FC2ブログ

サクラの朝。

週末、都心はサクラが満開だったようですね。
「うそだろ!?」と驚く東京都民がここに一人…
  3581ぷく
    きのうのご近所。(^^ゞ

今日になって幾分か開きが進んだものの、まだつぼみのほうが多い。
まぁ例年、開花も満開も都心から数日遅れなんですが、
今年はいつもに増してのろのろ…。
ここに住むようになって、イチバン遅れをとっているかもしれません。
  3582ぷく
    お楽しみはこれから…ということで。
    それはそれでよかとです。(←なぜかヒロシ口調)(古いし…^^ゞ)
******************************************************************
サクラの季節は年度の境い目…。
朝ドラも昨日フィナーレでしたね。
サクラの満開は待機中…といったわけですが。
サクラさんの『まんぷく』は遅れをとらず、昨日のうちに最終回拝見しました。

『べっぴんさん』以来、朝ドラはご無沙汰。
10月後半からの「途中乗車」でしたが、その後はリタイヤすることなく楽しめました。
「朝ドラ毎回観る派」でない者からすると完走はある種、達成感があります(笑)。

今回はお話しそのものよりも、ヒロイン福ちゃん役の安藤サクラさんと
その夫、萬平さんに扮する長谷川博己さんの好演が何より楽しくて…。
(あ!お話しが悪いわけではないです。念のため・笑)
もともと抱いていた好感が、より強いものとなりました。

それにしても。ハセヒロさんは(…と呼ばれてるんですね。最近知りました・笑)。
「強い信念を持ち、ブレずに胸を張って生きている」役が多い気がします。
…と。書くと一見よさげな印象だけど。
見方によっては変人というのか…(^^ゞ。
「シン・ゴジラ」の副官房長官のような陣頭指揮を執るタイプの
「信念」はいいとして。社会通念に欠ける「信念」は厄介です。
「地獄でなぜ悪い(映画)」とか「デート(ドラマ)」も、揺るぎない
変わり者だったしな…。まったく悪びれないし。(笑)。
今作。まんぺーさんも…一度決めたら、聞く耳持たず。
作中で何度となく「福子がいたからここまでこれた」と言ってましたが、
全視聴者が「そうや、そうや!」とうなずいていたに違いありません。
(もちろん、わたしも!笑)

あとは。ウエットなシーンがあまりなかったことと、
ナレーションの芦田愛菜ちゃんがとてもよかったな…と。

今作は亡くなる人がとても少なかった。
咲ねぇちゃんと商工会議所の所長さんくらい?
(戦争期間が入る朝ドラでは最少クラスではないでしょうか?笑)
その咲ねぇちゃんも、しょっちゅう夢枕にでてくるし(^^ゞ。
福ちゃんの母、鈴さんも、失礼ながら最終話までご存命とは思わなかった!
ラストまで残りわずか…というところで入院したので
「朝ドラの定石通りなら…そろそろかしら?」と、ドキドキしましたが
読みは大ハズレ!それどころか生前葬とは!!(^^ゞ
おみそれいたしました<(_ _)>。泣かずに済みました(笑)。

愛菜ちゃんナレのキャスティングは「ええとこ、目ぇつけましたなー」と。(笑)
ナレーション原稿が「福子は」ではく「福ちゃんは」だったこともあり、
利発な少女からお友達の話を聞くような心地よさがありました。
そういえば「まんぷくラーメン」の原案である「チキンラーメン」のCMに
ちっちゃい頃、出てましたね(^^)。それもありきの抜擢だったのでしょうか。

朝ドラお約束の「それいる?エピソード」もまま、ありましたが(^^ゞ。
それ込みで、楽しませていただきました。
キャスト&スタッフのみなさま、ありがとうございました!
******************************************************************
「サクラの朝」からバトンタッチ。明日からは「すずの朝」のスタートです。
次は…どっしよっかなー。朝ドラ最終回は寂しさと同時に
開放感を覚えるのも正直なところ…。(^^ゞ。
ストーリーがあんまり波風経ってない時期だと、録画も溜まるし。
根っからの「朝ドラファン」とは大きく異なるところですね、きっと…。

とりあえず。「午前8時 NHK」の定時録画はそのままにし、
世間の評判などをうかがい、様子見とすることにします(^^ゞ。
  3585ぷく
    番組のおしまいは「まんぷくごはん」。
    視聴者から寄せられた食事にまつわる写真でエンディングでしたが
    最終回!!この子、サクラさんのリアル娘ちゃんですよね?
    サクラさんもいい笑顔!まんぷく眼福なりーー!!

  *余談*
   今月はテレビにまつわるネタが、多めでしたね(^^ゞ。
   画像少なめにもかかわらず、おつきあいいただき、ありがとうございました
    
スポンサーサイト

『POP VIRUS』に感染してきました①。

「にっぽんほーそーきょーかい」さま。ありがとうございます!!
  3577ぽっぷ
    3月25日ラテ欄。(録画予約は1週間前から入れてましたけどね^^ゞ)

まさか!1か月も経たぬうちに、ツアー映像が観られるとは!
しかも。自分が入った東京ドーム二日目!!(≧▽≦)
DVD化は早くて夏くらいかなー?と見込んでいたので、気持ちが沸き立ちました。
仕事が早いぞー!NHK!。
45分という短時間にもかかわらず、内容も充実してたぞー!

まぁ、そりゃそっか…。
  ○「LIFE」で。
  ○「朝ドラ主題歌」で。
  ○「おげんさんといっしょ」で。
  ○そして。本年の「大河」で…と。
そこは源さん貢献しまくりの「NHKですから」。
生半可な特番を放送できるはずもないですよねー。(なーんて・笑)

ライブ映像はもちろん、制作ドキュメンタリー、インタビュー
短時間にもかかわらず(←2回目!)、配分が絶妙。
選曲も「わたし得」で、泣けました(^^ゞ。
*******************************************************************
初めてのライブ参戦から、本日でちょうど1か月…。
ドームで感染したウイルスも特番にて再び活性化してきましたので、
ここいらで、「観戦記」ならぬ「感染記」を書き始めようと思います。
チケット入手から順を追って…(←え?そこから?笑)、
長くなってきたな…と感じたところで気まぐれに区切り、UPしていきますので
テキトーに流し読みしてください。(笑)

「逃げ恥」よりは前だったものの、わたしが源さんを聴き始めた頃(2015年あたり)
すでにライブチケットの入手は難しそうでした。
行ってみたいのはやまやまだけど、FCもないし、関東エリアの公演は混むだろうしで
まぁムリっしょ!と諦め、申し込みエントリーすらしてこなかったのですが。

だけど。今回はなんといっても集客力が違う!
おまけに。東京は2DAYSときてる!!
「あわよくば…」とほのかな期待を抱き、トライしてみることに。
  3578ぽっぷ
   情報解禁の昨年10月23日。朝日新聞見開き2面広告。
   帰省中につき、実家の新聞からこっそり抜き取る(^^ゞ。

だが。
予想以上に厳しかったっす!
アルバム初回盤の先行応募券から始まり、ローチケの先行、一般販売…
…ことごとく玉砕!もちろん公演両日、応募してるのに!
とはいえ。いくらキャパが広くても、応募の母数が多ければ当選確率も低くなるもんだ。
そら、そーだ!!(納得)

そんなこんなで。
「一般販売が終わっちゃ、もう打つ手もないわね」…と結果を
素直に受け止めていたところに。
ローチケより「注釈付き指定席」なるシートの案内メールが
そうおっしゃるのなら…と(笑)、最後の悪あがきで応募。
この頃にはすっかり落選慣れしていたので(^^ゞ、ほぼ「ハズレ」の心づもりで。
しかし!そういうときに限って、当たるもんですね(笑)。
わたしの場合、発表日を忘れていたり、はなっから期待してないときのほうが
朗報が舞い込みがちです。(みなさんはどうですか?)

かくして。初めてナマ源ちゃんを見られる運びとなりました\(^^)/。
戦績は2公演×4回の8応募で、1勝7敗(^^ゞ。
厳しい戦いでしたが、一つ勝てればおーるおっけー!!
どんな席だって、参加できるだけで御の字だっ!!

「恋ダンス…みんな踊れるのかな?やっぱり踊れるようにしてなきゃかな?」と
新たなる不安を抱えつつも(笑)、当日まで期待は膨らむばかりでした。

つづく…(笑)。
  3580ぽっぷ
     特番でのヒトコマ。
     パツキンっっ!!「アイデア」レコーディング中はパツキンだったんだね。
     新鮮すぎるっっ!つーか、そこはかとなく、K-POP感…(笑)。

『たまむすび』と、これからも。

「クチは悪いが、悪口は書かない」。…とまでは、いかないまでも。
ここでは極力、怒りの感情や愚痴などは記事にしないように努めてきました。
まぁ、たまに(?)。楽しみにしていたモノが期待ハズレだった、自分としてはニガテ、
…といった感想を書くことはあっても、貶めるのではなく、
個人の主観ということは常に強調してきたつもりで。
(たとえ自分の好みでなくても「オススメしません」的な記述は避けてきたかと…。)

理由は二つ。ひとつは、単にこのブログは「日記」でないということ。
つぶさに日々の気持ちや日常を記録する目的で始めてないし。
もひとつは、負の感情を書くことで軽減できるタイプではないので。
文字に起こすことでスッキリするのであれば、それに越したことはないけど、
わたしの場合、かえってイヤな感情が増幅しちゃうんですよね。蒸し返すというのか。
********************************************************************
自分の身内のことでもないのに。
先週深夜に飛び込んできた一報に、とても気が滅入ってしまいました。
ラジオで。またはドラマや映画等の映像作品で。
いつも活躍を楽しみにしていた人物が「容疑者」だなんて…。

速報から数日は腹立たしい感情ばかり。
当初はまるっとスルーして、通常通りのブログを…と、思っていました。
こんなぐっしゃぐしゃな気持ち…文字に起こせそうもなかったし。

だけどね。
事件を受け、この一週間余の『たまむすび』(TBSラジオ)を拝聴し。
大好きな番組への思いを書く中で、戸惑いの感情も共に書き残しておこう
と気持ちが変化してきて…。
番組開始当初からの一リスナーとしても。

以下。長くなりますし、いつもにも増し、主観強度になります。(笑)
おつきあいいただけるかたは、「続きを読む」からお願いします。
      3571むす
        昨年発売されたブロスの「たまむすび」特集号。
        いつもたまちゃんには笑顔でいて欲しいよ…。ほんとに。

→続きを読む

年始の東京駅。(とーとつに)。

前回の予告通り、源さんのドームツアーの感想をぼちぼち
書き始めようと思っていたのですけど。
先週中盤に入ってきたニュース速報で、気が滅入ってしまい、
ブログに向かう気持ちになれませんでした。

じかに自分に関係ない人物でも、こんなに気持ちがぐっしゃぐしゃに
なるもんなんだなぁ…。
というか。こんなにも「たまむすび」(TBSラジオ)が自分にとって
大きな存在になっていたんだなぁ…。
**************************************************************
前回更新から間があいてしまってるので、カンタンに書けるものを。

年始。東京駅のキャラクターストリートにて。
  3569かそーけん
    ドラマ 「トレース」のパネル広告。お年賀仕様でした(^^ゞ。

今晩、最終回みたいですね。
…と。この口ぶりからわかる通り、わたしは初回でリタイヤしてしまいました(^^ゞ。
船越英一郎があまりに「船越英一郎み」がすごすぎて、「だめだー!」と。
ニガテなんですよね…。↑敬称をつけてないことからもお察しいただけましょう(笑)。

ご覧いただいてたかたは、ラスト楽しんでくださいね!(←とってつけたように・笑)
  3570かそーけん
     二人だけ、拡大するという仕打ち…(^^ゞ。

ウイルスの源。

一昨日、3月10日。
星野源さんが自身初の五大ドームツアー、福岡にてフィナーレを迎えました。

完走おめでとうございます!そして。心よりお疲れ様でした!
ソロアーティストにもかかわらず、ほぼ一か月という短期間での全8公演…。
偉業です!恐れ入るばかりです!
(…って。ソロでもっと多い人いますか?リサーチはしてないですけど…^^ゞ)

嬉しいことに。東京ドーム二日目にわたしも参戦することができました。
源さんのライブそのものが初めてです。幸運にただただ感謝…。( ノД`).˚‧º·
 3561ぽっぷ
   ドーム前のライブパネル。色目が「半分、青い。」…わね(笑)。

「星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』」。
先行アルバムの情報解禁時、実は「VIRUS」の読み方がわかりませんでした(笑)。
「ウイルス」ってこういう綴りだったんだねー。
メディカル方面はもちろん、ネット関係でも頻繁に使われるのに…お恥ずかしい(^^ゞ。

ステージは。ツアータイトルそのものでした。

ライブ中ももちろん、心が泡立つ幸せな時間だったのですが。
東京公演から二週間近く経とうという今現在ですら、胸がいっぱいで。
あの日あの空間を思い出すと、涙がこぼれる始末…(^^ゞ。
高揚感は増殖するばかり。重症化の一途。まさしくウイルス!!
根治は困難、潜伏期間の長いウイルスにすっかりやられてしまいました。
(でも!こんなにシアワセなら、治らなくていい!)
ありがとう、源くん!ウイルス伝染されてありがとうだなんて!(笑)
****************************************************************
レビューとかコンレポとか普段書きつけてないもので、
うまくまとめる自信はないのですが。
しばらく何回かにわけ、心に残った場面を備忘録として残しておこうと思います。
今回ばかりはどうしても、気持ちを文字に起こしておきたくなり…。

それとね。つい最近まで、まったく意識してなかったんだけど。
『POP VIRUS』は、わたしにとって平成最後の生ライブだということに
ふと、気づき。(向こう二か月、予定ないですし・笑)
過ぎ去る元号ラストイヤーの記念も兼ねて(?笑)。

通常のネタもはさみつつ、ぼちぼち更新していくつもりでおります。
お時間許すようであれば、お付き合いくださいませ。
       3564ぽっぷ
         ♪雨の音でー歌を歌おう♪
          「半分、青い。」源さんパネルが
          まさに「アイデア」の歌詞そのもの。
          東京二日目は豪雨でした(^^ゞ。

優柔不断なわけじゃない!(…と。自分に言い聞かせる・笑)。

春に向けてバンドカラーのシャツを求め、
買い物しようと街まで出かけたのですが。(←サザエか!)
一軒目で、即決!試着含め、20分足らずでショップを後にしました。
即買い。近年のわたしにおいて、激レアケースです(笑)。

と。言い切るのは。ちょっとズルかな?
ネットで目星をつけておき、ショップの在庫を確認してから出向いたので。(^^ゞ
実物を見て、難がなければ購入しようと。
結果。ウエブ画像の印象と、相違がなかった…。
というより、実物でさらに満足感増幅。ちょっとした達成感…(笑)。
********************************************************************
加齢と共に(笑)、「即決で、悔いの残らない買い物」をすることが
難しくなってきました。特に身に着けるものは…。

若い頃は、「ともかく数が欲しい!」派でしたので、
セールの時など、かなり見境なく購入していたんですが。
「すっごく気にいってる」わけでもなく、まぁ、そこそこヨシ!だったら
勢いで買っちゃえー!と。
でも。そうやって購入してても、ヤングな時分は(←ヤングて…^^ゞ)
なんとなく着こなせちゃうんですよね…。

そんな頃が、懐かしい…。
今となっては「ひとめぼれ」的な衝動買い…たまにはしてみたいもんす。
現在は熟考につぐ、熟考なんでねー(^^ゞ。
ざんざん見て、手ぶらで家路につくことも少なくないですし。
***************************************************************
前述のシャツとは逆に。最近、迷いに迷って購入したモノ…。
 3556はんぷ
   ハイブランドのバッグ…とかではなくてお恥ずかしいですが(笑)。
   ショルダートート。帆布で作られた物です。

初見でまず惹かれたのは、生地の色。
画像では発色がイマイチですが、実物はラベンダー系。
日ごろネイビー、黒…といったダーク系の洋服ばかりなので、差し色になるな…と。
さらに。三つに仕切られた内側、マチの取りかた、A4ファイルもはいるサイズ感…
などなど機能面でも申し分なく…。

だけどね。布トートにしてはお値段が…ちょっとねぇ…だったんです。
(あくまでも自分んち基準ですよ!笑)
それに。すでにキャンバス地のトートは2つ持ってるじゃん!
現時点で不便を感じてるわけでもないでしょ!あんた!…と。
ダダッ子をなだめすかすように購入は見送り。その場を去ったのですが…。

でも。数日経ても、未練が断ち切れなかったんだよね(^^ゞ。
「手持ちのトートではサイズが少し大きすぎるんだよな…」とか。
「あのバッグ買ってれば、今日の格好は色目が重くならなかったのに…」とか。

ここまで未練がましければ、もう後悔はナイ!
というか。買わないで品切れになった後悔のほうがデカイな…と。
3557はんぷ 3558はんぷ
 「V.D.L.C.」というシリーズ。
 材料の帆布から製作まで「デニムの街」として名高い岡山県倉敷市にて生産。
 ジーンズの工法を生かした、とてもしっかりとした作りです。

使い勝手も想像以上…。
特に感心したのは、持ち手の部分…。
  3559はんぷ
   細やかな製法で、荷物の重さが分散するような感じなんですよ。
   帆布そのものが軽い生地ではないのに、たくさん入れても重量感を感じない…。
   肩にあたる部分のギャザーの配分のおかげでしょうか。計算されてるな…と。

バッグ部分も、中身が一目でわかるワイド仕様だし。内ポケットも2つ。
丁寧に、試行錯誤の上、完成した製品…といった印象。
大満足!!出会えてよかった「V.D.L.C.」!!
いつか、違った色や形のモノも買ってもいいな…というくらい、気に入りました(笑)。
 3560はんぷ
   釦やリベットもデニム仕様のモノだそう…。

実は。二度目に見に行った際も購入に至らず、三度目の正直で
手中に納めたのですが(←メーワクな客ですね…^^ゞ)。
これなら。迷うことなく即決しても、ハズレでなかったな…と。

でも。直感を過信するのは、やっぱりコワイ!!(^^ゞ
今後もますます、「熟考は決して優柔不断じゃない!」
「後悔するくらいだったら迷いに迷え!」…とご都合主義な暗示を
かける傾向が強まりそうな気がしております…。(店員泣かせ・笑)

こんな局面、どう乗り切る?(駄)。

他人の夢の話ほど、つまらぬものナシ!」。

…重々承知の上で。
本日は禁じ手を行使し、先日見た夢をキロクしておこうと思います。
なんかねー…自分の夢史上、初めてのシチュエーションだったもので。
世相もほんのり反映してる…というのか。(読むのめんどかったらリタイヤしてね!)

ほわん、ほわん、ほわん、ほわん、ほわーん。(←夢の中に移動中・笑)

おしゃれなカフェ(レストラン?)にて、一人、お茶するわたし。
ふと見渡せば、店内にはあふれんばかりの人々…。
しかし、誰ひとり飲食どころか着席もせず、気ぜわしく立ち回っており…。

ここで気づく。「貸し切り」の店舗に、誤って自分は入店していたことに。
(…だったら、お茶のオーダーなど来ないハズだが、こういうつじつまの合わなさが夢なのよ!笑)
どうやら人々は「フラッシュ・モブ」をこれから決行すべく集められたらしく、
打ち合わせに余念がない。
部外者の自分が追い出されなかったのは、
その「キャストの一員」として見なされてしまっていたのだ。(^^ゞ

「早く、脱出せねば!」と焦るものの、出口までキャストはびっしり!身動きできず。
仕掛け人とターゲットがやってくる時間は刻一刻と迫る!
さぁ、どうする?どう乗り切るよ?ジブン!
ここまで来たらキャストを見よう見マネで、モブらなきゃなのかっっ???

…と。覚悟が決まりかかったところで、夢はうやむやに…。
のちに無事、起床(笑)。ホッとしたのと同時に、夢の中での己のテンパり具合に
布団の中であきれ果てました。朝が来てよかったー!(^^ゞ
****************************************************************
かやうな「トンチキ夢」を見た心当たりは、大いにありました。
前夜に観たドラマから誘引されたんですよね、間違いなく…。
(今期のドラマではないです。録画したもの)

恋愛感情のない相手からモブでプロポーズをされる…という。
仕掛け人はもちろん、キャストも満面な笑顔を浮かべ「OK」の返事を待つ。
主人公はどうにも断りづらい無言の圧力に耐えかね、承諾してしまう…。
(…なんのドラマか見当つきますでしょうか?笑)

このシーンを見、ふと、「実際、その場で断る人っているのだろうか?」との
思いがよぎり…。
「ごめんなさい」する権利はあるハズなのに、罪悪感が残るのは必至。
その場は「YES!」でやり過ごして、後日カタをつけるのでは…と。
(そのドラマでも、結婚寸前で破局になりました^^ゞ)
奥ゆかしく、「場の調和」を重んずる日本人ならことさらに…。

邪悪な好奇心から、ちょっと検索してみちゃったんですよ。(^^ゞ。
そしたらば。ド派手に「NO!」を突きつける動画にいくつかヒットし…。
(全て、海外のモノでした)
一番衝撃的だったのは、プロポーズの返事の代わりに
ウクレレで、仕掛け人をブッ叩き、痛烈な拒絶反応をしてた女性。
モブ要員が演奏してたウクレレをひったくって、すかさずガーン!と(^^ゞ。
いやぁ…こんなのワールドワイドに配信して、当人たちの許可はとったのだろうか。

そんなドラマと動画を目の当たりにした、その夜のこと…。
印象的だったとはいえ、まさか、夢に出てくるとは!
しかも、仕掛け人やターゲットでもないのにオロオロするだなんて!
でも。「絶対ありえない局面」であたふたする夢…嫌いじゃないんだよなー(^^ゞ。
新境地に踏み入れたお目覚めは、悪かないもんですよー!(笑)。
*******************************************************************
しょーもないネタにおつきあいいただき、感謝の限りです。

今日はユーハイムの制定した「バームクーヘンの日」だそうですね。
  3554ゆーはい
     ユーハイムのガトーショコラ。     
     (当年バームクーヘンが日本で作られて100年、アニバーサリーイヤーみたいですね。)     
     ユーハイムつながりでこじつけ(^^ゞ。

「例の日」に買ってきたヤツです(笑)。
もともとデパ地下はあまり得意でない上に、混雑が最高潮の日。
選んだ基準は「お会計が早そうなお店…」(すまぬ、オット!)
結果、コレとモロゾフというド定番に。でも、けっこうおいしかった。
限定ショップのレアなモノもいいけれど、基本回帰も悪くないかも。(と。いいわけ・笑)
  3555ゆーはい
    モブのお返事は二択だけれど
    この手のモノは、ハートブレイク必然。
    迷うことなく入刀ナリっっ!!(^^ゞ
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR