あ~あ!もったいなーい。

今日は少々、毒を吐きます(^^ゞ。
酔い止め的に(笑)、まずはプリチー物件からスタート!
2372れいぜろ
   羽海野チカセンセイのマステ…。
   民芸品がモチーフになったダイカットのテープです。

見てきました。「3月のライオン・後編」。
前編、大絶賛だった旨は前回記述の通り。
トーゼン高鳴る期待を胸に、劇場へ足を運んだのですが。

単刀直入に。
後編…「ザツすぎ」ました!(^▽^;)
あんなに前編はていねいかつ巧妙に描かれてたのに…残念無念!

原作は既刊12巻と長尺な上に、連載はまだ継続中。
なので、ある程度のエピソードが削られるのは想定内だったし、
原作は未完であっても、どうにか終止形に辿り着くような
ストーリー運びしなくてはならないのも、いたしかたなし…。

しかしなぁー。
原作を削ってるわりに、映画オリジナルのエピソードを入れすぎで…。
それがことごとく・・・「作品の本質ぶち壊しっ!!
怒りすら覚えるレベルが2か所ありました。(笑)
(yahooレビュ-を読むと、原作原理主義のかたはみな、ココで怒ってますなー^^ゞ)

前回記事で「あてがきしたかのようなキャスティング多数」と
記したのですが、ヘリクツ言うとあくまで「すべて」でなく「多数」なわけで。
「イメージとまったく違うキャスティング」も何人か存在してました。
いちばんギャップを感じたのは、後半の主軸を握る「川本姉妹」
(↑あくまでもわたしの主観ですからね!)。

長女を演じた倉科カナさん。
単にもともと好きじゃない…という私情を差っ引いても(笑)
原作のあかりさんのたおやかさは醸し出せてなかったように思えたし
(昔見たドラマの先入観か?小意地の悪いイメージがあるんですよね。申し訳ない!^^ゞ)
次女役のキヨハラさんって子も、見た目だけ寄せた印象。
初めて拝見したのですが、ぶっちゃけ、DK役者…かも?(今回だけかな?^▽^;)
この上にいただけないオリジナルエピが加わり、ますます感情移入できず…。
棋界のことが細やかに奥深く描かれていただけに、
ヒジョーにもったいないな…というのが個人的な総評です。

とはいえ。
「見るんじゃなかった!」レベルの駄作というほどではなかったし、
(↑逆にこのレベルは相当なモノ←たまにあるけど^▽^;)
前編あれだけエキサイティングな気持ちにさせてもらえたのだから
映画版も鑑賞しといてよかった…とは思っています。
原作もそうそうちょくちょく読んでるわけでないので、
失念してて思い出させてもらったシーンもあったし。(^^ゞ

それと。
後編は、まったく思いがけず「おまけ」が!
 2373れいぜろ
    羽海野センセイが映画版で感動したシーンが描かれたポストカード。
    事前に情報を得ていなかったので、喜ばしいサプライズ!
    後編公開時に先着順で限定数配布されたモヨウ…。
    田舎のシネコンなので、週明けでもまだいただけました(^^ゞ。

原作の登場人物というより、役者さんそのものに寄せて描かれてるのも嬉しい…。
     2374れいぜろ
      神木くんは原作「零」とほぼまんま。
      四季の移ろう情景も美しい「3月のライオン」だけど
      やっぱダッフルコートのイメージが強い零ちゃん…。

     2375れいぜろ
       棋士ふたり…。
       佐々木蔵之介さん演ずる島田さんと名人・宗谷の加瀬亮さん。
       見た目の上では加瀬さん、原作とはちょっと違ったけど、
       キャラクター的には乖離がまったくありませんでした。

あとは、この方。たぶん全編で10分程度しか出演してないハズなのですが…(笑)。
      2376れいぜろ
      ただの家森さんじゃないかーいっっ!(笑)

零の通う高校の担任・林田役、高橋一生さん。
林田センセー、風貌はともかく、キャラの面ではやや原作と離れてました。
つか!家森さんっぽいんだよっ!今の時点ではどーしても(^^ゞ。
でも「カルテット沼」にハマった身としては、むしろウエルカーム♪(笑)

それにしても。
もっと出演時間の長い主要キャストはたくさんいたのにこの人選!
(伊藤英明さん、染谷将太さん、トヨエツさんなどなど…)

好きなシーンというよりも。
ウミノセンセイのお好きな男子の系譜がなんとなく反映されてるような…(^^ゞ。
(線が細いメガネ男子系…スガシカオとかお好きでしたよ、たしか!笑)
*******************************************************************
映画は後編のみならず前編上映してるシアターもまだあるようです。
当方は塩評価ぎみでしたが(笑)、おおむね好評のモヨウ…。
GW期間中、前・後編一気にご覧になるのもいいかもしれませんね。
(ただし通しで5時間程になるかと…^^ゞ)
スポンサーサイト

「れい」と「ぜろ」。

「ゼロだってー ヘンな名前ぇー」(←いきなり…笑)
…のセリフから始まる漫画「3月のライオン」。
巻を重ねること12巻、そして気づけば早、今年で連載10周年とは!!

作者・羽海野チカさんの前作「ハチミツとクローバー」よりも
長くなってしまったんだなぁ…。
中だるみすることなく読み手を惹きつける展開が続くので、
そんなに経った感じは全くしないのだけど。
連載初期は作中の人物、ガラケー使ってるもんね(笑)。
      2367れいぜろ
         昨年の羽海野さんの原画展フライヤー。

作品をざっくり説明すると、題材はプロ棋士(将棋)の世界。
主人公・桐山 零(きりやま れい)。
家族を不慮の事故で亡くし、棋道への進路を選択の余地なく強いられる。
孤児となった零の身元引き受けが「将棋の家」…、すなわち、
プロ棋士の内弟子としてであるがゆえに。
冒頭のセリフは、引き受けに快く思わぬ棋士の実子が
零に浴びせたことばです。(あいかわらず、あらすじ説明ヘタ~~^^ゞ)
           2368れいぜろ
             こちらは原画展チケット…。

読むにあたり、将棋のルールはわからなくっても、無問題!
登場人物の表情や心理の描写が巧妙で、勝負の緊迫感が伝わってきます。
また、将棋のみならず、独立後、零の心のよりどころとなる
川本三姉妹との交流も作品の大きな魅力です。
  2369れいぜろ
    既刊12巻ですが…6巻7巻貸し出し中(^^ゞ。

映画は前・後編の二部作で後編は明日22日から公開です。
前編、半月ほど前に見ましたが、思いのほかよかった!(←なにさまだ!笑)
実はあまり期待しておらず、映画化決定当初は
「見なくてもいいかな?」くらいな感じだったのだけれど。
「神木(隆之介)くん、高校生役やるには、若干トウがたってんじゃ…」
なんて思ったりもしてて。(←かえすがえすもしつれぇ…笑)

でも!原作とたがわぬ「零」がスクリーンの中にいました。
他の登場人物も、あてがきしたかのようなキャスティング多数!
(特に佐々木蔵之介さんと伊藤英明さんがとびぬけてハマリ役!)
原作のイメージを損なわず、キャラクターに奥行きが加わって、
少々長めの作品ながら飽くことなく、見ることができました。
(そして、前編のテーマソングもなにげによく…)

後編も楽しみです。
******************************************************************
話はかわり。
「零」つながりで(?)の話題を。

最近発売になったこれ、飲んでみました。
         2370れいぜろ
            キリン「零一(ゼロイチ)」。
            ノンアルコールビア風味飲料です。

ノンアルライフも早2年余(笑)。
「ああっ、ここにビールがあれば!」と思う局面は減ったものの、
完全に断ち切れたか…というと胸を張れず(^^ゞ。
(…って!依存症でやめたのではありません、念のため・笑)

たまに代用でビア風味を飲んでみたりしたのですが。
意外と「飲むんじゃなかった!」と思うものが多く。
かえってビールへの思慕が募る…ってこともあったのですが(^^ゞ。

これは、なかなか良い!(←大文字にせんでも!)
ノンアル特有ののど越しの悪さを覚えず
これまででイチバン、リアルビールに近い感じがしました。
(↑あくまでも、バカ舌の主観ですが^^ゞ)
キャッチコピーの「一番搾り製法」が功を奏しているのかな?

GW目前。行楽でドライバーを仰せつかってるかたは
「だまされたつもりで」お試しを!(←弱気…笑)
    2371れいぜろ
        「れい」と「ゼロ」…。

      ☆余談ですが、CMは東出昌大さんなんですね。
      駅ホームの広告、初見で「まつずん(←わざと・笑)」かと
      思いました。「一番搾り」だしさ…(^^ゞ。            

届くと、嬉しい。行けずとも、楽しい。

かつては工業用の使途目的が主だったマスキングテープ。
「暮らしを彩る雑貨アイテム」としても、今やすっかり定着しました。

ブームの火付け役、並びに今なお牽引してるのは
間違いなく岡山県倉敷市の製造企業カモ井加工紙さん。
カラフルでデザインも豊富な「mtシリーズ」も、今年で発売10周年だそうですね。

現在全国各地、かなりの頻度でmtイベントは開催されていますが、
SNSのフォロワーでもないし(←つか!自分のアカウントがない!^^ゞ)
HPのチェックもマメじゃないので、つい見過ごしがちで…。

なので、案内DMを送ってもらえるように登録してます。
    1676すえひろ
    こちらは昨年「3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)」のもの。
    イベントではその地ならではの限定マステが必ず数種類発売。
    ひとめでわかる仕様になってます。

DMいただいても…まぁ、そのほとんどは行けないですよ(^▽^;)。
日本にとどまらず、海外でも開催されてるくらいですし…。
(上のアーツ千代田は行きました。レポのリンクは記事の最後で…)
でも!届くだけで、なんだか楽しくなっちゃうDMなのです。
    2366かもいべ
      これまで届いたもの…。
      (お願いしてから2年近く経つけど、これで全部じゃありません^^ゞ)

大きさはだいたいポストカード2枚分といったところ…。(比較画像)
   2361かもい
    左はポストカード、右がDM。
    紙質は意外としっかりしてて(←抽象的ぃぃ~~!・笑)結構な厚みが。

最初はノートに貼ってファイルしてたのだけど、かさ張るのでやめました(^^ゞ。
        2362かもい
       イベントに行ったとしても、「コンプリート欲」はないので(笑)、
       全種掲載されてるのはありがたい…。
       土地勘のない地域は、モチーフで名産品を知り得たり…。
       と!ところで、一番下のマステ、かわいくないですぅぅ?

拡大してみた(笑)。
  2363かもい
     なんと!うりぼう!!かなりなレアモチーフ!!
     岐阜県美濃でのイベント限定だったようです。
     (あのー…えっとー…岐阜ってイノシシが有名なのでしょうか?笑)

ちなみに、いちばん直近でいただいたものは…。
      2364かもいべ
        週末まで開催されてた「八戸」のもの。
        ご当地モチーフもかわいいし、チェーンのような黄色いマステ、
        ベーシックで使い勝手がよさそうですね。
        そうそう、mt展は訪れた方のレポを読むのも楽しい…(←ですよ!笑)

次はどこかな~♪どこかな~♪(←往年の学研待ちのようだ・笑)
行けなくっても、届くと嬉しい郵便。
郵便受けが「水漏れ修理」や「住み替え案内」等、ソッコーで
ゴミ箱行きのチラシばかりの時、これが紛れてるとなんだかほっとします(笑)。
*****************************************************************
マステは時間の経過とともに、粘着力が低下していき、
あまり長期の保存には向かない…とも聞きますが
(自分自身、あまり感じたことないけど…)
なかなか限定モノとか、カワイイタイプは使い切れないんだよねー。
でも、マステコレクターさんの貯蔵量を(笑)拝見すると、
まだまだわたしなぞかわいい部類(^^ゞ。
なんだかんだ、これからも増殖するかと思います。(笑)

使うのは、柄が上下の向きが決まってないものが勝手がいいしな…。
   2362かもいべ
       このブログを書いてるPC。年イチ程度で模様替えします(笑)。
       雑な貼りではありますが、ま、外に持ってかないしね。
       (開きのカンケイで「VAIO」が逆になってますし…^^ゞ。)

使ったのはこの4種…。
      2363かもいべ
      PC貼りはそれなりの量使うので、けっこうやせっぽっちに(笑)。
      四つとも定番タイプなので全部で700円位じゃないかな~?
********************************************************************
最後に。
これまで訪問したmtイベのレポ記事をご案内しておきます。
(と、いうか自分の備忘録<まとめ>かな…笑)

各写真の下、赤文字をクリックすると、記事に飛びますのでご興味ありましたら…。
       544Gエイト
          mt×G8(銀座8丁目)

   783まんせい
       mAAch ecute(マーチエキュート)神田万世橋

   1159はなや
       花やしき・前編

     1166はなや
       花やしき・後編

     1681すえひろ
     3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)」

画像は、各イベントのディスプレイもしくは限定品です。
ゆかりのあるグッズがマステで彩られているのですよ~~!!
(ワンピースやアップライトピアノも!)

ちなみに。個人的にいちばん感動したのは「浅草花やしき(遊園地)」デシタ。

本日は「喫茶店の日」…。

…らしいっす!(←「モヤさま」のナレーション風にどうぞ!笑)

先月発売になったばかりのこちらを、楽しくそして興味深く拝読しました。
    2355ほーせき
     「会社をやめて喫茶店はじめました」(発行 イースト・プレス)

千歳烏山に実在する「喫茶 宝石箱」。
お店誕生までの軌跡を描いたコミックエッセイです。

手短にお店を紹介しますと、「宝石箱」さんは2009年にオープン。
昭和のテイストが(主に1980年代)、お部屋のすみずみまで
たっぷり詰められたステキな喫茶店。
「モヤモヤさまぁ~ず2」やタウン誌や街歩き系雑誌等、
メディア登場も多いので、ご存知のかたも少なくないと思います。
   2356ほーせき
      帯にもちゃんと記載があります(^^)。

コミックを描かれているのは、なんと店主ナオミさんのオットさま!(≧▽≦)
漫画家の花小金井正幸氏です。
(モヤさまのご出演時はご夫婦揃ってでした。
写真を見なくても似顔絵が描けるくらいのさまぁ~ずさんファンだそう…笑)

わたしも同番組から情報を得、一度訪れたことがありますが
すっごくくつろいでしまいました(笑)。
「喫茶店」にいるというよりは、少女時代に戻り
土曜の学校帰り(←そう!あたいらの頃は土曜日は休みでなかったんですのよ!笑)
お友達の部屋で手作りのお昼ごはんを食べてるような錯覚を覚え…。
ご近所だったら、足繁く通いたくなる空間でした。
(記事の最後に、当時の駄レポの・笑、リンク先を貼っておきます)

お邪魔した日は、平日の開店時間早々だったため、
来店者はわたしひとり…。
店主のナオミさんともたくさんお話をさせていただき。
(…と、いうか!わたしがコーフンして質問責めにしてたかも?笑)
その際、お店を持つ以前は別の仕事をしてた…と伺ってはいたのですが。
      
あらためて、開店までの経緯をコミックで読ませていただくと…とてもおもしろい。
喫茶店経営の目標ありきで(資金面など)、前職に就かれていたのかしら?と
憶測していたのですが、そうではない(?)らしく…(笑)。
OL時代「喫茶店」が好きで。80年代カルチャーが好きで。
その両方の魅力を兼ね備えたお店ってないかしら?なさそうね…
じゃ!わたしが!との気持ちが沸き上がってのことのようです。

とはいえ。
やっぱり一歩を踏み出すまでは、逡巡もいろいろあったようで。
そのあたり…決意が固まるまでの心情もつぶさに描かれていて
作品に一気に引き込まれました。

あとはナオミさんを取り囲む人々が…またいいんです。
パートナーさんの花小金井氏はじめ(開店前はまだ彼氏さんだったそう)、
お姉さん夫婦、不動産屋さん、工務店さん…
暖かく手を差し伸べ、そして優しく後押しする。

今や人気のお店で、成功した結果はわかっているのに
時にハラハラし、時にヒヤヒヤし…(^^ゞ。
晴れての開店の章に辿り着いたときは、こちらまで嬉しく
すがすがしい気分になってしまいました(笑)。

それにしても。
思い立ってから会社を辞め、ほぼ一年で開店にこぎつけた
ナオミさんは、とてつもないバイタリティの持ち主…と感嘆するばかり。
(やらなければならないこと、山ほどありますものね)

こちらの本は「これからお店をやりたい」と思ってる方へ
ヒントになれば…との思いもこめ作られたそうです。
開店目標のあるかたはもちろん、気持ちの迷いに
声無き「You!やっちゃいナ!」のひと推しが欲しい方にも(笑)…オススメかと。

表紙イラストは、宝石箱さんの外観…。
   2358ほーせき

来店時に、わたしが撮ったモノ…。
   2357ほーせき
     あえて隣の「マッサージ院」も切り取らずに載せますが、
     こういう「軒を連ねる感」のある物件を選ばれたのも
     なんだかステキなのです…。

お店のロゴマークはお姉さま(これまた漫画家さんだそう!笑)の
百田千峰さん制作によるもの。
       619ほうせき
      おしとやかにお茶をたしなむ乙女がステキ
      看板制作は義理のお兄様・作だそうです。(素晴らしき連携プレイ!)

わたしの「宝石箱レポ」は、3回に分けて掲載しております(笑)。
  ☆外観&内装編☆  ☆お食事編☆  ☆BGM編☆
   (色文字をクリックしてください☆彡)

なたね梅雨。

メトロポリタン番外地の当地は(笑)、都心より桜の開花が数日遅め…。
それゆえ、満開時期にもタイムラグがある。
週末近くまでピンクに包まれた風景が楽しめるか…と、
昨日の時点では思ったのだけど。

今日は思いのほかの雨量、だいぶ落ちてしまいそう…

とはいえ。今年に限らずこの時期、雨は意外と多いのかもしれません。
菜種梅雨(なたねづゆ)」。なんて言葉があるくらいですし。
(注・3月中旬から4月上旬にかけて降る連続した雨のこと)

雨はニガテ、そして桜が散るのは寂しいけれど
「菜たね梅雨」ってことばの響きにはどことなく惹かれます。
「菜の花」でなく「菜たね」…とするところが抒情的で。(でもない?笑)
そうそう、川面に散った桜の花びらが帯状に浮かぶ
花いかだ」…って言葉も好き。
両者春の色彩が目に浮かぶ、美しい表現だな…と。
  2344なたね
     サクラと菜の花…。
     残念ながら、去年の画像!(^▽^;)
     好きな場所だけど、今年は行かずじまいになってしまったので。
*********************************************************************
今日は久々に「マスキングテープ」なぞ…。

「菜の花」と「桜」のお話をしたところで…。
   2345なたね
     mt(カモイ加工紙)のその名も「菜の花」というテープ。

画像がヘタすぎてわかりづらいですが(笑)
お花の部分は立体的なエンボスが施されてます。(フロッキーというシリーズ)
     2346なたね
       フェルト状のもので凹凸がついてます。
       二段、三段貼りしても映える…。

サクラのほうは。
以前、コチラの記事で、このテープ に触れたのですが。
    2352なたね
     スワンとサクラ
     各々、ソロではグッズのモチーフになりがちだけど、
     意外とこのマッチングはない気がする…。

前述UPした記事を見、ブロ友さんがほめて(?笑)くださり。
複数買いしてたので、一巻、お裾分けしたところ…。

次にお会いした際…。
     2347なたね
       いただいたお土産の袋に…。

素敵にデコってくださった~~!!
 2354なたね 2353なたね
   ああ!なんて心ニクイ演出なんだっっ!!(≧▽≦)

ステキはマステに及ばず、留め具も!
     2349なたね
      麻ひもをクラシカルなボタンに通して…のお心遣いっ!
      ポンコツ女がちょうだいするには、身に余る演出です。(笑)

マステで柄に上下の向きがあるものは、使いかたが意外と難しいもの。
かわいいし、楽しいし…で、つい購入してしまうのだけど。
実際使うとなると、結局、ドットやストライプに頼りがち(^^ゞ。
なので。勉強になりましたっっ!!

とても嬉しかったです。
今更ながら、ありがとうございました!………ネルネルネコさま(笑)。
    2350なたね
      いただいたおやつも、かわいくておいしかった
      このホスピタリティ!敵いませぬ(笑)!       

「食べきりげんまん」精神で(?)。

新年度、最初の金曜日…。
新入社員歓迎会の得意日(笑)…というのも今は昔か?と
リアルタイム検索かけたらば、意外と(?)健在の様子…。(笑)
そして「ユウウツ」「めんどくさい」という意見が多いのもこれまた変わらず…(^^ゞ。

わたしも最初に入った職場の飲み会はヤだったなぁ…。
(なのに!なにかにつけ酒宴の多い職場で…^^ゞ)
イスでなく、畳の場が多かったので落ち着かず…。
率先してお酌するようなタイプではなかったけど、
ニガテな人が接近するのを察知、避難移動したりで、
集中して食べられないしねー…(←え?そこ?笑)。

でも。ここ数年、宴会において、新しい流れがある模様…。
すでに、実践されてる職場のかたもいらっしゃるか?と思われますが
「3010運動」という取り組み。
宴会開始30分と終了前10分は離席せず、食事に専念することで、
食品ロスを削減する運動。
これ、すごくいい!お料理だけでなく、
ムダにお酒を開け過ぎないことにもつながる気がするの。
(無秩序にお酌にまわると、中途半端に残ったビール瓶とか多くなるし…)
それと!終わりの時間もある程度決められるから、
ダラダラしないんじゃないのかな…と。(←結局、早く帰りたい^^ゞ)
*********************************************************************
心がけなしで、「食品の食べきり」は難しいことです。
適量を買うように、消費期限&賞味期限内に使い切れるように…
ポンコツなわたしとて(笑)、日々考え、買い物するようにしてるのですが。

オットが会社からこないなものを…。
      2395あるふぁ
        半年前に期限切れとなった「アルファ化米」(保存食)。

3月11日近辺に、備蓄してた災害保存食を入れ替えた模様…。
もうちょっと早く、気づけなかったのか?と思いましたが
やっぱりこの時期にならないと、意識が向かないものなのかもしれませんね。

しかも、大量…(^^ゞ。
    2396あるふぁ
        (空箱に入れてお気持ち、フォトジェニックに…笑)

「もらいすぎだよ~!!」と言ったところ、これでもうちは少量の部類とのこと(^^ゞ。
一人暮らしの男性なぞ、大量に持ち帰ったうえ、会社のお昼にも食べてる…と。
(久々に「男やもめ」というワードを思い出しました・笑)
他企業含めビル全体での備蓄につき、それでもまだまだ残ってるらしく…。
      2397あるふぁ
        完膚無きまでの…期限切れ(^^ゞ。

男性社員が食べ普段通り出社してる…ということは、とりあえず体に
影響がないことは実証されたようなもの。(仮説的ですケド・笑)
あらためてWEB検索してみても「2年前の期限切れでも問題ナシだった!」との
レポートが!(ただし、自己責任で!との念は押してありましたが・笑)

気が進まないのは、やまやまだけど、
みすみす捨てるのも心が痛むというもの…。
苦肉の策で、ご飯を生かしとりあえず稲荷ずしを作ることにしました。

ってなわけで。ここより、工程をば!(笑)
災害非常食とあって、お湯だけでなく水でも作れます。
    2399あるふぁ
      ただし、時間はかかるよ~!お湯でも15分というのは驚いた!
      水にいたっては、一時間も!Σ(゚Д゚)
      災害の前に、知っておいてよかったです。

お湯を入れる前はこんな感じ・・・。
    2398あるふぁ
      見た目とは違い、スプーンですくうと食品でないようなカリカリ感。
      緩衝材や乾燥剤のような感触を覚えました。

出来上がり。
    2340あるふぁ
      湯気でもわもわ~(笑)
      粘度を増して、たった15分前の感触がウソのようです。

「とにかく消費してしまいたい」気持ちがはやり、四種類作ってみた(笑)。
     2341あるふぁ
       そしたら、コレが結構な量で…(^^ゞ。
       「お茶碗たっぷり一杯分」と表記してあるけど、ゆうに超えてました。

油揚げ(スーパーで購入したもの)、念のため10枚煮ておいたのだけど、
まさか!全部使うことになろうとは!(笑)
     2342あるふぁ
       揚げを半分に切るから20個という運びに(^^ゞ。
       二人暮らしなのに、この量!!
       でも!出来たてを夕飯にオットが7個ワタシが4個食べ
       一回で半分以上さばけ、翌日には完食!為せば成る!(笑)

肝心な味は…おいなりさんにしないほうがよかったかも(^^ゞ。
油揚げの包括力に信頼を置き(だって、お揚げの応用力すごいじゃん!)
作ってみましたが、ナチュラルに食べるほうが向いてるかもしれません。
(海苔なども、あまり合わないような気がします…)
残念!名案だと思ったのになぁ…(一一")。
まだまだあるのに…気が重い(笑)。
(オットはそんなにキライじゃないようなので、あとはお任せしちゃいますかね~←鬼嫁!)

災害非常食は、入れ替え時に消費しなければだけど
いっぺんにとなると、気が重くなるのは必至なので、
猶予をもって、少しずつ…がオススメですね。
************************************************************
冒頭の「3010運動」の他にも
「食べきりげんまんプロジェクト」に取り組む自治体もあったり
自分自身も食品ロスを今一度、考えを改めるきっかけとなりました。

こうも、たくさんもらっちゃうと…ね!(^^ゞ
     2343あるふぁ
        いただいたのは6種類…。
        戦隊ヒーロー風に並べてみたり(^^ゞ。
        こうしてみると、中央は赤飯がよかったかしら?
        (センターはレッドが相場だから…ごめん!すばるくん!←何の話だ?笑)

そうね、年長組なら…。

少ない更新にもかかわらず、
先週は2回も幼稚園のクラス名に言及してしまいましたが(^^ゞ、
書いてる最中にこんなサイトをみつけました。
ママ向けコミュニティ「ママ★スタジアム」(青字をクリックすると飛びます)

現役ママのクラス名アンケート。(トピックは2013年なのでやや古め…)
動物名やお花といった伝統的な名前も健在でしたが、
まったく想定外の、ネーミングも多数。
時代に伴う多様化に目を見張るばかり…。

なかでも、ページ冒頭に記載されてる「宝石の名前」でのクラス分けには
あっけにとられてしまいました(^^ゞ。
エメラルド、アメジスト、オパール、サファイア、ルビー…」って(笑)。
キッズになんたるか?理解できるのでしょうか?(…というか、ウケ狙いの作り話かな?・笑)

♪そうね、年長組ならルビーなの~…。
そんな言葉が頭にうずまき…きょうのタイトルとさせていただきました(^^ゞ。
(↑あきら・てらおのアレ!で歌って!笑)
******************************************************************
月イチ連載中、幼稚園出欠帳。
現在年少時代をご披露、一年終わった時点で(6月)
年長組を…と、計画していたのですが、
年度はじめに足並みをそろえてみようかと…思い直しました。

というのは。
「年長組バージョン」は「かわいさ」の点で若干、年少時代との開きがあるので。
(見ようによっては「ブサかわ」的風情…^^ゞ)。
急激な変化にがっかり!と、ならぬよう…じわじわ移行していこうかと(笑)。

はい!では、年長さん「ひつじ組」出欠帳をどうぞ!
   2389うさひよ
     季節に準じた背景でお人形さんなのは同じだけど…。

年長は、動物バージョンじゃないんですよね~…。
   2390うさひよ
   この男の子と女の子が一年通しての登場。
   表情が…笑ってるのか?不安げなのか?見る人によっていかようにもとれる(笑)。

出欠ページも…年長になった途端に手抜き感(^^ゞ
    2391うさひよ
     出席した日のシールのみに(笑)。通算の日数すら書いてないぞ!
     担任は変わった記憶あるけど、新担任がズボラだったのか?
     年長になってまで手を焼いてられん!ってことなのか?(笑)

年長バージョンはカバーも残っておりました。
   2392うさひよ
     「ひつじ組」証明書。(笑)
     ボイズンガールは、やっぱ…なんともいえない表情です(笑)。

動物バージョンがかわいすぎたからね~…よけいに。(再掲載)
    2387うさひよ
      今月は特に、めんこさが際立ってたし…。
      ただ!背景のクオリティは据え置きかと思います(笑)。

5月と6月は、年長&年少、同日に記載する所存です。
落差に覚悟、しててくださいませ♪(笑)。

「べっぴんさん」から「ひよっこ」への2017年4月…。

昨年のちょうど今時期…。

NHKの「朝ドラ」を、最終話まで欠かすことなく見続けるのは、意外と難しい…。
一話にすればたかだか15分だけども、週に6日。
本格的におもしろくなる前にいつしか離脱してしまうパターン…。
でも!2016年前期「とと姉ちゃん」は、「暮らしの手帖」創刊者がモデル。
今回ばかりはなんとか完走したいものだ…と記していたのですが。(コチラに)

結果。
「とと姉ちゃん」。最終話まで視聴いたしました~!\(*´▽`*)/!
それどころか。
その次の「べっぴんさん」も継続して視聴!
本日、無事、最終話を見届けました~~!♪\(≧▽≦)/\(*´▽`*)/♫!
(更新回数が少ないので、ブログでは全く触れてきませんでしたが・笑)
   2385うさひよ
    べっぴんさん作中の舞台「キアリス」のモデルとなった「ファミリア」。
    こちらは代官山の店舗。(年末に撮ったのでクリスマスツリーが写り込んでる^^ゞ)

2016年度は前後期でヒロインや時代背景に、共通していることがいくつかありました。
共に大正生まれ。戦前に少女期を過ごし、戦中戦後の苦難を乗り越え
新しい時代に相応しい「起業」をすること。
人々の気持ちに豊かさ、潤いを与えるような…ね。

個人的な作品の好みでいえば、圧倒的に「べっぴんさん」に軍配!でした。

「朝ドラ」といいつつ、わたしは定時録画をある程度まとめての視聴スタイル。
「とと姉」終了後、予約を解除し忘れ、たまったものを冷やかし半分で
見始めた…といった具合だったので、さほど期待してなかったのですが(^^ゞ、
これがなかなかどうして…で。(←何さまだよ!笑)
丁寧に作り込んでいながら、話の展開はテンポ良く、
(一話の中で結納→結婚→ご懐妊→夫の出征が詰め込まれた伝説回が!たった15分で!^▽^;)
なによりヒロイン・すみれのたおやかな人柄に惹かれました。

そこへー行くとー。
「とと姉ちゃん」はストーリーの進捗がものすごく遅かった(^^ゞ。
いつになったら雑誌作りのくだりは出てくるの?とヤキモキするくらい(笑)。
(シリーズの半分くらい経ったところで、ようやく…といった具合でした)。
どちらかというと「起業」の部分よりも、
亡き父にかわり、大黒柱として一家を支え、家族の将来を見届けるところに
照準をあてていたのだな…と。(ま、タイトルからしてそうでしたね・笑)
随所随所で、泣ける部分、おもしろい部分もあったけれど、
若干、期待はずれ…もごもご(笑)だったかな、わたしは。
(ヒロインもしっかり者すぎて、時に鼻持ちならない印象すらおぼえたり…笑)
ネット上の評価などから察するに、少数意見だとは思いますが(^^ゞ。
*********************************************************************
年度はじめ早々、サイレントマイノリティの無駄話、すみません(^▽^;)。

月初はお約束。「ひよこ組」時代のこちらを!
  2386うさひよ
   前々回更新で、意図せずして幼稚園のクラス名について
   言及しましたが(年少・ひよこ、年長・ひつじ)、
   来週からスタートする朝ドラタイトルは「ひよっこ」とのこと(笑)。
   いや、ほんとに今回の前フリで書いたわけじゃないのよ!
   だってメインは「こぶし組」の事だったし…(笑)。

今月の画像は、これまた意図せず、
どことなく「キアリス」的というか「ファミリア」的というべきか。
  2387うさひよ
     ヒロインの名前の由来となった「すみれ」とおぼしきお花が右サイドに!
     おぼこい表情と小首をかしげた仕草がかわゆ~い!

でも、よくよく考えてみると…こっちのほうが似てるかも?(笑)
          2394うさひよ
        価格を置いとけば、一応、競合他社となるかな(笑)^^ゞ。
        ふと見りゃキアリスのトレードマーク「四つ葉のクローバー」が!
        「ファミリア」は神戸で誕生しましたが、
        「西松屋」の発祥も兵庫県だったのですね~\(◎o◎)/!。
        (↑姫路市との事。記事作成中に知るいつものパターン・笑)
        お人形が会議してるここのCM、すっごくかわいいですよね~!

ああ!話が右往左往(^^ゞ!出欠チェキラ!です。
    2388うさひよ
      家族以外のコミュニティに飛び込び
      幼稚園ライフをスタートさせた、記念すべき月…。
      29日が天皇誕生日ですよー!もちろん!(笑)
      将来、この日が「昭和の日」になろうとは、
      はたまた同日生まれの人が後に自分の伴侶になろうとは
      知る由もなかった、「ひよこ組っ子」です^^ゞ!
*****************************************************************
二年程前に、関西へ旅行したのですが。

その際、ブログにUPしきれなかった画像がかなりあって、
「べっぴんさん」放映中に、ドラマのお話を交え、
書いてみよう…ともくろんでいたのに、もう四月!(^^ゞ
(作中に関連するスポットに、偶然いくつか出向いていたので)
なんか…なんかなぁ~!(←ヒロインの口癖!笑)早いものです。

今後、タイムラグありまくりでUPするかもしれません。
「べっぴんさん」についてももうちょい語りたいし…。(この期におよび…)

そんな「いまさら感満載」は当ブログ、今年度もかわりません!(^^ゞ
今年度も、そして今月もどうぞよろしくお願いします!(。-人-。)
        2393うさひよ
        「ファミリア」の顔!
        「ファミちゃん」という名前だったんですね(笑)。
        シンプルながら、なごみますよね~!
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
「レトロ」とうたったブログながら、
紙モノネタ(ポスカ、マステ等)と
街ぶらばなしが、近頃多め(笑)。

ま、ともあれ。
あくまでも自分の「ものさし」で。

昭和スピリッツを感ずるもの
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東京都」とは名ばかりの(笑)
のどけき場所よりお届けしてます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR