FC2ブログ

推し漏れ(笑)。

都内、某所の〇ルディにて。
つい、隠し撮りしてしまった一枚です。(許してー・笑)
      5132おし
        やっぱりナッツ類は充実してますよねー。
        そして。どの店舗でもおなじみの手描きポップ。

しかーし。よくよくポップを凝視してみたところ、
ナッツの表情に見覚えが…。
5133おし
     こ、こ、これは!!

間違いなくコレ!かと…(笑)!
  5134おし
   スタッフさんの中にエイター(関ジャニ∞推し)がいると確信しました(笑)。

はじめに目をやったのは緑のナッツ。(左から二番目)
「このぽってり唇、なーんかヨコヤマさんぽいわ」と、見つめておりましたら、
あれ?あれ?これってば?5人ともじゃん!…と(笑)。
店舗では気づかなかったけど、ムラカミさんの八重歯やマルヤマさんのホクロも
ちゃんと書かれていたんですね。画像でこうしてみると。

スタッフの「推し」が漏れてるポップ、タワレコや書店などでは珍しくありませんけど
〇ルディで発見するとはねー。
「どなたがエイターさん?」と思わず、店内のスタッフさんを見廻してしまいましたが
外見でソレ!とおぼしきかたは見当たりませんでした…(当然だわ!^^;)。

描いた側は、やっぱり気づかれるほうが嬉しいですよね、きっと。
気づいたお客さん、わたし以外にもいますように!(笑)。

☆おまけ☆
   昨年、中止になった舞台の返金分でいくつかグッズを購入。
   ちびぬいちゃんもそのひとつ。(マルヤマさんだけ…笑)
5135おし 5136おし
   CD特典の「待ち受け画像」、真似してみた。
   (羊毛初期作品、マグロのお寿司、持たせてみました・笑)

以前も書いた気がするのですが、他メンに比べると
マルヤマさんイマイチ、似てないと思うのですが。
なーんか三白眼加減が、ヒャダインさんっぽいよなー…と(笑)。
スポンサーサイト



久しぶりのことばかり。

先月、国立新美術館にて開催中の「佐藤可士和展」に足を運びました。
         5115かしわ
            外出制限を強いられた一年。
            久しぶりの美術館です。

六本木に出向くのはもっともっと久しぶり(笑)。
5116かし
    開館から10年以上も経っているのに、訪れたのは初めてです。
    黒川紀章氏が最後に設計した美術館として有名ですが、
    実物はより迫力がありました。(笑)

佐藤可士和氏は企業広告の第一線でご活躍のクリエイティブデレクター。
ご本人の名前に馴染みがなくとも、日本人であれば
手がけた広告を必ずどこかで目にしている…と断言して差し支えないと思います。
「ユニクロ」「楽天」「Tポイントカード」「セブンイレブン」…。
ごく身近な生活の中で佐藤氏の作品は数多く存在してます。
  5123かし
   イオンモールではありません(笑)。展示品です。

主催の粋な計らいで、ほとんどの展示品が撮影OKでした。
   5117かし
     初期作品のHONDAの「ステップワゴン」。
     (たしか、デビュー作だったかと…←おぼろげ)。
     懐かしいけど、曲とともにしっかり記憶に残ってる…。

企業のブランディングだけに及ばず、音楽関係のビジュアルアートも…。
一番知られたところでは、なんといってもSMAPでしょう。
  5118かし
   2000年以降のアルバムや「Sma STATION!!」のロゴなども。

アルバム購入したことないのですが、ジャケットや渋谷に展開していた広告、
鮮明に記憶の中にあります。 
  5119かし
  5120かし
      ファンならずとも、ココロ踊るデザインですよね。

象徴的な直線表現と原色使いは、どのブランドにおいても印象的です。
  5121かし
  5122かし
  5132かし
  5131かし
    当の国立新美術館のロゴもそうだったんですねー。
    (ユニクロの左隣…笑)

音声ガイドはQRコードを読み取り、各々のスマホで聞くスタイル。
(このタイプ、わたしは初めてでした。図らずもイヤホン持参してて良かった!笑)
解説は佐藤氏ご本人、ナビゲーターはTBSの堀井美香さんでした。
(TBSラジオリスナーなので、堀井さんの声だとすーぐわかりました・笑)

解説の中で特に興味深かったのが「セブンイレブン」。
かねてからプライベートブランド(PB)はあったものの、
ブランディング戦略を始める以前は統一感がなく、認知度に欠けるものだったこと。
よりPBを広めるべく、ひとつひとつの商品をカテゴライズし、
告知効果を強化したそうです。
  5126かし
      すべてのPB商品のパケが展示された壁は圧巻でした。
      (んが!撮影がヘタすぎてボルダリングみたくなってる…^^;)

他に。解説の中で気づかされたことは。
「自然界に完全な直線という概念はない」ということ。
言われてみればそうなんですけど、日々の生活で意識したことはなかったんですよね。
(デザインやアート関係の方は、常に感じているのかもしれませんが)
人間にしか創造できないからこそ、直線表現が創作の根幹となって
いるという解説は(←ニュアンスですが・笑)、なるほどなー…と。

小学生の頃の作品も。
    5125かし
      直線と原色使いはすでに現在に通ずるものが…。
      技術面だけでなく概念がブレないというのも才能ですね。

グッズコーナーは、さまざまなUTが壁面に。
  5127かし

パケも美しい…。
   5128かし
    
と、そうそう。Tシャツといえば…の余談なんですが。
可士和さん、先月「ナイツのちゃきちゃき大放送」出演時のトークにて。
子供の頃、近所に「ど根性ガエル」の作者、吉沢やすみ先生がお住まいで、
自分のTシャツにピョン吉の絵をかいてもらった…らしいです。(≧▽≦)。
ゆるやかないい時代!リアル「平面ガエル」ですねー!(笑)

UTは購入しなかったけど、いくつかのグッズを…。
  5129かし
    楽天のお買いものパンダとアートワークシリーズ「LINES」のコラボものを…。

記念撮影スポットにもデカパンダが!(笑)
       5130かし
*******************************************************************
訪れたのは緊急事態宣言中の平日、正午過ぎ。
この時点では比較的すいており、当日券でも待たずに入れましたが、
鑑賞を終えた頃には、券売所に結構な行列が…。
もともとの人気ということもあるけれど、外出先として美術館は
比較的安全なスポットということもあるのでは…と。
  5131かし
     内装も個性的な外観に引けをとりませんね。

久々の美術館。大都会のまんまん中…(笑)。
閉塞感が続く日々、気持ちに心地よい風通しができた一日でした。

(ついでにいうと。こんなにたくさん画像を入れた記事も久々だったね…笑)

『俺の家の話』の話。

更新をサボり過ぎて、今さら…ではあるんですけど。

圧巻でした!『俺の家の話』。
クドカン脚本で好きな作品はたくさんあるけれど、これはもう別格というか。
ほんとうに、ほんっとおーに、すごすぎました。(←語彙よ…)
宮藤さんの「長瀬くん愛」が余すことなく注ぎ込まれ、
旅立つ人への極上のはなむけとなりましたね。
これほどの渾身作だと、精根尽き果てて抜けがらのようになっているのでは
・・・と、クドカンさんの身を案じてしまいます…(笑)。

切なかった。
すっごくすっごく楽しかったけど、すごーーく切なかった。
毎回泣いたり笑ったり、大忙し…(笑)。

「よくもまぁ…そんなバカバカしいこと思いつくねー!(大いにほめてます)」
・・・という、宮藤さんならではの小ネタもふんだんに盛り込まれていたけれど、
完結した今となっては、その笑いのひとつひとつをもがせつない…。
最終話、こんな展開になるなんて、まさか、まさか!でしたが(わたしはね)、
この運びだったからこそ、寿一と宗家(いわゆる「じゅじゅ」笑)の
魂の対話シーンへと繋がったわけで。

「おまえは大したもんだよ。よくやったよ。みんなを笑顔にしてくれてさ。
そんなやつ、いないよ」…。
宗家のセリフは、寿一の「中の人」長瀬くんに対する視聴者の気持ちとシンクロし。
ああ、こんなクライマックスって!わーーーーんわーーーん!(←壊れてる…)

今一層に。長瀬くんの退所が残念でなりません。
志しを持っての決断なのだから、惜しみないエールを送らなければ…なんですが
類まれなる才能と人柄を持ち合わせていながら(もちろんルックスも!笑)
表舞台から降りてしまうのは非常に悔やまれます。
あんなに華があって、老若男女幅広く愛される人って
宗家の言葉よろしく「そんなやつ、いない」よ…。
(ジャニーズ嫌いな人ですら、彼だけは特例というのか)

加えて。長州力さんの言葉…
「何回引退しても、何回もカムバックすりゃいいんだよ!」。
こちらも、長瀬くんへの気持ちを代弁してくれて。
(ほんっと、こういうのさりげなく織り交ぜるのもクドカン、さすが!
それを長州さんに言わせるっつうのもね…。絶妙な人選!笑)

長瀬くんは揺るぎない決断をされているのだとは思うけれど、
こんな熱演を見た後では、諦めきれないのです。

『俺の家の話』。キャスト&スタッフの皆さま、
愛に溢れた作品をほんとうにありがとうございました。
そして長瀬くん。長い間お疲れ様でした。
オモテウラに関わらず、またいつかご活躍の場面を
拝見できる日を期待してます。
*****************************************************************************
ダイレクトにドラマに因んだ画像がないもので、こじつけで(笑)。
  2398たいとうかん 2399たいとうかん
     「隅田川」のマステです(再掲載・笑)
     掛かっている橋がプリントされてます。

キャスティングも素晴らしかったですよね。
登場人物がかなり多かったですが、ひとりひとり
キャラ設定がすごく綿密で。(って!クドカンモノはこの作品に限らずだけど)
みんな大好きだけれど、特に笑わせてもらったのは妹の舞さんと、
ケアマネの末広さんでした(^^)。
  2396たいとうかん 2397たいとうかん
    マステの続き…(笑)。こちらにはスカイツリーが!
    さくらちゃん、寿一の存在感をスカイツリーと表してましたよね(^^)。

それにしても。スカイツリーの寿一っちゃんはもとより。
登場人物、デカイ(タッパがある)人ばかりでしたね(笑)。
寿限無を含めた弟や妹もだし、甥っ子の大州、
あげくは血縁者でないO.S.Dさんやケアマネ末広さんまでデカァーーイ!!
ググったところ戸田恵梨香さんの身長は164センチとなっておりましたが、
あまりにデカイ面々に囲まれているので、小柄にすら見えた。(^^;
昔ながらの居間のシーンでは、みんな鴨居に頭がぶつかりそうだし、
部屋がぎゅうぎゅうなのもツボでした(笑)。

空間も小ネタも、愛もぎゅうぎゅうな『俺の家』。最高っ!!
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR