FC2ブログ

舞台『泥棒役者』の感想と、昨日今日のキモチもろもろ…(笑)。

たいした記事数を更新しないうちに、早くも下半期突入。
よって。上半期ネタもまだまだ残留…。(^^ゞ
せめて。時系列に沿っての更新なら違和感なくも、
直近だったかと思えば、急にずっとさかのぼったり。
「なぜに?今日この記事を?」感が…、本年は一層色濃く…(笑)。

すべてはわたしの気分によるところです、ええ!(でへへ!^^ゞ)

ってなわけで。本日も後手後手案件(笑)。
チケット入手の道のりまでで頓挫していた、舞台「泥棒役者」の感想を。
レビュー、得意でないのでずっと後回しにしてたのだけど、今日ばかりは
「いま、書かなくては!」と急き立てられるような気持ちでして(知らんがな!^^ゞ)。

この先、読む読まないはおまかせします。(注・主観まみれですので・笑)。



「泥棒役者」は、もともと片桐仁さんときたろうさんで初演された舞台。
(2006年とのことなので、10年以上も前ですね。)
時を経、脚本・演出を手掛けた西田 征史氏が2017年に丸山隆平さん主演で映画化、
さらに2018年に舞台で再演された作品です。
       3049どろ
        こちらは映画版フライヤー。
        初演舞台で主演だった片桐さんも出演されてます(^^)v。

映画版も、おもしろかったんですよ。終始笑える中にもしんみりどころもあり…。
ただね、見終わってわたしがまず感じたのが「これ、舞台でみたかったよ!」。
(映画公開時には、舞台化は発表になってなかった…)

あらすじは
「邸宅の訪問客に家の主と勘違いされた泥棒は、主人を装ってその場を乗り切ろうとする。
そして真に邸宅の主である童話作家とともに、童話を書くこととなる」…コメディ。
(↑カッコ内、ペディアまるコピ^^ゞ)

勘違いに勘違いが絶妙にかさなり、厄介なことへ展開していくのですが
(アンジャッシュのコント的…というとわかりやすいかな)
作中の大半が、童話作家の邸宅内でのシーン。(体感8割強・笑)
せっかくの密室劇(といういいかたもアレですが・笑)。
舞台でなく、なぜ映画にしちゃったのー???もったいない!との思いが残り。

だから。舞台化の一報は、「待ってました!」とばかりに喜んだ!!
だから。だから。FC枠でチケットとれず、残念だった!!
だから。だから。だから。当日券がとれて、すっごく舞い上がった!!
(↑コドモの作文か!笑)

キャスティングは主演の丸山さん以外は総入れ替え。
     3051どろ
      ともに主演を組む童話作家「マッシュ」は
      市村正親さんから東山紀之さんへ…。

個人的には映画版のキャスティングが申し分なかったので、当初は
「なんだぁ、市村さんがよかったのに…」などと思ったのですが。
いやいやいや…今となってはパイセンを見くびっていた自分を恥じます(笑)。
ヒガシさん、とてもハマってました。あんなにコミカルな役もこなせるとは!
そして。特筆すべきはバツグンな美脚っっ!!
あんなにすらら~っと伸びたおみ足の50代のおっさんは、まずいないね!(笑)
劇中では、パンイチになったりハダカエプロン姿になったりと(←もちろん履いてますよ・笑)、
その美脚ポテンシャルを遺憾なく発揮!!
まさに♪ふぉ~えばー やんぐっ!!に遜色なしっ!!(←©セサミン・笑)。

主役の泥棒「モジャ」は、実際の丸山さんとシンクロしてる部分が多々あり…。
お人よしで不器用で、とてつもなく優しくって。(あくまでもパブリックイメージですが・笑)
大汗をかきながら舞台を右往左往おろおろする様子や、童話「タマとミキ」に
込められた意をマッシュに諭すさまは、いつもの「まるちゃん」を彷彿とさせ。
あらためて「この役に巡り合えてよかったね!」という気持ちでいっぱいに…。

映像や演劇においては、本人のキャラクターとかけ離れた人物像を演ずる方が
評価が高くなる傾向があるように思うのですが、
近いは近いなりの冥利がある!と今回、確信しました。
「この役にはこの人しかない!」…のめぐりあわせは容易ではないし。
このシナリオでの「モジャ」は丸山さん以外、わたしの中ではありえないな…。
********************************************************************
舞台は大阪公演の一週間を含め、ほぼ一か月間に渡るものでした。

東京公演の初日は4月15日…。
ファンにとっては衝撃的過ぎたあの日。「あの会見」のあとのこと…。

準備期間中そのことが常に頭にありながらも、最高のパフォーマンスに向けて
日々を積み重ねてきたんですね…。
合間の生放送でもいつも通り「元気で明るく(ちょっとアホな・笑)まるちゃん」を
全うすべく、そんなこと微塵もにじませなかった…。

しかも。「会見がらみ」のことならず、もうひとつ気持ちの上で
大きなことがあったとは!!(まるやまさんだけでなく他メンもですけど)
昨日の昨日まで、まったく気づかなかったよ…。
*********************************************************************
アイドルに疎いかたはご存知ないこととと思われますが。
ファンのSNSを読むとよく「尊い」というコトバが使われてるんですよね。
主にファンへの思いやりや対応、メンバー同士の関係性の評価として…。

でも。わたしはこのコトバ、ずっと違和感を覚えてました。
だって…ちょっと大仰すぎやしないですか?(笑)
尊い…って、ノーベル平和賞でも受賞するような偉人レベルの方を
称するのではないのかと。

しかしながら。最近はちょっとわかる気がするのです。
昨日のような発表があると、ことさらに…。

…と。感想からだいぶかけ離れてしまいましたが(^^ゞ。
忘れるはずもない年に、上演された舞台。
拝見できたご縁に(しかも近距離で!)、感謝するばかりです。
ほんとにありがとうございました!!
そして。とどめにひとこと、言わせてください!
まるやま、尊いっっ!!」(^^ゞ
 3050どろ
   パンフとグッズ「僕の妻ようじ」(^^ゞ。
   「モジャ」のヘアスタイルは映画版のほうがボリューミーで好みでした(笑)。

グローブ座名物(?)三角屋根アド(笑)。
       3052どろ
      三角屋根にぴったりすぎ!!フライヤーと相似!(笑)
        3051どろ 
スポンサーサイト



プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR