ありがとうって伝えたくて…。

またまた一週間ぶりの更新です。
すっかりサボリ癖がついてしまいまして(^^ゞ。…いかんいかん!
******************************************************************
「だるまちゃんシリーズ」は読んだことないのですけど、
「からすのパンやさん」は大好きでした。
  2348もえ
    昨日、絵本作家かこさとし先生のご訃報に接しました。

92歳。お年から考えれば…ではあるものの、やはり受け入れがたく残念な気持ちです。
MOEの特集号を2冊保有しておりますが、昨年2017年2月号に(左)では
まだまだ意欲的に創作に取り組まれているご近影が掲載されていたので…。

右側はなんと12年前!2006年発行。(MOEは半永久保存前提で購入するもので・笑)
   2349もえ
     この時も仕事場でのかこ先生の写真が載っていましたが、
     10年以上経過しても…あまりお変わりなくって。
     真摯な作品への取り組み…しかしながらほがらかな笑顔で
     インタビューを受けていらっしゃいました。

「からすのパンやさん」…ほんとは弟に与えられた絵本です(^^ゞ。
しかしながら、当人よりわたしがすっかり魅了され…。
絵柄やお話のはこび…細部に至るまで楽しくって、何度も読み返しました。

ご存知ないかたに。チラリとご紹介しますと。
4羽の赤ちゃんが生まれた「パン屋さん夫婦」は仕事に育児に大忙し。
働けども働けども手が回らず、お客は減り貧乏に。
しかし。子供たちのアイデアと一致団結で、お店を立て直していく…
そんなお話です。(説明ヘタですみません…^^ゞ)
 2350もえ
   ちびっこたちもコックさん帽着用でこねこね…。

タイトルの通り、登場するのはカラスですが。
人間の社会構造、ファミリー像をそのままカラスに置き換えているのですね。
お父さんとお母さんは助け合い時に相談しながらお店を切り盛りし、育児をする。
(初版が半世紀近く前らしいのに、ワンオペでないっっ!素晴らしいっっ!!笑)
また、子供たちもそんな両親をとても誇りに思っている様子がうかがえます。

各々の「羽の色」に因んだ子供たちの名前もかわいくて…。
  2351もえ
    黄色がレモンちゃん、赤がイチゴちゃん…ここまでは想定内(笑)。
    茶色はチョコちゃん、白が…な、なんと「オモチちゃん」!!
    なんてほのぼのとしたかわゆいお名前なんでしょう!!

この絵本を読まれたかたなら…。
イチバン魅了され、キオクに焼き付いてるページは
間違いなくこのページでないかと思います。(ほぼ100%かと・笑)
  2352もえ
    みんなで相談し作り上げた
    「とっても すてきな、かわったかたちのパン」たち…。
    画像見にくくて申し訳ないのですが「テレビパン」とか「さざえパン」とか
    ワクワクするラインナップ!
   
んでね。
12年前の「MOE」では完コピしたリアルパンがっっ!!
  2353もえ
    実際のパン屋さんが(人間の…というべきか?)、制作とのこと。
    どれ一つ欠くことなく、配列まで一緒!恐れ入る!!

全体像ではわかりづらいので、一部拡大したものを…。
 2354もえ 2355もえ 
   「たけのこパン」や「テレビパン」の気が遠くなるような細かさたるや!
   かこ先生への敬意が伝わってまいります。
   そもそもの元ネタが素晴らしいのですから…ね。
***********************************************************************
本日付け(5/8)新聞でも、社会面、文化面、さらに天声人語…と
かこ先生のご功績が触れられていました。
そのどれを読んでもまだまだ創作意欲は衰えず、新作の構想もあったと記され…。
ご意志も半ばで…ということが、悔やまれてなりません。
  2357もえ
     大手企業に勤められてたことにも言及。
     在籍当初、犯罪史上に残る「汚職事件」があったらしく…
     社長が逮捕で「給料の代わりに佃煮支給(!)」が驚愕です(^^ゞ。

大人になっても、シーンやセリフが深く心に残る作品に出会えるのは幸せですね。
かけがえのない宝物だと思います。

かこ先生、あたたかな作品をありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りします。
       2356もえ
          昨年特集号のふろく。クリアファイル。
          だるまちゃんも、いつか読んでみよう…。   
スポンサーサイト

元・アライさん。

やっ~と、36℃平熱ラインが24時間持続した~!!(注・前記事参照・笑)
ああ長かった…。やむなく「感染48時間の壁」を超えてから病院にいったため
投薬もほぼ焼け石に水…(^^ゞ。
カラダの中でウイルスとポンコツ細胞が激アツな戦いを繰り広げてるのを
いやっ!ちゅうほど感じました。(笑)
生まれてこのかた、こんなのは初めてだったかもしれません…。
(そもそも、最後にインフルエンザにかかった記憶が定かでなし…)

連日連夜のすっぴん&めがね(…ボサ髪のおまけつき・笑)から解放され
今朝から日常モードに戻りました。
(つか、化粧&コンタクト装着しないとレギュラーモードになれない…不器用なわたし…^^ゞ)
ああ!平熱って素晴らしいっっ!!(笑)
*****************************************************************
病み上がり決死隊につき、本日は以前、保留にしておいたネタで…。(笑)
ちょうどタイムリーなものがありましたので。

不定期にピックアップしてる
「週刊明星・最終号(1991年・年末発行)」の記事より…。
       2524あらい
        結婚直前の松任谷正隆氏とユーミン。
        (「ベタベタショット」…ってコピーがどうよ?笑)。
        
今日1月19日はユーミンのお誕生日…とのことですので。
満を持してのご披露!
(ほんと言うと「いい夫婦の日(11月22日)」にUPしそびれた・笑)
昭和51年=1976年=ユーミン22歳だそうです!
(本日でおいくつになったかは…はい!おのおの計算したまえっ!笑)

お二人のリア充ぶりをアップにしちゃうよ(笑)!
      2525あらい
       この頃の22歳ってオトナっぽいね!
       余談ですが、脚本家の大宮エリー氏が
       ユーミンに激似!…と思っているのは
       わたしだけじゃない!となかば確信しておりますが(笑)
       若い頃はさらに似てるな~!驚いたっ!
       (知らないかたはおのおの検索したまえっ!←丸投げ連投!(笑))

キャプションも拡大だっ!
    2526あらい
      「ベタベタ」に続き「アツアツツーショット」…て(^▽^;)。
      雑誌発行時の90年代前半は「ラブラブ」…って
      あんまり使われてなかったのかもねー。    
********************************************************************
今日は宇多田ヒカルさんもバースデイのようですね。
ユーミン&ヒッキー。(←ノブ&フッキーみたいにゆうな!)
占いに疎いわたしでも、なんだかものすごい星周りを感ずる…。
しかしながら、年に何回か各界のトップランナーのバースデイが
密集する日ってあるんですよね…。
知りたい方はおのおの…(って、もうええっちゅうのっ!笑)

病み上がり(仮)状態につき、やっつけな上
傍若無人なモノ言いな文面にも関わらず(←オカド違いないいわけ^^ゞ)
おつきあいありがとうございました。
完全復活まで、しばしお待ちください(笑)。

この頃さ 少しずつ君とうまくいかない 理由はなんだろう。

(注・わたしの身辺では、ありません!ご心配なく!^^)

本日の記事タイトルは、ちょくちょく使い技?(笑)。
歌詞引用型です(^^ゞ。

90年代のヒットチューンより拝借…。(メガヒット級…ではないけど・笑)
「あ!あれだ!」とひらめいた曲はありますか?

答えは「続きを読む」の中盤で…(笑)。

→続きを読む

「シェイクスピア」からの…「昭和家電広告」(笑)。

新宿区のはずれ…。
「東京グローブ座」って、ちょっと形の変わった小さな劇場。
(山手線から見えます。新大久保~高田馬場の間に)
半月ほど前、初めていってきました。

これを観に…
    2067まく
     「クベス」…?「区バス」じゃないのか?

気を取り直して、ローアングルから…。
     2068まく
      つくづく、わたしって残念画像の天才…
     
仕切り直して(笑)、チケットを…。(←最初から出しなよ!笑)
   2069まく
    いわずと知れたシェイクスピアの!「アレ」!な、わけですが。

和洋問わず20世紀より前のお話にあまり興味を持てないし、一度にたくさんの
外国人の名前を覚えるのがヒジョーにニガテ…(←けっこうコンプレックスです・笑)。
洋画もめったに観ることないくらい…。
なので。本来この手の作品は、よっぽどのことがなければ、
自ら足を運ぶようなことはまずありえないのですが…。

「よっぽどのこと」があったのですね(笑)。
主演が「まるやまさん」だったから(*´`*)(←丸山茂樹じゃありません・笑)。

とはいえ。
行くまでは、こんな偏った嗜好のわたしが、
世界観に入り込めるかな?とも思ってもいて。
楽しみでありながら、気持ちにどこかバイアスもかかっていたのだけど。

でも!
観に行けてよかった!!心から!
ぶっちゃけ、お話そのものは「好き」とは言い難いけど(←バチあたりですよ!笑)、
だからこそ、なにもかもその時間、その空間、そこだけの世界観に
飲み込まれてしまったというのか…。
「ナマ」で放出されるパッションを目の当たりにする…それだけで、もう!なのです。
(↑ヒジョーに陳腐な表現で、すみません(^▽^;)

当選のご縁に感謝!!
夏のツアーは安定のハズレ!と相成りましたが(←やっぱりな!笑)
またどこかで「ナマるやま」に会える!と信じ、
日々の励み、ココロの支柱としてまります。(←おおげさ!(^^ゞ)
まるやまさん、長丁場タイトな日程、全公演やりきったね!素晴らしいっ!
おつかれさマクベス!(←誰にいってるんだ!笑)
   2070まく   
*****************************************************************
本年、マクベスは映画も上映されましたし、
演劇では野村萬斎さんの公演もあったモヨウ…。

ご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんが、
今年はシェイクスピア没後ジャスト400年なんだそうです。
下2ケタ0が二つならぶ…ってすごいですね!(でもない?笑)

シェイクスピア…ついでに(笑)。
出し時を見計らってた「寝かせネタ」を、放出しておこっかな。
レトロ物件とともに。

まずは…CM界のシェイクスピアを(笑)。新バージョンになる前に。
  2071まく
   HITACHI洗濯機・2015年版広告。
   現在は「ナイアガラすすぎ」…がセールスポイントなのですね!
   ついサラッと…流してしまいがちですが(←洗濯機だけに?)
   よくよく考えると、ワールドワイドなネーミング(笑)。
   CMキャラクターはシェイクスピアでMJと呼ばれながら日本人だし。(^^ゞ

ナイアガラになるずっとず~っと前の洗濯機はどんなだったんでしょう?

母からもらった手芸本に掲載されてましたよ。
ちょうどオリンピックイヤー、1964年の広告っ!!
(わたしも生まれておりません!←強調する!笑)
    2072まく
     「洗う!」「しぼる!」「乾燥!」
     今では当たり前すぎることが、
     セールスポイントだったのですね~!!

部分的にみてまいりましょう!
   2073まく
     二層式!懐かしい~~!!
     脱水機…均等に積み重ねないと、恐ろしく
     ガタガタ振動したよなー(^▽^;)!!
     感覚的にはサザエさんのエンディングテーマの家屋の動きを
     彷彿とさせるよな…(←言い過ぎ?笑)
     あ!サザエさんちは「東芝」でしたね、かつては!

    2074まく
     赤い目玉のような旧ロゴ…。
     家電メーカーの昭和ロゴって、萌えるんだよなー!わたし。
     「日立」の漢字を組み合わせてるんですよね、きっと! 

脱水洗濯機」…今じゃ脱水なんて標準装備すぎて特筆するまでもないけど、
この当時は最大のウリだったのね!
「ローン」でなくって「月賦」ってのが…また(笑)。
家電の正価自体、表記されてるのも時代を感じる…。 
今はオープン価格ですもんね!  
******************************************************************
もう一個、目をひいたコピー…。
奥さま方に大好評
ほぼ半世紀前、洗濯機は「奥さま」だけのための機器だったのだな…と。
モデルも、いかにも訴求対象と同世代の女性だし…。

この頃、男性が家電を使う広告ってきっと少ない…もしくはなかったかもしれませんね。
(奥さまに買ってあげて…的なものはあっても)

まぁ家電のみならず…。

半世紀前には考えられないことだらけでしょう。
オリンピックがもう一度、東京にくることも。
30歳過ぎたアイドルが相当数、いることも(笑)。

そして。
それにうつつをぬかす中年がそう珍しくもないことも!
わっはっは!(←笑ろとけ、笑ろとけ!)
**********************************************************************
本日はコメ欄、閉じさせていただきますね。
毎度♪独断的な気ままで…ああっ♪すみません!(笑)
長文におつきあいありがとうございました

「タコかいな?」と、思いきや…。

おととい「たなばた」記事を書くにあたり、昨年同日UP分を読み直してみたところ
コレについて、ちょっとだけ触れていました。
    1225たな
     平塚七夕はじめ、子供の頃、おまつりで売られてたゴム風船。
    
ぺちゃんこの状態からまんまるに膨らむまでの動画を見つけて…。
懐かしさと「まだ、持ってる人がいるんだ!」との驚きでテンションが上がり…。
でも!!
昨年は動画の貼り方を習得しておらず(笑)、スクショ画像のみの掲載

一年の時を経て…探してみたらまだ残ってました~っっ!
あざ~っす!
てなわけで、遅ればせながら、貼り貼りしちゃいます(笑)!
(音量に注意してくださいね)

膨らむ前と後では、だいぶ顔の印象が違う気がしますね。
(それは人間に置き換えても思い当たるような…笑)
*****************************************************************
ところで。
この風船。わたしはず~~っと「タコ」と
信じて疑わなかったのですが(昨年もそのように記してます)、
どうやらそうではないようで…。

改めて調べてみますと「太陽風船」という名前らしく…
しかーも!まだ生産&販売されているというではありませんか(驚)!!
浅草橋の「かねます屋」さんという風船専門店で取り扱っているモヨウ…。
(純国産ハンドメイドだそうです)

と、同時に。
同じ頃縁日での定番だった「パンチボール」まで同店では
扱っていることが判明しました~~!!
(*パンチボールとはビーチボールくらいの大きさのゴムヨーヨー的なモノ。
 サイケデリックな柄も当時のままなのが泣けるっ!!)

空に浮かぶ、太陽風船ともども御覧になりたい方は
コチラにてぜひ!!
********************************************************************
話を少し戻し…。

ずっと「あの風船」を、タコだと誤解してたのは
販売する形状だったからかも?しれません。
はちまき…してたんだよね!こんな風に。
     2047太陽たこ
     毎度おなじみ(笑)「あいうえおブック」の裏表紙より…。

はちまき部分も、細長い風船で…。
(今でいうバルーンアートに使われてるくらいのサイズか…と)
足も…ついてたかもなー!これ見ると違和感感じないし。

でも、よくよく考えるとこのお色気フェイスに「はちまき」…って(笑)。
      1225たな
 スナックママが町内会のまつりに駆り出された風ですなー。
 (地元を愛するママはそういうの積極的な気もするし…笑)
 でも、子供に媚びず直球すぎないかわいさは
 昭和ならでは!な感じがいたします。

現在は縁日の風船も、メタリックなのばかりですね。
(テーマパークとかは…どうなんだろう?)
2045太陽たこ 2046太陽たこ
 ウラ・オモテに風船の描かれた「あいうえおブック」。
 いまやゴム風船って「浮かばせるもの」でなく、
 「割るためのもの」になってる気も?しなくもないかな…。
 (お題にこたえて順繰りにまわし、割れた人が負け!的なヤツ。←バラエティ見過ぎ?笑)

お読みいただきまして、ありがとうございました。          
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR