FC2ブログ

神掛かったタイミング。

「もう一度見に行く!」宣言からほぼ一か月。(コチラ)
やーーっと先週、再訪できました!
 3198強い
   90年代後半、高校生活を謳歌した仲良しグループ「サニー」の6人。
   大人になりそれぞれの事情を抱えた22年後と、
   90年代当時のエピソードとがクロスしながらストーリーは進行。

すでにお話はわかっているし、初回の帰りに購入したパンフを読んで…の
再訪でしたので、また違った視点で拝見できました。
しかし。二回目もまーた、泣いちまったよ!(初見ほどではないけど^^ゞ)
      3228強い
     パンフがまたヒジョーに読み応えがありまして…。楽しい!!
     最初表紙を見た際、「なぜ、白い紙に白い絵の具?」と 
     なりましたが、当時のギャル文化を語る上ではずせない
     ルーズソックスだった…(^^ゞ 。  

90年代を演ずるチームは広瀬すずちゃんを除き、存じ上げない女の子たちでした。
しかし。みんな感情表現がとても豊か。喜怒哀楽…どの表情も抜群にかわいらしく。
一気に全員の魅力に引き込まれました(^^ゞ。
その上、アラフォー期を演ずることとなる女優さんたちに、各々よく似ていたことにも
驚き…。(小池さんとともさかさん役の二人がことに…)

さらに、90'S女子高生の再現率には目を見張るばかり…。
演ずる彼女たちが生まれた頃の物語なので、コギャルのリアルなキオクなど
ないはずなのに…。みんな、あの時代からやってきたかと思うような。
(もちろん見た目を作り上げたスタッフのチカラもあるのでしょうが)
当時、ギャルグループが発光する「ウチら、最強だよね!!」オーラが
わたしは大好きでしたが、2018年にもう一度、目の当たりにできるとはねー。
完コピといって遜色なし!
  3332強い
     ヒステリックグラマーの黄色いショッパー!!(右の子)
     90年代後半、すでに充分なオトナだったわたしですら懐かしい(^^ゞ。
     そしてルーズの密集状態はプリクラのカーテンの下を思い出してしまう(笑)。

アラフォーチームは…「よくもまぁわたしの好きな女優さんばっか集めたわね!」
というcitron*的「オレ得」キャストでして(^^ゞ。
加えて、チームの結束力!お互いがお互いを大切に思う気持ち、
演者さんが自分の役柄と作品への深い愛情が感じられ…
まさに副題通りの「強い気持ち・強い愛」!!抜群の安定感でした。

とはいえ。
二回目となると…ちょっとしたツッコミ心も出てきちゃったり(^^ゞ。
揃いも揃ってオトコ運が悪い!とか(笑)、「カレシ」のアクセントが違わんか?…とか。
90年代のギャルは、平板読みだったでしょー!!!と思ったり(^^ゞ。
(というか!このところ感じていたのですが、いつの間にか、
カレシのイントネーション、従来の「レ」にアクセントを置く形に戻ってるよね、最近・笑)
 3229強い 3330強い
  「オレのこと、カシって言っていいから!」と抑揚つけてたよ、
  三浦春馬くんったら!(笑)
  しかし、スタイリングの再現率は上出来です!(ロン毛加減も!笑)
  センター街によくいたね、こういう男の子!

ま、そんな考察をしながらも(笑)。
当時のヒットチューンが、絶妙な場面で流れ。
作品のテーマともなっている、オザケンの「強い気持ち・強い愛」に乗せ
コギャル総動員の圧巻なダンスシーン(総勢200名!)は、
キラキラまぶしくて。多幸感がせつなくて。
やっぱり涙を禁じ得ないわたしだったのでした(笑)。
*******************************************************************
パンフレットによると、この作品のクランクインは昨年10月とのこと。
ちょうど一年前ですね。
さらに。オザケンの曲とともに、もうひとつ作品の骨子となる安室奈美恵さんの
楽曲使用を依頼したのが二年前…。
もっというと。企画が持ち上がり始めたのは6年前だそうです。

だから。2018年の今時期に公開されることは、ずいぶん前に
決まっていたんでしょうね。
撮影前段階の時系列で、シロウトながらもうかがい知れます。

だけど。「偶然」は「必然」とはよく言ったもの。
この時期を見計らったようなタイミングでの公開となったことに驚くばかり。

数年前には思いもよらなかった発表がこの一年は続きました。
安室さんの引退、この映画の音楽を担当された小室哲哉さんの活動休止。
そして昨年末に決定となった、平成の終焉…。

平成を代表するアーティスト並びに彼女をその地位へと導いたプロデューサー。
二人の存在無くしては成り立たない作品を、しかも平成ラストイヤーに!
なんと神がかったタイミング!あまりにあまりにで…おそろしいくらいだ…。

もし今後、「見てみようかな…」という気持ちがあるかたがいらっしゃれば。
個人的には「平成のうちに見ること」をおススメしたいです(笑)。
昨今ではDVD化も早急で、新元号になる前にリリースされるのでは?
と思いますし。(←あくまでも推測の域…^^ゞ)

きっと気持ちの上で、ひとつ乗っかるものがあると思うから。
それぞれの「平成の思い」がトッピングされるというのかな…。(^^ゞ

平成最後の秋に、この作品に出逢えた奇跡をわたしは心から感謝します!
ありがとう!SUNNY!!
  3331強い
    あの時代ならでは…な、スクールバッグのチャーム類…。
    ハイビスカスもマストでしたね(アルバローザとか・笑)
    キティちゃんのピッチケースもすごく見覚えがあるなー…。
    (ちなみに。作中の小道具はメルカリなどでも調達したらしいですよ・笑)
スポンサーサイト
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR