FC2ブログ

『TOO YOUNG TO DIE!』からの『地獄でなぜ悪い』(@たまむすび)。

諸事情により「週替わりパートナー制」導入中の『木曜たまむすび』(TBSラジオ)。
(↑というか、ぶっちゃけ「瀧事情」・笑)。
先週はクドカンご登場!めちゃめちゃ楽しかった!!

トーク番組やご自身のラジオ番組等々でのクドカンさんを見聞きするにつけ
「話し上手は聞き上手」とはよく言ったものだ…と思います。
些細なとっかかりを逃さず、笑いの展開にもっていくのが抜群すぎる!
しゃべる相手側もどんどん気持ちよくなっていくのがわかるんだよなぁ。
この日のゲストの清塚信也さんも
「あっという間だったなぁ。もっとしゃべりたかった」とおっしゃってたし。

もちろん、メインパーソナリティの赤江たまちゃんも。すっごく楽しそうだった!
「いだてん」「たまむすび」。ともに瀧氏に煮え湯を飲まされた同志だし(なんてね・笑)。
でも、そこを腫物に触らぬようにしなくていいのが、ラジオのいいところ。
二人とも、ずっと愛してるんだなぁ…瀧氏のこと。
(ご本人も聴いているといいのだけど。)
******************************************************************
穴が開いた当初は、他曜日レギュラー陣が助っ人で回していた木曜日。
一巡後、現行の「週替わり制」となり、そろそろ3か月。
最初は「そんなんで人選のネタ切れにならないのか?」と個人的には
思っていたのですが、今となってみればこれでよかったな…と。(とりあえずは)

固定で新レギュラーを選ぶとなると、ハードルが高いなぁとしみじみ感じ入ります。
なにしろ瀧さんが無双すぎた。悔しいほどに(笑)。
週替わりのパートナーの評価がリスナーによりさまざま…ということからも
「瀧氏に引けを取らなくて、リスナーの誰もが納得するパートナー」って
なかなか難しいよな…と。

たとえば。SNS上ではすごく評判がよかった土屋礼央さんとか、
わたしはイヤだったし(^^ゞ
話がよどみなさ過ぎて…逆に引いてしまった(クドカンもラジオ消したといってた!笑)。
そーゆーのは自分の冠番組でおやりなさい!あ、終わったから、
たまむすびにもこれたんだったわ!でしたが(春までウラ番組でした・笑)、
自分の土俵にばかり持っていく印象が強く残り、不愉快レベル。
(個人的には二度と来ないでほしい^^ゞ!)

逆に好印象を持ったのが東京03の飯塚さん。
実力派コント職人さんに意外…と言ってはなんですけど、
トークもおもしろいかただったんですね。
03さん、トーク番組ではどうもメガネのお二人さんばかりがフューチャーされがちで(笑)
飯塚さんの存在感が薄めだったのですが、短時間で赤江珠緒のキャラをつかみ、
たまちゃんの取り扱いがお見事でした。
いよいよ…ということになれば、個人的には新レギュラーでもいいのでは…と
頭をかすめるくらいに。
******************************************************************
まぁ、そんな感じで「当たりハズレ(失礼)」はあるものの、
週替わり制をけっこう楽しんでいる昨今。
可能な限り、この形態を続けるのもアリかな…と。
同時に。当初「絶対ない!」と誰もが思っていた「瀧さん復活」を
期待する余地もあるようにも思えてきて…。

こうして後任を決めないことや、フツーに瀧氏の話題を番組内で
触れることも赤江さん&スタッフが「影膳」を備えているような
気がしているのです。
「今、ここにいない」けれども、帰ってくる場所を残しておいてるんじゃないかなと。
それがいつになるのか、はたまた叶う叶わないは別として。

瀧案件プラス、不用意に芝生でゴロン!で、即不倫!と決めつけられたり、
赤江さん、メンタルがずたぼろになってた時期もけっこう長かったと思います。
(マスコミは大吉&珠緒に注目するあまり、火曜レギュラー山里さんを全く
ノーマークだったのが、今となっては笑えるけど・笑)
それでも。あれから一日も休むことなく番組を続けているのは、
いつの日か瀧さんが帰ってくることを見据えて…という気がこのところしてなりません。
それが原動力のひとつにもなっているんじゃないかな…と。
そうであれば、もうリスナーは従うのみ!
赤江さんがイチバン納得する形で…と願わずにはいられません。
  3674あくしょん
    ラジオは他メディアでは得られない独特な連帯感もいいですね。 
    同じくTBSで春から始まった番組「ACTION」もなかなかおもしろい。
    月曜パーソナリティはクドカンさんです。
    「いだてんの視聴率が出る月曜日になんで引き受けちゃったんだろー」
    なんて言ってましたが。(^^ゞ

おっと!そうそう!クドカンのたまむすびネタ、ひとつ触れ忘れてた。
(本記事のタイトル^^ゞ)。
「長瀬くんのお悔やみのことば」はクドカン作品のセリフだったとのこと。
(『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』)
「今でも覚えててくれて嬉しかったけど、みんなが天国と書いてる中、
一人だけ地獄とか書いちゃって大丈夫だったのかなー」と、
不安げに語っておりました(笑)。
いやいや。長瀬くんの心意気、素晴らしいじゃないですか!
クドカンさんに対しても。ジャニーさんに対しても。
「地獄でなぜ悪い」!!
スポンサーサイト



プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR