♪山形のぉー広ぉーい青空ぁー…。2017・鶴岡旅行記③。

前回より間が空きましたが、青空とは程遠い(笑)曇天の鶴岡旅行記ラストです。
(タイトルは山形の生んだアーティスト、朝倉さやさんの「東京」より…←名曲ですよ!)
   2549かもくら
     「荘内日報」さん。販売店かと思いましたら本社のようです。
     公民館のようなたたずまいがなんだかなごみます…。

加茂水族館はお初だったものの、母は鶴岡には何度か足を運んでいるらしく…。
「鶴岡カトリック教会天主堂と、そこから駅へとつながる2㌔ほどの街並みがイイ!」
とのおススメにガッツリ乗っかってみることにしました。(笑)
水族館から駅へ戻るバス経路上にあるのも好都合でしたし…。

「カトリック教会天主堂」は1903年落成。1979年には国の重要文化財に指定。
箱根の関所跡では?(笑)と見まごうような武家門が入口となっています。
   2550かもくら
    わたしは予備知識なく訪れたので、日本様式に驚いてしまいました(^^ゞ。
    旧・庄内藩家老の屋敷跡に建てられたとのこと。納得!ナットク!です。

武家門とは対照的に、教会は赤い屋根と白亜の壁…瀟洒な建物です。
広い空によく映えます。(返す返すも曇天が残念すぎ!^^ゞ)
  2552かもくら 2551かもくら
    落成の1903年とは明治36年だそう。
    ロマネスク様式の建物では東北で最古とのこと。
    当時、当地で暮らしていた方々の驚きは想像に余りありますね…。

窓、ひとつひとつにも赤いお屋根が~!!
  2554かもくら

敷地内には幼稚園も…。
   2553かもくら
     緑の屋根、フラットな作りがかわいい。

若干戸惑いながらも(後述・笑)、中に入ってみることにしましょう!
     2555かもくら
      わかりづらいですが、パイプイスは畳の上に設置。
      完成当時から畳敷きは踏襲なのかな?と推測します。

個人的には、この畳敷きや先の武家門でちょっと安心してしまった。
実は、キリスト教系のものって、わたしはちょっと怖いんですよね。
なんとなく敬遠しがち…な存在なのです。(ほんとに主観やなー^^ゞ)
しかしながらこちらの教会は、どことなく日本古来の伝統を感ずるところが
随所で見られ、穏やかな気持ちで鑑賞させていただきました。

祭壇の反対側…つまりは入口上部にパイプオルガンが設置。
   2556かもくら
      寄せては返す波のようなカーブ状の天井。

鶴岡カトリック教会には「日本ではここだけ!」というものが2つあります。
まずはこちら。
  2557かもくら
     通称「貼り絵」という手法を施された窓絵。

教会では主流のステンドグラスではなく、薄い紙に描かれた聖画を
二つのガラスで挟みこんだ手法とのことです。
     2558かもくら
     リーフレットによると高額なステンドに代替して作られたのでは?
     との推察が記述されていたのですが、中の絵の状態管理が神経使いそう…。
     湿気等でヨレたりしないものでしょうか?←シロウト考え(笑)
     窓枠ともにステキなのですが、安定の残念画像ですみません(^^ゞ。

もうひとつの「こちらだけ」は。「黒い聖母マリア」像。
落成の記念として、フランスから明治36年に渡ってこられたそう。
祭壇の左手に祀られ、もちろん、わたくしも拝見させていただいたのですが。

文字通りの神々しさに…カメラを向けるのがためらわれました。
まさに畏怖して近寄らず…なオーラをまとっていて。
(あくまでも、わたし個人的には、です!^^ゞ)

なので、お参りの際いただいたポストカードにて…。
        2559かもくら
     おいそれとカメラを向けられない気持ち、共感いただける方も
     いらっしゃるのでは?恐れ多い感じに満ち溢れていて…。

マリア像を見るのは、母のたっての希望でもありました。
前回来たときは場所を移動しての修復作業中だったらしく。(10年ほど前のようです)
最初、「黒いマリア様、お風呂に行ってて前回見られなかったから」と、
かなりザツな説明を受け「???」となりましたが、なるほど!そういうことかと。
(今、考えると罰当たりな物言い…^^ゞ)

日ごろの先入観で、やや緊張しつつ…訪れたのですが、
100年以上前から鶴岡の町を見守っている…と思うと感慨に値しました。
********************************************************************
教会を後にし、母のプレゼンに準じ(笑)、駅に向かいがてら
市街地で電車の時間まで過ごすことに…。
    2562かもくら
      「岡」だけにね。羽が飛び出してるのがイイ感じ!

全国、昔ながらの商店街は、大手フランチャイズに押され泣く泣く…も多い中、
鶴岡市内は老舗と思しき個人商店が相当数、ご健闘されてました。
  2563かもくら
    朝ドラ「べっぴんさん」のショーウインドウのような…。

  2554かもくら
   「木村屋」「糀屋」、上画像の「羊屋」といったように、
   屋号がとてもシンプル。なんだか嬉しくなっちゃいます。

もうちょっと時間にゆとりがあれば、立ち寄りたかった…。
   2555かもくら
     とんでもない価値のデッドストックが温存されてそう!!
     陳列の棚からして、香ばしいものが…♪(*´▽`*)

1分たりとも無駄なく(笑)、鶴岡を満喫した一日でした!
  2556かもくら

ふたたび、いなほにお世話になります(笑)。
    2557かもくら

夕方、ちょっとだけ薄日がさしたので、夕日期待したけど…。
 2558かもくら
 2559かもくら
    天気だけは、最後の最後まで残念でしたわ!(^^ゞ
    楽しかったし、雨降らなかっただけでもよし!としなきゃかな。
*******************************************************************
付け焼刃的に、決めた旅でした。
ほんとは同じ山形の「立石寺(りっしゃくじ)」に行ってみたかったのだけど。
(映画.「3月のライオン」ラストシーンの対局場となった山寺)
隣県といえども、山形県は広ぉーいんですよね、
そして負けず劣らず新潟県も(笑)。
鉄路で新潟市からですと、上越新幹線で大宮まで出て、
東北新幹線に乗り換えるのが一番早いルートらしく…(^^ゞ。
それだったら帰省時にわざわざ…という気にもなり。
車がないと、こういうのがちょっとねー。

でも。不便があるからのよさもある…という気もします。
タイムリミット内で、時間配分を考えたりするのはけっこう楽しい。
そんな性分、母譲りだよな…との思いが年々強まります。同行するとことさらに。
顔も性格も全く似てないんですけど(笑)、ミョーなとこを受け継ぐものですね。

クラゲにも会えたし、よかったよかった!
さて。今年の秋はどこに行きますかね~?(たぶん、決まるのはまた瀬戸際!^^ゞ)
    2562かもくら
       ラッキークローバーいっぱいの入場券

これにて鶴岡旅行記はおしまいです!
長い長い備忘録におつきあいいただき、ありがとうございました♪
    2561かもくら
      「岡」だけにね!。パート2!(笑)
      空と桜の色、そして構図も味わい深きマンホール。
      取り囲むブロックもどことなくこんぺいとう的フォルム。かわゆ!
スポンサーサイト

おはようございます(*^-^*)

まだ行ったことはありませんが、いつか行きたい場所でもあり、
三連記事、とても興味深く読ませて頂いてました。(*^-^*)
加茂水族館の『クラネタリウム』、圧巻ですね~!
ここ、マストでお立ち寄り決定です。(笑)

その他にも、色々と素敵なものが紹介されている中で、
一番惹かれたのは、『小南手芸店』だったりする私。(←そこかい)
滅茶苦茶ツボでございました~♪(^^ゞ

二木瀬瑠さま。ありがとうございます♪

こんにちは~♪

>まだ行ったことはありませんが、いつか行きたい場所でもあり
↑そうだったのですね…。(^^)
ぷかぷか浮遊するクラゲたち…見ていて飽きませんでした。
お別れするのが名残惜しかったです(笑)。
もしご訪問の際は、お時間にゆとりをもってぜひぜひ♪
(近くに温泉もありますし…←プレゼンしすぎ!^^ゞ)

>一番惹かれたのは、『小南手芸店』だったりする私。(←そこかい)
↑いやいやいやいや!「そこ」!ですよ(笑)!
すっごくイイ感じですよね~!
電車の時間間際で発見したので、立ち寄れなかったのが残念な限り(泣)。

今は個人商店の手芸屋さん、めっきり見かけなくなりましたよね。
チェーン展開のお店が多くなり…。
(二木さま地方ですと、やっぱり「トーカイ」さん勢力が強いかな?笑)
大型店は品揃えは多いけれど、たまにこういうこじんまりとした店舗で
掘り出し物を見つけたいものですよね!(*´▽`*)

共感いただき嬉しかったです!ありがとうございました♪
非公開コメント

プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR