FC2ブログ

TDL、最後に行ったの、いつでしょね?②

①の記事からのつづきです。

①に載せたグッズは、恒例、実家での昭和発掘作業で
再会したものなのですが、さほどカンゲキがありませんでした。
「あぁ…そういえばあったね」程度の感じ。
もし、周りに欲しい人がいれば、あげても惜しくないかな…と。
(よくよく考えますと…そもそもアタクシ、ディズニー好きでないのかも

でも!ずっと大切にしたい!って思ったのがひとつだけ。
135ラッピング
(おそらく1980年代後半の)ラッピング袋!

白い生地に、赤・青・水色・黄色・緑・オレンジたった6色で
描かれたアトラクションの数々…。
今主流のネオンパステル系でなく、原色かつマットなタッチが
超ツボなんです。

それぞれを大きくしてみます。
139ラッピング
ダンボ。静止画なのに…動きが見て取れます。
後ろからも、来てるよ~…ってカンジ。

137ラッピング
マスキングテープにしたいカラーリングとデザイン…。

141ラッピング
「ディズニー萌え度」低めなワタクシですが
「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを担当したアーティスト
「メアリー・ブレア」は大、大、ダ・イ・ス・キ
いつか、彼女の記事、書かなくては!(キッパリ!)

142ラッピング
根強い人気…カリブの海賊。

140ラッピング
「ビッグサンダーマウンテン」が載ってるので、年代が認定
できました。(開園当初はなかったですよね?)
カントリーベアもご同伴。(笑)

136ラッピング
左上、今は無き(…ですよね?)…スカイウエイがっ!(泣)

138ラッピング
シンデレラ城の…ミステリーツアーももうないのですね…。(大泣


この記事を書くにあたり、裏付け捜査を(笑)したらば、
終了してしまったアトラクションがかなり多いことに
気づかされました。
(新アトラクションのCMは流れても…終了のお知らせは
見たことないし…。)

特に。
パッケージにはないけど、「ミッキーマウスレビュー」は残念。
(こちらはも少し前に気づいておりましたが)。
私、イチバン好きなアトラクションだったかもしれません。
(変わってます?
キャラクター勢ぞろいで、動きも細かかったよなぁ…。
エンディングの曲「ジッパー・ディー・ドゥ・ダー」では
毎回トリハダ&涙目に…。
たまに、某所で拝見させていただいてます。
ディスプレイ越しでも…泣かすねぇ…。くぅっぅあっ!
(動画を投稿してくださっているかた…危険を顧みず
ありがとうございます!…っていっちゃっていいのか?)


こうやって、記事を起こしてみると…少しばかり
久々のTDL体験したくなってまいりました。
見られなくなるアトラクションもこの先あるのかも…と
思うと、行かねば!という気にもなります。

でも…。
我ながら、いつ行くかしらん?ってカンジ…。
今年中?…う〜ん…行く?…だろうか?
(とどのつまり…やはり、ディズニー萌え度が低い









TDL、最後に行ったの、いつでしょね?①

先週、東京ディズニーランド来園者が6億人突破したとか…。
日本の人口比で考えるのはやや乱暴だけど、
国民1人あたり約5回ってことか…。
意外と少ないな…って感じました。
年に5回位来園してる人…まわりに結構いるし…。
まぁ、「リピーター」と「極端に行かない人」との間に
ものすごく差があるんでしょうね。

実は私も「極端に行かない人」の一人。
今世紀になってからはもちろん(笑)、最後に行ったのは
ちょうど20年くらい前かも…。(ディズニーシーは未体験
かたくなに行かない…と思ってるわけではないけど、
「その気になれば、思い立ったその日に(日帰りで)いつでも行ける」
…ってのがイチバン大きな理由かなぁ…。
行ったら行ったで、きっと電車の時間ギリっギリっまで
満喫しちゃうと思います。ハイ。

138ラッピング
それでも開園から10年位の間は、ちょこちょこ遊びに。
当然のことながら、初回はカンゲキしまくりでしたね。
ショップでのお買い物も楽しくって…。

******************************************
というわけで。
TDL開園日の本日は、1980年代(ほぼ)のTDLスーベニアなぞ…。
(相変わらずの長い前フリ…;)
誰かからのお土産…というのもあるかも。(なんせ大昔なもんで)

まずは。
131ペナント
ぺ、ぺ、ペナント〜。
さすがに今、このアイテムはないんぢゃ…???
「立山」とか「尾瀬」とか…昔は山岳系の土産屋定番だったけど、
よもや、TDLでそして、これを購入しているオレ
(間違いなくこれはもらい物でなく、バイマイセルフ

半分ずつ図柄をUPに…。
132ペナント
ミッキー、プルート、ドナルド…先頭集団はやはり一軍キャラクター…(笑)。

132ペナント
個人的には後続グループのキャラクターの方がスキ
(エースに惹かれないタイプなもんで…


続いてはミニフィギュア。
確実に自分で買った…と思われるのは。
143フィギュア全部陶器製
嗚呼…いぶし銀グループ!(笑)でも、そこがいいのよ!

たぶんもらいものの…センターキャラ。
144フィギュア
プーは陶器、ミッキーはラバー
特にミッキーはポージングといい、服といい、絶対俺セレクトじゃないな…。


お菓子も入れ替わりが激しいですよね…。
一度として同じもの、いただいたことないもの。
初期モノのお菓子のカン…。(自分で買ったものだけね)
133クッキー
うしろは「メリー」のラベルが貼ってありました。
〒はまだ5ケタ時代…。

134クッキー
ティンカーベルきゅ〜ん
昔は、原画をそのまま…みたいなのが多くてかわいい。

ちなみに。
昨今、お土産でいただくTDLのお菓子、
申し訳なくも(?)パッケージや缶はほとんど…残してないんです。
デフォルメしたり、ネオンパステル調にカラーリングしてるものが
若干ニガテで…(最近のってほとんどそうですよね?)。
中身はいただいてるとはいえ…少々罪悪感…。
(ときめき基準で処分するこんまりセンセイは…潔いよなぁ…)

******************************************
次の記事にもうひとつだけ、初期モノグッズを…。
ここまでのものより…ずっとずっと大切なものかも…?





カムバ〜ック!大吉ナナナっ!。

128てれと3/30.日経新聞の全面広告

3/2に放送された「テレ東50周年特番」(感想の記事はこちらこちら)。
近年まれにみる刺激的なプログラムでした。
丁寧につくられた濃密な特番(なんせ、感想記事を二つにわけてるし
これに並ぶバラエティ特番は、しばらくないだろうな…と
思いきや!
たった一か月でそれに並ぶ…いや!超える勢いの番組がっ!

刺客は身内から(笑)冒頭の全面広告のコピーよろしく
「春もブレないテレビ東京」がお送りするエキサイティングなプログラム…。


129てれと
トーキョーライブ24 ジャニーズが生で悩み解決できるの

これまでこのブログではsmapさんしか登場してないと思いますが
私はそこそこ「J」好きなのです。(ま、たしなむ程度です、オホホホ…
事前情報としては、5人の日替わりMC(ほぼほぼ30代の面々)が
二週間限定で、深夜の東京タワーにて悩み相談をする…と。

「はて?」

どういう番組になるかまったく想像がつきません。
「ライブ」ってことは、コンサートよろしくファンを集客して
みんなでお悩みを議論、解決策を導きだしでもするのだろうか…
ともかく、展望フロアは余すことなく使いきるんだろうな…
なんて予想をしていたのですが。

大ハズレ!(爆)

「昭和の実家」的セットを展望フロアに組み、
日替わりMCとテレ東社員ナナナの二人だけで番組は進行。
相談を電話で承り、4つ以内の選択肢の中から
視聴者投稿!(リモコン&スマホ)結果を導きだす…
こりゃまた全く予想だにしなかったフォーマット!(笑)
東京タワーをこんなにムダに…もとい!ゼイタクに使った番組、
かつてあったでしょうかっ?
(タワーでの出演者はゲストをまじえても最多で三人!)
130てれと

そして!この番組を最高に面白いものに仕上げてくれた
最大の立役者が…昨今、イレコミ記事をあげております
ナナナ!

126てれと
ギン・ガム・チェックっ 恋のモヨウ〜

MCとのサイズ感的にもベストバランス。
そしてなんといっても、声を務めた
博多大吉センセイが素晴らしすぎて…。
台本なしでMC&相談者のひとことひとことを
適宜、絶妙な返しで拾いあげていく…
実に痛快!職人芸、おそれいりました。

ワタクシもともと大吉センセイの大ファン。
レギュラーラジオ(たまむすび)もほぼ毎週聴取しておりますが
放送当日まで、出演されるとはつゆ知らず。
(事前情報はどこもでていなかったかと…)

初回開始5分程度のやりとりで、
「これはおもしろい番組になる!」と予感!
そして予感はほどなく確信にかわり、期待をはるか上回るものに!

その他の演出も、細部まで練りこまれ…。
「テレ東にしかできないものを!」制作サイドの
意気込みがビンビン伝わってくる!
ああ、さすがだテレ東!それでこそのテレ東だっ!

******************************************
ナナナは2週間限定でおしゃべりできる設定に
なっており、最後はちょっとしたミニコント仕立てで
昇天なさってしまいました。(笑)

「ちょ、ちょっと〜!しゃべれなくなるだけでしょ〜!?
死ぬわけじゃないでしょ〜よ~?」と(心の中で)ツッコむこともむなしく…
127てれと
もぬけのからになってしまったナナナ。(泣)

なんちゅうエンディング!(笑)
しかもこの日はテレ東がジャスト50歳になられた
記念すべき日だっちゅうに…。

******************************************
と!
ここまで込み込みで、あっぱれ!テレ東!でありました。
アタクシは拍手をおしみません!
こんなに毎日ワクワクした番組…そうそうないもの。
たぶん「J」ファンの方が中心に視聴したと思われますが、
そうでない方もきっと楽しめたはず。
(制作サイドもターゲットをファン限定にしないで、
作られたのでないかな?)
50周年コピー「まっすぐ、ずっと」。
まざまざとみせつけてくれました。


しかしながら…これ一回きりではヒジョーにもったいないっ!
大吉ナナナ…ぜひぜひ復活を!
東京タワーでなくても、また今回のMCたちとのからみが
もっともっと見たいよ~!
(あ!書き忘れましたがMC陣も絶妙な人選でした←今頃
レギュラー放送…などと多くは求めません。
ですが!半期に一度…改変期にはぜひぜひ!
復活を心の底から願う次第です。

(だけど…一回当たってもそれをうまく生かせないのも
テレ東!という気もする…







イースターバニー。

「負担にならない程度にゆるっと」更新しておりますが、
ブログをはじめてから、街で気になるモノ、目に付くモノ、
ついついカメラに納めがちに…。
ふだんとちがう街の景色、ちょっぴり敏感になったかも。

ってなわけで(笑)今年はじめて気づいた物件…。
125イースターバニー
イースターバニー・ペコちゃん。

不二家のコレ、今年から?
それとも今まで見過ごしてたのかなぁ…?
ごていねいに、金のタマゴのポシェットまでしてるざんす。
日本人には定着しないか?と思われたハロウィンも今やすっかり
定番行事。(私は一度も参加したことありませんが
イースターも国民的イベントになるのでしょうかっ???

でもね。

イマイチ似合ってないような…
(ペコのコスプレは七五三がイチバン好きっ



「まことか?」(笑)。

「高橋真琴展ひとつ前の記事)」は原画のみならず、
昭和40年代を中心とした文具やグッズ、付録などの展示も。
愛らしく、美しく…そして楽しい垂涎モノの数々にメロメロ。
こんなステキなモノ達が、子供のおこづかいで買えていたなんて!
無意識のうちに、ココロに潤い…もらっていたんですね。

*********************************************
子どもの頃使用していたもので、
「これは真琴センセイのイラスト?」と
判定どっちつがず?なノートが残っています。
122真琴セイカノートのクマが懐かし
作者表示もないし、原画展でも見かけなかったので、
似せて書いただけなのかなぁ…。
でもね、上のパンダをはじめ、動物のイラストがかなり
似ているんです。

表紙をめくったページにはネコ。
123真琴
少し前に流行った編み込みカチューシャ!
70年代、すでに存在したスタイリングだったとは!
(私の周りにはおりませんでしたが

隣のページ。
124真琴
こちらも高濃度女子力

ちなみにお値段は、たったの30円っ
大卒初任給いくらの時代なんだっ





🎵春に誘われたわけじゃない。

件名をご覧になって「あっ!」「おっ?」ってなった方は、
私と同年代以上の方ですね。きっと!(つまりは中年以上…
南沙織さんの「春の予感」の歌詞をちょいと拝借…。
(作・尾崎亜美…)

***************************************
当方は、春に誘われました…。
気候が穏やかで、もう少し足を延ばそうかな…と
目的地よりもう少し先に、行ってみたくなりました。

というわけで、四月某日。
電車内でにわかに思い出した、「高橋真琴原画展」へ。
入場料からすると、こじんまりとした展示会なのかな?…
と予想してていたのですが(安い!)、なかなかの充実ぶり。

118真琴

真琴先生の制作過程のVTRも上映していましたが、
気が遠くなるような作業の連続…。
薄い色味の水彩絵の具を何回も何回も重ねて…。
だのに!原画をみるととても絵の具で彩色したとは
思えない緻密さ…。
下絵の跡やはみだしている箇所など全くないし。
(原画ですと見える作者も、割といらっしゃるのですが…)


真琴先生といえば…やはり「お姫さま」。
もちろんそちらもステキなのですが、ワタシ的には
初期もの…1960年代の女子ファッションの原画に
グッっときてしまいました
120真琴
外ハネヘアと、スカーフ(この頃はネッカチーフって言ってる頃かにゃ?)。
オサレ(フライヤーのイラストです)


物販はお姫物件がやっぱり多し!(すでに持っているカードもあって…)。
数少ない、「一般ぴーぽーおしゃれ女子」のグッズを購入!
121真琴
ポストカード2種。キャスケットがCawaii! 

もうひとつは、クリアファイル。
119真琴
うしろに凱旋門…っつうことは!おのずとIn Parisですね。

パリ設定…って場所柄とポーズのイキフンで、数週間前の流行語(?笑)
「やっとあえたね…ⓒ辻〇成」
思い出してしまったのは…決して言いますまい。(←いってるてば!


ともあれ思いがけず、ステキなモノに出逢えました。
陽気のお誘い…けっこう重要!(寒がりにつき




     

ご本人にも自覚あり(笑)。

前日の記事で、ターン王子とキャラかぶり!と
ナナナちゃんを評したら、ご自身にも自覚がっ!(笑)

昨晩、「最悪、ハッピーターンに拾ってもらう」発言が


おしゃべりナナナちゃんも、残り二晩…。
「ナナナロス」になりそう…

117ツーショット
中の人。
ちびナナナちゃん(左)博多っ子芸人。
でかナナナちゃん(右)超、超!スペサル国民的アイドル。(笑)




プチ・ブレイク。

最近のお気に入り、テレ東の「ナナナ」がプチ・ブレイク
してるとのこと…。
昨日から始まったLINEスタンプのダウンロードも
初日だけですごい勢いだったって…。
115スタバナナナすたばななな。

理由は…「アレ」しかないですよね?(笑)
先週と今週に限り、ナナナが某所でおしゃべりしてるから。(笑)
可愛くって、楽しくって…ちょっぴり(?)シニカルで。
あれではみんなメロメロになりますわな。
(この件については、すべてが終了したときに改めて記事にしようか…と)

でも、わたしはもうちょっと前から注目してましたよ〜ん!
このブログでのナナナ初登場は3月50周年特番の記事ですの。
おほほほほほ。

***********************************
…なぁ~んて!
「ブレイク前から知ってたしぃ!」…っつうのは典型的な中二病
(中二ならぬ中年のくせに!
でも、昨年の名前募集の時から、ちょっと気になるアイツでした。

50周年で、このゆるい…っつか?ぬるいキャラをもってくるぅ???
ってとこがね。
さすがは、テレ東さま!
媚びを売らずにお口ぽっかぁん
我が道を行くオンリィワンな社風にハマリすぎです。

***************************************
それはそうと。
テレビ業界でかぶるキャラはいないものの
この子に若干似ている気が。
116ターン王子
ハッピーターンのパッケージでお馴染み。
お名前まで存じあげませんでしたが、ググったところ
「ターン王子」とおっしゃるのねぇ〜。(笑)
あれ?でも…。
ちょ、ちょっとぉ〜な、な、なに食べてんのよ~?
共喰いっ?


ナナナちゃんは共喰いはイヤだって(笑)。
114かわいこちゃん
スタンプの中のひとつ。

ああぁぁぁ…めんこいっ!





祝☆ご入学。

119ナナナ
最近お気に入り…テレ東社員(笑)のナナナちゃん。

**********************************

都内の小学校は、本日入学式だったようですね。
普段キッズに接する機会がほとんどないものの、
全身ブランニュウな一年生に出逢うと
なんとなく嬉しいものです。

47表紙
入学式にちなみ、以前にも記した「日本童謡全集」の中から、
新一年生っぽいものを今日は一曲。

120赤い帽子
残念ながら、まど・みちお先生の「いちねんせいになったら」では
ないのですが…。


121赤い帽子
よくよく考えますとこれって、いつごろ作られた歌なんでしょうか?
私の通学時は、文頭のナナナちゃん同様(笑)
すでに黄色い帽子でしたので…。
🎵赤い帽子、白い帽子…で通学してた時代があったんですかね?
(昭和30年代かしらん???)

それにしても昨今のランドセルは、すっごくいろんな種類が
ありますね…色といい、形といい…。
イラストのように黒=男子、赤=女子っていう図式は
今や完全崩壊。
黒のランドセルは…意外と女子がしょってますね。
紫やピンクでトリミングされてたり、蝶々やお花の刺繍が
ほどこされてたり…
ちょっぴりANNA SUIみたい…ワタシも欲しいわ!(なんちて

そして。イラスト男子の半ズボンの丈!
今はまずお目にかかれない短さだよなぁ。
(最近は短くて、ヒザ上くらい?)
私の子供の頃は、みんなこれくらいの丈でした。
意外と女子より男子のほうがパンチラ(裾からね)に
なってましたね。



季節のたよりは家族の絆。

定期購読しているわけでないけど、昔から「週刊文春」が
わりと好きです。
「独占ネタ」的なスクープものも大好物ですし(笑)、
いつの年代も連載陣が、豪華な顔ぶれ…。
四季を織り込んだ、和田誠さんの表紙もステキで…。
(解説の「表紙はうたう」も併せて楽しい…)


そんな中、最近、ひそかなお楽しみが
「赤福」のカラー広告。
毎号ではないのですが、イラストと写真で
二十四節季を紹介してます。
116赤福

特にイラストがカワイイっ。
118赤福
のんきな旦那と、気立ての良さのうかがえるおかみさんがイイ感じ。
ときどき大女将も…(笑)


こういう「お客様第一!」的な広告を見ると…
若干、「あの事」を思い出さなくもないけど(←ずいぶん前じゃんか
初心に戻り、伝統を継承しつつ
前進しているのだなぁ…と。(←何様だよっ!


本誌を読み終え古紙回収に出す前に、このページは、つい
切り抜いてしまいます。(←そこまで
知らない節季が意外と多いことに気づかされたり。

まさに本日4月5日は、存じ上げなかった節季、「清明」でござんした。
「百花咲き、空明るし」…先人はよく言ったもんですねっ!
117赤福
べっぴんおかみ



プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR