング プラス ワン!のトキメキを与えてもらいました。
どれをもらっても嬉しかった。ハズレなし!!

このページに感化され(?)、わたしも現存する所有物を並べてみました(^^ゞ。
 3694ぷれ
   世代的にシナモンちゃんやプリンちゃんはいませぬ!(^^ゞ

そして。この本より教えてもらったことがひとつ。
便宜上(?)「おまけ」と呼んでいたコレらのもの。
正式名称は「プレミアム」というらしいです。
驚くことに。1975年に誕生した当初からこの名称だったとのこと。(!!)
「この国の人はプレミアムが好きらしい(ニュアンス)」…なんてCMがあったけど
カジュアルに使われるようになったのは、そんな昔ではないですよね。
(少なくとも21世紀に入ってからでは?)
時代を何歩もサキドリしとる!!すごいぞ、サンリオ!!!
 3695ぷれ3696ぷれ
 3697ぷれ3698ぷれ
  おまけにもかかわらず、フタやトビラがちゃんと開くように作られてるんだよね。
  うむ、プレミアムの名に恥じぬ!!(笑)。
*********************************************************************
本書の中はプロダクトのみならず。
「いちご新聞」や映像作品、さらには当時のショップの外観やディスプレイ等々
余すことなく一冊に詰め込まれています。

定価2,200円。(税別・笑)。
個人的には「このお値段で、いいんですか?」という充実ぶり(笑)。
ボリュームはもちろん、図鑑のようなレイアウトも申し分ないです。

来るべき60周年に向けて、ご興味あるかたはぜひ!!(なーんて!)
スポンサーサイト



はじめの一歩。

同じ30年間でも。

昭和30年から昭和60年の30年間。
いや、もっとまえの昭和元年からの昭和30年の30年間などと比べれば。
平成の30年間はそれほどの変化はないのかもしれません。
(自分自身がまるまる平成に身を置いたから、そう感じるのかもしれませんが^^ゞ)。

でも。
いま、平成元年当時のライフスタイルで過ごせ…といわれたら。
かなり難儀だろうなぁ…。
いくら衣食住に事足りていても、ネットやモバイルのない生活は
アナログ嗜好のわたしとて、いまや難しい。
たった一日、スマホを忘れて外出しただけでも、心許なくなるし…。
自分がケータイを持つ日がくるとは、しかも、通話でなく文字だけで
やりとりする日がくるとは…30年前には想像だにしなかったよ…。
*****************************************************************
このところの「平成振り返り特番」で懐かしいもの、たくさん拝見しました。
わたしも便乗して平成遺産を…と(笑)。
  3604えくし
    わたしのメール初号機。
    (ゾウさんのステッカーは自分で貼った^^ゞ)

「エクシーレ」というモバイルツール。
ドコモから1999年に発売されました。
  3605えくし
      旧ロゴも懐かしや…(笑)。

ドコモにはケータイに接続して使う「ポケットボード」という携帯情報端末が
ありましたが、こちらはポケボに通信機能が付いたもの…といった感じです。
(とはいえ、通話はできません!笑)
       3606えくし
           アンテナも懐かしや…(笑)。

PCと同じ配列だから、すごく使いやすかったんですけどね。
文字数制限も気にしなくってよかったし…。
(当時のケータイは、あまり長文、送れなかったですよね・笑)
メールデビューには充分ではありましたが、いかんせんマイノリティツール(^^ゞ。
ドコモさん、交換用の部品もあまり作ってなかったようで、
バッテリーが消耗した時点でやめました。(笑)
******************************************************************
あらら、オワコン披露してたら令和まで二時間切っちゃったよ!
駆け込みで平成メール回顧録でした(笑)。

あいのテーマ。

本日はFC2ユーザーさんにはおなじみの画像より…(笑)。
  3107やん
    見ての通りブログの管理画面。環境設定のページですね。

ユーザーさんにはご説明するまでもないですが、
矢印部分、モザイクをかけている箇所は広告が入ります。
当方にとり有益なアドは、正直これまでまーったく無かった…と
断言できるのですが(すまん!笑)。
しかし、それら以上に「なぜ?これをわたしに?」という広告が
最近表示されるようになり…。
3109やん 3108やん
  みなさまのところは、いかがですか?(^^ゞ

しかし。興味本位で、クリックしちゃったのは確か…(笑)。
特攻服は刺繍等で手がかかっているので、意外と高価だとは
知っておりましたが…(成人式の報道などで…)。
高い!買えるわけないっ!…ってそこじゃないっ!!(笑)
なぜ、わたくしめにかようなモノをプレゼンしてくるのでしょおか?

というか。
ブログ媒体に広告出稿するのがそもそもどうなのか?という気も…(^^ゞ。
その手のモノを必要とする人が、ブログを綴る…というのが想像つかないし。
偏見ですか?…ねぇ(笑)。
******************************************************************
♪ぱぱらぱらりらぱらりらら~…と。
「ゴッドファーザー」のミュージックホーンをぶっぱなし
危険走行を繰り返す団体も(←遠回し表現!笑)、今や昔。
(北関東とか…まだいらっしゃるのかな?←これまた偏見?)
しかしながら。この手の服は21世紀の今なお、需要があるんですね。
広告のうたい文句よろしくライブの参戦服…ってのもあるのかな?

実家に眠ってた下敷き。(処分前に撮っておいた画像)
    3110やん
      趣味わるぅぅ~~!!(^^ゞなんでこんなの買ったんだろ?
      ヤンキー指数ゼロ!のわたしとしたことが!!

今でこそおしゃれアイテムとしての需要もあるジャージですが
当時は「スポーツする人」か「ヤンキー」。二択の時代でした(^^ゞ。
   3111やん
     見れば見るほど…(みなまでいわない・笑)。

それはそうと。
「ゴッドファーザー・愛のテーマ」と言えばさー。
電話の保留音にしてるかたがいらっしゃるとはねー!(^^ゞ
(昨今の報道より・笑)

「夕がたの朝日」から…。

経済紙から一般紙に鞍替えし早2年ですが(変えた経緯はコチラに・笑)
改めて、変えておいてよかった!!
「オリンピックで金」クラスのビッグニュースが、
一面トップにこない新聞は、やっぱり読む気力が起きなくて…。
(↑にっけー批判でなく、あくまでも主観です!^^ゞ)

朝日は連載コラムも面白いモノが多く、ことに夕刊は充実してるな…と。
中でも。金曜連載の「私の描くグッとムービー」が毎週、楽しみで。
タイトルでうかがえる通り、著名人がお気に入りの映画を
ご自身のイラストとともに紹介するコラムなのですが…。

先日は、このかたでした。
        2768せつ
     キャプション読む前に、どなたのイラストかすぐわかった~!!

      2769せつ
       田村セツコセンセイだぁ~~っ!!
       (ご紹介の映画は「女は女である」という作品でした)

名前はご存知なくても、画風には見覚えがあるかたもいらっしゃるのでは。
ご本人は作風が系統的に近い、水森亜土さん世代の女性。
(亜土タンを知らないという方はここではおいてきます・笑)
自分の母親よりも年上…ということに軽く驚いてしまったのですが(^^ゞ、
コラムイラストでも垣間見える通り、いつまでも少女のココロを持ち合わせた
ラブリーな作家さんです。

少し前、ブロ友さんのところで「SUTEKI!展」という催事の記事を拝見しましたが、
そこで販売されたセツコ先生イラストのマステも、まぁかわゆくて。
モチーフが黒柳徹子さんとパンダなんですよ~!!
(徹子さんがらみのイベントだった模様…←ざっくりすぎな説明!笑)
ブレない作風に感心して間もなくでの、このコラム!
コアなファンならずとも、なんだか嬉しくなってしまいました。
(詳しい「SUTEKI!展」の様子とマステは、ネルネルネコさんのコチラにて!)

せっかくなので、当方が所有してるポストカードいくつか。(再掲載あり)
        2770せつ
       「リボンをつけた女子」は多くの作品に見られます。
       セツコ先生のアイコンと言っても差支えないのでは…。

ほら、ほら!
2772せつ 2771せつ
  …って、右は違ったわね(^^ゞ。

もちろんこれらは、当時モノではなくって復刻版カード。
弥生美術館から発売されたものですが、弥生で買ったのでなく、
昭和少女画の巨匠「松本かつぢ」先生のギャラリーで購入したような???
記憶が定かじゃない…(たぶん10年近く昔…^^ゞ)。

かつぢ先生に師事されてたことにも、すごく驚いたんですよね。
2773せつ 2774せつ
 ギャラリーに訪問した当時すでに絶版になってた作品集を購入。(左側)
 こちらに出会いとデビューの経緯をセツコ先生が寄稿されてて…。
 当時は少女雑誌に作家さんの連絡先が掲載されていたらしく(!)
 ご本人同士、直接ハガキのやりとりからのコンタクトだったとか。
 今の時代なら出版社を通してでも、難しい話かと…、
 鷹揚な時代に驚くとともに、松本先生の懐の深さにも感嘆してしまいました。

時を経て、かつてほど量産されてないかもしれませんが、今もなお、
本の装丁や雑誌のカット、作品展のお知らせなど目にする機会があります。
あ、そうそう!お若いジェネ…いやいやキッズでも、
現在もコンスタントに作品を見られる媒体があるのです。
        2775せつ
       サンリオの月刊誌「いちご新聞」。
       こちらは「記念買い(笑)」40周年記念号ですが(2年前)、
       現在もイラスト付きのエッセイ、連載中のようです。
       (なんと!いちご新聞創刊号からの連載なんだって!)

部分拡大してみましょう♪
  2776せつ
    ね!?おリボンはマストでしょ?(笑)

左側はご自身のイメージかと…
       2778せつ
       「HAPPYおばさん」とご自身を表されてます。

イラストに添えられた文字もかわいいんですよ。
カナと漢字のバランスにリズムを感ずるというのか…。
2779せつ 2777せつ
しかしながら…。文の端々に「やはり大御所世代」と感ずるのは禁じえず(^^ゞ。
「すてき!」「なんです!」

文末にカタカナ「ネ」「ヨ」「ナ」…を多用されるのは
やはりそれなりなお年の人…といった印象…(^^ゞ。
ウチの母親もよく使う技法(笑)…というのもあるかもしれません。
余談ですが、「気を付けて!」「届いた!」
この手のメール文が母から届くと「そこだけカタカナ変換するほうが面倒じゃ?」と
心の中でツッコんでしまう…。(←鬼娘!^^ゞ)
とはいえ、「うちゎ~、こぉゆぅの…」的な若者SNSにも同様なことを感ずる(笑)…
「かな遣い」は世代が漏れるモノなのかもしれません。
(自分の世代もなんかしら漏れてるのだろう…←自分では気づかぬ・笑)。

話が逸れ過ぎました(^^ゞ。
ご自身のブログでも、意欲的なご活動が伝わってきます。
作品展も池袋で近々ある模様…。(たぶん販売用かと思われますが)。
たゆまぬ好奇心が原動力なんでしょうね。
かっこいい!!
とことん「かわいい」を突き詰めると、カッコイイっ!になるんだな…と。

これからもHAPPY増し増しな作品、よろしくお願いします♪
       2780せつ
     作品…ではなくって、ご本人です(もちろん右側!笑)
     ここでもやっぱ、おリボンは正義っっ!(*´▽`*)
     (余談ですがお若い頃の写真は、藤田ニコルちゃんみたいで超カワです❤)

時空を超えて刺さるファンシー。

過去記事でもさらりと触れたことがありますが、
ここ数年のサンリオは、新キャラクターを続々発表するだけでなく
「昭和のお嬢さん世代(笑)」に訴求した
プロダクトにもチカラを入れてるのかなかな…という気がします。
70年代、80年代…一時期だけ活躍してたキャラ(←要は短命…)を
復活させたり…ね。

先日もショップの前を通ったら、「時空超え」を感ずるキャラクターが…。
  2533えすおーえす
    キティちゃんのおとなりの赤毛ガールは
    「ストロベリーショートケーキ」というのだそう…。(画像お借りしてます)
    この「ださカワ(←失礼!)」でフォークロアなテイスト!
    昭和な香り、漂いまくりです。(笑)
    
かつてのサンリオキャラの復刻?と思ったのですが
(さすがのわたしも存じ上げず…笑)
1980年アメリカで誕生したキャラクターとのこと。
意外と(?)有名なのかも?ファイヤーキングのマグもあるみたいだし…。

このたび
「どんなキャラともいっちょかみ」で名高い(?)キティ様とのコラボの運びに…(笑)。
上画像のポーチをはじめ、数々の商品がいちご畑のごとく
ショップ前面を占めてました。
この手のテイスト、訴求対象は…そんなにヤンジェネ(←死語!)じゃないと
思うのですが(たぶん)。
*******************************************************************
…と。
これを見て、実家から発掘したサンリオ物件を思い出したのです。
昭和50年代感バリバリだけど、サンリオとしては
ちょっと異色な感じなモノ…(笑)。
その品を手に入れた経緯とともに本日はご披露しようと思います。

では、さっそく(笑)。
   2535えすおーえす
      カントリーテイストの女の子が描かれたマグ。
      (キャラクターの名前も特にないようです。笑)

一見、学研から発売されてた「HOLLY  HOBBIE」シリーズ風でもあります。
(「HOLLY  HOBBIE」については以前こちらで、触れてます)
でも!間違いなくサンリオなんだな…(笑)
       2537えすおーえす
        サンリオの旧ロゴ!!字体とも大好きだっ!

わたしが買い求めたのではなく、いただきもの。
サンリオ製というのは失念してたけど、
いただいた経緯は忘れようにも忘れられなくって…(笑)。

同じ社宅にお住まいだった母のお友達からのプレゼント。
(便宜上、「おばさん」と当時の呼称で以下呼ばせていただきます・笑)
家族ぐるみで懇意にしていたこともあり、誕生日とかクリスマスとか
イベントごとにプレゼントをいただいていたのですが、
どうも?そのおばさん、「わたしが好みそうなモノ」というより
「ご自身が欲しいモノ」を毎回くださっていたような???(笑)

もらっといてナンだけど、当時のわたしは
それほど「うわ~ん!かーわーいーいー!」と手放しで喜べなかったんだよな…。
(失礼、言ってるのは重々承知です・笑)
すでにデビューしてたキキララやパティジミにくらべてシブめだし…(笑)
実用面で考えても、文具のようなもののほうが子供は嬉しいでしょ?
 2534えすおーえす 2536えすおーえす
   今見るとこのファンシー加減が心にささりまくり、
   今頃感謝の気持ちでいっぱいなのですが…(笑)。

本などもいっぱいいただいたけど、ぶっちゃけ、どれも「う~ん?」な
ラインナップばかり…。
忘れられないのが「細川ガラシャ夫人」の伝記!(^^ゞ
(読まずじまいで何をした人かもわかりませんでしたが
これを記すにあたり調べてみると細川護熙氏の祖先で
昨年の大河ドラマでは橋本マナミさんが演じたモヨウ…←大河も見てない!笑)
コドモがわくわく読むような本…とは正直言い難く…。

そして。
このマグにも…おばさんの思い入れがたっぷりあったようで。

まず同柄のモノをペアでいただいたんですよ。
前述の通り、わたしにとりさほどテンションがあがるプレゼントではなく…。
正直「なぁ~んだ!」くらいな感じ。(←重ね重ね、しつれぇ~~!!笑)

なのに!次のプレゼントの機会に、まったく同じマグをまた2個いただき…(^▽^;)。
「citron*ちゃんちは4人家族だから、これで揃ったわね!」と
おばさんがイチバン嬉しそう(笑)。
前回すでに「なぁ~んだ!」だったのに、また同じモノとは~~!!(◎_◎;)
一回目以上の「がっかり感」を覚えたのは言うまでもありません。
(↑しつれぇ極まりないけど、コドモに免じてお許しください・笑)

と、次のプレゼントのイベント(…というのもなんですが・笑)。
「マグは揃ったし、今回こそ!」と期待が高まるというもの。(バカ娘ですし・笑)

しーかーしー!
     2538えすおーえす
      とどめのシュガーポット!!(フタは破損したのか?残ってませんでした)

「そうきたかー!!」幼な心にあっけにとられました。(笑)
そんなバカ娘の心とはうらはらに、おばさんは
「いいでしょ?ね?ね!」オーラが出まくってたキオクがあります…(^▽^;)。
今でこそ、シリーズを少しづつ集めてコンプリートする心理はわかりますが
誕生日→クリスマス→次の誕生日…といったように
少なくとも一年はコレで推してきた!
子供にとっての「一年」はかなりの長期計画…。
でも。
体感時間が違うオトナにとっては意外と短期に感じていたのかもしれませんね。
オトナになりすぎたわたしには十二分に理解できます。
  2539えすおーえす
     ってなわけで、同柄の箱が5つ。(笑)
     字体もファンシーですごくかわいいのに、当時は
     よさがわかんなかったんだよ…。バカ!バカ!(笑)

子供の頃は、やはりわかりやすいかわいらしさに目が行きがち…。
既出の通り、カラフルでマットな色使いのキャラクターに惹かれていたわたしは
当時、このシリーズの良さが理解できなかったのだけど、
今となれば、シックでオトナっぽくそれこそ家族で使っても違和感は
なかったのかも。(友達が来た時くらいしか使わなかった^^ゞ)
おばさん、なかなかの目利きだな!
そして!自分の好みにブレず、うちの家族構成まで加味し、
プレゼントを選んでくださったおばさんの心意気に
時空を超えて感服してしまったわたしです。

贈り物選びはは、なるべくその人の嗜好に沿えるよう…心がけているつもりですが
時に自分の審美を信じ通す…というのも、思いがけず喜ばれるものを
プレゼントできるのかもしれませんね。

(と!いいつつ、ガラシャ夫人の伝記は今、残っててもきっと読まないと思います…←クズ!笑)    
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR