FC2ブログ

「おかげさま」と「感謝の気持ち」。

前回に続き、2018年書きそびれネタ(^^ゞ。
さかのぼること3か月ちょい…といったところでしょうか。

おかげさまで。今年も一公演…拾っていただけました(笑)。
  3495ぐれーてすと
     今回は東京ドーム二日目。(「誰の」「何の」を例によってボカす・笑)

去年の今ごろは、まったく想像してなかった。
「新たなスタートライン」に立つこと。
いまだ残念な気持ちはぬぐい切れないけれど。

でも。脱退発表を受けての7人でのツアーだったら、気持ちの上でかえって
ダメージがあったかも…と今となっては思ったりもし。
きっと、これでよかったんだ。(あくまでも個人的には)
「始まるんじゃない 始めるんだぜ!!」
歌詞をなぞるように、6人の気概も強く伝わってきたので。
  3496ぐれい
    今回は赤ちゃんがゆっくりと一回転するオブジェでした。(笑)
*******************************************************************
今ツアーはチケット当選にプラス、ひとつ嬉しいことがありました。
ブロ友さんとの参戦です。

ご家族経由でたまたま目にした「メトロック」の映像に、
好意的なコメントに残してくださり…。
(あれ?鍵コメだったかも?…^^ゞ。お名前伏せるのでお許しくださいね!←私信)
そう言っていただけるのなら、「You!ライブ来ちゃいなよ!!」
…とは言いませんが(^^ゞ、一度、ご覧になってみませんか?と。
以前、お会いしたことあるブロ友さんでしたしね。

時折り「ヲタ記事」を書いてはおりますが、あんまり読む人もいないだろうな…
と思っていただけに、よもやの展開が喜ばしく…。
席はスタンドのかなり「上のほうーー!」で、申し訳なく思っていたのに、
別れ際「アルバム聴きながら余韻に浸って帰るね!」との一言が何より嬉しかったです。
あらためて。ありがとうございました!
3497ぐれい3498ぐれい
  今ツアーはすべてにおいて「赤ちゃん仕様」(^^ゞ。
  ペンラはガラガラ型でした(笑)。(かわいい上にコンパクトでナイス!)
*********************************************************************
さて…と。(笑)

2018年も明日を残すのみとなりました。
例年、大みそかに「暮れの元気なご挨拶」をしておりましたが、
今年は本記事をもって「ブログ納め」とさせていただこうか…と。
一年間おつきあいいただきありがとうございました。

先日も触れましたが、今年はPCを開く時間が減り。
おのずと。ブログの更新もペースダウンとなってしまいました。

でも。正直、これくらいがちょうどいいのかも…という気もしてて。
たっぷり時間があるときに、あーでもないこーでもないとゆっくり書くほうが。
ノルマがあるわけでもないしね(笑)。
来年の更新数が今年を上回ることななさそうな予感がするなぁ…。
(↑そんな後ろ向きなこと、わざわざ宣言せんでもよろしい!^^ゞ)

ともあれ。これまで以上、好き勝手進行していきます。(内容&更新ペース共・笑)。
来年も気軽にお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

そして。最後にお詫びを。
今年はお邪魔するばかりで、どのかたにもあまりコメント残せませんでした。
文面や写真からいろんなもの、いただいたり。気づかされたり。
この場を借りまして。みなさま、ありがとうございました!

どうぞ、よいお年を☆彡。

citron*
     3501ぐれい
       ありがとう、201∞年…(笑)。
スポンサーサイト



「老舗」と「無駄スキル」と「奇跡の人」。

2018年も、あと数日で終わるんですか?
ほんとに?ほんとぉにぃ?(笑)
信じられない…。年初の出来事すら、最近のことのように思えて…。

そんなわけで。
「まだ、行ったばかり…」の気がしていた、ほぼ一年前のネタを…(^^ゞ。
****************************************************************
メディアでしばしば登場することも手伝い、事あるごとに思い出しては
行ってみたい気持ちにかられるお店がありました。
とはいえ。決して近場でなし。
「まぁ、なにかついでがあったら…」の繰り返し。

しかし。
それほど気になるのなら「ついで」を待つ必要などないのでは?

と。当たり前すぎなことに気づき…(^^ゞ。
後手後手な自分を律す意味も込め(?笑)、出向いてきました。2月のことです。
 3478純喫 3477純喫
   JR上野駅「浅草口」から5分ほどに位置する純喫茶。
   
「高級喫茶」なる、いにしえ漂うふれこみからもうかがえる通り、歴史あるお店らしく。
ネット上の情報によると、誕生したのは1963年(!)が有力説のようです。
ゆうに半世紀超え!浅越ゴエです!(←しょおもな!)

雑居ビルの地下…というのも好奇心に拍車がかかるというもの(笑)。
  3479純喫3480純喫
   地下へと続く階段と、「裸一貫」な女性のドアノブ!(こんなん初めて見た!^^ゞ)。
   本丸にたどり着く前にからしてこのセンス(笑)!期待が高まります。

ひとたび、店内に入りますと。
屋号にみじんも偽りナシ(笑)!ノスタルジックでゴージャスな空間が!!
  3483純喫
    窓全面がステンドグラス調!岩窟のようなパーテーション!!

シャンデリアや柱の彫刻…いたるところきらびやかです。
  3482純喫 3481純喫
   オープン当初から店内に大幅な変化はないらしい…。(これまたネット情報)
   話題になったでしょうね。

華美な内装や調度品も、もちろん期待の内ではあったのですが。
それより。なにより。
いっちばん拝見したかったのはコチラ!
  3485純喫
    アナログ音源時代のエレクトーンっっ!!

エレクトーンがデジタル音源化され、すでに30年以上。
パネルのタッチ一つで容易に音色チェンジが可能になりましたが
アナログ期はレバーの上げ下げで微調整していたんですよね。(鍵盤の上部)
  3486純喫
    おそらくプロ仕様に作られた機種かなと。
    手弾きのキーボードが通常の2段ではなく3段仕様なので。
    第一、家庭用&教室用の普及品はフタがありますからねー(笑)。

…と。ここで。
いまやオワコンとさえ揶揄される楽器の歩みを
なぜわたしが把握してるか…と申しますと。
けっこうな期間、エレクトーンに打ち込んできたから…(^^ゞ。

人生において(←堅い!笑)、コレ!と胸を張れるものがない中、
唯一、真剣に向き合ったことかもしれません。
一応…講師ができるグレードの取得まではがんばりましたし。
(教えたことはありませんが。ピーク時のレベルもキープしてないし←the 無駄スキル!笑)

ブランクも何回かありましたが、楽器は新機種がリリースされたり、
技術が少しずつ身に着き、物足りなくなったりした際に買い替え。
通算4台がうちへやってきました。(でも。やってた年数からすると、かなり少ない台数です…)
最後に買ったモデルは現在も自宅にあります…。

そのうち、一番最初に買ってもらったのだけアナログ式…(^^ゞ。
当時から音色にストリングスやピアノはあっても、リアル楽器からはほど遠い音…(笑)。
それでも、親にねだってねだって、待って待って…の到着でしたので
感激はひとしおでした。

でも。こんな装備のエレクトーンは、近隣のヤマハでは見たことなかった…。
ごくごく限られた店舗だけの取り扱いだったんでしょうね。
          3484純喫
           ステンドグラスと白のボディに哀愁が漂う…。                

写真の許可をいただく際、店主さんにうかがったところ。
昔はヤマハからプロのプレイヤーさんが派遣され、
演奏タイムがあったとのこと。(これまたすごい!)
エレクトーンにとっても一番幸せな時代だったかもしれませんね。

「肉眼で往年のハイグレード機種を見る」が目的だったため、
オーダーはぶっちゃけなんでもよくって…(^^ゞ。
  3492純喫
   コーヒーだけですみません(笑)。
   正統派喫茶店の味わい…おいしかったです。
******************************************************************
冒頭でも触れた通り、メディアで目にすることが少なくないお店。
喫茶店やレトロスポットを特集した書籍や、情報誌などなど…。
さらに。ドラマ等のロケ地として登場することも…。

訪問時も放映PRの貼り紙が…
3487純喫3488純喫
  ズムサタ(左)…オール出演者の顔ぶれが掲載されてる!律儀ですね(笑)。

昨年、欠かさず見ていた連ドラにも登場しました。
 3489純喫
    正面を向き座ってる人が主演。さぁ!誰でしょうか?

ハイ、イケメンさんの降臨だよっっ!!
 3490純喫
  きゃぁぁーーー!つかポンっっ!!(…って誰やねん?笑)

すみません。「つかポン」は劇中での呼び名…(^^ゞ。
錦戸亮さん主演「ウチの夫は仕事ができない」のワンシーン。
バックにエレクトーンを背負って…眼福なりき(笑)。

思わず録画をポーズしてカメラに納めてしまいました(^^ゞ。
 3491純喫
   この作品では「奇跡の人」をバックに、いっつも頭下げてたよなぁ…亮ちゃん。
   (要領が悪かったからねー、「つかポン」こと司くんは・笑)
   右はドランクドラゴンの塚地さん。リアルつかポンですな(笑)。

そんなわけで。
 ○ノスタルジック。
 ○エレクトーン。
 ○かんじゃにえいと(←ひらがな…て^^ゞ)。
思い入れのあるものが集約した「トリプル聖地巡礼」となりました。
満足、満足…。(笑)
***************************************************************
多少時間や交通費がかかっても、近県エリアで気にになる場所は
行っておくべきだな…との思いが年々強くなっています。
特にお店は…ね。後継者の心配もなく、繁盛してても
建物の老朽化で閉店を余儀なく…ってこともありますし。

あと、来客の利用目的というのも大きいな…と今回は感じました。

こちら…都内では珍しくなった全面喫煙で。
来店時間がお昼休みの終わり頃…ということもあってか
店内のほとんどがランチ後の一服にきたビジネスマン。
逆に。飲食だけの身ですと、間が持たないというのか…(笑)。
紫煙のうっとうしさより、「場違い感」で「早めにおいとましなくては」という気分に。
スモーカーのオアシスとしての役割は、とても大きいようです。
(余談ですが。その環境でエレクトーンの鍵盤が劣化せず煤けていないのが驚きでした)

しかし。東京都も2年後には飲食店の全面禁煙が義務化されるとか。
それを機に身の振り方を考える老舗というのも、あるのかもなぁ…など思ったり。
(注・「ここの喫茶店」が、ということではないです。)

そんなことを考慮すると。
ますます行きたい場所へは四の五の言わずにいっとくべきだ…
との念が強まります。
思い立ったらSuica帯刀!!2019年の目標としておきます(笑)。

余談が多く長い記事に、おつきあいいただきありがとうございました。
 3494純喫
  せっかくだから「亮ちゃんシート」を撮ろう…と勇んだら、
  ドラマ撮影時とビミョーに配置が違ってました(^^ゞ。

おかげさま。

半月ほど前、「アルペンジロー」に行ってきました。
おそらく。20年ぶりくらいだったんじゃないかと…(^^ゞ。
      3471あるぺ
        「Since1985」。30年以上も前からあるんですね。

「アルペンジロー」は横浜にあるスープカレーのお店。
実は。行ったのが昔過ぎて、存在を忘れていました。(なんせ20年ぶりだから・笑)。
しかし。今年、いくつかのブログさんで取り上げられているのを立て続けに拝見し、
キオクが呼び覚まされた次第です。

正直。お店の名前…そのものよりも。
記事内の画像で「あぁぁぁあーーーーーっっ!!」っとなり。
絵文字さながら。切れてた線がつながり脳内電球がピカりました…(笑)。
  3473あるぺ
    ライスが「飯ごう」でやってくるお店ねー!…と

当時、予備知識なく連れてこられたのでとても驚きました。
今でこそスキレットとかダッチオーブンとか…アウトドアテイストのものを
日常生活に取り入れることは珍しくなくなりましたが、
その頃としては斬新でしたから。
小学校のキャンプ以来の飯ごうライスを、よもや横浜のど真ん中にて
食べることになろうとは…と、笑ってしまったキオクまで蘇って…。
(キオクってのは、芋づる式ですなー^^ゞ)

本店は伊勢佐木町駅近くですが。
今回は元町店の方へ。中華街も近いし…よかろうと。
      3472あるぺ
       こちらが出来たのは、わりと最近らしいですね。
       
ご一緒してくださったのは…これまたブロ友さん(笑)。
この後、中華街やらみなとみらいやらブラブラと…。
カレーはとてもおいしかったし、買い物も大満足!
「ブログのおかげ」で成立した楽しい一日でした。
*****************************************************************
今年はPCを開く時間自体が格段に短くなり…。
自分の更新回数が減るだけでなく、訪問させていただくブログさんも
かなり絞らせていただいて…ということになってしまったのですが。

ネットに割く時間が減っても。
記事から有益な情報を教えてもらい。
時になごんだり、時に気持ちの晴れ晴れするような、写真を拝見させてもらったり。
ネットを飛び越え、リアルな世界でもからんでもらえたり。(笑)
常にブロ友さんには「もらいもの」ばっかだよな…と。
ほんとに、ありがたいです。

わたしもお返しできれば…なんだけれど、なかなかねー(^^ゞ。
       3474あるぺ
       「水信フルーツパーラー・ラボ」も移転後、
       初めてのお立ち寄り。ブリュレ、いつ食べてもウマし!
       このお店を知ったのもブロ友さん情報でした、ええ。(笑)

  ☆おまけ☆
     12月に入っても、みじんもクリスマスネタに触れぬ当ブログ。(^^ゞ
     気休め程度にイルミなぞ…。
  3475あるぺ
     載せるほどでもない仕上がり…(^^ゞ。

日の短いこの時期は、早い時間から夜景が見られるのがいいですね。
        3476あるぺ
         この期に及んで、ツリー画像はナシっっ!!(笑)

どこかで だれかも。

書店の平積みコーナーで、嬉しい表紙を見つけました。
         3643どこかで
            オノ・ナツメさんの新刊!!

先月にもオノさん作品「ハヴ・ア・グレイト・サンデー」に触れ(コチラ)
来春発行の続巻が待ち遠しい…と記事を締めましたが。
それを待たずして、また短編集が読めるとは!
しかも!作品の舞台は現代のニッポンだっっ!!(←ココ、重要!笑)

誰もが馴染みのあるもの、その季節その場所ならではのもの…
さまざまな食べ物にまつわるショートストーリー。
  3644どこかで
    メニューはご覧の通り…。

一話5~7ページと短いお話にもかかわらず。
どのストーリーも、想像を超えるステキなドラマが展開され…。
しかも。そのすべてが優しく、ココロを温めてくれる。
荻上直子監督の映画に通ずるやわらかな読後感がありました。

テーマにより、「わかる、わかる!」というものあるし、
「あぁ、人によってはそういう思い入れもあるかも」…と気づかされたり。

全話、言及したいのはやまやまですが、
とりわけ目の付け所に感心した2編(2品かな?笑)に触れてみようかと。

「ロールキャベツ」を糸口に、実家の母を語る姉妹…。
 3645どこかで
   お母さんは「手の込んだモノ」をよく作ってくれたよねー…。と
   親元から独立した姉妹は自身の現状をかんがみ(笑)、懐かしむのですが。

しかし。一方で。
  3646どこかで
    とも、よく言っていたと。

これねー。まさに、ウチの母親と同じ!
折に触れ「料理は嫌いではないけど 好きというほどでもない」と言いますので。
心から楽しい!というわけではないらしく…(^^ゞ。
ただ、わざわざ外食のためだけに出かけたりする方が作るよりもめんどくさいし、
お金もかかるから…といった消去法的なご意見(笑)。

でも。作中のお母さん同様、料理に時間をかけることを惜しまないんですよ。
細かな下準備なども厭わないタイプ

そして。余談ですが。
大概…ウマイ!!(手前みそですみません・笑)
娘の欲目…ということだけでなく、友だちやいとこから
「昔、おばさんに作ってもらった○○がおいしかった」と言われることが
しばしばありますし…。
(自分にとってはフツー過ぎるメニューで、意外に思ったりもするのですが)
そういえば、同級会の幹事をなすりつけられたことがあり(笑)、
出欠確認の電話を同級生に入れたところ。
自分の近況報告より前に、「citron*んちのババロア、おいしかったよねー!」
との発言で、虚を突かれたことも…(笑)。

本題に戻し。
手軽にデパ地下のデリを買ったり
コンビニでスイーツを求めることが叶わなかった頃…。
好きの嫌いの以前に、「自分で作る」選択肢しかなかったわけで。
そして、せっかく作るのだったら手間を惜しまず…。
ある一定の世代以上はどこのご家庭もそうだったんじゃないかな。
(お金持ちのことは知りませんが・笑)
「料理上手」と「料理好き」は必ずしもイコールで結ばれない…
その目の付け所とキャラ設定に感心しきりです。

もう一品はコチラ。
 3469どこかで
     テーマは「鏡開き」。

舞台となる会社では、鏡開きが新年の恒例行事。
社長の餅割り後、「かきもち」を作るのが新入社員の通過儀礼。
コマにもあるように、数日間業務の合間をぬい
細かく切ったり乾燥させたり…と「揚げる」までの下ごしらえを
先輩の教えに従い、丁寧にほどこしていく…。

……あのう…。
いまでも、こういう会社ってありますかねぇ?(^^ゞ
2コマ目の「何しに会社来てんだ…」。
新人ちゃんの心の声は至極当然というもの…。

実は。わたしがイチバン最初に勤めた会社にもあったんです。
鏡開きにまつわる慣習が。
さすがにかきもちほどは手がかからないけど(笑)。お雑煮にして。
餅割までは男性がやってくれたものの、雑煮作りは当たり前のように
女性社員の役目に。

もうその当時ですら、他社の友人達には「ありえない」と驚かれ(^^ゞ。
ただでさえ正月明けの長期休暇後、業務がたまりにたまってるのに
雑煮作りを優先させる男性社員にイラっとしたものです。
(雇用機会均等法なぞ治外法権なオフィスだったしな…^^ゞ)
「何しに会社来てんだ…」は、当時のわたしの声でもあります(笑)。

ただ。この物語とわたしとの決定的な違いは。
浮かない気持ちで取りかかった新人ちゃんには、報われるラストが待っており。
セリフこそないものの「こういう習慣も悪くないな」…という気持ちに
彼女が変化していくのうかがい知れるのです。
   3470どこかで
  先輩社員もうまい具合に、彼女をやる気モードにさせていきますしね…。

わたしは…というと。
最後までユウウツしかなかったですから…(^^ゞ。
コレが端緒になったわけではありませんが(笑)、数年後、上京し転職。
鏡開きのキオクからもすっかり遠のき…。

時を経て、まさか平成ラストイヤーに思い出すとはね(笑)。
「いい思い出」とはいまだ言い難いけど(^^ゞ、買い物やら調理やら
お姉さん社員が適材適所、てきぱき分担してくれたな…。
この作品により、奥行のあるキオクの扉が一気に開かれました。
****************************************************************
収録作品は文芸春秋の「CREA WEB」にて連載されたものを
書籍化したらしく。
小説にしろコミックにしろ、紙のページをめくって読みたいタイプなので
ウエブ連載をまとめてくださるのはうれしい限り。
すばらしい文春砲!!(…といっていいのか?笑)。ありがとうございます!

フードコミックファン、荻上監督作品ファンのかたにはおススメかと。
きっときっと心地よくキモチがほどけていきますよ。
そして。お腹が空くのは必至!覚悟の上!(笑)
 3648どこかで

神みゅーだ。

二か月ほど前、一通の封書が届きました。
3630ばるみ 3631ばるみ
   差出人は画像の通り。
   
この店舗から、郵便物が来ることは珍しいことではありません。
ヒジョーに細い客ではございますが(^^ゞ、百貨店の中では一番利用する機会が多いし、
積み立てサービス「友の会」の会員でもありますし。

だけどね。
今回はこれまで受け取ったことのない書式。
印刷されたフォーマットでなく、市販の封筒にゴム版で押された差出人。
その上、「キッチン家庭雑貨」とピンポイントな記述もなんだかフシギで…。

まーったく見当もつかぬまま開封してみますと…。
    3632ばるみ
      表題は「お詫びとお知らせ」。

「えー?わたしごときに詫びてもらうことなんぞありましたっけねー?」と
思うや。次行で「あーーーーーー!!!」と…(^^ゞ。
 3633ばるみ
    「バルミューダのリコールっっ!!」

封書を受け取る少し前、ネット上でちらりそんな情報を目にしました。
しかし。大々的に呼びかけてる様子でもなく、対象製品の追跡まではせず…。
そーか!トースターだったか!自分んちのがビンゴだったとはねー(^^ゞ。

我が家の購入は2年前の今ごろ…。(購入の顛末はコチラ)
当時出庫されてた「初期モデル」にて、スチーム機能等不具合が一部で確認されたらしく。

「ってことは、部品交換かなぁ…。送る手続きも面倒だし、修理終わるまで
いったいどれくらい時間かかるんだろ?…(o´д`o)=3」と、
気分がオチかけたところで、目に入った一文がっっ!!
 3634ばるみ
    「現行モデル」と無償交換対応となっっ!!
     なんたる神対応っっ!!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

うちが購入してほどなく、改良形の「現行モデル」が発売されたのは存じてました。
まぁでも。さして「新機種出るまで、待ってればよかった!」 とも思わず
正月の餅焼きにも間に合ったし(笑)…と納得はしていたのですが。

しかしだ!ダーターで交換いただけるとなれば嬉しくないハズはない!
使用年数二年分もリセットされるわけですしね。
喜び勇んで、交換専用に設けられたサイトにアクセス(笑)。
所定の手続きを済ませ…。

申し込みから一か月かからず、現行モデルが届きました!(予告通り)
 3635ばるみ
     この箱をさらに一回り大きいダンボールで梱包した状態で到着。
     その空箱を使い、その場で初号機を回収。文字通りの交換です。
     段取りはすべてバルミューダさんが手筈を整え、
     ヤマト運輸さんに委託。
     
よって。ウエブでの手続き以降、こちらはなにもすることがありませんでした。
素晴らしいっっ!!
 3636ばるみ
   新聞やTVCM等、不特定に呼びかけるではなく、
   購入ルートから個々に通知…という対応にとても誠意を感じました。
   取扱店…今、すごく多いのに。その労力を想像するに恐れ入る。
   家電量販店はもちろん、雑貨店や家具店などでも見かけますし…。

日経ヒット番付にも入ったくらいでしたから、初期モデルの出庫は
相当数だったに違いありません。
交換にかかる費用はとてつもなく大きなものだったでしょう。
しかし。消費者の信頼感はゆるぎないものになったのではないかと…。
(もちろん、わたしも!)

初期モデルと現行品、見た目的にはさほど変わらず…。
機能面で、マイナーチェンジがあったんですよね。
 3637ばるみ3638ばるみ
   左が初号機。右が新しいもの。
   スチームを使わない機能がワット表示から温度表記に。(より便利!)

タイマーダイヤルの目盛りも細かくなりました。
 3639ばるみ3640ばるみ
   以前のモノでも不便はなかったけど、細かいに越したことはないです。

色は「購入した初期モデルと同色」の交換が決められているので、
部屋の印象もなーんら!変わりません。

ビフォー(笑)。
 3641ばるみ

アフター。
 3642ばるみ
   前後比較をするときは、同じ時間帯に写真を撮るべきですね(^^ゞ。
   しかし。配置的にはおわかりいただけるか…と。

とにかく。
今回の一件で、消費者に対するバルミューダさんの誠実な姿勢に感嘆しました。
ことに。リコール情報が流れても、自発的に確認しないわたしのような横着モノには
ほんとにありがたい対応で…。(←ま、これを機に!横着は直すことだな!笑)

決して安くはなかったけれども、いい買い物したな!…と
改めて感じ入る出来事でした。
次回、購入する際も最有力候補です!(←まだ、新品きたばかり…^^ゞ)

♪海は荒海 向こうは佐渡よ。

帰省すると、決まりごとのように海を見に行きます。
場所はその時々で気まぐれに(笑)。
浜辺や防波堤、空港の展望フロアなどなど…。

晴れていれば、佐渡や粟島が見えて気分がいい。
…というか。なるべくそういう日を狙って出向く…(笑)。
毎年島々を確認すると、童謡「砂山」が脳内再生されるんだよな。わたしの場合(^^ゞ。
(本日のタイトルは歌いだしの歌詞)
いや。新潟市民であれば、そういう方は少なくないんじゃないかな。(…と。信じたい・笑)

今年は新潟市西部に位置する「青山浜」へ。
  3619こばはま
    うっすら佐渡が見えてますよ(空と海の境界線、左のほう)。

市内の海水浴場では広いほうでないかな?ロングビーチ!!(←意味なく直訳・笑)
風も穏やかで、空と海…見渡す限り青・青・青!(地名も山だ!・笑)。
  3626こばはま
     砂紋もイイ感じ…。

すると。
青まみれに追い打ちをかけるかのごとく(?笑)、ブルーの小屋が!
 3628こばはま
   「え"え"え"ーー!?、まぁーだ、ここあったんだ!?」とは
   連れてきてくれた友人の弁。

季節限定オープンのカフェでした。
  3620こばはま
    '90年代前半にはすでにあった…とのこと。(友人談・^^ゞ)。

ディスプレイが…なるほど。「あの頃」テイストです(笑)。
  3622こばはま3621こばはま
     フラミンゴモチーフとかね…(笑)。

オープンテラスもあるし、ここはやっぱ入っておかないと!
  3623こばはま
    入店するや、人体模型よろしくなスケルトンがウエルカム!
    悪趣味なわけでなく、ハロウィーン間近だったのでね。(^^ゞ

海を眺めながら、オーダーを待つとしましょう!
  3624こばはま
    向こうに見える佐渡を眺めつ、「最近、佐渡行った?」「ぜーんぜんっ!」
    などと、会話を繰り広げていたのが…。
    よもや!この数日後、己が上陸することになろうとは!!
    この時点ではつゆとも思わず…(^^ゞ。

できた当初は、それなりオシャンティなふれこみでオープンしたんだろうな…。
  3625こばはま
     海辺にこういう場所、少なかったしね。
     どの浜も純日本風の「海の家」がほとんどだったし…。
     (ちなみに。新潟では「海の家」のことを「浜茶屋」というのが一般的です・笑)

おまかせスイーツだったか?日替わりスイーツ?だったか?
名称は忘れましたが(笑)。
 3627こばはま
     スカルと一緒!(これまたハロウィンにつき…笑)
     思いっきり影があたってますが(^^ゞ、おいしかったです。
*********************************************************************
現在の住まいは「海なし自治体」。
車にしろ電車にしろ、最短でも2時間はかかるんじゃないかな?
生まれてから引っ越す先々、ずっと「身近にあって当たり前」の存在でしたので
無性に海を欲する時がありますよ(笑)。

新潟市内では砂浜を、佐渡では岩場の海岸をとで、ダブル「海チャージ」でき、
かつ!元気な友人にも会え、天候にも恵まれで今年も大満足の帰省でした!
 3629こばはま
     毎年10月いっぱいでカフェはクローズとのこと。
     北陸の気候上、通年営業は難しいんだよね…やっぱ。              

さぁて。らいしゅうの「さざえさん」は。ビヨンド。(←まだやるか!)。

サザエでございまぁーす!
 3613ときわ 3614ときわ
   いつまでやるのよー!の予告ネタも、満を持して真打ち登場(笑)!
   んが!サザエさん本人の予告はないんでしたよね?たしか(^^ゞ。

だらだらと綴ってきた旅行記もオーラスです。
前回までで大かた詰め込みましたので、本日はビヨンド的な行程を超えたお話を。
日本海を超えて(←ビヨンドではなくオーバーでは?^^ゞ)の帰路とおみやネタを、
♪夫婦を超えて行けーで(byおげんさん←突然・笑)締めましょうかと。

佐渡汽船は鉄道と同様、現在は自動改札になっており隔世の感でした。
            3604ときわ
      交通系ICカードは船まで網羅するようになってたのか…。
      バスのイラストが新潟交通の車体だ!(屋根が赤いのでね・笑)

行きは超高速船ジェットフォイルでしたが、帰りはのんびりとカーフェリー。
時間は倍以上かかりますが、料金は1/3ほどです。(正規運賃・二等客室の場合)
 3607ときわ
     お世話になった「ときわ丸」。車を搬入中ですね。

過去佐渡に訪れた際もフェリーを利用しましたが、船内は現代仕様に
様変わりしてました。(←というか。過去が太古の過去過ぎて変わってて当然!^^ゞ)
顔ハメフレームにはインスタ仕様にハッシュタグがついてたし、
船員の制服やセーラーカラーのコスプレ道具まで備わってたり(笑)。
 3609ときわ3608ときわ
  かつては、靴を脱いでカーペット敷きのスペースに座る二等客室のみでしたが
  イスのスペースと半々になってて快適でした。
   (眠るのでなければ、イスの方がラクだしねー)

昔は無造作に客室に積まれ、フリーダムに使用できたブランケットも、
現在では有料での貸し出し式に…。
でも!よくよく考えたら…昔は直前まで見ず知らずの誰かが使ってたヤツを
疑いもなく使用してたんだなー!こえーよーっ!!
衛生面に鷹揚な時代というものが確実に存在してました。(遠い目…笑)

日中は絶好の行楽日和。トーゼン、夕焼けの期待が高まりましたが…。
  3610ときわ
     残念賞っっ!!(^^ゞ

去年の鶴岡旅行に続き、夕日の名所で絶景を拝むことは叶いませんでした。
  3611ときわ
    まー、しかし。
    行程中、傘の出番はなかったのだからヨシ!としようじゃないの!(笑)。

波も穏やかな夕暮れ…「コレ、ほんとに進んでる?」というくらい(笑)
揺れることなく静かにフェリーは新潟へ。定刻通りの到着で旅を終えました。
*******************************************************************
遠路の旅行ではないので、お土産屋での買い物はわずかばかり。
(駅や空港等、新潟市内で買える佐渡土産も多いし…^^ゞ)
 3615ときわ
   冒頭画像の「さざえ味噌」、佐渡の名産品「いごねり」などなど…。
 (*いごねりとは「えご草」という海藻を煮溶かし、練って冷やし固めたモノ。食感は刺身こんにゃく的)

なんとなく購入したコレが、思いのほかおいしかった!
     3616ときわ
      佐渡羽茂(さどはもち)産の干し柿をラム酒につけたスイーツ。

干し柿そのものはそれほど好きではないのですが。
ラムレーズン感覚の程よい甘さが気に入りました。
ググってみたところ、佐渡市のふるさと納税返礼品でもあるようです。

ただねー。スイーツそのものは秀逸なんですけど。
ちょいとロゴフォントやネーミングのセンスが…。
   3617ときわ
     どことなく「らぶほ」っぽいよなー…(^^ゞ。
     (よりによって、「ム」と「ア」の間に♡など入ってるし…笑)
*********************************************************************
「ダイビングやキャンプでもするんじゃなきゃ、なかなかリピらないよね…」と
子供の頃のイメージが先行し、なんとなく敬遠してた佐渡でしたが。
いやいや、どうして。ドライブだけでも海や山、美しい自然が堪能できますし、
お泊りだったら、地元で捕れた豊富な食材を味わいつくせるのでしょう。
四季によっても、楽しめるポイントも違うだろうしね。
(意外にも。佐渡にはスキー場まであった!←ぬかりないバスガさん情報・笑)

この旅を終え佐渡歴四回となりましたが(笑)、いずれも両津・相川エリアのみ。
次、行く機会があるとしたら、小木方面…宿根木を見物したり、
たらいぶねに乗ってみたいものですね…。
         3618ときわ
      「楽しく細やかなアテンド、ありがとうございましたー!!」な、
      ご両人でフィナーレです(笑)。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR