「撮りたて」と「撮りおき」で。

5月初旬、今が咲き頃の「モッコウバラ」。
毎年この時期、必ず目にする花なのに、その名を知ってまだ二年です(^▽^;)。
  2385もっこう
     珍しく、本日撮りたてほやほや画像(笑)。
     (うちの花ではなく、通りがかりの店先のもの…)

おととしの今時期、母が上京していて…。
同乗した車の窓から、一面、黄色で埋め尽くされたお宅を見かけ。

あまりの見事さに「あの花、きれいだよね!なんて名前?」と母に尋ねたところ…。
「あれはね、モッコウバラ。眞子さまのお印のお花なんだよ。」と。
(注・お印とは皇族の方々が身の回りの品に用いる徽章のこと。おおむね植物が多いようです)

驚きました。
バラの品種…というのも意外だったけれど、それよりも!です。(笑)
ここでまさか!ロイヤルトリビアが出てくるとは~~!!(^^ゞ

ある年代以上になると、ロイヤルごとに関心持たれる方は
少なくないよな…とは思ってはいたものの、母もその一人だったか!と。
それも!お印まで覚えているとは!
日ごろ、そこまで興味を持ってる風には見受けないのですが(^▽^;)。

皇位継承にご関係のない内親王さまを覚えてる…となると
系図でどのくらいまで知ってるんだろうな…。
(びっくりしすぎて聞きそびれました^^ゞ)
いや?わたしが、知らなすぎるだけなのかなぁ???
みなさま、ご存知ですか?(笑)
*******************************************************************
話は俗世に戻り(笑)。
「バラ」モチーフのグッズは数あれど、
「モッコウバラ」とピンポイントになるとそう見かけるものではありませんよね。

でも!わたし、見つけました!!
      2386もっこう
        箱ティッシューでうぃっしゅっ!(←くだらな!)
        こちらは撮り置き画像(笑)。昨年7月撮影となっておりました。

「モッコウバラ」とは断定できかねるけど、
花の連なり方や、葉の感じからするとそうではないかと…。
2387もっこう  2388もっこう
   モッコウバラ…マステにしてもかわいいかもね。(もうすでにあるかな?)

目に入るなり「うわ!かわいい!」で即・購入(^^ゞ。
見ての通り大手ブランドでないため、安かったし…(笑)。
***************************************************************
たいがいリビングやキッチンで使うものは、シンプルで単色のものを
求める傾向にあるわたしですが、箱ティッシュだけは別。
どことなく懐かしいテイストで、さもすれば野暮ったいデザインを
セレクトしがちです。
(とはいえ、ケースに入れちゃうんだけどね^^ゞ)
nepiaの「ネピネピ」やエルモアなどもけっこう好き…。

ティッシュはダサめな 柄がいい…。
サカナはあぶった イカでいい…。by八代亜紀(←大ウソ!)

通常にも増し、とっ散らかってすみませ~んっ!!

2017年5月は「ツブサニコイ」から…。

件名、カッコ内はとある曲のタイトル。
(ご存知のかたは…そう多くないと思われますのでプチ説明^^ゞ)

楽曲そのものも大好きだけど、
曲名の語呂感、カタカナ表記も個人的にはツボ…。
去年は、ナマで聴けてすっごく感激したな…
なんとなく、もうセトリに入らぬ曲となかば決めつけていたので。
(↑って!いったい誰の曲なんだよっ・笑)

ところで。
「ツブサニコイ」…。
どこで文節切ります?どう漢字変換します?

大方の予想通り(?)、正解は「つぶさに恋」。(歌詞内では平仮名&漢字表記)
でーすーがー!
この曲、「わたしの中でのスタンダード」になると同時に
「鯉」がらみのモノを見るにつけ、脳内で再生される現象が発生し…。
「♪つぶさに~鯉ぃぃ~」と…(^▽^;)。
「恋」とつくウタ、数あれど、やっぱカナ表記は想起させるものを
おのずと増やすものですね!(←と、自分のポンコツ、棚に上げ…^^ゞ)
***************************************************************
月初はお約束、「幼稚園出欠帳」を。

まずは年少さんから。
 2377つぶさ
   5月の鉄板!やっぱね!なわけです。 
   「Ride On 鯉のぼり」のみなみなさま!動きがあって楽しい♪
   
もっと「つぶさに鯉」してみましょう(笑)!
 2378つぶさ
  「屋根より高い物件」こそ、見る機会は減ったものの、ここ最近、
  そこかしこで見かけた「こいのぼり」。(スーパー、デパ地下商戦、すごいわね!笑)
  ゆえに!脳内が本題曲、ヘビロテしまくりの昨今…(^▽^;)。

出欠チェキラっ!
   2379つぶさ
     入園2か月目にして、大胆な休みっぷり!(^^ゞ
     シールはかわいい…鯉というよりシシャモみたいで(笑)。

ブサカワモードの(?)、年長さんもどうぞ!
   2380つぶさ
     わんこが年少さんverの先頭の子と似てる…。
     たぶん、同じ作者さんなんだろうな…。
     人間になると、どことなく覇気がない表情…(^^ゞ。
     (出欠シールは年少と同じなので割愛します・笑)   
*********************************************************************
さて。
実家所在の新潟県は、錦鯉発祥の地。(旧・山古志)
フォルムカードやポスカはじめ…ご当地モチーフとしても
使われる機会が多いのですが。(再掲載)。
    1457錦鯉
    錦鯉の錦戸さんでっす!!………っつうのは大ウソ!(^^ゞ
    (…本題曲のアーテイスト名ヒント、ここにて回収!←まわりくどいっ!)     
      
関越自動車道・越後川口SAには、なんと水槽に入ったコイが!
   2381つぶさ
      去年のバス旅行にて、撮影。
      鯉は「見下ろすもの」という意識につき(池はじめ…)
      目線の高さに泳いでるのが、なんだか不思議…。
      かなり窮屈そう…そして、ちょっとコワかった(^▽^;)。
      (実はデカイリアルな鯉はややニガテ…笑)
      10月の平日でもコレ!なので、今週はギャラリー多そう…。(笑)

5月もすでに4日。
書きたいネタは常々あれども、更新遅々として…な当ブログですが
今月もお気軽に…こんなスタンスでお越しいただければ…と。
      1456錦鯉
        (またまた過去記事、使いまわし^^ゞ)

お時間ありましたら、「ちょっとコイ!」…いやいや!
お立ちよりいただけますと嬉しい限りです。
今月もよろしくお願いしますね♪    

あ~あ!もったいなーい。

今日は少々、毒を吐きます(^^ゞ。
酔い止め的に(笑)、まずはプリチー物件からスタート!
2372れいぜろ
   羽海野チカセンセイのマステ…。
   民芸品がモチーフになったダイカットのテープです。

見てきました。「3月のライオン・後編」。
前編、大絶賛だった旨は前回記述の通り。
トーゼン高鳴る期待を胸に、劇場へ足を運んだのですが。

単刀直入に。
後編…「ザツすぎ」ました!(^▽^;)
あんなに前編はていねいかつ巧妙に描かれてたのに…残念無念!

原作は既刊12巻と長尺な上に、連載はまだ継続中。
なので、ある程度のエピソードが削られるのは想定内だったし、
原作は未完であっても、どうにか終止形に辿り着くような
ストーリー運びしなくてはならないのも、いたしかたなし…。

しかしなぁー。
原作を削ってるわりに、映画オリジナルのエピソードを入れすぎで…。
それがことごとく・・・「作品の本質ぶち壊しっ!!
怒りすら覚えるレベルが2か所ありました。(笑)
(yahooレビュ-を読むと、原作原理主義のかたはみな、ココで怒ってますなー^^ゞ)

前回記事で「あてがきしたかのようなキャスティング多数」と
記したのですが、ヘリクツ言うとあくまで「すべて」でなく「多数」なわけで。
「イメージとまったく違うキャスティング」も何人か存在してました。
いちばんギャップを感じたのは、後半の主軸を握る「川本姉妹」
(↑あくまでもわたしの主観ですからね!)。

長女を演じた倉科カナさん。
単にもともと好きじゃない…という私情を差っ引いても(笑)
原作のあかりさんのたおやかさは醸し出せてなかったように思えたし
(昔見たドラマの先入観か?小意地の悪いイメージがあるんですよね。申し訳ない!^^ゞ)
次女役のキヨハラさんって子も、見た目だけ寄せた印象。
初めて拝見したのですが、ぶっちゃけ、DK役者…かも?(今回だけかな?^▽^;)
この上にいただけないオリジナルエピが加わり、ますます感情移入できず…。
棋界のことが細やかに奥深く描かれていただけに、
ヒジョーにもったいないな…というのが個人的な総評です。

とはいえ。
「見るんじゃなかった!」レベルの駄作というほどではなかったし、
(↑逆にこのレベルは相当なモノ←たまにあるけど^▽^;)
前編あれだけエキサイティングな気持ちにさせてもらえたのだから
映画版も鑑賞しといてよかった…とは思っています。
原作もそうそうちょくちょく読んでるわけでないので、
失念してて思い出させてもらったシーンもあったし。(^^ゞ

それと。
後編は、まったく思いがけず「おまけ」が!
 2373れいぜろ
    羽海野センセイが映画版で感動したシーンが描かれたポストカード。
    事前に情報を得ていなかったので、喜ばしいサプライズ!
    後編公開時に先着順で限定数配布されたモヨウ…。
    田舎のシネコンなので、週明けでもまだいただけました(^^ゞ。

原作の登場人物というより、役者さんそのものに寄せて描かれてるのも嬉しい…。
     2374れいぜろ
      神木くんは原作「零」とほぼまんま。
      四季の移ろう情景も美しい「3月のライオン」だけど
      やっぱダッフルコートのイメージが強い零ちゃん…。

     2375れいぜろ
       棋士ふたり…。
       佐々木蔵之介さん演ずる島田さんと名人・宗谷の加瀬亮さん。
       見た目の上では加瀬さん、原作とはちょっと違ったけど、
       キャラクター的には乖離がまったくありませんでした。

あとは、この方。たぶん全編で10分程度しか出演してないハズなのですが…(笑)。
      2376れいぜろ
      ただの家森さんじゃないかーいっっ!(笑)

零の通う高校の担任・林田役、高橋一生さん。
林田センセー、風貌はともかく、キャラの面ではやや原作と離れてました。
つか!家森さんっぽいんだよっ!今の時点ではどーしても(^^ゞ。
でも「カルテット沼」にハマった身としては、むしろウエルカーム♪(笑)

それにしても。
もっと出演時間の長い主要キャストはたくさんいたのにこの人選!
(伊藤英明さん、染谷将太さん、トヨエツさんなどなど…)

好きなシーンというよりも。
ウミノセンセイのお好きな男子の系譜がなんとなく反映されてるような…(^^ゞ。
(線が細いメガネ男子系…スガシカオとかお好きでしたよ、たしか!笑)
*******************************************************************
映画は後編のみならず前編上映してるシアターもまだあるようです。
当方は塩評価ぎみでしたが(笑)、おおむね好評のモヨウ…。
GW期間中、前・後編一気にご覧になるのもいいかもしれませんね。
(ただし通しで5時間程になるかと…^^ゞ)

「れい」と「ぜろ」。

「ゼロだってー ヘンな名前ぇー」(←いきなり…笑)
…のセリフから始まる漫画「3月のライオン」。
巻を重ねること12巻、そして気づけば早、今年で連載10周年とは!!

作者・羽海野チカさんの前作「ハチミツとクローバー」よりも
長くなってしまったんだなぁ…。
中だるみすることなく読み手を惹きつける展開が続くので、
そんなに経った感じは全くしないのだけど。
連載初期は作中の人物、ガラケー使ってるもんね(笑)。
      2367れいぜろ
         昨年の羽海野さんの原画展フライヤー。

作品をざっくり説明すると、題材はプロ棋士(将棋)の世界。
主人公・桐山 零(きりやま れい)。
家族を不慮の事故で亡くし、棋道への進路を選択の余地なく強いられる。
孤児となった零の身元引き受けが「将棋の家」…、すなわち、
プロ棋士の内弟子としてであるがゆえに。
冒頭のセリフは、引き受けに快く思わぬ棋士の実子が
零に浴びせたことばです。(あいかわらず、あらすじ説明ヘタ~~^^ゞ)
           2368れいぜろ
             こちらは原画展チケット…。

読むにあたり、将棋のルールはわからなくっても、無問題!
登場人物の表情や心理の描写が巧妙で、勝負の緊迫感が伝わってきます。
また、将棋のみならず、独立後、零の心のよりどころとなる
川本三姉妹との交流も作品の大きな魅力です。
  2369れいぜろ
    既刊12巻ですが…6巻7巻貸し出し中(^^ゞ。

映画は前・後編の二部作で後編は明日22日から公開です。
前編、半月ほど前に見ましたが、思いのほかよかった!(←なにさまだ!笑)
実はあまり期待しておらず、映画化決定当初は
「見なくてもいいかな?」くらいな感じだったのだけれど。
「神木(隆之介)くん、高校生役やるには、若干トウがたってんじゃ…」
なんて思ったりもしてて。(←かえすがえすもしつれぇ…笑)

でも!原作とたがわぬ「零」がスクリーンの中にいました。
他の登場人物も、あてがきしたかのようなキャスティング多数!
(特に佐々木蔵之介さんと伊藤英明さんがとびぬけてハマリ役!)
原作のイメージを損なわず、キャラクターに奥行きが加わって、
少々長めの作品ながら飽くことなく、見ることができました。
(そして、前編のテーマソングもなにげによく…)

後編も楽しみです。
******************************************************************
話はかわり。
「零」つながりで(?)の話題を。

最近発売になったこれ、飲んでみました。
         2370れいぜろ
            キリン「零一(ゼロイチ)」。
            ノンアルコールビア風味飲料です。

ノンアルライフも早2年余(笑)。
「ああっ、ここにビールがあれば!」と思う局面は減ったものの、
完全に断ち切れたか…というと胸を張れず(^^ゞ。
(…って!依存症でやめたのではありません、念のため・笑)

たまに代用でビア風味を飲んでみたりしたのですが。
意外と「飲むんじゃなかった!」と思うものが多く。
かえってビールへの思慕が募る…ってこともあったのですが(^^ゞ。

これは、なかなか良い!(←大文字にせんでも!)
ノンアル特有ののど越しの悪さを覚えず
これまででイチバン、リアルビールに近い感じがしました。
(↑あくまでも、バカ舌の主観ですが^^ゞ)
キャッチコピーの「一番搾り製法」が功を奏しているのかな?

GW目前。行楽でドライバーを仰せつかってるかたは
「だまされたつもりで」お試しを!(←弱気…笑)
    2371れいぜろ
        「れい」と「ゼロ」…。

      ☆余談ですが、CMは東出昌大さんなんですね。
      駅ホームの広告、初見で「まつずん(←わざと・笑)」かと
      思いました。「一番搾り」だしさ…(^^ゞ。            

届くと、嬉しい。行けずとも、楽しい。

かつては工業用の使途目的が主だったマスキングテープ。
「暮らしを彩る雑貨アイテム」としても、今やすっかり定着しました。

ブームの火付け役、並びに今なお牽引してるのは
間違いなく岡山県倉敷市の製造企業カモ井加工紙さん。
カラフルでデザインも豊富な「mtシリーズ」も、今年で発売10周年だそうですね。

現在全国各地、かなりの頻度でmtイベントは開催されていますが、
SNSのフォロワーでもないし(←つか!自分のアカウントがない!^^ゞ)
HPのチェックもマメじゃないので、つい見過ごしがちで…。

なので、案内DMを送ってもらえるように登録してます。
    1676すえひろ
    こちらは昨年「3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)」のもの。
    イベントではその地ならではの限定マステが必ず数種類発売。
    ひとめでわかる仕様になってます。

DMいただいても…まぁ、そのほとんどは行けないですよ(^▽^;)。
日本にとどまらず、海外でも開催されてるくらいですし…。
(上のアーツ千代田は行きました。レポのリンクは記事の最後で…)
でも!届くだけで、なんだか楽しくなっちゃうDMなのです。
    2366かもいべ
      これまで届いたもの…。
      (お願いしてから2年近く経つけど、これで全部じゃありません^^ゞ)

大きさはだいたいポストカード2枚分といったところ…。(比較画像)
   2361かもい
    左はポストカード、右がDM。
    紙質は意外としっかりしてて(←抽象的ぃぃ~~!・笑)結構な厚みが。

最初はノートに貼ってファイルしてたのだけど、かさ張るのでやめました(^^ゞ。
        2362かもい
       イベントに行ったとしても、「コンプリート欲」はないので(笑)、
       全種掲載されてるのはありがたい…。
       土地勘のない地域は、モチーフで名産品を知り得たり…。
       と!ところで、一番下のマステ、かわいくないですぅぅ?

拡大してみた(笑)。
  2363かもい
     なんと!うりぼう!!かなりなレアモチーフ!!
     岐阜県美濃でのイベント限定だったようです。
     (あのー…えっとー…岐阜ってイノシシが有名なのでしょうか?笑)

ちなみに、いちばん直近でいただいたものは…。
      2364かもいべ
        週末まで開催されてた「八戸」のもの。
        ご当地モチーフもかわいいし、チェーンのような黄色いマステ、
        ベーシックで使い勝手がよさそうですね。
        そうそう、mt展は訪れた方のレポを読むのも楽しい…(←ですよ!笑)

次はどこかな~♪どこかな~♪(←往年の学研待ちのようだ・笑)
行けなくっても、届くと嬉しい郵便。
郵便受けが「水漏れ修理」や「住み替え案内」等、ソッコーで
ゴミ箱行きのチラシばかりの時、これが紛れてるとなんだかほっとします(笑)。
*****************************************************************
マステは時間の経過とともに、粘着力が低下していき、
あまり長期の保存には向かない…とも聞きますが
(自分自身、あまり感じたことないけど…)
なかなか限定モノとか、カワイイタイプは使い切れないんだよねー。
でも、マステコレクターさんの貯蔵量を(笑)拝見すると、
まだまだわたしなぞかわいい部類(^^ゞ。
なんだかんだ、これからも増殖するかと思います。(笑)

使うのは、柄が上下の向きが決まってないものが勝手がいいしな…。
   2362かもいべ
       このブログを書いてるPC。年イチ程度で模様替えします(笑)。
       雑な貼りではありますが、ま、外に持ってかないしね。
       (開きのカンケイで「VAIO」が逆になってますし…^^ゞ。)

使ったのはこの4種…。
      2363かもいべ
      PC貼りはそれなりの量使うので、けっこうやせっぽっちに(笑)。
      四つとも定番タイプなので全部で700円位じゃないかな~?
********************************************************************
最後に。
これまで訪問したmtイベのレポ記事をご案内しておきます。
(と、いうか自分の備忘録<まとめ>かな…笑)

各写真の下、赤文字をクリックすると、記事に飛びますのでご興味ありましたら…。
       544Gエイト
          mt×G8(銀座8丁目)

   783まんせい
       mAAch ecute(マーチエキュート)神田万世橋

   1159はなや
       花やしき・前編

     1166はなや
       花やしき・後編

     1681すえひろ
     3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田 3331)」

画像は、各イベントのディスプレイもしくは限定品です。
ゆかりのあるグッズがマステで彩られているのですよ~~!!
(ワンピースやアップライトピアノも!)

ちなみに。個人的にいちばん感動したのは「浅草花やしき(遊園地)」デシタ。
プロフィール

citron*

Author:citron*
*****************************
「レトロ」とうたったブログながら、
紙モノネタ(ポスカ、マステ等)と
街ぶらばなしが、近頃多め(笑)。

ま、ともあれ。
あくまでも自分の「ものさし」で。

昭和スピリッツを感ずるもの
ココロ震わすもの、少しずつ。

「東京都」とは名ばかりの(笑)
のどけき場所よりお届けしてます。
******************************
コメント、とても嬉しいです♪

嬉しさ余って、コメレスが
やや暑苦しいですが(笑)、
お気軽によろしくお願いします。

☆「なるはやコメレス」を
 出来うる限り心がけてますが(笑)
 翌日までにお返事できなそうな記事は
 コメ欄を閉めさせていただきます。
 ご了承ください。☆
**********************************

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR