FC2ブログ

「老舗」と「無駄スキル」と「奇跡の人」。

2018年も、あと数日で終わるんですか?
ほんとに?ほんとぉにぃ?(笑)
信じられない…。年初の出来事すら、最近のことのように思えて…。

そんなわけで。
「まだ、行ったばかり…」の気がしていた、ほぼ一年前のネタを…(^^ゞ。
****************************************************************
メディアでしばしば登場することも手伝い、事あるごとに思い出しては
行ってみたい気持ちにかられるお店がありました。
とはいえ。決して近場でなし。
「まぁ、なにかついでがあったら…」の繰り返し。

しかし。
それほど気になるのなら「ついで」を待つ必要などないのでは?

と。当たり前すぎなことに気づき…(^^ゞ。
後手後手な自分を律す意味も込め(?笑)、出向いてきました。2月のことです。
 3478純喫 3477純喫
   JR上野駅「浅草口」から5分ほどに位置する純喫茶。
   
「高級喫茶」なる、いにしえ漂うふれこみからもうかがえる通り、歴史あるお店らしく。
ネット上の情報によると、誕生したのは1963年(!)が有力説のようです。
ゆうに半世紀超え!浅越ゴエです!(←しょおもな!)

雑居ビルの地下…というのも好奇心に拍車がかかるというもの(笑)。
  3479純喫3480純喫
   地下へと続く階段と、「裸一貫」な女性のドアノブ!(こんなん初めて見た!^^ゞ)。
   本丸にたどり着く前にからしてこのセンス(笑)!期待が高まります。

ひとたび、店内に入りますと。
屋号にみじんも偽りナシ(笑)!ノスタルジックでゴージャスな空間が!!
  3483純喫
    窓全面がステンドグラス調!岩窟のようなパーテーション!!

シャンデリアや柱の彫刻…いたるところきらびやかです。
  3482純喫 3481純喫
   オープン当初から店内に大幅な変化はないらしい…。(これまたネット情報)
   話題になったでしょうね。

華美な内装や調度品も、もちろん期待の内ではあったのですが。
それより。なにより。
いっちばん拝見したかったのはコチラ!
  3485純喫
    アナログ音源時代のエレクトーンっっ!!

エレクトーンがデジタル音源化され、すでに30年以上。
パネルのタッチ一つで容易に音色チェンジが可能になりましたが
アナログ期はレバーの上げ下げで微調整していたんですよね。(鍵盤の上部)
  3486純喫
    おそらくプロ仕様に作られた機種かなと。
    手弾きのキーボードが通常の2段ではなく3段仕様なので。
    第一、家庭用&教室用の普及品はフタがありますからねー(笑)。

…と。ここで。
いまやオワコンとさえ揶揄される楽器の歩みを
なぜわたしが把握してるか…と申しますと。
けっこうな期間、エレクトーンに打ち込んできたから…(^^ゞ。

人生において(←堅い!笑)、コレ!と胸を張れるものがない中、
唯一、真剣に向き合ったことかもしれません。
一応…講師ができるグレードの取得まではがんばりましたし。
(教えたことはありませんが。ピーク時のレベルもキープしてないし←the 無駄スキル!笑)

ブランクも何回かありましたが、楽器は新機種がリリースされたり、
技術が少しずつ身に着き、物足りなくなったりした際に買い替え。
通算4台がうちへやってきました。(でも。やってた年数からすると、かなり少ない台数です…)
最後に買ったモデルは現在も自宅にあります…。

そのうち、一番最初に買ってもらったのだけアナログ式…(^^ゞ。
当時から音色にストリングスやピアノはあっても、リアル楽器からはほど遠い音…(笑)。
それでも、親にねだってねだって、待って待って…の到着でしたので
感激はひとしおでした。

でも。こんな装備のエレクトーンは、近隣のヤマハでは見たことなかった…。
ごくごく限られた店舗だけの取り扱いだったんでしょうね。
          3484純喫
           ステンドグラスと白のボディに哀愁が漂う…。                

写真の許可をいただく際、店主さんにうかがったところ。
昔はヤマハからプロのプレイヤーさんが派遣され、
演奏タイムがあったとのこと。(これまたすごい!)
エレクトーンにとっても一番幸せな時代だったかもしれませんね。

「肉眼で往年のハイグレード機種を見る」が目的だったため、
オーダーはぶっちゃけなんでもよくって…(^^ゞ。
  3492純喫
   コーヒーだけですみません(笑)。
   正統派喫茶店の味わい…おいしかったです。
******************************************************************
冒頭でも触れた通り、メディアで目にすることが少なくないお店。
喫茶店やレトロスポットを特集した書籍や、情報誌などなど…。
さらに。ドラマ等のロケ地として登場することも…。

訪問時も放映PRの貼り紙が…
3487純喫3488純喫
  ズムサタ(左)…オール出演者の顔ぶれが掲載されてる!律儀ですね(笑)。

昨年、欠かさず見ていた連ドラにも登場しました。
 3489純喫
    正面を向き座ってる人が主演。さぁ!誰でしょうか?

ハイ、イケメンさんの降臨だよっっ!!
 3490純喫
  きゃぁぁーーー!つかポンっっ!!(…って誰やねん?笑)

すみません。「つかポン」は劇中での呼び名…(^^ゞ。
錦戸亮さん主演「ウチの夫は仕事ができない」のワンシーン。
バックにエレクトーンを背負って…眼福なりき(笑)。

思わず録画をポーズしてカメラに納めてしまいました(^^ゞ。
 3491純喫
   この作品では「奇跡の人」をバックに、いっつも頭下げてたよなぁ…亮ちゃん。
   (要領が悪かったからねー、「つかポン」こと司くんは・笑)
   右はドランクドラゴンの塚地さん。リアルつかポンですな(笑)。

そんなわけで。
 ○ノスタルジック。
 ○エレクトーン。
 ○かんじゃにえいと(←ひらがな…て^^ゞ)。
思い入れのあるものが集約した「トリプル聖地巡礼」となりました。
満足、満足…。(笑)
***************************************************************
多少時間や交通費がかかっても、近県エリアで気にになる場所は
行っておくべきだな…との思いが年々強くなっています。
特にお店は…ね。後継者の心配もなく、繁盛してても
建物の老朽化で閉店を余儀なく…ってこともありますし。

あと、来客の利用目的というのも大きいな…と今回は感じました。

こちら…都内では珍しくなった全面喫煙で。
来店時間がお昼休みの終わり頃…ということもあってか
店内のほとんどがランチ後の一服にきたビジネスマン。
逆に。飲食だけの身ですと、間が持たないというのか…(笑)。
紫煙のうっとうしさより、「場違い感」で「早めにおいとましなくては」という気分に。
スモーカーのオアシスとしての役割は、とても大きいようです。
(余談ですが。その環境でエレクトーンの鍵盤が劣化せず煤けていないのが驚きでした)

しかし。東京都も2年後には飲食店の全面禁煙が義務化されるとか。
それを機に身の振り方を考える老舗というのも、あるのかもなぁ…など思ったり。
(注・「ここの喫茶店」が、ということではないです。)

そんなことを考慮すると。
ますます行きたい場所へは四の五の言わずにいっとくべきだ…
との念が強まります。
思い立ったらSuica帯刀!!2019年の目標としておきます(笑)。

余談が多く長い記事に、おつきあいいただきありがとうございました。
 3494純喫
  せっかくだから「亮ちゃんシート」を撮ろう…と勇んだら、
  ドラマ撮影時とビミョーに配置が違ってました(^^ゞ。
スポンサーサイト



プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR