FC2ブログ

「バチ当たり」つながり?。

前回の記事では霊験あらたかな神宮の杜に、死神を背負って(?)
お守りを授かりに来ていた心得が真逆過ぎる参拝者について触れましたが。
(ほんっとに、どっちのご加護が必要やねん!笑)

それで思い出したのが、昨秋訪れた異色な古刹のこと。
まだブログでは触れていなかったので、遅まきながらUPしょうかと…。
(バチ当たりつながりで…というべきか?笑)
*****************************************************************
毎秋帰省すると、地元の友がおすすめスポットに連れて行ってくれます。
車でないとなかなか足を運びにくい場所ばかり。
運転をしない身としてはありがたい限りです。

昨年は長岡市まで遠征。
和島トゥー・ル・モンド』という廃校をリノベーションしたリストランテへ。
山あいの築85年木造校舎をリノベしたステキなスポットについては
後日(気が向いたら?笑)、あらためてUPしようと思いますが、
その道すがらに件のお寺はあり…。

友人の前情報によると、県内ではちょっと物議を醸した古刹らしく…。
和銅2年(709年!)建立。越後最古の寺ながら、
イケメン絵巻』なる展示が最近の目玉だと…。

その情報からふと浮かんだのが、前月に観た『十五祭』のオープニング映像。
アニメ仕立てに、関ジャニ∞のデビューからの歩みが描かれ…。
絵柄は少女マンガ風ながら戦国史調に紹介される映像には
『関八絵巻』なる名前がついていたな…と。

『イケメン絵巻』の設置は昨年からとのこと。。
「物議を醸した」…となると、『関八絵巻』的なものが???
昨今は「萌え寺」として注目された八王子の『了法寺』のように
神仏はより広い層に、親しみやすいアプローチにへ変わってきてるのかも…
などと思いを巡らし、古刹に向かいました。

晴れて(?)到着。わたしの想像は、かすりもしませんでした。(笑)
 3763じはん
   お寺そのものは悠久の歴史を刻んできたことが一目でわかるたたずまい。
   が!問題は矢印の壁面です。

当方が想像していた少女漫画風ではなく、ガチな「日本画」でした。(^^ゞ
         3762じはん
      何を持って「イケメン」とするかは、人ぞれぞれですなぁ(笑)。
     
さらに。勝手に「巻き物」を想像していたのですけれど、実際は壁画でした。
本堂の外壁をぐるりと囲むように設置、回廊を歩み鑑賞する仕組み。
「イケメン」とうたわれた人物たちは、みな、新潟県にゆかりのある偉人です。
   3759じはん
     あ、お寺の名前がまだでしたわね(笑)。
     『国上寺』と書いて、「こくじょうじ」と読むようです。

        3761じはん
        上杉謙信を筆頭に…。
        一番下のお坊さんは、なんと良寛さま!怖すぎる!
        牧歌的な好好爺のイメージがあるだけに、ギャップが…(笑)。

こうしてブログのネタには出来たものの、正直、好みではありませんでした(笑)。
ぶっちゃけ、わたしは日本画がすごくニガテなんですよねぇ。
しかも、別名「イケメン官能絵巻」と称されているらしく
必要以上に肌の露出度が高い。
作者さんには申し訳なくも、「気色悪い…」としか…。
(浮世絵とか、「和風なエロ」もこれまた不得意…^^ゞ)。

撮影のお咎めは全くなし…だったんですけど。
なにせ好みの画風ではなかったので、なかなかカメラを向ける気にもなれず。
でも、せっかく来たんだし、どうせだったらイチバン不可解なものを!…と
スマホにおさめてきましたわ!
  3764じはん
     「アキラ100%」的な…(トホホ)。
     作者さんは現代の日本画界では著名なかたのようですが、
     (なんとSNSもあり!)、どうみても個人の趣味嗜好では…。
     ここまでくるとさすがに「バチ当たり」感は否めず(笑)。

「若者や女性のお寺離れに歯止めをかけるため」の一環として公開された
…とのことですが、市教育委員会では校外学習や遠足での訪問を
控えるように…との通達がなされたそうです。
かえって、お寺から足を遠のかせてるじゃんかぁーーー!!(^^ゞ
「物議を醸した」のは「官能」の部分だったわけっすねー。
まぁ、そらそうだ!お寺の歴史云々よりも、壁画しか印象に残らないってば!(笑)

とはいえ。
神仏に対し新たなる手段でのアプローチは悪くないな…とわたしも思っています。
「萌え寺」のようにアニメタッチだったり、キャラクターもののお守りとか、
それほど目くじらをたてなくてもいいんじゃないか…とね。

ただ単に、この壁画はわたし好みでなかっただけ(笑)。
「関八絵巻」風だったらよかったのになぁ…(^^ゞ。

ネット上の情報によると、壁画は近々撤去になるようです。
ご興味あるかたは、どうぞお早めに足をお運びください!(笑)
スポンサーサイト



プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
あくまでも自分の「ものさし」で。
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東」の「都」の「かなり西」より
お届けしてます。
******************************
記事中、青文字のクリックで
関連記事&関連サイトに飛びます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR