「夕がたの朝日」から…。

経済紙から一般紙に鞍替えし早2年ですが(変えた経緯はコチラに・笑)
改めて、変えておいてよかった!!
「オリンピックで金」クラスのビッグニュースが、
一面トップにこない新聞は、やっぱり読む気力が起きなくて…。
(↑にっけー批判でなく、あくまでも主観です!^^ゞ)

朝日は連載コラムも面白いモノが多く、ことに夕刊は充実してるな…と。
中でも。金曜連載の「私の描くグッとムービー」が毎週、楽しみで。
タイトルでうかがえる通り、著名人がお気に入りの映画を
ご自身のイラストとともに紹介するコラムなのですが…。

先日は、このかたでした。
        2768せつ
     キャプション読む前に、どなたのイラストかすぐわかった~!!

      2769せつ
       田村セツコセンセイだぁ~~っ!!
       (ご紹介の映画は「女は女である」という作品でした)

名前はご存知なくても、画風には見覚えがあるかたもいらっしゃるのでは。
ご本人は作風が系統的に近い、水森亜土さん世代の女性。
(亜土タンを知らないという方はここではおいてきます・笑)
自分の母親よりも年上…ということに軽く驚いてしまったのですが(^^ゞ、
コラムイラストでも垣間見える通り、いつまでも少女のココロを持ち合わせた
ラブリーな作家さんです。

少し前、ブロ友さんのところで「SUTEKI!展」という催事の記事を拝見しましたが、
そこで販売されたセツコ先生イラストのマステも、まぁかわゆくて。
モチーフが黒柳徹子さんとパンダなんですよ~!!
(徹子さんがらみのイベントだった模様…←ざっくりすぎな説明!笑)
ブレない作風に感心して間もなくでの、このコラム!
コアなファンならずとも、なんだか嬉しくなってしまいました。
(詳しい「SUTEKI!展」の様子とマステは、ネルネルネコさんのコチラにて!)

せっかくなので、当方が所有してるポストカードいくつか。(再掲載あり)
        2770せつ
       「リボンをつけた女子」は多くの作品に見られます。
       セツコ先生のアイコンと言っても差支えないのでは…。

ほら、ほら!
2772せつ 2771せつ
  …って、右は違ったわね(^^ゞ。

もちろんこれらは、当時モノではなくって復刻版カード。
弥生美術館から発売されたものですが、弥生で買ったのでなく、
昭和少女画の巨匠「松本かつぢ」先生のギャラリーで購入したような???
記憶が定かじゃない…(たぶん10年近く昔…^^ゞ)。

かつぢ先生に師事されてたことにも、すごく驚いたんですよね。
2773せつ 2774せつ
 ギャラリーに訪問した当時すでに絶版になってた作品集を購入。(左側)
 こちらに出会いとデビューの経緯をセツコ先生が寄稿されてて…。
 当時は少女雑誌に作家さんの連絡先が掲載されていたらしく(!)
 ご本人同士、直接ハガキのやりとりからのコンタクトだったとか。
 今の時代なら出版社を通してでも、難しい話かと…、
 鷹揚な時代に驚くとともに、松本先生の懐の深さにも感嘆してしまいました。

時を経て、かつてほど量産されてないかもしれませんが、今もなお、
本の装丁や雑誌のカット、作品展のお知らせなど目にする機会があります。
あ、そうそう!お若いジェネ…いやいやキッズでも、
現在もコンスタントに作品を見られる媒体があるのです。
        2775せつ
       サンリオの月刊誌「いちご新聞」。
       こちらは「記念買い(笑)」40周年記念号ですが(2年前)、
       現在もイラスト付きのエッセイ、連載中のようです。
       (なんと!いちご新聞創刊号からの連載なんだって!)

部分拡大してみましょう♪
  2776せつ
    ね!?おリボンはマストでしょ?(笑)

左側はご自身のイメージかと…
       2778せつ
       「HAPPYおばさん」とご自身を表されてます。

イラストに添えられた文字もかわいいんですよ。
カナと漢字のバランスにリズムを感ずるというのか…。
2779せつ 2777せつ
しかしながら…。文の端々に「やはり大御所世代」と感ずるのは禁じえず(^^ゞ。
「すてき!」「なんです!」

文末にカタカナ「ネ」「ヨ」「ナ」…を多用されるのは
やはりそれなりなお年の人…といった印象…(^^ゞ。
ウチの母親もよく使う技法(笑)…というのもあるかもしれません。
余談ですが、「気を付けて!」「届いた!」
この手のメール文が母から届くと「そこだけカタカナ変換するほうが面倒じゃ?」と
心の中でツッコんでしまう…。(←鬼娘!^^ゞ)
とはいえ、「うちゎ~、こぉゆぅの…」的な若者SNSにも同様なことを感ずる(笑)…
「かな遣い」は世代が漏れるモノなのかもしれません。
(自分の世代もなんかしら漏れてるのだろう…←自分では気づかぬ・笑)。

話が逸れ過ぎました(^^ゞ。
ご自身のブログでも、意欲的なご活動が伝わってきます。
作品展も池袋で近々ある模様…。(たぶん販売用かと思われますが)。
たゆまぬ好奇心が原動力なんでしょうね。
かっこいい!!
とことん「かわいい」を突き詰めると、カッコイイっ!になるんだな…と。

これからもHAPPY増し増しな作品、よろしくお願いします♪
       2780せつ
     作品…ではなくって、ご本人です(もちろん右側!笑)
     ここでもやっぱ、おリボンは正義っっ!(*´▽`*)
     (余談ですがお若い頃の写真は、藤田ニコルちゃんみたいで超カワです❤)
スポンサーサイト

こんばんは☆

こぶたは、田村セツコ先生を存じ上げないのですが、かわいらしい乙女~な絵に文字ですねー(≧▽≦)

最後にご本人登場で、絵からのイメージ通りの方だったので、ビックリでした!!

No title

マステのイラストが田村セツコさんとCitron*さんに
教えていただいた後、徹子さん特集的な番組で
徹子&セツコを見る機会があり、多少知ったような気になってたんですが
Citron*さんの資料の豊富さにオォッとなりました。
いちご新聞ずっと連載ってすごいですね!
時代的に〜とか言って変えないサンリオさんもすごい。

語尾についての推察には笑ってしまいました。
確かに変換面倒ですよネ(笑)
あ!あとリンクもありがとうございました〜。

こぶたさま。ありがとうございます♪

こんばんは~♪

こぶたさん世代ですと、セツコ先生をご存じのかたは
そう多くないような気がします(^^)。
作品を目にする機会がイチバン多かったのは、
確実にこぶたさんが生まれる前だと思いますし…(笑)。

おいくつになっても、お元気でかわいらしい人生の先輩は
見ていて嬉しくなっちゃいますね!
こぶたさんのブログを拝見してても(…というか盗み見^^ゞ)
常々そう感じております。(*´▽`*)。

いつもありがとうございます♪

ネルネルネコさま。ありがとうございます♪

こんばんゎ~♪(笑)
リンク、事後報告になってしまいすみません!

>徹子さん特集的な番組で
>徹子&セツコを見る機会があり
↑おおっ!そんな番組があったんですネ!
BSでしょうか?見たかったヨ~!

…と。語尾変換(笑)試しに使ってみましたが、
やっぱりなんだか落ち着かないです…(^^ゞ。
座りが悪いというのか、自分の文じゃないみたいで。

なのに!
>確かに変換面倒ですよネ(笑)
↑いつも簡潔な美文を書かれるネルネルさんから
「ネ」付きコメをいただけるとは~!!(((≧▽≦)))
逆にギャップ萌えしてしまいました(笑)。

いつもありがとうネ!(←まだやるか!^^ゞ)

懐かしいなあ

こんにちは~。

なんと、かつていちご新聞を定期購読していた者です。

隅々まで可愛くて、なめるように読んでから、切り取ってカードにしたり、ノートの表紙に貼ったり、楽しんだなあ。

今は残ってませんが、とっておけばよかったかも。

田村セツコさん、松本かつぢ先生に師事したマンガ家上田としこ先生の伝記漫画『フイチンさん』8巻に登場されてますよ。この『フイチンさん』もレトロでいっぱいで、お勧めです。

可愛いですね♡いつまでも少女な好奇心を失わない方は素敵です♪
リボンは永遠なのですね。
余談ですがサンリオではキキララが好きな私…☆
お母様、可愛らしい(*^^*)
分かります。語尾のカナ(笑)
あと、〇〇ちゃんへの『へ』に斜線が入りませんか(笑)?
手書きの文字にも世代は伝わりますね。
私世代は、ギャル文字?というカクカクした字が流行りましたが、私はとても抵抗を覚えました(汗)

ぢょん でんばあ さま。 ありがとうございます!

こんにちは~♪

>なんと、かつていちご新聞を定期購読していた者です。
>今は残ってませんが、とっておけばよかったかも。
↑やっぱり「いちご新聞」に思い入れのあるかたは多いですよね!(^^)

拙ブログでも何度となく触れたことがあるのですが、
ぢょん でんばあさん同様、「とっておきたかった!」とコメくださるかたも。
おっしゃるとおり、すみずみまでかわいく充実してた割に
意外と安価なのも魅力でしたよね(笑)。

>上田としこ先生の伝記漫画『フイチンさん』8巻に登場されてますよ
↑今も所有されていらっしゃるのでしょうか?
巻数まで調べていただき、ありがとうございます!(*´▽`*)

作品そのものは目にしたことがないのですが、
記事内に掲載したかつぢ先生の画集に、セツコ先生同様、
上田先生も弟子時代の思い出を寄稿されてらして…。
最初のお弟子さんだったようですね。

「フイチンさん」…どこかで読める機会があるといいな。(^^)

かつぢ先生とセツコ先生をご存知…それどころかさらに
詳しい情報まで、とても嬉しかったです♪
ありがとうございました!

杏仁猫さま。ありがとうございます♪

こんにちは~♪

>いつまでも少女な好奇心を失わない方は素敵です♪
↑ですよね~♪杏仁猫さんはまだまだお若いけれど、
年を重ねてもその素質は充分!と見込んでおります(←何目線だ?・笑)

>余談ですがサンリオではキキララが好きな私…☆
↑わたしもですよ~~!意外にも(笑)。
サンリオキャラの中では絶対王者!ゆるぎないです!(^^ゞ。
最近はあまり書いてないですが、ブログ初めて2年くらいは
けっこうな頻度でキキララネタ取り上げてたんですよ~☆彡!!
(レトロものばっかりですがね^^ゞ。)

>あと、〇〇ちゃんへの『へ』に斜線が入りませんか(笑)?
↑((((≧▽≦))))そうそう!あれ、どうして流行ったのだろう?(笑)

わたしの世代はメールや手紙「PS」をつけがち…と
何かで読みました(笑)。もれなく当てはまってます(^^ゞ。

いつも楽しいコメントありがとうございます♪

ゴメンナサイ訂正

スミマセン、田村セツコさんが登場するマンガは『フイチン再見』でした!作者は村上もとかさんです。

『フイチンさん』は、上田としこさんご本人の作品でした。ごめんなさい!

ぢょん でんばあさま。再びありがとうございます!

おはようございます♪
再コメ、ごていねいにありがとうございます!

逆に…ちょっと安心しました(^^)。
上田先生の作品となれば、超レア。
大切にしまわれてらっしゃるでしょうに、
当記事のために、わざわざ申し訳ないな…
なんて思っておりましたので。
ホッとしました(^^ゞ。

いずれにせよ、お心遣い感謝です(^^)!
非公開コメント

プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
「レトロ」とうたったブログながら、
紙モノネタ(ポスカ、マステ等)と
街ぶらばなしが、近頃多め(笑)。

ま、ともあれ。
あくまでも自分の「ものさし」で。

昭和スピリッツを感ずるもの
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東京都」とは名ばかりの(笑)
のどけき場所よりお届けしてます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR