FC2ブログ

『スカーレット』は残り火のように…。

先週末、朝ドラ『スカーレット』が最終話を迎えました。
胸が締め付けられせつなく、やるせない局面もたくさんあったけれど、
一瞬たりとも中だるみすることなく物語に入り込め…。
わたしがこれまで拝見してきた朝ドラの中で、一番好きな作品となりました。

すべてにおいて非の打ち所がなくって。(あくまでも個人的には…です)
ストーリーの題材と展開。
しっかりキャラ設定が作りこまれた登場人物たちとその関係性。
ヒロイン貴美子を演ずる戸田恵梨香さんはもちろんのこと、
シーンの少ない人物に至るまでこの上なく絶妙なキャスティング。
(加えて。今回はほんっとに、大根役者が一人もいなかった!笑)
さらに。それらの人々が発する心に沁みいる言葉の数々…。

世間的には必ずしも高評価ではなかったようですね。
「地味すぎる」だとか「朝っぱらから、こんなしんどいドラマ観たくない」とか
ネット上でしばしば目にしましたし。
たしかに。大都会で名声を得るような華々しさはないし、
朝ドラでは必須の主人公が困難を乗り越え、目標を成し遂げる局面も、
成功した!やったー!と手放しに喜べるものでもなく。(せつない代償が伴ったり)
でも。気持ちをひきつけてやまなかった。
半年間、数えきれないくらい泣きに泣きまくりましたが
(これまたわたしの朝ドラ視聴史上、間違いなく最高降水量!笑)
誠実に日々を紡ぐ物語に心が震え、まるごとのめり込みました。

ちょうど去年の今ごろ、『まんぷく』の個人的総評(?)を書いていたのですが。
そこに「あまりウエットなシーンがなくてよかった」という記述があり
我ながら驚いてしまいました(^^ゞ。
毎日観るものだし、朝ドラに限ってはわかりやすい明るさを好んでいたのかもしれません。
でも、決してそうではないんですね。
つらくせつない場面が多くとも、決して暗澹たる気持ちにはならなかったし、
むしろ、シビアなことへの真摯な向き合い方が心地よかった。
丹念に作りこまれた物語であれば、涙もまたよし!です。(笑)
*************************************************************************
最終回から中一日で新たな朝ドラ『エール』が始まりました。
半年前は『エール』の方が待ち遠しかったんですよねー、実は。
(主人公のモデルが古関裕而氏との情報を知り…)
というか。なんなら「スカーレットは見なくてもいいかな…」くらいに思っていた。
始まる直前まで陶芸家の話ということすら知らなかったし。
『スカーレット』というタイトルの響きから、なーんとなくエンタメ系の創始者の
物語かと思ってしまってて。(大阪局制作だけに宝塚とか…笑)。
それだけに、「え!信楽ぃ???あの、タヌキの置物のアレかいな???」と
意表をつかれてしまったのだけれど。(←単に思い込みが激しい…^^ゞ)

でも。全話完走した今のわたしは、とてもうつろな気持ちです。
『エール』…昨日と今日、二日みたところ、充分期待できそうなつかみでは
あったけれど、それはそれ(笑)。
喜美ちゃんの日々をまだまだ観ていたい…。寂しいなぁ…。

連ドラのいわゆる「ロス」という感覚…わたしは今までピンとこなかったんです。
結果はどうあれ、終わりがあるから物語はおもしろいのであって。
だけど。昨日の定時録画には『スカーレット』ではなく『エール』へと
変わっていた現実に泣きたくなってしまって。(マジで・笑)
そっかー、これがロスというもんなのねー。
遅まきながらわかりました(笑)。

ずっと忘れない、忘れられない素晴らしい作品…。
『スカーレット』の炎は、これから先もわたしの中で消えることはありません。
キャスト&スタッフのみなさま、心よりお疲れさまでした!
濃厚で上質な作品をありがとうございました。

      3814緋
         買ってしまいました。
         スカーレット最終特集号の「ステラ」。

この表紙は、まぎれもなく現在の「戸田恵梨香」。(かわいいねー!)
しかし、劇中では十代から四十代後半までその年年の「喜美ちゃん」が
まったく違和感なく存在していた。
しかも、シミやシワを加えるような外側からの過剰な作りこみもなく
所作や物腰で、相応に見えていたのが素晴らしかったです。
これは戸田さんだけでなく、林遣都さん、大島優子さん、
二十代から加わった松下洸平さんにもいえることで…。
現実ではアラサーチームの演技力に恐れ入りました。

本編のみならず、タイトルバックとSupereflyの唄うテーマ曲も大好きでした。
オンタイムではなく録画を拝見しているので、早送りもできるのに、
毎日一緒に歌ってましたねー、飽きもせず(笑)。
  3815緋
  それだけに飽き足らず、収録されてるアルバムまで購入(^^ゞ。
  (他にも好きな曲、収録されてたしね)
  志帆さんの声はダイナミックなだけでなく、まろみもあるところもいいですよねー。

『フレア』とはゆらめく炎のことなんですね。
ドラマの内容と歌詞がこれほどリンクしてるテーマ曲は、
意外と少ない気がします。(朝ドラに限らず…)

また。テーマ曲だけでなく、冬野ユミさんの劇伴もめちゃめちゃよかった!!
時にしんみり、時にコミカル、時に…etc、どのシーンにおいても
ベストマッチな楽曲でした。
中でも貴美子が穴窯に向かうシーンに流れる音楽は鳥肌モノ…。
これまでサントラって買ったことなかったんだけど
(ハマってるピークを過ぎると聴かなそうだし…^^ゞ)、
購入の方向にかなり気持ちが傾いてます。
(外での娯楽を求められないご時世ですしねー・笑)。
スポンサーサイト



独歩。

先月放送されたNHKの『SONGS』。宮本浩次さんの回がとてもよくって、
迷わずソロ初アルバムを発注してしまいました。
  3812どっぽ
    『宮本、独歩。』。意味合い的にも語呂的にもナイスすぎる!
    (画像が反射しまくってる…でも、撮り直さないんだな・^^ゞ)。

アルバムまるごと、聴いたその日からココロ揺さぶられまくりです(笑)。
折も折、閉塞感を抱かずにいられぬ現状だからこそ、
なお気持ちに響くというのか…。
どの曲もエナジーが漲っていて、五臓六腑に染み渡ります。

バンドのメインボーカルのソロアルバムって、
人によってはバンドの時と、それほど差異を感じない場合もありますが。
(桑田佳祐さんのソロとか…「あれ?サザンだったけ?」と
わたしはなりがち…←注・キライではないですよ!笑)
このアルバムにおいてはエレカシとはまた違う「宮本」が堪能できます。
(ラップ曲まであるんだもーん!笑)

常々、思うのだけれど。
「イエーーーっ!」をナチュラルに発せられるおじさんは、文句なくカッコイイですね。
みやじさんももちろんだけど、民生さんやYO-KINGさんとかも。
無条件で、気持ちが沸き立ちます。

折も折…。気晴らしとして、心震わす音楽との新たな出会いはありがたい限り。
映画も観たいものが何本かあるんですけど、映画館に出向くのも
当面は控えたほうがよさそうですし。(その「当面」もいつになるやら…)
「宮本、独歩。」何度目かのリピートから、次第に音源に合わせてデカイ声で
歌うように。(オットのいない時にね。そしてもちろん室内です・笑)
リスクのない憂さ晴らしが、限られた今だからこそ!なのです。

(しかしながら。今一番、自粛すべきカラオケ行きたくなっちゃうという
難もあったりするのですが・^^ゞ、がまんがまんです!はぁぁーーーー)
      
   3813どっぽ
    予約特典はクリアファイル。(…あ!また反射してらぁ!^^ゞ)。
    余談ですけど、宮本さん、エレカシともども昨年アミューズに
    移籍されたみたいですね。
    なーんか、ぽくないです!個人的にはすっごーーーく意外でした。
    (じゃ、アミューズぽさとは?といわれても端的に説明できないけど・笑)

今年は日付指定で。

今年もお願いしていたモノが届きました。
      3810ねこのひ

送ってくださったのは、青森県三戸郵便局。(別名「ミャンのへ郵便局」)。
毎年恒例の「ねこの日」記念印です。
 3811ねこのひ
     あらら?これまでは枠がリンゴ型だったのだけど。
     (右側の通年使われている三戸局の風景印のように)
     消印の規定でも変わったのでしょうか?(笑)
     でもでも、今年もかわいいにゃぁーー…

例年は、特に日付を指定せず到着日の印で送ってもらっていましたが。
今年ばかりは、わがままを言わせていただきました。(^^ゞ
元号まで含めて、2と0だけで構成される日付ですからねー!!

わたしのように今年は日付指定した方、多かったんじゃないのかな?きっと。(笑)
ただでさえお忙しいはずの「ねこの日」週間。
一市民の希望に応えてくださり ありがとうございます!

らくがき帖に双子のパンダ♡。

ひと月ほど前、久々に阿佐ヶ谷の『ぱんだ珈琲店』へ。
      3790あさが
        さまざまなパンダが熱烈歓迎です。

過去記事によると、前回訪れたのは2014年の年末らしく…。(コチラ)
ほぼ5年ぶり…ということになりますか。(←なんだか他人事…笑)
      3792あさが
        ほのあたたかな光に包まれた、優しい空間です。

過去ログを読み、前回来店の目的が今回と同じで驚きました。(笑)
パンダグッズを多数取り揃えているので、プレゼントを探しに来たこと。
さらに。せっかく足を運んだからには、ぱんだ珈琲ならではのメニューを
オーダーすべくだろう…と。

頼んだものもほぼ同じ…。
    3798あさが
      今回はキャラメルラテ。

前回もラテ系でした
めったにラテ頼まないんですけどね、郷に入れば…つうことで(笑)。
     819阿佐ヶ谷
      5年前の方が、パンダのフォルムがはっきり…(笑)。
      今回は店内が込み合っていたので、ご愛敬です。

今回も窓際に座りました。
   3794あさが
     外から見ると矢印のあたり…(笑)。

パンダがたくさんいるけれど、モノトーンだからやかやましくならない!
室内も全体的にウッディで落ち着きます。
      3793あさが

「おしながき」もかわいいです。
  3795あさが
    手ぬぐいを干しているかのようなパンダ(笑)。

表紙だけでなくって、メニュー紹介もね。
 3796あさが 3797あさが
   筆ペンで書いているのでしょうか?いい味だしてます。

お買い物は以下を…。
  3799あさが

ちょっと、感激したのはハンドクリーム。
        3801あさが
        パンダ柄のクリームは初めて見ました。
        プレゼント用だったので、開封しなかったけど
        どんな香りなのかなぁ?(笹だんご風?笑)
************************************************************************
ラテ飲みがてら、らくがき帖を拝見させてもらいました。
         3803あさが
         去年の夏頃のノートのようです。

予想通り、お越しになった方々のパンダへの思いのたけが満載!(^^)。
イラストもさまざまなタッチで描かれ、パンダ好きにはただただ和む…。
…と。ページを読み進めると、ふと「おおっ!」と目にとまったパンダが!(矢印)
  3804あさが
    こ、 こ、これは???

「ユウユウ」と「リュウリュウ」ではないですか!!
   3805あさが
     「ぱんぱんだ」とは関ジャニ∞の横山&丸山のユニット曲。
     (以前も何回か触れていると思いますが・^^ゞ)
     目元&口元、丸山さんのホクロの位置が忠実で素晴らしい!(笑)
     eighterさんもいらっしゃってるんですね、なんだか嬉しき。
***********************************************************************
こちらで購入したものは 2月初旬にプレゼント。
シャンシャン観覧開始以来、足しげく上野へ通い
シャンフルエンザに罹ってしまった」…というほどの友人へ。

プレゼント配送きっかけに、久々に会おう!という運びになり。
どうせだったら上野で会う?そうだ、そうだ「シャン子会」だ!
…と楽しみにしていたのですが。

折も折です。ええ、ご想像の通り。
ほんとは昨日(3月1日)に行く予定でした…(^^ゞ。
晴天な上にポカポカと温かくて、行列待ちにうってつけの日だったのにぃ!!
残念ながら、コロナ終息後に仕切り直しです。
(…って!いつになるのだか。はぁぁーーーー。)

「不要不急」なんて言葉を気にせず、ぱんだ珈琲に足を運んだのが
すっごく前のことのようです。
   3806あさが
     こちらもふたごちゃんかな?(笑)
     子首をふりふりする「かわいこちゃん'S」です。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR