FC2ブログ

悪くないのに肩身が狭いこと。

        3628りいど
        渋谷のコミュニティバス・ハチ公バスのキャラクター、
        かわいいでよすね。
        (バスは本文にカンケーありません^^ゞ)

先日記した通り、有名とは言い難い、しかしながらやむごとなき川べりを、
ヒマを見てはウォーキングしてるのですが。
(わたしに出来る唯一の有酸素運動!笑)。

土手はウォーキングやランニングにうってつけの遊歩道になっているので
市民(もしくは隣接住民)が気軽に利用してます。
そして。歩いている人の中には、犬の散歩のかたも少なくありません。
自然に囲まれ、車も来ないときてるので、ワンちゃんたちも心なしか嬉しそうです(笑)。

嬉しそうなのは、なによりなのですが。
悪びれることなくリードを外してるかたが、意外といるんですよね…。

たいがいが小型犬、「ちっさいからいいだろう」ってことなんでしょうが。
でも。リードをはずすかたに限って、ちゃんとしつけてなくって、
対面で人を確認すると、一目散に駆け寄ってくる。
さらに。得てして飼い主さんに、走り出してしまったワンちゃんに追いつくほどの
脚力がなく。追走しても差は開くばかり…。
それでも。百歩譲って、名前を呼んだりで静止を試みてくれればいいんですが
「あら、走っちゃったわねー」ってな態度で傍観している(^^ゞ。
しまいには「大丈夫、大丈夫ですよ!」と言われる始末…。

いやいやいやいや…。
「なんのすまん!もなく、なーにが大丈夫なんだか!」
↑ま、ここまでは言わないにしても(笑)。
ワンちゃんをウエルカムしない側が悪いような風潮はありますね。
やっぱり「動物好きには悪い人がいない」というのが根底にあって、
裏を返せば「邪険にするほうが非道」的な…。

リードを外しての散歩は、大概の自治体の条例で禁じられています。
しかしながら、同じく条例違反の「歩きタバコ」のように罰金を科せられるわけでなし。
でも。タバコ同様、好きな人ばかりではないのです。言うまでもなく。
わたしも突進されると、やっぱり怖気づいてしまうんですよ。
動きが予測不能だし。そして、そういうワンちゃんに限って
まず、舐めよう舐めよう…と舌をべろべろと近づいてきて。
しつけがなっていないかたに限って、平然とリードを外す傾向が…。
(あ!似たようなこと、さっきも言ったわね!^^ゞ)

人に噛みついたり、はたまたワンちゃん自身が事故にあったり…と
なんらかの問題が起きない限り、やめるつもりもないんだろうな。
犬を飼ってない側のほうが、肩身が狭い思いをするのは
ちょっぴり納得がいかないところであります。
(愛犬家のみなさま、すみません)
**************************************************************
街中で散歩されるかたは、そんなことないのにね。
まぁ、さすがにそこまでの勇気はないか。(車も来るしね)

でも。車の往来が激しくない時代は、咎められることもなかったのでしょうか?
「忠犬ハチ公」とか…。今ではありえないですよね(^^ゞ
とてもイイ話だとは思うけど、冷静に考えれば秋田犬の単独行動!!
ルーティンでお迎えにいくほどの賢さですから人に襲いかかる心配など
ないのでしょうけど、事情を知らずに出くわして怖かった人も
いるんじゃないかな…と、思ったり(←美談に水を差すなよ…笑)。

まぁ。そうは言っても。
秋田犬は口角が上がっててかわいい顔をしてますね。
冒頭の「ハチ公バス」のキャラもそうですが、秋田犬はキャラクター化すると
大概笑った顔をしていますし。
       3629りいど
         ブロ友さんよりいただいたモノ…。
         「そえぶみ箋」はさまざまな種類が販売されてますが、
         初めて使いました。かわいい上にすごく使いやすいです!

くださったブロ友さんはいわゆる「秋田おばこ」ちゃんです。(今は東京在住・笑)
現在の秋田駅は「秋田犬推し」がめざましいとのこと。
「ザギトワ効果」が大かたの見解のようです(?)。
(勝手に書いて、すみませーん!笑)
  3630りいど
     やっぱり、ニコニコしてるね!
     しっぽのくるり!もかわいいです。
スポンサーサイト



『来週に続けよ』が意外とツボ(笑)。

「こんなハズでは…」。
自分自身がイチバンぴっくり!
今期の朝ドラ『なつぞら』にどハマりしていることに(笑)。

『まんぷく』が終わった時点でもゆるっと触れましたが、
今期は視聴意欲があまり沸かなかったんです。
毎作品ルーティンとして観ていない浮動視聴者としては、
朝ドラは意外と拘束感を覚えるところもあって…。
『まんぷく』を完走し、正直、ホッともしていた。
さらに。今回はオリジナル作品。
(実在ヒントとおぼしきモチーフはところどころありますが←現時点では六花亭と中村屋・笑)。
朝ドラに関しては、実話ベースのストーリーのほうがハマるんですよね、わたしは。

『まんぷく』の定時録画を解除せず、「とりあえずさわりだけね」
…と、リタイヤの予感満々で(笑)、観始めたところ。
いまや毎日、毎日楽しみでしゃーない(^^ゞ
前作は何話かまとめ見することも多かったのに!
放送のない日曜日は寂しい…と思うくらいに。
(でもよくよく考えてみればニュース以外で週6やってる番組ってすごいよね・笑)

オリジナルなだけにストーリーはやや自由すぎな運び(…というか強引・笑)
と感ずるところや、世間狭すぎ!な偶然が多すぎると思う帰来もままありますが。
(たまたま東京で入ったお店に、行方不明の実兄が借金をしてたり^^ゞ)
登場人物のキャラ設定がひとりひとり丁寧に作りこまれていることと、
そのキャラクターに見合ったセリフや間合いがとても絶妙で。
純粋に翌日の放送が待ち遠しい昨今です。

昨日は「北海道編」最終日。
一週間で一エピソードのカタをつける(?)朝ドラにおいて、
月曜日に区切りをもって来るのは斬新!(でもないですか?笑)
だから、油断してたよー!まさか、あんなに泣かせにくるとは!反則ッ!
(…って。ご覧になってないかたには、なんのことやら?ですが・^^ゞ)。

柴田のお父さんや天陽くんのはなむけのことば(コクり込み!)、
そして、牛にすがり一人涙するおんじ…(泣)。
泣きましたよ、ああ泣いたさ!
得てして大切な人の意思を尊重し、送り出したり、別れを選ぶ設定が
ヒジョーに弱いもんで。(「死に別れ」よりもグッときちゃうんだよな)。

環境やキャストがガラリと一変する東京編はどうなることでしょう。
朝ドラお約束(?)、多少のトンチキエピソードは咎めませんので(笑)、
引き続き、日々ワクワクするストーリー展開を願うばかりです。
*******************************************************************
舞台となる十勝。
北海道の土地勘が全くないので、改めて地図などを眺めてみたり。
(位置的なことでいうと札幌と稚内くらいしかわかってなかった…ヒドイ!^^ゞ)
一大観光地の北海道。一度も訪れたことがない…というのは
珍しいほうなのかもしれませんね。

そんなわたしを憐れみ(ウソ)、友人より「北の大地」GW土産が。
  3625とか
     ありがたき。

童話のようなとてもステキなマステ…。
  3627とか
    提灯をもって星座観測。すごく気に入りました。

バターを手土産に上京した今朝の「なつ」でしたが。
こちらのスープはジャガイモが…
   3626とか
    いもよ、バターを背負えよ…。(なつぞらナレ風・笑)

あ!そうそう!
触れ忘れましたが、なつへの語り掛けナレーション。(byウッチャン)。
SNS上では好き嫌いが見事に二分してるようですが、
わたしはけっこうスキですよ。悪くないと思います。
だけどさ。週末の「来週に続けよ」はいったい誰に向けて、言ってんだろ?
なつへ…というより「(リタイヤせず)見続けろよ!」の含みがあるような…。
(キライじゃないけどね^^ゞ。)

やむごとなき。

ネタが手薄になると、近所の川の画像でお茶を濁しがちな当ブログ…(^^ゞ。
  3615かひ
    ウォーキングにはうってつけの土手。週3は来てるかも。
    季節の移ろいなど目にしながら…ココロの洗濯(笑)。
    今時期は新緑あざやかです。

正直、有名な川ではありません。
現に、わたしも住民になるまでちぃとも存じ上げませんでした。
近隣住民以外お越しになるのは、ほとんどがBBQや釣りといった
アウトドア嗜好のかたばかり。
花火大会など華々しい行事もナシ!!(笑)
  3616かひ
    橋の下にキャンプのベースを作りがち…(笑)。

そんなわけで。
常々は世間の注目を浴びることもない川なんですけど。
改元直前の皇室特番を拝見しておりましたら、
上皇后美智子さまがおつくりになった和歌の中で、
この川を詠ったものがあることを知りまして…。

一瞬、「勘違いか?」と思ったものの、川の名前の他に
近隣住民であれば馴染みのキーワードも含まれており。
検索したところ(上の句をまるまる検索欄にいれるという…笑)
沿線の数駅先には歌碑もあるとのこと。
何度となく降り立ったことあるのに、全く気づかなかった。

そうと知れば、拝見したくなるものです(笑)。
    3617かひ
      久々の某駅。(山が近い!笑)

人通りの少ない場所に、慎ましやかにありました。
  3618かひ
    句をご披露できないのが心苦しい限り。
    (当方の居住エリアが特定されるのでご容赦の程…^^ゞ)
    訪れたのはGW後半。今頃はつつじ…もっと咲いているかもしれません。

和歌の心得など全くないわたしですが。
句に込められたメッセージと美しいことばの運びに、心を打たれました。
上皇さまに寄せる思いを、この川の情景とともに詠われていて…。

わたしがいつも歩いているのは、下流のほうなのですが。
きっと美智子さまが詠まれたのは、この駅の周辺の流れ、もしくは、
もっと上流でないかとお察しします。
山が近くなればなるほど澄んでますからね。

行きは電車を使いましたが、帰りは句の美しさをかみしめつつ(?笑)
川を眺めながら歩いて帰ることにしました。
  3622かひ

  3620かひ

  3621かひ
    今まで来たのは紅葉の時期ばかりでしたが、
    新緑の頃もいいものですね。

いま時期は天然フジもところどころで見かけます。
  3623かひ

街道沿いにはいにしえを感ずる建物も。
今年、唯一目にした「リアル鯉のぼり」。
   3624かひ
     創業百余年。とある東京の特産品を製造している老舗です。

徒歩小一時間で家に到着。
いつもの下流付近とは一味違った風景に、すがすがしい気分で歩けました。
********************************************************************
話は前後しますが。
歌碑の建立されていた場所が、ちょっと残念でして。
   3619かひ
     真ん前が喫煙スペース!!
     ボカシのかかったあんちゃんは、咥えタバコで
     歌碑の前を通り、灰皿に向かってきました。

時代からかんがみて、おそらく歌碑のほうが先に立ってたでしょうし
もっと他に灰皿の設置場所、あったのでは?という気がしてなりません。
タバコを吸うな!ということではないし、慈愛に満ちた美智子さまが
仮に知ったところでお気に留めないと思われますが、
「なにもわざわざ…」という気もし。
とりわけ皇室信仰が強いわけでもないですが、考え方が古いのかな(^^ゞ。

皇室への恭しく思う気持ちというのも、
時代と共に変わっていってるんでしょうね。

改元を控えた「天皇陛下即位三十年を祝う式典」で
ご成婚パレードを見に行ったのに「バチがあたるから」と
母親にたしなめられ、頭をさげたままだった…という
北野武氏の祝辞を思い出しました。
ご成婚の頃…となると、60年近く前ですか。
すでに「国民の象徴」となられていたものの、まだまだ
お姿を拝見するのが恐れ多いほどの存在だったことが
うかがい知れる興味深いエピソードでした。

その頃のまま…というのは両陛下も望んでいらっしゃらないでしょうし、
時代の流れとともに変わっていくのは当然かと思われますが。
しかしながら、敬意はいつまでも心に秘めていたいものですね。
ケイ・コムロさんのような皇室を甘く見た態度は全く理解しかねます。
(↑ケイ・タナカ的呼ばわり^^ゞ)

話がとっちらかりましたが。
このたびの改元がなければ、きっと和歌や歌碑のことには
気づかないままだったと思います。
「ただの近所の川」を見る目線もかわりました。
清らかな句を時折思い出しながら、今後も川原ウォーキングに励みます!

 ☆余談☆
   前述の「即位三十年式典」。
   心を打つお祝いながらも、ほどよい加減の毒気も散りばめた
   北野氏の祝辞に感嘆しましたが、それよりびっくりだったのは
   当の両陛下がご不在だったことです。斬新っっ!!(^^ゞ

パンダパンはおいしかった。しかし、クマが心配です。

先日、伊勢丹立川店にて「パンと珈琲とワインのフェスティバル」なる
催事がありました。
4月30日まで…となっておりましたので、7階催物場としては
平成最後のイベントだったんだなー。(しみじみ・笑)

昨今は、空前のパンブームですね。
今月号の「CREA」も「ELLE gourmet 」もパンの特集号だったし…。
これほどまでの盛り上がりはかつてなかったような気がします。

連休も手伝って、この催事も大賑わいでした。
評判とあらば、お値段も行列待ちの時間も全く惜しみない様子で。
美食に対するパッション弱めなわたしからすると、ちょっと驚きの光景です。(笑)

そんなバカ舌のわたくしの(笑)、お目当てはコチラでした。
  3609こたけ
    「笹だんごパン」。
    新潟県は上越市。小竹製菓さんという老舗パン屋さんの人気商品です。

ずいぶん前から気になっていたものの、なかなか食べる機会がありませんでした。
同じ新潟県といえども、実家のある新潟市からコレだけ買いにいくには
上越市は遠すぎます。
ああ、そうさ!新潟はタテにながぁぁーーーいんだよ!(笑)
でも、まさか立川で初対面となるとはねー(^^ゞ。
 3610こたけ 3611こたけ
     裏側はちゃんとパンダのバックスタイルになってた!

商品名の通り、小さい笹だんごがまるごとパン生地に包まれてます。
パンダ柄はパケのみ!「笹だんご」というよりは「笹かま」っぽい色合いです(笑)。
  3612こたけ
     陰影がわかりづらいですが、矢印にご注目。
     深緑で帯状の部分が笹だんごの生地です。
     (ともすると内臓脂肪のCT画像的な様相ですが…^^ゞ)

パン生地はもっちり&しっとりとしていて、笹だんごとの相性はバツグン!
正直なところパッケージに魅かれ、パンはさほど期待してなかったのですが(失礼!)、
おいしかった!もっと買ってくればよかった!!
  3613こたけ
   オットと半分ずつ…と思ってたのに、パンダ2頭は独り占めしてしまった。(^^ゞ

オットには別の「ご当地パン」を。
   3614こたけ
     熊本県のネギパン。こちらもパケがかわいい。

そう。今回の催事では。
セレブパンばかりでなく(笑)、ご当地パンも充実していたのでした。
ローカルパンはパッケージも味わい深くて、見てるだけで楽しい。
ノスタルジックな色使いやロゴフォントだったり。
島根の「バラパン」や青森の「イギリストースト」など、以前から気になってた
ものもたくさんあったけど…賞味期限の壁が立ちはだかり(笑)。
ここはイチバン食べたかったものを優先しました。

笹だんごが好きな人には、きっと気に入っていただけるのでは…と思います。
わたしもすっかりハマりました。また見かけたら、迷わずリピる所存です。(笑)
*********************************************************************
小竹製菓さんのある上越市といえば。

ここ数日、クマの目撃情報が相次いでいるようです。
山間部のほうなのか?…と思いきや、けっこうな市街地のようで。
駅やお城も近いエリアらしく。
そのような地域では警戒や警備のマニュアルなどないことでしょうし、
あちこちで見た…となると、限られた頭数が動き回っているのか、
それとも多数のクマが点在してるのか…気が気でないことでしょう。

「笹だんごパン」のパケよろしく、クマ系の動物はイラスト化すると
とてもかわいいのに、実物はおいそれと太刀打ち出来る存在ではないですから。
相手の出方がわからないのが、不安にかられますよね。

なんとか沈静化に向かうよう、願わずにはいられません。

サブリミナル?。

想像以上に、わたしは「令和」という元号、馴染んでしまいました(笑)。
昭和から平成に変わった時と比べ物にならないくらい。

いや、馴染むというより。
発表以来、もともと昔から知っていた単語のような感覚を覚え。
字面でみると、ことに…。
漢字の並びにどことなく見覚えがあり、懐かしさすら感じる。

「なんだろ?この二文字の入った名前の人いたっけ?」
こういうの思い出せないと、なんだかモヤッとするもんです。
(思い出せないところで、生活になんの支障もないですが^^ゞ)

本日、モヤモヤが晴れました!(←大げさ!)
   3607かひ
     飛鳥時代の年表。(お借りしました)

近い年の出来事はセットで覚える傾向があったからなぁ…。
  3608かひ
    時空を超えてのサブリミナル!(なーんて!)。
    新しい時代にもかかわらず、懐かしく思えた根源はおそらくここかと(笑)。
      
もともとわたしは漢字の字面で、錯覚をおこしがちなんですよねー。
ネットニュースとかは、特にヒドイ!いっぺんに様々なトピックが掲載されてるし。
「東大出身」を「東出昌大」と読み間違えた回数、数知れず…(^^ゞ。
令和サブリミナルもなるべくして…といった感じです。

令和最初のUPがこんな記事とは!
かたじけない(笑)。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR